ラクに読める

はるかリセット 4巻 - 徹底的に食を追求する休暇

なにもしないを徹底的にする「はるかリセット」4巻です。今回はとことん食事にこだわった休日でした。

ハーブティーから始まり、みんなで持ち寄りの鍋、真冬のかき氷、蔵元の醸造酒、ひとり焼肉、飲んだ後の締めラーメン、香川うどん巡りと、全部食事です。グルメ漫画かな?

とはいえ、休暇を堪能する春河童先生がひたすら食に勤しむ姿は見ているこちらも食べたくなるほどリラックスしていて、なんともラクに読めるものに仕上がっています。


20220623_000
「喫茶店と他の料理店とコンビニとお蕎麦屋がすべてうどん店だと思えばいいのですわ!」「……………………!

このうどん県人の豪語、本当にそうなのではないかと思わせるほどの言い切りでたまりませんね。さすがにそんなにあったらうどんでしか生活成り立たないでしょうよw いや、もしかしてそうなのかもしれないw

しかし、香川はうどんがすごいということと同時に、骨付き鳥という隠れ名物も紹介しておりこれが実に美味しそう。

20220623_001
香川名物 骨付き鳥!

これ、おそらく香川まで取材行ったんだろうけど、実に羨ましいなあ。四国って機会がなくて行ってないんですよね。行ったらひたすらうどん食べて酷い目に合いそうw


4巻は徹底して食を楽しむがテーマでしたが、やはり人間の欲望は3大欲望に忠実というところでしょうか。これまでも睡眠欲と食欲に振り切れてますし、性欲はテーマから外れるからやらないだろうし。ということは、今後も食事がメインなんだろうなと予想。

そしてAmazonを見ると既に5巻の書影が。8月には出るようです。刊行スピードが早いですなあ。


眠気覚め度 ☆☆☆


1巻の感想はこちら(お疲れの社会人に必要なのは休息だ)
2巻の感想はこちら(休日を全力で満喫出来る姿が羨ましい)
3巻の感想はこちら(「なにもしない」に適切なのがまさしくこの1冊)


はるかリセット 4 (チャンピオンREDコミックス)
野上武志(著)
秋田書店 2022-06-20T00:00:00.000Z
5つ星のうち4.8
¥462


はるかリセット 5 (5) (チャンピオンREDコミックス)
野上武志(著)
秋田書店 2022-08-19T00:00:01Z

¥693


金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿 11巻 - 単なるネタにとどまらず犯人のキャラ付けが上手いからこそ面白い作品です

打倒金田一を目指す犯人側の視点を描いたことで一挙に注目を浴びた「金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿」11巻です。

一旦完結したのですが、金田一少年の事件簿30周年を記念して期間限定復活したそうです。

対象とした事件は「剣持警部の殺人」「錬金術殺人事件」「ゲームの館殺人事件」の3つとなります。2009年、2010年、2011年に発表された事件です。

実は私自身はこれらの原作を読んだことがありません。初代の金田一は全巻読んでましたがそこまででした。しかし、原作を知らないのに何故かそれなりに面白く読めてしまうのがこの「犯人たちの事件簿」の凄さなのだと思います、普通に面白かった。

というか、今回の犯人たちの引率とも言うべきストーリーテラー役に、初代犯人の有森や学園七不思議殺人の名物犯人的場を据える時点で面白い。

20220616_000
「やることが多い‥ってね」

特に有森なんて、初代犯人かつ金田一の友人かつ死んで終わったということもあり、金田一史上最も有名な犯人なんじゃないでしょうか。それだけ良いキャラだってことでもあるんでしょう、彼らが出てくるだけで笑ってしまうのが正直悔しいところ。


そしてまた、知らなくても面白くしている要素として、ひとりひとりの犯人にしっかりと思想や特徴を打ち立てて、かつその話で使うネタを大きく固めてしまっていることが挙げられます。そうすることにより、毎回金田一に暴かれる同じ結論だとしても、そこに至る過程がしっかりしていて面白さを引き立てていいると思うのです。

