天原

平穏世代の韋駄天達 6巻 - クーデター編完結

天原先生原作のWeb漫画を正式にコミカライズした「平穏世代の韋駄天達」6巻です。この巻でクーデター編が終わります。

たぶん7巻でWeb漫画の分が終わりですかね、このペースだと。早くその先が読みたいのでもうちょっとだけ待ちましょう。


さて、6巻はクーデター編が終わるので、リンがあんなことになったり新しい韋駄天が出てきたり魔族のほとんどがあんなことになったりします。

20220703_001

この作品の良いところは、主人公達である韋駄天が神の存在であり圧倒的な力を持っているのに対し、敵対勢力である魔族が挑戦者であるところが面白いと思うのです。

ブランディ対リン戦もまさしくその形で表現されていて、とにかく適当に戦ってればリンに対してブランディはあらゆる手を考えて対抗していきます。

その展開がどうしても「忍者と極道」のそれとも重なってしまって、だからやっぱり面白いのかなと再認識したり。

最近こういう、敵が弱者だけど挑戦者ポジションになって挑んでくるのが凄く好き。昔ながらの主人公が弱者で成長するジャンプ形式ももちろん悪く無いんですが、敵が弱者の場合そもそも敵の方が魅力的なことが多くて良いんですよ、カッコいい。


そしてこの「平穏世代の韋駄天達」が面白くなるのってまさしくこのあとだと思うんですよ。逃げ切ったミクが色々と暗躍してあんなことやこんなことになっていくところが最高。次の巻からこそ期待。


眠気覚め度 ☆☆☆


5巻までの感想はこちら(天原先生のWeb漫画原作を商業化した作品)


平穏世代の韋駄天達 6 (ヤングアニマルコミックス)
クール教信者(著), 天原(著)
白泉社 2022-06-29T00:00:00.000Z
5つ星のうち4.7
¥660


平穏世代の韋駄天達 - 天原先生のWeb漫画原作を商業化した作品

2021年7月からアニメが始まったばかりの「平穏世代の韋駄天達」です。原作は「異種族レビュアーズ」で一気に有名になった天原先生、作画がクール教信者先生という、どっちも原作持ったり作画したりしてる異色の組合せです。自分たちで作画まですればいいのに何故そんな歪な関係に。。。

なお、この作品は天原先生がWeb公開してたものを正式に作画して商業作品にしたものです。なので実は原作自体がまだWebで見れます。
平穏世代の韋駄天達

ちなみにWeb版原作はまだ完結しておらず、続きが気になるところで終わっています。どうやらこの商業版がそこまで進めばそれ以降の話を天原先生が書かなくてはならない状況になるのだとか。なので頑張れクール教信者先生!続きが読みたいぞ!

最近5巻が発売したのですが、Web漫画の原作では半分を少し過ぎたあたりというところ。7巻か8巻くらいまでは掛かりますかねー、そうなるとあと1年かそこらは待たないとならないかな。

さて、肝心の中身となりますが、説明がなかなか大変なので詳しくはWeb版を確認ください。簡単に書くと主人公たちは韋駄天と呼ばれる神であり、生物の摂理を全て無視しています。寿命は無いし、身体をぐちゃぐちゃにされても死なないし、体重を限りなく無にして超高速移動が可能です。最も長老であるリンは800年間存在していて最強の存在で、全てを破壊可能です。それを達成したのは、不老不死という存在が故の数百年における修行の成果なのです。

そんな韋駄天達の使命はずばり魔族を絶滅することです。が、その魔族は800年ほど前に既に絶滅しています。それから魔族の存在が出てくることはなく、800年が経過するのですが、その間にも4人の韋駄天が生まれてきます。しかし、彼らは魔族と戦う使命を持つものの、戦闘経験が全く無い状態。よって、修行をしなくても問題なく、魔族に対抗する力を持たない韋駄天となります。よって、平穏世代(ゆとり世代)の韋駄天達と揶揄されることとなります。

