ゾンビ

イセカイ・オブ・ザ・デッド ~コンビニ店員の俺が転生してゾンビと戦うってマジ!?~ 2巻 - 2巻で完結してしまうってマジ!?

異世界転生した実家がコンビニの男がコンビニ商品で異世界無双する「イセカイ・オブ・ザ・デッド」2巻です。最終巻となりました、残念です。

惜しいなあ、個人的にはアホに振り切ってて結構好きだったんですけど。

20220619_000

1巻の時点でラスボスになるだろう聖王が出てきて、しかもそれが先に死んだ父親だったという展開は凄く良かったと思うんですよ。目的が明確になるし、伏線をだらだら引き伸ばすことなく話が発展するし。

おまけにこの時点で既にやりあえるくらいの強さが備わっていて、というよりも父親側もそこまで手練れじゃなくてうまいことバランスが取れていたと思うのです。そう、北斗の拳でケンシロウとラオウが初めて戦った時のように。

ただ2巻を読み進めると、正直そこから尻すぼみな展開に感じてしまうのがどうしても勿体なかったです。先にラスボスを出してしまったことの弊害か、いまいち盛り上がりに欠けてしまった感があります。

何よりも、2巻の時点でゾンビの脅威があまりなくなってしまって、ゾンビを操るものとの戦いになってしまったのがよくなかったのかもしれません。相手のメインがゾンビじゃないならコンビニ商品使う必要なくなっちゃってたしなあ。

そして打ち切り?が決まってしまったからなのか、主人公の貯金を切り崩してコンビニ商品を買っていた流れで、一気に大判振る舞いしてしまったのもなんだかなあと。

あ、途中の異世界の金が必要なくだりで胡椒を換金対象にしたのは面白かったです。ドラクエ3を思い出してしまいました。


そんなこんなで、新キャラを次々と出したのはいいものの、一気に駆け足で話が進み結末を迎えてしまいました。しかし、しっかり納得行く形で締めてくれたのはすごくよかったです。聖王となった父親とどうやって決着つけるのかと思いきやなるほどそうきましたかと。

なんだかんだで楽しんで読んでたので終わってしまったのは寂しいですが、よくある完全打ち切りエンドではなかったのはお見事です。


まあ、ゾンビ+コンビニ商品メソッドが崩れた時点で続けるのは厳しかったのかなあ。同じ様なネタだと「宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する」とかで既にやっちゃってるしな。となると、もっとゾンビを全面にサバイバルすればもう少し違ったのかもしれません。

しかしこれは、ゾンビものの定めなのかなあ、ゾンビ対策できちゃったらゾンビの意味なくなっちゃうもんね。だから大抵怖いのはゾンビじゃなくて人間になってしまうわけだし。対策出来ないと襲われるだけの展開続くだけだし。使い古された定番メソッドのお約束を破るのは難しいですね。


眠気覚め度 ☆☆☆


1巻の感想はこちら(コンビニ使って異世界のゾンビを撃破しよう)




ゾンビだらけのこの世界ではセックスしないと生き残れない 4巻 - 紅のレッドスコルピオン

ゾンビメソッドとセックスを組み合わせたある意味洋画最強といえるメソッドを持った「ゾンビだらけのこの世界ではセックスしないと生き残れない」4巻です。中身はアホエロ漫画です。

一応知らない人向けに解説すると、セックスする時のフェロモンがゾンビを遠ざけるのです。なので生き残るためには男女がセックスをするのが一番という世界になっています。羨ましくもあるけど

20220612_002
そしてフェロモンが効かない変異種が4巻で出てきます。

普通のゾンビはセックスすれば遠ざけられるけど、変異種は遠ざけられません。つまりこれはもう普通のゾンビものになってしまったのでは。セックス+ゾンビがテーマだったのにセックス奪っては成り立たないじゃないか。


ご安心下さい、もうゾンビ関係なくセックスしてますからw

20220612_005
こういう変態プレイも出てきます。もうゾンビ避けのためにセックスするんじゃなくてただセックスしてるんですこの人達。なので、ゾンビを避けるためにセックスするし、快楽のためにセックスする、まあエロ漫画ですね。