20220616_001
「俺‥悪そうに見えるけど‥めっちゃ普通のヤツだから‥‥人の殺し方なんてわっかんねぇよ‥‥!!」

犯人だけど普通の一般人だと主張したり、


20220616_002
「さすが俺!幅広い知識があってこその閃き‥‥!!国立歯科大学‥‥ッ!!」

歯科大学のエリートだからという自負を持ち、歯を治す要領で溶接トリックを駆使したり、例えで金田一が自前の歯なら俺はインプラントだと主張したり、


20220616_003
「どんどん過激にしてこっ!!昔のテレビみたいに!!」

昔のテレビマンだったからことあるごとに昔のテレビはコンプラがなかったと主張したりと、様々なキャラ付けがされています。これらがしっかりしているからこそ、各話でもネタの展開の仕方が一貫されていて面白く読めるものに出来上がっています。

当初は犯人がこういうことをしたとすると、実現するには相当大変だぞというところが面白さとして打ち出されていたと思います。ですが、その繰り返しだけではやはり単調になって飽きられてしまうので、こういった明確なキャラ付けとネタ作りするようにしたのでしょう。それがとても上手くいった作品になっていると思います。だから、原作を知らなくても十分に面白いものに仕上がっているのではないでしょうか。


10巻で完結して、再開もこの11巻で終わりとなる「金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿」でした。ホントこれは良いスピンオフだったと思います。コナンのスピンオフにも影響させるくらいですし、金田一を読んだことのある世代にドンピシャです。読んだことが無い人は必読。


眠気覚め度 ☆☆☆


金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(11) (週刊少年マガジンコミックス)
さとうふみや(著), 天樹征丸(著), 金成陽三郎(著), 船津紳平(著)
講談社 2022-06-16T00:00:00.000Z
5つ星のうち4.8
¥528


時間停止勇者 9巻 - バ・レー大会でも時間停止して不正するぞ

いつもどおり時間停止してスケベなことをしながら少しずつ話が展開する「時間停止勇者」9巻です。

とはいうものの今回はバ・レー大会が半分くらいを占めます。

20220612_000

時間停止してバ・レー大会でも不正します。まあ、この大会で負けてしまうと闇の勢力に国を獲られてしまうのでなんとしても勝つ必要がありますし。

とはいえ、最終的には不正があったことがバレないようにしなければならないので色々画策していきます。相手も空を飛んだり第3者を使ったりしてるし、そもそも人間じゃなくて闇の勢力だしもうなんでもありじゃんと思ったりも。


そんなことより、今回は剣聖リーファがセカイの攻略済みダンジョンを単身で進んでいくのですが、その強さが凄まじくて見ていて面白い。

20220612_001

セカイが何日も時間を掛けて少しずつ進んでいったダンジョンを次々と順調に攻略。しかもその無敵の強さっぷりが凄くて、瞬時に相手の倒し方を見抜いて撃破していきます。時間止めてないのにこの強さ、ようやくリーファの強さを正しく表現されたような気がします。

正直バ・レー大会よりもこっちのリーファの話の方が面白いかも。そうなっちゃったらもう時間停止しなくていいじゃんとなって本末転倒になるかw


なんだかんだで、エロいことばっかしてくだらないなと思いつつも読み続けてしまう「時間停止勇者」です。バ・レー大会が終わったあとはもう少し面白くなりそうな気がしますが、どうでしょうか。


眠気覚め度 ☆☆☆


6巻の感想はこちら (異世界で時間停止して何でもやってのけるぞ)
7巻の感想はこちら (南国で時間停止して脱がしまくるぞ)
8巻の感想はこちら(ゲーム世界で時間停止して面白くなってきたぞ)


