石黒正数

天国大魔境 7巻 - 伏線が伏線のまま話が進んでいくのは浦沢直樹を目指しているのだろうか

2つの話が平行して展開するも関連性がなかなかはっきりとせず伏線ばかりが続いている「天国大魔境」7巻です。7巻は大きく話が展開するも、伏線はほとんど回収されません。しかし少しずつ匂わせが出てきます。

20220323_005
「地獄の夢と書いて地獄夢(ヘルム)。」

これ、7巻で出てきた女の子の名前なのですが、ネーミングセンスは石黒正数節という感じしますなあ。


最初の文に書いた通り、7巻も伏線回収はされません。伏線の匂わせがあるくらいです。「天国大魔境」って最初からずっとこんな感じで話が続いています。一体いつになったら伏線回収されて色々な事象が線でつながるカタルシスを味わえるのでしょうか。ちょっと引っ張り過ぎだよなあ。

それでいて不思議なのが、伏線ばかりなのに読んでる間自体はそこそこ面白いんですよ。だからまだ読み続けられてます。

1話の中にキルコたちの話とトキオたちの話がいきなり切り替わったりするので普通はわけわからんって投げ出すことになると思うんだけど、何故かそのまま読んでしまいます。それぞれの話がしっかりしているのと、話の切り替えポイントがさり気なく読みやすい構成になってるのでしょう。これがいわゆる漫画の上手さというものなのかも。


で、伏線がーとかでも読めるーとか考えてて思ったのが、この作品構成手法って浦沢直樹に似てると思ったのです。

「モンスター」も「20世紀少年」もずっと伏線が張られて風呂敷が広がり続け、なかなか回収しないことで有名です。ただ、そういう文句が上げられ続けても、一定数の読者はついていけたという事実があります。かくいう私自身がそうです。

そこで思い返してみると、これらの浦沢直樹の作品って、話全体はよくわからなくても単話だったりその巻だけだったりで読み進めるときちんと面白さがあったと思うんです。だからなんだかんだ文句言いながらも最後まで読み続けられたのではないかと。(「21世紀少年」はさすがにきつかった記憶が。。。)

最近だとスピリッツで連載してるんだかよくわからない「あさドラ!」にも同じ印象を持っています。複数の話が平行して進んでいて、結局何の話をしたいのかよくわからないのだけども、それぞれで読む分にはそれなりに面白いんです。不思議。

なので、この浦沢直樹作品の構成に似ているのが「天国大魔境」ではないかと。これを浦沢直樹症候群と読んでも差し支えないでしょう。もしかすると石黒正数先生は浦沢直樹を目指しているのでしょうか?正直それはやめたほうが。。。


というわけで「天国大魔境」は話は進んでいるものの全然収束に向かいません。だけど読むと面白いので、この感じでおそらく最後まで向かうのでしょう。その最後も全く見えてないのがちょっとキツいかなあ。

平行して「木曜日のフルット」も連載されているので、「それ町」のギャグ分はそっちに割いてる感じなのかなあ。「それ町」から入った自分としては少し寂しい。


眠気覚め度 ☆☆☆


天国大魔境(7) (アフタヌーンコミックス)
石黒正数(著)
講談社 2022-03-23T00:00:00.000Z
5つ星のうち4.5
¥715


木曜日のフルット(1) (少年チャンピオン・コミックス)
石黒正数(著)
秋田書店 2010-10-08T00:00:00.000Z
5つ星のうち4.5
¥396


MONSTER 完全版 デジタルVer.(1) (ビッグコミックス)
浦沢直樹(著)
小学館 1995-06-30T00:00:00.000Z
5つ星のうち4.6
¥770


それでも町は廻っている 15巻 - 修学旅行は北海道!!

高校生活でたった1回の修学旅行回!!

nemusame_20160519_001
我が地元北海道に上陸した歩鳥一味、その北海道満喫修学旅行が実に高校の修学旅行のテンプレでびっくりするくらい北海道そのままでこれ取材も全く同じルートだっただろと言ってしまうような出来の「それでも町は廻っている」15巻となります。

それでは歩鳥たちの軌跡を辿ってみましょう。(15巻のおまけに書いてあった日程を参考にしています)

■1日目
- 羽田から新千歳へ移動。
- 新千歳から白老のポロトコタンへ。バスで1時間半ほど。ポロトコタンは行ったことないなあ。
- そのまま層雲峡温泉へ。
実は層雲峡は大雪山のある上川町にあるのですが、ここは白老からはめちゃくちゃ遠いです。地理的には旭川の東側辺り。ちょっとルートを引いてみると、高速ぶっ飛ばして3時間半は掛かるので大半がバス移動ということになりますね。これ本当にあるルートなんだろうか、わざわざ大雪山まで行かなくても羊蹄山とか洞爺湖とかでいいんじゃないだろうか。まあ次の日のアイスパビリオンのために層雲峡まで来たってことなのかな。


■2日目
- 大雪山のロープウェイに乗って山景色鑑賞。
- アイスパビリオンで-41度を体験。
nemusame_20160519_002

- アイスパビリオン横のクマ牧場で飼い慣らされたヒグマを愛でる。
- スーパーカムイ (旭川 - 札幌 の特急列車) で札幌に行き夕食のジンギスカン
nemusame_20160519_003