とはいえ、ストーリーもしっかり進んでいき、ゾンビたちをただセックスで退けるだけでなく、あれやこれやで手を変え品を変えと、ゾンビもののあるあるも忠実にこなしていきます。ゾンビものって大抵ハズレはないのでそれだけでもそれなりに面白いんですよね。なので、全然普通に面白く読めます。

おまけにゾンビものにありがちな、人間対人間の構図も出てきます。

20220612_003
その名も「紅のレッドスコルピオン」。紅い赤いサソリです。赤が被ってんじゃねーか。


20220612_004
そして作中でもしっかり触れてくれているw

完全にネタだってわかってやってるからこそ、振り切れた面白いものになってるんだろうなあ。もともとセックスでゾンビをという時点で一発ネタだったわけですが、それを保ったまま話を続けてるのは見事です。

どうやら次巻で完結してしまうようです。最後まで楽しくゾンビとセックスを生かした結末が見たいです。


眠気覚め度 ☆☆☆


3巻までの感想はこちら (ゾンビメソッド+セックス)



 

イセカイ・オブ・ザ・デッド ~コンビニ店員の俺が転生してゾンビと戦うってマジ!?~ - コンビニ使って異世界のゾンビを撃破しよう

異世界転生とゾンビものにコンビニ要素を合わせた「イセカイ・オブ・ザ・デッド」です。自分でも何を言っているのかよくわかりません。

ここで読めます。


とりあえず概要はAmazonから引用してみましょう。
ゾンビに効くのはコンビニ商品!?

実家がコンビニの高校生・古賀ケンイチは、「ゾンビ映画」を見るのが好きな普通の少年。
が、トラックにはねられて”ゾンビだらけ”の異世界に転生してしまう…!

異世界で、彼が持つ特殊能力は「実家のコンビニと行き来できる」だけだった!?

ありそうで無かった!?
”ゾンビパニック”ファンタジー、開幕!

そのまんまなんだけど、そのまんま過ぎてよくわからんなこれ。。。だけど説明しようとしてもそのまんまになりそう。


まず主人公の実家はコンビニで、家族経営しています。ブラック企業を脱サラした父親が始めた、フランチャイズのコンビニです。見た目はファミマっぽいです。

しかし、フランチャイズがゆえ、本社から搾取され続けた結果、それを苦に家族を残して父親が自殺してしまい、母親と妹と3人で経営を続けています。ちなみにこのかーちゃんめちゃめちゃ若くて綺麗。20代みたい。

3人でどうにか切り盛りしていたところ、近隣に新たな同一フランチャイズ店舗が出店されることとなり、今後さらに経営が厳しくなることが予想されます。それに絶望してしまった主人公は何故か横断歩道で立ち止まってしまいトラックに轢かれます。これにて転生完了。異世界もののテンプレをなぞってますなあ。


転生先では勇者として迎えられますが、一般人男性の平均レベルが5の世界においてレベル1という数値を叩き出し、さらにはスキルを持っていないという結果に。いわゆるノーチート転生ですね。

20220113_010



その為、呼び出した村の村長から、期待を裏切られたとして勝手に見損なわれます。理不尽な異世界転生は数あれど、なかなか率直である意味思い切りの良い村長ですねこれ。


20220113_011



しかし実は、転生者ならではの特殊能力があったのです。それが「ホームポイント」に戻る能力。強い想いが残る一箇所限定となりますが、この力を使えば短時間とはいえコンビニである実家に戻ることに出来るのです。


20220113_012


こうして実家のコンビニに戻ることが出来た主人公のケンイチは、コンビニで買い物をして異世界に戻るのです。おまけに購入の目的は異世界の村人が要望している水と食料を持ち帰ること。特に肉類が不足してるということで、ファミチキならぬハピチキを大量に買って異世界に戻ります。


20220113_013


その後、異世界の村人たちにエナジードリンクを振る舞い、ハピチキの肉汁を「天才料理少年 味の助」で表現されたようにピュッピュッ出ることで驚かせます。これにより村長から見直されるのですな。現金な村長だ。