時間停止勇者(9) (シリウスコミックス)
光永康則(著)
講談社 2022-06-09T00:00:00.000Z
5つ星のうち4.7
¥660


股間無双~嫌われ勇者は魔族に愛される~ 2巻 - 合法ロリにポーション発射を手伝ってもらいます

精液が最強の回復薬となるけど見た目と性格から人間に疎まれまくる「股間無双~嫌われ勇者は魔族に愛される~」2巻です。

1巻の最後から続いて、魔族3人娘と人間達の戦いが2巻で読めます。むしろ戦って終わりだしまだ決着がついてません。

20220608_000

魔族にイラマチオさせて、もうここで果ててもいいかなというところで合流します。この流れすごく好き。くだらなさ過ぎて好き。

このあとは、勇者の精液を摂取すれば強力になれる魔族と、一応魔族を滅ぼすために大嫌いだけど引き連れて旅をしなければならない人間の取り合いになります。その流れもくだらなくてたまらん。


そしてなんとこの巻で新キャラのロリ娘が出てくるんです。しかもロリ娘なんだけど実年齢22歳という合法ロリ。おまけに強力な魔力の代償として精神と肉体の成長が止まっているので超アホというキャラ。ロリビッチ体質で好きな人は絶対に好きなキャラが出てくるんです。

しかも状況的に、人間の仲間を助けるためにはどうしても精液を出さなくてはならなくて、だけど状況から萎えてしまって、なのでこのロリビッチに手伝ってもらうわけです。

20220608_001
「ポーション発射のカウントダウンに入ったので もう少し早くシゴいて貰えないでしょうか」

おい、ここだけ切り抜いたら本当にただのエロ漫画じゃねーかwww


きちんと理由があるんですよ、ここで射精しておかないと、仲間が死ぬほどの瀕死になってるんです。だからこそ、誰かの手を使ってでも射精しないとならないのです。なのでアホの子のロリビッチに手伝ってもらってなにがなんでも射精するのです。

ここの展開がホント面白くて、間の取り方といい表現の仕方といい、声出して笑ってしまいました。このシーンで人笑いするだけでも十分価値があるかも。


そんなくだらない展開ばかりなのですが、2巻のメインは魔族と人間の戦いで、この展開がどうしてまたなかなかきちんとバトルになってるのがまたいいんです。逆に、下手にシリアスな戦いだからくだらなさが半減してしまっているとも言えるかもしれません。

2巻まるまるバトルだったので話が大きく展開はしなかったのがちょっと惜しいかなと。いやいいんですけどね、ストーリーうんぬんよりも、精液を要求するくだらない話なのにそれを命がけになって必死に奪い合っている戦いの構造というだけでも面白いので。


ホント、実にくだらなくて、妙にバトルは真面目で、そのアンバランス感がなんとも言えない「股間無双」2巻でした。このくだらなさは他に類を見ないレベルなので必見です。


眠気覚め度 ☆☆☆☆


1巻の感想はこちら(ひどさに全振りした大馬鹿設定を真面目に描写していく姿がお見事)


股間無双~嫌われ勇者は魔族に愛される~(2)
ジブロー(著), 脇道それる(著)
講談社 2022-06-06T00:00:00.000Z
5つ星のうち4.4
¥726


ゴリラーマン40 2巻 - ゴリラーマン一家集結

40歳になって見た目は高校時代よりも若返った「ゴリラーマン40」2巻です。作者の画力が上がったせいなので仕方がないですね。

20220607_000

ゴリラーマン一家が早くも勢揃いしました。この絵面だけで面白いのずるいわホント。

ただ、話の流れが巻き込まれ系で、そこまでの流れが普通に胸糞なのがなかなか辛いです。「今日から俺は!!」の悪役を見ているかのよう。

もちろん、そのあとにゴリラーマンのスカッとな展開があるので問題ないと言えば問題はないです。そこまでにそんなにわざわざ悪い奴らを出す必要あるかなというくらいで。

ゴリラーマンを総合格闘の場に引きずり出したいとか、そのためにどんなことでもするとかはいいのだけど、その方法が完全にアレな方向でそりゃ怒りを買いますわの展開なのがちょっとやりすぎ感あってなあ。

