ラクに読めない

一級建築士矩子の設計思考 - 元一級建築士が建築の魅力を存分に語る1冊

純粋なエロ漫画家だと思っていた鬼ノ仁氏が描く超真面目な職業漫画「一級建築士矩子の設計思考」です。発売が3/9なのでだいぶ乗り遅れた感があります。読むこと自体は発売直後でしたがいままで感想を書けずにいました。

20220417_000
「弟さんにすぐこの計画を止める様連絡して下さい これを建ててはダメです」

正直、最初のページの蕎麦をすすってるコマを見た瞬間に「エロ漫画やんけ」と思ったのですが、その中身はどうして真摯に建築のお話が語られていました。

上記画像は冒頭で知り合いの弟が家を建てる予定とのことで、建築士として見たことによる発言です。

20220417_001
「ここで重要なのが壁の向きです 建物をこちらに押す力をXとすると Xに向かい合う壁だけが力に抵抗します こんなふうに」


20220417_002
「構造は嘘をつきません Y方向から押されると倒壊する危険な設計です」

と、このように図面から読み取れる情報だけで、この建築構造の欠陥について語られます。こういった、本当に真面目な建築に関する話が続々と展開されていきます。

内容も特に難しいというわけでもなく、素人でも理屈を聞けば納得できるように表現されていきます。特に2話の「実測」のお話は面白かったですねえ、部屋に入って寸法を見るだけで壁の中にある空間まで推測して設計を浮かび上がらせるという技術が披露されます。

20220417_003
「目には見えない床下や空気の流れ ほら 見えて来るでしょう?」

身体を使ったメジャーで寸法を測り、階段の高さの平均値から天井までの高さを計測、建物の高さ制限がある高度地区であることから柱が斜めである理屈まで断定。本当にこういう仕事あるんだろうか。だとしたら相当な技術やなこれ。。。

そんな建築のお話ばかりかと思いきや、単に町中を飲み歩く話もあったりと、これはおそらく、作者が描きたいものを好きなだけ描いてる作品ですね。こういった作者が自由にのびのび描いてる作品ってえてして面白い作品になる傾向があると思います。この「一級建築士矩子の設計思考」も多分に漏れません。

あとがきやこの作品のネット上記事を見て知ったのですが、そもそも作者の鬼ノ仁氏は元々一級建築士として働いていたのだとか。それがどうしてエロ漫画家に、、、は置いておいて、そういった実績や経験に裏打ちされた作品ってやっぱりそれだけ面白さが増すと思っています。

だからこそ、この作品はその真面目さから目を離すことが出来ず、魅了されてしまうのではないかと。しっかり取材なり経験なりの上に成り立つものは、漫画に限らず何でも面白いものです。逆にそれがないとどうしても薄っぺらいものになってしまうというか。

ただ、この作品の欠点としては、どうしても文字数が多くなっていることですね。そのため、どんなに気軽に読めるようになっていても、読むのに力がいります。オススメしたいけどラクに読めない部類だなあ、悩ましい。


眠気覚め度 ☆☆☆


一級建築士矩子の設計思考 1
鬼ノ仁(著)
日本文芸社 2022-03-09T00:00:00.000Z
5つ星のうち4.7
¥663


クモノイト~蟲の怨返し~ - 蟲嫌いの人は回れ右の虫に襲われまくる怨返し

※注意:この作品は巨大な虫が主人公執拗に追い回すものとなっています。虫が嫌いな人にはおすすめしません


「クモノイト~蟲の怨返し~」は子供時代に無邪気に虫を殺していた主人公がひたすら復讐と称して追い回される作品です。

まず突然主人公のもとに美少女が訪れてきます。
20211111_003

そして「おん返し」させてくれと主人公に迫ってきます。

20211111_004

「おん返し」の準備をする姿が恥ずかしいから、押入れで待っててほしいと言われます。

20211111_007

なんだかエッチな雰囲気ですねー。鶴の恩返しよろしくで、その身体で「おん返し」してくれるのでしょうか?楽しみですねー、据え膳ですねー、期待が膨らみますねー。






押入れから出てきたら待ってたのは「ハサミを持ってるムカデでした!!」

20211111_005

思い返すと小さい頃、ムカデを殺して遊んでいたような。。。

20211111_006

なんということでしょう、当時残酷に殺していた虫が「おん返し」に来たというわけです。「恩返し」ではなく、「怨返し」こういった事態に巻き込まれ続けるのが主な話となっています。