そしてこの世界に敵対勢力として存在するのはゾンビ。1匹見かけたと思いきや続々と集まり始め、建物に非難したらドアを突き破って手を出すほどの怪力です。しかし走って近づいたりはしません。作中では「ジョージ・A・ロメロ型」のゾンビと表現されています。

それにしても、どうしてこういったゾンビものってやたら怪力なんでしょうか。腐ってボロボロのはずだから、噛み付きはいいとしてもドアを突き破るみたいなことは出来ないと思うのですが。「半熟英雄」のゾンビみたく、パンチをしたらゾンビ自らがダメージを受けるくらいが丁度いいのでは。


話が逸れましたが、このゾンビに実は、コンビニで買っていたあるアイテムが効くのですね。それが酒なんです。異世界ではゾンビを退治するにはエリクサーが必要と言われていましたが、酒がなんとエリクサーなのです。


20220113_014
(酒は)「百薬の長…つまりは、…万能薬…」
「それって、エリクサーですよね」



無理矢理繋げた感はぷんぷんしますが、この設定は面白いですねー。酒の捉え方から、異世界の万能薬に繋げるという流れは上手い。ということはこの世界、きっと怪我も大病も酒で治すのでしょう。なのでコンビニ無双というよりも酒無双なんじゃないかなこれ。


そんな感じで、コンビニを使って食事をして元気になり、酒をぶっかけてゾンビを倒すのが「イセカイ・オブ・ザ・デッド」です。設定に笑いどころは多々ありますが、実は極端におかしな設定とか筋が通らないキャラとか、突拍子も無い展開とかは無いので割としっかり読めるものになっています。

おまけに1巻の最後時点でラスボスになりそうなキャラも登場しており、話にスピード感があります。異世界もの定番のギルドやスキルが無いのでスピード展開も可能なのでしょう。

ですので、半分くらいツッコミを入れながらこの作品の紹介をしてきましたが、実はこのあとの展開を少し期待しています。量産型の異世界ものよりはずっと面白くなりそうな予感。


おまけに最初に書いたリンク先では1巻の続き(9話)がまだ読める状態だったので、いまからでも連載を追えそうです。しかも9話の展開が面白い。今後も期待。



眠気覚め度 ☆☆☆


最終巻の感想はこちら(2巻で完結してしまうってマジ!?)




天才料理少年 味の助【新装版】1 (Jコミックテラス×ナンバーナイン)
宗田豪(著)
ナンバーナイン 2021-11-05T00:00:00.000Z
5つ星のうち4.0
¥440


 

ゾンビだらけのこの世界ではセックスしないと生き残れない - ゾンビメソッド+セックス

アホエロ本です。

タイトル通りの設定な「ゾンビだらけのこの世界ではセックスしないと生き残れない」は、なんとゾンビだらけのこの世界ではセックスしないと生き残れないんです。

よくあるゾンビサバイバルものに、緊急回避的なものとしてセックス要素を組み込んでいます。いやあもう、設定が清々しいくらいアホくさくて良いですな。セックスしてフェロモンなり体液なりを放出しまくると何故かゾンビが離れていくという。ゾンビとしても公共の場で破廉恥なことをしてるから単に距離を置きたいだけなのではと疑ってしまいます。

20211023_000

とはいえ、セックスがゾンビ対策のひとつの手段としていることにより、それを中心にした話が展開されることとなります。

主人公の男の子は助かるためというよりもセックスをしたい為に相手を探すことを目的としています。そんなこんなで目的を達成するし、ご都合主義よろしくで次々と相手を見つけてはどうしてもセックスする状況になったりしていきます。

出てくる女の子も、最初はしたくないのですがセックスしないと生き残れないということから渋々了承して結局セックスしてしまいます。

また、そんな状況だからこそ、サークルの姫のようなキャラが複数の男を囲っていたり、やっぱりその集団は仲間割れで壊滅したりとか、ゾンビものあるあるに加えて人間関係あるあるが展開されたり。

そしてゾンビものお決まりのゾンビがいない島という存在が判明したり、そこに行くために人々が集まったり、人々が集まるとやっぱりゾンビものあるあるの集団壊滅や疑心暗鬼や寝取り寝取られがあったりと、ゾンビものでやれることは大体やってるのではないでしょうか。