とはいえ、あまり悪い風に捉えて読むのは考えすぎなのかなあ。もっと純粋に、悪役が出てきたからそれをぶちのめす流れを楽しめばいいのだろうか。ゴリラーマンが別になにもしていないのに相手を圧倒する姿が面白い作品なので、そこにもっとフォーカスすればいいのかしら。


面白いのは間違いないので、池戸定治の無言の腕っぷしが見たい人にはもちろんおすすめです。


眠気覚め度 ☆☆☆

1巻の感想はこちら(帰ってきたゴリラーマン中年篇)


ゴリラーマン40(2) (ヤングマガジンコミックス)
ハロルド作石(著)
講談社 2022-06-06T00:00:00.000Z
5つ星のうち4.8
¥726


おぼこい魔女はまじわりたい! 3巻 - 普通のラブコメになってきました

魔女見習いから昇格するために男の子とシたいのだけど、1から関係を築きましょうとなって妙にピュアな中学生生活を送っている「おぼこい魔女はまじわりた!」3巻です。

普通のラブコメになってきましたね。2巻で学校生活に馴染み始めてクラスメイトとも友達になってきた流れから、本当に普通の子になってきています。3巻の最初を読んだ時は、あれ、古森さんってこんな普通に喋れる子だっけ?と違和感を覚えたほど。

しかしクラスメイトと日々楽しそうに生活する古森さんは見ていて楽しいし、ヒイラギくんの家にお風呂に入りに来る古森さんは可愛いし、中学生になってもお父さんとお風呂に入ってる佐枝木さんも可愛いのです。

20220604_001
普通はこういうの女の子の方から嫌がると思うんだがw


そんな感じで、至って普通のラブコメになっているのですが、キャラが良いのと絵が可愛いこともあって何の問題もなく楽しめて読めます。時折古森さんの魔法の話とか魔女の話とかもきちんと出てくるし、しっかり設定を生かしたお話になっています。

20220604_000
普通のラブコメですよ。


クラスメイトとも魔女の話を明確に明かしたわけではないですが、徐々にそういった話にも巻き込まれているのがまた楽しいです。このままもっと打ち解けて古森さんが言わなさそうなセリフまで言うようになってほしい。


というわけで、引き続き安定して楽しく読めます。「おぼこい魔女はまじわりたい!」の世界はみんな優しくて意地悪なのもいないのでとにかく安心して読めるのが良いですね。次巻も期待です。


眠気覚め度 ☆☆☆


1巻の感想はこちら (思春期真っ只中で迫る美少女)
2巻の感想はこちら (クラスメイトとも仲良くなっていく世間知らず魔女の成長譚で優しい気持ちになろう)


おぼこい魔女はまじわりたい!(3) (ヤングキングコミックス)
仲邑エンジツ(著)
少年画報社 2022-06-16T00:00:00.000Z
5つ星のうち4.9
¥759


今日から始める幼なじみ 3巻 - 幼なじみであることを公認にしたい女の子が可愛くてニヤニヤが止まらない

そんなの漫画の中だけの幼なじみだと何回もツッコんでしまう「今日から始める幼なじみ」3巻です。今巻も幼なじみというよりもただのイチャイチャカップルが爆発します。

20220514_003
いや食べないよw


20220514_004
食べないってw


20220514_005
あ、これはやりますw

とまあこんな感じで、中学生だったらカップルがやりまくるようなことを幼なじみがやることだと決めつけてなんでもしてしまいます。それこそカップルのように。


20220514_006
既にされてるんですがwww

楓がそういったことを全然意識しないで幼なじみというカップル行為を続けるし、航平もホント大変やなあw 中学生男子が可愛い子にこんなことを日常的にされたら意識しないわけがないです。毎日シコってますよこれは絶対。