そんな平穏世代ですが、実は魔族は影でちゃくちゃくと数を増やして力をつけているのです。そうして遂に韋駄天と魔族が遭遇し、平穏世代の韋駄天達にも戦いの機会が巡ってきてしまったというわけですね。実はこのあたりの説明が1巻でされているのですが、一回読んだだけではわかりにくいというか1巻時点は正直言ってそこまで面白くないです。

面白くなってくるのは2巻から。直接魔族との戦闘が始まってからですね。最初から韋駄天最強のリンと魔族最強のニッケルがぶつかるため、最初から最高潮の戦いとなります。
20210801_000
この辺り、ここのもう少し前の魔族側のやり取りあたりからが面白くなるところですね。戦いが最高潮と書いたはいいものの実はそこまでに至る駆け引きだったり魔族側の思惑だったりするところが一番見所の作品なので戦闘メインではなかったりします。このあと4巻くらいから始まる修行篇も正直微妙だったり。それより魔族側が韋駄天をどうにかしてやろうと画策してるところが面白いです。

で、Web版を読んでいるので先の展開を知っているのですが、おそらく6巻後半かもしくは7巻くらいからやるであろうところが面白くなってきます。そこまで打ち切られたりしなければいいのですが。アニメ化したくらいだから大丈夫かなー。


眠気覚め度 ☆☆☆


6巻の感想はこちら(クーデター編完結)




 

貞操逆転世界 - 男女の性観念が逆転する設定が見事

いまや「異種族レビュアーズ」で超有名になった天原先生が原作の作品が「貞操逆転世界」です。いやホント、この人は発想がセンスの塊。なんでこんな面白い設定がポンポン生み出せるのか。しかも設定の一発だけでなくて、妙に根拠のある設定を作ってくるのが実に上手い。天原先生の作品は面白いものが多いです。

「貞操逆転世界」はタイトルの通りで、男女の性観念が逆転した世界の話です。それを特にオーバーに表現した世界となります。世の中では男性はエロにオープンであり、女性は比較的クローズな態度を取るのが一般的ですが、それが逆転しているのです。つまり女性がエロにオープンで、男性がクローズな世界。女性の裸には大きな価値は無いとされていてメディアでは大々的に報道可能であり、男性の裸には非常に大きな価値を見出す世界なのです。

その代表的な例が童貞と処女の価値観です。今際の世の中では童貞は捨てるもの、処女は守るものなんて揶揄されることもありますね。一度も攻め込んだことのない兵士と一度も攻め込まれたことがない砦の例で例えられたりすることも。これが逆転するんです。

20210529_005

これが「貞操逆転世界」。よくもまあこんな設定を思いつくものだとひたすら関心。だとしても、この作品に出てくる女性キャラは男でもそんなのはそうそういないぞというくらいエロに吹っ切れていますが。

20210529_006
エロ全開。まあ男同士でもこういう話になったらここはそういう反応するかな。。。

で、この作品の真髄は、この設定を存分に生かすために「元の世界からこの貞操逆転世界に迷い込んだ」というキャラを作り上げることで上手く話を回してるんですなあ。

これが実に上手い。貞操逆転していることに気づいた女子高生が主人公なわけでして、この世界に戸惑いながらも徐々に順応していく姿を見せてくれるのです。とはいえ、貞操が逆転しているだけで他は至って普通であるので、そこまで不便そうでもないのもまたグッド。

というわけで、設定1本だけでも思わず読んでみたくなる「貞操逆転世界」はライトエロジャンルとしておすすめです。絵も上手くて女の子も可愛いので読んでて楽しくなります。設定の割にはそこまでエロくはないし。いうて男子高校生のエロ話レベル。


眠気覚め度 ☆☆☆



 
今のイチオシ!
ちょっと前のイチオシ!!
結構前のイチオシ!!
それなりに前のイチオシ!!
スピリットサークル完結!!
タイムリープサスペンス!!
ゲームとギャグが好きなら!
漫画もいいけど山賊もね!
記事検索
応援してますその2
応援してますその5
Twitter
日々読んだ漫画の感想を中心に記事を更新しています。記事更新と同期していますので、漫画の感想情報を見逃したくない方はフォローお願いします!
メッセージ

名前
メール
本文
「眠気が覚める面白さを求めて」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • ライブドアブログ