そこに集団崩壊要素の強いセックスというものが必然事項として絡んでくるのですから、そりゃゾンビ対策もより難しくなるというものです。なので安寧の時など決してなく、ひたすらゾンビサバイバルが続くわけですな。

3巻ではいよいよ無ゾンビ島に乗り込んで平和に暮らすのかと思いきや、やはりそこでも渦巻く様々な人間関係。もともとの島民とゾンビパンデミックが始まってからの移住民の確執があったりそこでも女を巡っての争いがあったり。

正直このセックスネタひとつでどこまで引っ張るものかと思っているのですが、よく話が続くなと感心しています。島行って終わりくらいで考えてたところ、まだ連載が続くことになったのだとか。

確かにこれ、ゾンビものの割りに殺伐としてなくて、アホなコメディで、エッチな表現があって、頭カラッポで読むには最適なんですよね。難しいこと考える必要がないので。そういうちょっとした息抜きに読むにはバッチリ合うかもしれません。


にしても、ゾンビものってホント便利な設定やなあ。ファンタジーものとかもそうだけど、暗黙知になってるお約束があるので、設定の説明をする必要がないのが本当に便利。ウォーキングデッド流行ったと思ったらあれよあれよとゾンビものだったりゾンビ漫画が増えたのも頷けるところ。

ファンタジーものも形を少し変えて異世界ものとして共通知になってしまいましたね。転生してチート
があってスキルツリーがあってギルドがあって。

ただ、これらは便利だからこそ、そこを一歩上を行く設定や展開が無いと人気が出ることは難しい。なるほど現実もゾンビサバイバルやファンタジーサバイバルなのだな。


眠気覚め度 ☆☆☆


4巻の感想はこちら(紅のレッドスコルピオン)








コンビニ・オブ・ザ・デッド 100日後に救助されるコンビニ店員 - 100日メソッドとゾンビメソッドの融合

100日後に○○する△△メソッドを使ったゾンビものが「コンビニ・オブ・ザ・デッド 100日後に救助されるコンビニ店員」です。

ここで読めます。コミック版はこの内容+αです。

ゾンビサバイバルというだけで一定の面白さが確保されているゾンビメソッドと、去年彗星の如く現れてアイスバケツチャレンジの如く急速に忘れられた「100日後に死ぬワニ」の100日後に○○する△△メソッドの融合実験体といえます。後者も毎日更新ということで個人的にはレベルの高いメソッドだと思っていますので、面白い×面白いは当然すごく面白いのに違いありません。

うーん、まあ感想としてはつまらないとは言わないですが、両手を挙げて面白いと絶賛するかと言われると難しいかなあ。100日メソッドで時間が毎日進んでる割には1日でやるようなことを数日に分かれたりしてることもあるので中途半端かなと思ったり。この辺はワニの方がしっかりしてた気はする。

あとはテーマが前半と後半で変わってきたのがなんとも。後半の話をするなら100日メソッド全然関係なくやった方が面白かったのでは。対して、前半の100日メソッドも100日である必要性はというのが。1日単位で大きく変化するような内容ではなくて数時間単位だったりそれこそ連続だったりするようなものもあるのが。ということは、100日メソッドが上手く生かしきれていないのかもしれないです。惜しい。

話自体が面白くないのかといわれると、そこはゾンビメソッドが活きてるので十分面白かったりします。難しかったのはコンビニに閉じこもってるがゆえに話の発展させ方が難しかったのではないかと。だからこその後半テコいれの気がしないでもないです。かといって、100日後メソッドを使わなかったらtwitterで流行ってコミック化までいけたかというとそこはなんともというところ。

売り出すためにもまずは人の目につくことが重要で、そのためにはSNSを有効活用するのが大事なんですなあ。それと100日メソッドは抜群の相性なのかもしれません。


眠気覚め度 ☆☆☆



空腹なぼくら - ゾンビが人類の神となる

「空腹な僕ら」はゾンビものです。ゾンビものというのは昔から人気のある設定だし、異世界ものと同様に読者の共通認識を持ちやすいので非常にすんなり設定に入れるのが魅力ですね。最近では10年ほど前のウォーキングデッドを皮切りに次々とゾンビ作品が出てきたイメージがあります。ということはどこかで差別化をしないと頭ひとつ抜け出ることは難しいです。