少々下品な表現になりました、失礼しました。


この作品、ひたすらこの勘違い幼なじみのイチャイチャカップルを見せつけられるのですぐにお腹いっぱいになってしまいます。

そして何より良いのは、当人である楓ちゃんは全く意識しないでそれをしているのが良いんですよ。明らかにそういうムーブをしてるのに。だから二人の関係がそれ以上には発展しないで、航平は既に意識しすぎてもやもやし始めてて、でも楽しいからこのままでいいやってなってるのがホント最高。

正直ここ何年かで多くなってきた陰キャ主人公に何故かギャルが優しくしたり気があるようなことをするのと方向性は同じなんですが、その見せ方の違いがよりこの作品を良くしている気がします。

それらの作品では主人公の男の子を小馬鹿にしてるような描写が多かったりする気がしますが、この作品ではそんなことは一切なくて、ひたすら自分がしたい漫画の世界の幼なじみを実現しているだけなんですよね。

だから全く悪意もなく、実は好意もそこまでなく、本当にただの友達という気で接しているから自然なんだと思います。だからこそ、なんの難しい気持ちもなく、いつまでも清々しい気持ちですんなり読むことができるのではないでしょうか。だからこそ「今日から始める幼なじみ」は非常に尊い。


本当にラクに読めてニヤニヤ出来る良い作品だと思います。楓が飛び抜けた美少女じゃなくて、どこか抜けたところのある、ツッコミどころのある性格なのもいいんだろうなあ。おすすめです。


眠気覚め度 ☆☆☆☆


1巻の感想はこちら(幼なじみに憧れる女の子が可愛くてニヤニヤが止まらない)
2巻の感想はこちら(幼なじみを勘違いしている女の子が可愛くてニヤニヤが止まらない)
4巻の感想はこちら(幼なじみの域を越えて手を繋ぎたがる女の子が可愛くてニヤニヤが止まらない)


今日から始める幼なじみ 3巻【電子特典付き】 (バンチコミックス)
帯屋ミドリ(著)
新潮社 2022-05-09T00:00:00.000Z
5つ星のうち4.9
¥554


ザ・ファブル The second contact 3巻 - 今度はアキラではなくヨウコを掘り下げていくのでしょう

何もしてないのに勝手に色々巻き込まれていく「ザ・ファブル The second contact」3巻です。この巻も実にファブルらしい話の構成になっています。

いつもどおりアキラの周りは平穏のまま一般人に馴染むための話が進む一方で、紅白組のキナ臭い動きが活発してきて巻き込まれ始まるというお話になっています。

特にこのSecond Contactで大きく話を展開しようとしているのがファブルの対抗としてルーマーという似たような組織が出てきたことですね。

20220506_007
「だからウチはルーマーと言われてんだ」

これまでファブル内の争いは発生していましたが、今回始めて外部の敵対組織が出てきたことになります。最初からこの組織が出てくるので、序盤から大きな争いが起きそうな予感がします。

というかファブル側(元ファブル)が既に4人もいるから大きな争いにするには対抗が必要なのかな。初代の頃のアキラすげーの話からもっと大きくする必要が出てきたというか。

といっても、一応似たような組織は初代でも出てましたねそういえば。明らかにファブルには及ばない強さだったというだけで。あれはヨウコを引き立てる必要性もあったからか。

ヨウコといえば、今回のファブルはアキラからヨウコにフォーカスが移っている気がします。ということは今回はヨウコを大きく掘り下げるのでしょう。3巻ではタコちゃんとあんなことになったりしますし。

20220506_008

初代でも薄っすらとそういった思わせはあった気がしますが、その設定をしっかり活かしてきました。個人的に問題なのはヨウコとタコちゃんの恋愛は別にそこまで見たくはないということくらいでしょうかw