出てくるのはムカデに始まり、バッタだったりカマキリだったり鈴虫だったりトンボだったり、ありとあらゆる虫が襲ってきます。苦手な人はこれ絶対ダメだと思いますね。虫好きならまあ、まだなんとか。

そして話が本当にひたすら虫に襲われることに終始しています。いつまで同じこと繰り返すの?と思ってしまうくらい。その話の発展性の無さがちょっと読んでて辛かったなあ。

それと冒頭で、最初にクモを逃がすところから始まっているのですよ。そういう優しい気持ちを持った男の子が主人公だと思いきや、実は残酷なことをしまくっていてひたすら虫に襲われるというのがものすごく違和感というか。話の流れとして少しおかしいなと思ってしまったり。

しかもその助けたクモが出てくるの2巻なんです。それまで襲われまくりで話が展開しません。その虚無の時間がとにかく辛かった。


惜しいなあ、色んな虫を出すことに主眼を置くのではなくて、何故襲われるのかと、それに対する助けたクモの戦いにすればもう少し話の展開になったのではないかと。


眠気覚め度 ☆☆








 

堕天作戦 - 人間VS魔族の世界観、1巻時点では様子見か?

「生き返った気分だ。」
nemusame_20151228_000
 
現代の文明は崩壊し、人間と魔力を扱う魔族が存在する世界。そこは果てしない人間と魔族の争いが続いていた。
魔族に捕らえられている「人間」は不死者であり、例え焼いて灰にしてもその身を再生する。魔族はその「人間」に対して完全に殺す方法を探すために幾度も幾度も処刑をしていたが、殺すことは叶わず。繰り返される処刑、そして己の存在意義に疑問を持った「人間」はやがて考えることをやめた。

その「人間」が気球に貼り付けられて上空に飛ばされる処刑の執行中、高度35786000mにて星型のマークを目撃する。その瞬間気球は破裂し、「人間」は再び地上へ舞い降りる。星とその時に看取った一人の魔族がきっかけで「人間」は生きる目的を再び持つことになる、その時の口からついで出た言葉、「生き返った気分だ」。


というわけで、序盤のストーリーをさらっと書きました。詳しくはオンラインで読めます。

裏サンデー:堕天作戦

この後の展開も他の魔族達と接触したり、魔竜と呼ばれる戦闘機のような兵器が出てきたりと割と読者おいてけぼり感のある展開です。中身としてもまあそれなりにある話なのかなと。正直読むのに力がいる部類の作品ではありますね。

とはいえ、上記に書いた最初の話の人間「アンダー」と魔族「レコベル」の交流は良かったし、次に竜姫活殺の話も圧倒的な武力の前に次々と死んでいく仲魔たちという構図で結構楽しめて読めました。回復魔法が使える魔族もいるけどそいつがやられたら終わりなので守って戦うとか、そういう感じの展開も好き。

何より、無感情だった「アンダー」が感情や考えることを取り戻して、不死者の兵器としてではなく一人の人間として行動を開始するというのは自分好み。

とはいえ、これは好き嫌いがはっきり分かれる作品でしょう。一般受けはあまりしないかな。
それと、今なら1巻を買えば全部オンラインで追えるので、それで済ませてしまってもいいかも。
だけどオンラインだとなーんか読むの疲れるんだよねー。

なんにせよ、1巻部分だけでは世界観の紹介とも言えるのでなんともはっきり評価を下せません。
これは続きを読んでこそでしょう。

眠気覚め度 ☆☆☆

今のイチオシ!
ちょっと前のイチオシ!!
結構前のイチオシ!!
それなりに前のイチオシ!!
スピリットサークル完結!!
タイムリープサスペンス!!
ゲームとギャグが好きなら!
漫画もいいけど山賊もね!
記事検索
応援してますその2
応援してますその5
Twitter
日々読んだ漫画の感想を中心に記事を更新しています。記事更新と同期していますので、漫画の感想情報を見逃したくない方はフォローお願いします!
メッセージ

名前
メール
本文
「眠気が覚める面白さを求めて」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • ライブドアブログ