この「空腹なぼくら」はゾンビの中で偶然出現した、人間の意識があるゾンビが主人公のお話です。
20210603_000
ゾンビは生きた人間しか食べないかつ、ひたすら獲物を求めて徘徊しています。ただ、この主人公はゾンビの特性を自身の経験から確認し、空腹は感じるけれども別に食べなくてもいられるということに気づきます。更に生きた人間以外を食べてもその空腹は満たされません。なので空腹を満たすには生きた人間を食べるしかありませんが、食べなくても飢え死ぬことはないのです。そもそもゾンビが死ぬというのは正しいのかどうかも謎です。脳が潰されたら活動が停止する、が正しいのかな。

しかしここで人間を食べつくすという問題が発生します。

空腹を満たすためには生きた人間を食べる必要がある。しかし生きた人間はもういない。ではどうしたらいいのか。増やせばいいのです。それに必要なのは人間の男女。その2人を見つけ出し、2人に子供を産ませて増やす。そんな途方も無い年月を掛ける計画が始まります。
20210603_002
ゾンビは死なないし腹も減らないからこそ出来る計画ですね。そもそもゾンビ世界で人間を増やそうとするのがゾンビ側というのがなかなか無い設定かなと。人間側がゾンビ世界でなんとか生き残っていこうというのが基本ですからね。加えて、何年も先を見据えてのストーリーはあまり見ない気がします。まあそれやっちゃうと毎回キャラも変わっちゃいますし。年代ジャンプものといえばジョジョが有名ですな。誰もが知る傑作。ゾンビの年代ジャンプものも何かで読んだことあるような気がしますが思い出せないなあ。

1巻ではまず男女を探すところから始まります。男の方は1話から確保している引きこもりニート。20210603_004

そして遂に見つけた女はなんと元カノ。
20210603_003

この2人を引き合わせて生殖させるというのが大きな流れです。どうしようもない男だが、食い尽くしたと思っている人類で唯一見つけた男。そしてゾンビ世界の中で健気にも逞しく生き抜いてきた、未練もある元カノ。こんな男に元カノを抱かせるのか、いいやもう自分は人間ではない、空腹を満たすために人類を増やすのだ、という葛藤。悩めるゾンビ。この2人と1人とゾンビはどうなってしまうのか。思いついたから書いたけど悩めるゾンビって凄い言葉だな。

先のことを少しネタバレしてしまいますが、年代ジャンプものと前述した通りで子供が生まれます。すると今度はこの子供を成長させて更に生殖して増やすということを続けていくわけです。長い歳月を掛けて。そんな子供に情が沸くのは必然。しかし増やすことしか考えてないゾンビに育てられたらどんな子供に育つのか、勿論一般的なまともに育つわけもなく。そしてまた葛藤。悩めるゾンビですなあ。

そんな子供の成長も見守ることが出来るゾンビ年代ジャンプものがこの「空腹なぼくら」なのです。着眼点が非常に面白く、ゾンビの葛藤や育っていく子供の成長や倫理観を上手く描いているのが非常にグッド。ゾンビものとしてはゾンビパニック要素は強くないので、ゾンビものを期待して読むと肩透かしかもしれないです。どちらかというと父性と倫理と子供の物語の方が近いかな。


眠気覚め度 ☆☆☆☆




今のイチオシ!
ちょっと前のイチオシ!!
結構前のイチオシ!!
それなりに前のイチオシ!!
スピリットサークル完結!!
タイムリープサスペンス!!
ゲームとギャグが好きなら!
漫画もいいけど山賊もね!
記事検索
応援してますその2
応援してますその5
Twitter
日々読んだ漫画の感想を中心に記事を更新しています。記事更新と同期していますので、漫画の感想情報を見逃したくない方はフォローお願いします!
メッセージ

名前
メール
本文
「眠気が覚める面白さを求めて」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • ライブドアブログ