宇宙

宇宙兄弟 41巻 - We are "Space brothers"!

40巻で遂に南波兄弟が月で邂逅し僕たちは宇宙兄弟ですとタイトル回収した「宇宙兄弟」41巻です。当然内容は40巻の続きとなります。

この「宇宙兄弟」という言葉が作中でもとても大きな意味を持つことになります。それは全ての宇宙飛行士たち、全ての宇宙開発に携わる人たち、そしてその全ての関係者、それらは皆、宇宙開拓へ向かう仲間であり兄弟である。その意味が世界中の人たちに伝搬し、宇宙兄弟という一つの思いとなる。それがなんと素晴らしいことでしょう。

そしてまた、主人公である六太がその言葉の発信者であり、宇宙開発者全員に大きな影響を与える存在になったのが非常に感慨深いです。1巻から読んでいる読者にとってもそれはひとしおでしょう。

最初は日々人への劣等感を抱え、会社を辞めて宇宙飛行士の夢を追い、宇宙飛行士になるための試験では様々な困難を乗り越えて仲間も増え、宇宙飛行士としての訓練でも同様に非常に困難な道のりを歩んで行き、遂に月へ旅立つ宇宙飛行士となり、月でも様々なハプニングアクシデントに巻き込まれつつも乗り越えたからこそ、非常に深みのある「宇宙兄弟」という言葉になったのではないでしょうか。

20220526_000
「誰もが宇宙兄弟の一員であるということを このマークが思い出させてくれるでしょう」

それが宇宙開発企業間でも共通の言葉となり、「宇宙兄弟」を宇宙開発のシンボルとする動きになります。月で発した言葉が地球でも展開されて、地球にいながらも月にいる六太たちを感じられるシンボルへ。

いいなあ、この流れ。悪い人が出てこないのが「宇宙兄弟」の良いところなのですが、この流れも実に優しい。読んでるだけで幸せな気持ちになれます。


41巻の半分くらいはこの「宇宙兄弟」に関する話で、あとは月開発の続きを日々人たちロシアチームと共同で進めることとなります。兄弟揃って夢を叶えて月のミッションを実行していく姿がまた美しい。

途中で少し事故が起きそうな不穏な流れになるのがゾクッとしました。正直なところ、ここまで事故が発生しまくった月の作業にこれ以上の試練は与えず、無事六太を地球へ返して上げてほしいところです。これ以上事故発生させるのはさすがに酷でしょうよ。。。


というわけで、前巻の40巻に引き続きタイトル回収をして大盛り上がりの「宇宙兄弟」41巻でした。ところでこれ終わる時はどこまでやって終わるんだろう。ある意味既にクライマックスだと思うのだけど、これ以上長く続くのだろうか?六太帰ってきて、日々人を待ち受けて終わりとかが綺麗な気がする。


眠気覚め度 ☆☆☆☆☆


40巻の感想はこちら(遂にタイトル回収!)


宇宙兄弟(41) (モーニング KC)
小山 宙哉(著)
講談社 2022-05-23T00:00:01Z
5つ星のうち4.8
¥500


宇宙兄弟 40巻 - 遂にタイトル回収!

20210922_000

いやもう、40巻の感想はこれだけでいいでしょう。ここまで本当に長かった。見事に「宇宙兄弟」のタイトルを回収した「宇宙兄弟」40巻です。

ホント作りが丁寧ですよねこの作品。弟であるヒビトが先に月へ行き、いつかここで一緒に会おうと宣言。それに感化され、子供の頃からの夢を叶える為に宇宙飛行士試験から丁寧に丁寧に描写を続け、遂に兄のムッタも月へ降り立つ。

また、月から戻ったが宇宙恐怖症になってしまったヒビトが、今度は兄の背中を追う形で恐怖症を克服、NASAからロシアに所属を移して、今度は月にいるムッタを救出する為にヒビトが再び月へ降り立つことに。

そうして、遂にこの40巻で、この兄弟の夢が達成されるのです。正直もうこの巻で終わってもいいくらいの達成感です。ここまで読み続けてきた読者としても、非常に感動するシーンとなりました。

また、これまで二人を支えてきた家族、シャロンを初めとした関係者各位の思いも丁寧に描写されていて、そこで思わず涙腺が緩んでしまいます。何よりJAXAの星加さんの描写が素敵でしたね。子供の頃から何度も足を運んでくれた兄弟が夢を叶えてくれたわけですから、こんなに嬉しいことはないわけです。

上記の「僕たちは宇宙兄弟です」のあとに、「piece of cake」も使ってるのがニクいですよね。過去にもシャロンとのやり取りで何度か出てきた「piece of cake」です。ムッタたちとシャロンの間をつなぐ言葉となったこの一節、もうここまでの思いを全部昇華してるように見えて素晴らしいです。

いやあ、ホントよかったなあ。自分の中ではもう完結してしまったくらいの気持ちだけど、あとはムッタが地球に戻って一区切りというところかな?1巻から40巻まで、だれることなくずっと面白い「宇宙兄弟」はホント素晴らしいです。(思い返すとロシアのヒビチョフの辺りでちょっとだれたかもね)


眠気覚め度 ☆☆☆☆


41巻の感想はこちら(We are "Space brothers"!)


 

うわ、過去の記事で宇宙兄弟書いてたはずだなと見返したら、28巻時点でもう月には着いてたのか。月に着いてから6年以上連載時間が経過していたとは。。。それどころか26巻で月に着いてたわw
今のイチオシ!
ちょっと前のイチオシ!!
結構前のイチオシ!!
それなりに前のイチオシ!!
スピリットサークル完結!!
タイムリープサスペンス!!
ゲームとギャグが好きなら!
漫画もいいけど山賊もね!
記事検索
応援してますその2
応援してますその5
Twitter
日々読んだ漫画の感想を中心に記事を更新しています。記事更新と同期していますので、漫画の感想情報を見逃したくない方はフォローお願いします!
メッセージ

名前
メール
本文
「眠気が覚める面白さを求めて」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • ライブドアブログ