ここでちょっと騙されたのが、クマ牧場というのがあくまでアイスパビリオンのクマ牧場で、登別クマ牧場であるということ。おそらく道民にとってはあの有名なCMの為にクマ牧場は登別という刷り込みがあるはず。アイスパビリオンも登別クマ牧場も小さい頃に行ったことはありますが、どうも両方が隣り合わせになっているというのが頭の中で結びつきませんでした。ちょっと調べたらアイスパビリオンの横にクマ牧場があるということで、まだまだ層雲峡で楽しんでいたわけですね。

アイスパビリオンの記憶は曖昧なのですが、なかなか面白いところだったはずなのでオススメ。真夏でも真冬を体験出来るし、超低温は停止の世界を直に感じることが出来ます。クマ牧場はどうだったかな。まあクマ専用の動物園として楽しめばいいのではないでしょうか。

札幌のジンギスカンはこれどこのジンギスカンなんだろうか。すすきのの代名詞であるNIKKAが描かれているということはすすきの側、やはり「だるま」なんだろうか。だるまはいつも人が並んでるイメージで、地元民はあまり行かないイメージがあります。他のジンギスカン屋でもそんなに大差無いしね。個人的おすすめのジンギスカン屋はソープ街の外れにある釣具屋の上の「さっぽろジンギスカン」カウンターしかなくて席も10人から15人くらいまでだけど、座った瞬間に鍋が用意してあって何も言わなくてもとりあえず肉が出てくるという、本当にジンギスカンだけを食べるための店です。ここの生ラムが美味いんだなあ。


■3日目
- 小樽で自由行動
- 羊ヶ丘展望台でボーイズビーアンビシャス
- 時計台をバスで通過
- 千歳から帰国

札幌から小樽は近いので、お手軽に行ける海産物の名所というイメージでしょうか。もちろん観光地料金なのでそれなりに高いです。そして別に小樽まで行かなくても札幌でも食べられるところは意外とあるという。他は小樽運河とかガラス工房とかが小樽のメインですね。まあ、一度散策したらもういいかなと思うと思います。行けるところ少ないし。個人的には小樽は釣り場というイメージなので、たまに観光地だということを忘れてしまいます(運河とかのある通りの裏が漁港で良い釣り場)。

そして気づいた、自分はボーイズビーアンビシャス行ったことない。あるのかもしれないけど記憶が無い。正直別に興味も無い。最後の札幌時計台はがっかり観光スポットとして有名ですね。ホントに街中にあって、時計台より高いビル群に囲まれているのでまず普通に歩いていたら気づきません。気づいても「えっ、これが時計台?」と思うはずです。バスで通過とありますが、通過中に見つけられない可能性もあります。それくらいがっかりスポットなので、絶対に期待しないでください。人によってはテレビ塔を時計台と勘違いしてしまう人もいるくらいですから(テレビ塔は大通り公園の端にあり、塔の途中に電子時計もついているので時計台と言えなくも無い)。たぶん時計台よりも道庁見た方が楽しいです。通勤で道庁の中通っていましたが、朝も夜も中国人の観光客がいたくらいです。

というわけで、まさしくテンプレのような修学旅行でした。石黒正数本人もこれ絶対楽しんで取材しただろうなあ。実際楽しめるルートだし。


もちろん、修学旅行編だけじゃなく、いつも通りの話もいつも通りに展開していて、今回も面白さ据え置きの15巻でした。

nemusame_20160519_004
「「底」は底に一本ないと底が抜けちゃうだろ。あと視界の視もこの点いらない、目にゴミが入ってたら視えないだろ?」

こういう発想が出来る歩鳥はやはり着眼点が一味違いますなあ。実際、こういう覚え方が出来たら勉強自体が楽しいだろうし、絶対に忘れないだろうし。勉強ってやっぱりただ詰め込むものではないんですよね、良い例や良い覚え方があれば習熟も早いですし、知識の定着もします。こういう柔軟な発想が出来る人間になりたい。


nemusame_20160519_006
それとこういう言葉遊びも好き。「でかして!!」と、良い結果を出せという意味の言葉。本来こんな言葉はありませんが、この「でかして!!」がタッツンの心境、余裕の無さを表しています。「何が何でも当たりを引いて!」のような一般的な、少し長い台詞ではなく、端的に心情を表すのが「でかして!!」。表現もそうですが、こういう言葉遊び的なものは普段から自分もやったりするので尚更共感できるんですよね。


nemusame_20160519_000
加えて、こういう軽快なボケがたまらなく好き。淡々とシュールにボケるの好き。たぶん自分自身もこういう意味の無いようなことをよく言うからだと思う。


nemusame_20160519_005
あとこれ小学生の頃スゲーやってたwww 液体のりを下敷きとかに出して乾かすやつwww 何が楽しいのかよくわかんないんだけど、凄く楽しかった覚えがある。そして授業参観に来てた母ちゃんに見つかって怒られた記憶まであるwww なんで小学生ってこういうの好きなんだろうな。何かを精製するのが楽しかったってことなのかな。


というわけで、今回も非常に面白い「それでも町は廻っている」15巻でした。ホント安定して面白いって石黒正数すごいな。

眠気覚め度 ☆☆☆☆☆

今のイチオシ!
ちょっと前のイチオシ!!
結構前のイチオシ!!
それなりに前のイチオシ!!
スピリットサークル完結!!
タイムリープサスペンス!!
ゲームとギャグが好きなら!
漫画もいいけど山賊もね!
記事検索
応援してますその2
応援してますその5
Twitter
日々読んだ漫画の感想を中心に記事を更新しています。記事更新と同期していますので、漫画の感想情報を見逃したくない方はフォローお願いします!
メッセージ

名前
メール
本文
「眠気が覚める面白さを求めて」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • ライブドアブログ