群像劇

Artiste 8巻 - 芸術家たちの群像劇

料理漫画と思わせておいて芸術に携わる様々な人々に視点をあてたパリが舞台の「Artiste」8巻です。

8巻も多種多様。メインは後半のカトリーヌ誕生日のお話です。あとはジルベールが職場でどんな存在になっているのかとか、ホラー映画好きが集まるとなぜホラー映画をひたすら観るのかみたいなホラー談義もあったり。なんだかんだ一気に読み切ってしまうくらいには面白い。

ツンケンしていて食わせ者の婆さんのカトリーヌにもあんな過去があったりとか、何故一芸に秀でているものをこのアパートに住まわせるのかの話も紐解かれていきます。ホント群像劇として優秀だなあ。


料理もそれなりに出てくる巻と言えるでしょう。特に今回はケーキがメインとなっています。

20220713_006

「オペラ」って「タルト」とか「ムース」みたいなケーキの種類の名前だったんですね、初めて知りました。店で売ってるの「オペラ」って名前だけだったりするしなあ。でも美味いよねオペラ。

名前の由来は当然豪華絢爛な歌劇場。改めてきちんと見ると、幾層にもチョコやクリームが重ね合わされていて、それらが崩れることなく食べられるのがまさに芸術。知らずに食べてたけど相当な技術なんですなあ。


あと、芸術がテーマだからか何気に名画をモチーフにしたコマとかあるのが好き。

20220713_005
これとか完全にゴヤの黒い絵。本物は割とグロいのでご注意を。


割と淡々と感想書いてしまいましたが、本当に面白いです。ジルベールの性格もだいぶ変化してきており職場に慣れてきているのが見ていて優しい気持ちになるし、なんだかんだ悪人がいないから安心して読めます。キャラが多いけど、きちんと立ってるから変に主張も激しくないし。本当に上手い群像劇だと思います。


眠気覚め度 ☆☆☆☆


7巻までの感想はこちら(嗅覚味覚が超優秀な気弱料理人を中心とした人間物語)


Artiste(アルティスト) 8巻 (バンチコミックス)
さもえど太郎(著)
新潮社 2022-07-07T00:00:00.000Z
5つ星のうち4.8
¥614


Artiste - 嗅覚味覚が超優秀な気弱料理人を中心とした人間物語

一時期Twitter広告でよく見かけた「Artiste」です。Kindle版でポイント50%還元だったので1巻を読んでみて、面白かったので全巻買ってしまいました。なんと全巻ポイント50%還元、つまり実質半額で買えたので買うべし買うべし。

20220605_000
「4つのうちどれですか?」


20220605_001
「よ 4回とも全部違う味だったので 4種類…使い分けているのかと…思い…ました…」

この広告見たことありませんか?この作品だったんです。自分もこの広告を見かけて興味を持ってしまっており、今回たまたまポイント還元もしていたので思わず購入。広告にまんまとやられているじゃないか。

ちなみに、上記のコマは1巻で出てくると思いきや5巻で出てきました。1巻にも似たような話を一度描いているけれども、5巻で改めて書き直した感じです。


そしてこの「Artiste」は、上記広告から思い切り料理人の漫画だと思うじゃないですか。しかし蓋を開けるとこの主人公はメインなものの、それ以外の芸術に一芸を持ったキャラたちの話も大いに展開される群像劇だったんです。

主人公のジルベールは幼少から超優秀な嗅覚と味覚を持っており、持ち物から持ち主を特定出来るという犬のような感覚の持ち主です。子供の頃は母親に将来は警察犬になると思われているほど。

しかし、普通の人が持たない、普通の人には到底理解出来ない能力であるため、その能力を使ってしまうと周囲から気持ちがられて距離を置かれることに。そのため、非常に卑屈で読んでてイライラするような性格になっています。一芸を持つものが周囲から爪弾きにされている状態ですね。

そんな彼が単なる皿洗いという立場になっており、その料理人としてのセンスを買われて新たな店で副料理長として働き始めるのが物語の大きな流れです。


その流れの中で引越した先が、家賃は安いものの何か一芸に秀でていないと入居できないアパートになっていて、そこの住人たちは漏れなく一芸を持った芸術家であり、彼らにもそれぞれフォーカスを当てるのが「Artiste」なんです。ですので、純粋な料理漫画だと思って読んだら肩透かしを喰らうでしょう。

そしてこの芸術家たちがまた一癖も二癖もあるキャラたちで非常にキャラが立っているんです。だからこそ、彼らとの関係が深まるに連れて徐々に様々なことが起こっていったり、はたまた住人の苦労や心境をしっかり深く描写したりしています。それがどうしてなかなか面白い。

また、癖があるという意味ではジルベールが新たに働くレストランの優秀なスタッフも、得意分野はあるものの融通が利かなかったり心に深い傷を負った過去があったりで一悶着していきます。ジルベールは職場でも家でも様々な人間関係に揺さぶられていくわけです。

しかしかといって、ジルベール自身が大きく成長する物語かというとそうでもないというのがまた面白いところ。決して成長譚とかではなく、やはり人間関係を表す群像劇なんです。とはいえ、ジルベールは初期から徐々に打ち解けて性格も変わっていく魅力もありますが。


キャラをひとりひとり紹介したいくらいなんですが、それだとちょっと長くなりすぎるのでやめておきます。だけど、何回か読みたくなるくらいには面白い作品です。登場人物に嫌味なキャラはいても悪人は出てこないのがいいんです。読んでて心が落ち着きます。

あと何気にコミックのおまけページで作者自ら「クソパリ事情」としてパリのここがダメ、だから日本最高みたいなのが読めて面白いです。ある意味日本人の欧州幻想を打ち砕いてくれるかも。


眠気覚め度 ☆☆☆☆


Artiste(アルティスト) 1巻: バンチコミックス
さもえど太郎(著)
新潮社 2017-04-08T00:00:00.000Z
5つ星のうち4.8
¥638


Artiste(アルティスト) 5巻: バンチコミックス
さもえど太郎(著)
新潮社 2019-08-09T00:00:00.000Z
5つ星のうち4.8
¥638


今のイチオシ!
ちょっと前のイチオシ!!
結構前のイチオシ!!
それなりに前のイチオシ!!
スピリットサークル完結!!
タイムリープサスペンス!!
ゲームとギャグが好きなら!
漫画もいいけど山賊もね!
記事検索
応援してますその2
応援してますその5
Twitter
日々読んだ漫画の感想を中心に記事を更新しています。記事更新と同期していますので、漫画の感想情報を見逃したくない方はフォローお願いします!
メッセージ

名前
メール
本文
「眠気が覚める面白さを求めて」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • ライブドアブログ