ヨウコはファブルとはいえ一番一般人に近いから、アキラやユーカリたちの面白さとはちょっと違うんですよね。なので飲み屋で酒を飲んで男を潰すという設定も出てきたわけで。それが今回はこっちの方面で活かしてくるとは。

話の流れとしてもヨウコとルーマーが接触しそうで、おそらくそのままタコちゃんも巻き込まれることになると思うので、最終的にはアキラと岬みたいな関係に持ってくのかな?いずれにせよ楽しみです。


というわけで、のほほんと過ごしながら色々と暗躍し続けている「ザ・ファブル The second contact」です。これ初代の方はある程度出てから一気に読んだので気にならなかったけど、新刊毎に読んでいるとそんなに大きく進まなくてなかなか先が気になりますねw


眠気覚め度 ☆☆☆☆


1巻の感想はこちら(俺たちのアキラが帰ってきた)
2巻の感想はこちら(シリアスと緩さの融合のレベルが高くて相変わらず面白い)




ジンメンソウといっしょ - メンタル強者のお姉さんがカッコいい人面瘡生活

ふと気づいたら右顔面に沢山のジンメンソウが出来ていても何も気にせず生活を送るたくましいお姉さんの強さを描く「ジンメンソウといっしょ」です。

20220424_000

朝起きたらこんな人面瘡が出来てました。この人面瘡、お姉さんに寄生してるわ痛覚を共有してるわ一つ一つが意思を持っていて喋るわでもう大変。普通の人ならこれだけで人生を色々考えてしまうでしょう。


20220424_001

しかしこのお姉さん、持ち前のメンタルの強さでこの人面瘡と共生することを選択します。なので、人面瘡という特殊な設定があるものの、ひたすらこのお姉さんの強さとカッコよさを味わう作品となっています。

おそらくこの作品、人面瘡でなくても十分成り立つ設定です。というのも、このお姉さんが類を見ないほど強烈で魅力的なキャラで、どんなことが起きても動じずに飄々と生きていくような存在なのです。

正直、人面瘡だろうがなんだろうが、このキャラを作れた時点でこの面白さは保証されてるのではないでしょうか。


20220424_002
人面瘡が出来ても気にせず仕事をするお姉さん。


20220424_003
人面瘡が出来ても気にせず友達とランチに行くお姉さん。


20220424_004
人面瘡が出来ても夜のお店で接客するお姉さん。

このブレなさいいなあ。良く言えば芯がある強い女性、悪く言えば何も気にしない面倒くさがりなわけですが、ブレない性格が本当に魅力的。

おまけになんだかんだ呪われてる人面瘡と何故か仲良くなったりして、その人面瘡がいちいち可愛くて、こんな人面瘡ならついてもいいんじゃないかと錯覚するくらいです。

20220424_005
かわいい。

人面瘡が憑いているという異常な状況をむしろ楽しむメンタル強者お姉さんの構造がなんとも不思議な世界を作り出してるとも言えるでしょう。

ただ、前述したとおりそもそもこのお姉さんが魅力的なので成立している作品とも言えると思っています。発想とキャラクターの勝利じゃないのかなこれ。

蓮コラが苦手な人にはちょっと厳しいかもしれませんが、絵は基本的に綺麗で読みやすくて、ネタも明るいものが多いので凄くラクに読める部類になります。割と頭カラッポで読みたい時に相応しいものではないでしょうか。

というよりそもそも、人面瘡というありえない事象がテーマになっているので、あれこれ考えても仕方ありません。深く考えずお姉さんカッコいい人面瘡可愛いで読めばいい作品だと思います。


眠気覚め度 ☆☆☆


ジンメンソウといっしょ 1 (MFC)
寺田 亜太朗(著)
KADOKAWA 2021-07-21T00:00:00.000Z
5つ星のうち4.8
¥634


ジンメンソウといっしょ 2 (MFC)
寺田 亜太朗(著)
KADOKAWA 2022-01-21T00:00:00.000Z
5つ星のうち4.8
¥634


はるかリセット 3巻 - 「なにもしない」に適切なのがまさしくこの1冊

刊行スピードが2ヶ月単位とかなりのスピードを放っている「はるかリセット」3巻です。4巻は6/20発売予定です。

20220420_000
「朝から 露天温泉withビール!」

くあああああああぁぁぁぁぁぁぁっっっ、、、これやりたい、、、絶対やりたい、、、最高のやつやこれ。。。

だってその前の日から、ゆっくり温泉に浸かって、焼肉食べてビール飲んで、用意された布団でゆっくり寝て、朝起きたらまた温泉に浸かってビール飲むんですよ?これ以上の極楽がこの世にあるでしょうか?いや無い、無いと断言しましょう。

朝から酒を飲む時点でその日はずっと何もしないことが確定してるわけで、これだけ自分を甘やかす所業があるでしょうか?だって朝から、宿泊先で、温泉に浸かって、ビール飲んでるんですよ?これぞまさしく酒池肉林、欲望の限りを尽くすわけです。羨ましいったら羨ましい。

そんな全力で休暇を楽しむ春河童先生が楽しめるのは「はるかリセット」だけです。

20220420_001
「あれが「なにもしないをしてる」って事だよ」

これが休息には大切なことなんだろうなあ。社会人の週末ってどうしても平日やらなかったこととかを詰め込んだりして、あまり「なにもしない」ってことはない気がします。

仮に本当に何もしなくても、それはただだらだらしてしまってやることをやってないだけだったり。それで結局後悔したり。

なので、本当に「なにもしない」為に必要なのは、「なにもしなくてもよい時間を作る」ということなんでしょうなあ。例えば土曜日に用事は全て済ませて日曜日に何もしないをするとか。プライベートでそこまで真摯に人生を送れる人はいったい世の中にどれくらいいるのだろうか。


そんなこんなで、「はるかリセット」3巻もお酒と共に何もしないを全力です。途中で何もしないどころか下水の資料館に行って知識欲を充填したりもしています。いい休日ですホント。

ところで日本酒風呂ってあんなたった1合の日本酒いれるだけ変わるのだろうか。あんなに変わるなら是非ともやるべきと思ってしまった。

20220420_002
「疲れが──滲み出てくる感じ! 私───こんなに疲れてたんだ!」

ホントにこんなに効くの??酒に弱いと一気に酔ってのぼせそうとかもありそうなので注意は必要ですね。


いやあ、「はるかリセット」ってホントに頭カラッポで読めておまけに休息の楽しみ方を得られていいなあ。極めてラクに読める部類なので、これこそ休息に適切な作品かもしれません。


眠気覚め度 ☆☆☆☆


1巻の感想はこちら(お疲れの社会人に必要なのは休息だ)
2巻の感想はこちら(休日を全力で満喫出来る姿が羨ましい)
4巻の感想はこちら(徹底的に食を追求する休暇)


はるかリセット 3 (チャンピオンREDコミックス)
野上武志(著)
秋田書店 2022-04-20T00:00:00.000Z
5つ星のうち4.8
¥660


今のイチオシ!
ちょっと前のイチオシ!!
結構前のイチオシ!!
それなりに前のイチオシ!!
スピリットサークル完結!!
タイムリープサスペンス!!
ゲームとギャグが好きなら!
漫画もいいけど山賊もね!
記事検索
応援してますその2
応援してますその5
Twitter
日々読んだ漫画の感想を中心に記事を更新しています。記事更新と同期していますので、漫画の感想情報を見逃したくない方はフォローお願いします!
メッセージ

名前
メール
本文
「眠気が覚める面白さを求めて」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • ライブドアブログ