オムニバス

藤本タツキ短編集 22-26 - さらに画力構成力がアップした読切作品に酔いしれよう

全然想定していなかったのですが、前巻に続いて連続刊行された「藤本タツキ短編集 22-26」です。11月の発売リストを調べていた時に思わず声が上がってしまったのを覚えています。

22歳から26歳に描いた読切作品ということで、やはり絵や構成がグンとレベルアップしています。中身も独特なものからストレートなものまで様々です。センスが光る作品群を是非ともご覧ください。

それではそれぞれの感想でも。


■人魚ラプソディ
20211104_000
アフタヌーンあたりの読切でありそうな作品。あとがきには「普通の話を書けないみたいな事を言われて、なにくそと書いた」とあって、ああなるほどだからある意味普通の作品なんだと思ってしまったもの。人ならざるものとの愛が描かれているなあ。

そもそも普通とはなんだろう?w 確かに藤本タツキといえば「ファイアパンチ」を代表とした異色な意欲作が多いイメージが先行していたので、こういうのを見ると普通だなあと思ったり。ということは、藤本タツキはデフォルトが異常なのか?

いや、異常と言っても差し支えあるまい。異常だからこそ傑出した作品を生み出せるのだから。

何気に水中で暮らす人魚が平然と制服のようなものを着ていることに思わず笑ってしまった。


■目が覚めたら女の子になっていた病
20211104_001
これまた普通だなと思ったもの。結論も普通。女体化に対して周りの男たちではなく、恋人との付き合い方に終始してるのが良いですね。でも、他の人でも描きそうなくらい普通。恋愛の愛が描かれているなあ。



■予言のナユタ
20211104_002
これは藤本タツキっぽい。妹であるナユタの言葉使い然り、関係性然り。ただ結末は普通と言っても仕方ないような。それにしても、こういう設定で人が死にそうなのに、死なないでこういう展開に出来るものなのですね。兄妹愛が描かれているなあ。



■妹の姉
20211104_003
これだけ、過去にWebで読んだことありました。自分が藤本タツキを知った、というかしっかり読んだのはこの作品が初めてだったはずです。

「ファイアパンチ」みたく殺したり殺されたりではなく、コンプレックスを抱えた姉妹がお互いに対してどう思っているのかを全面に描いた作品で、心をぶん殴ってきます。その表現の為に、自分の裸体を学校中に知られた女子高生というのがやはりグッドで、最初にそれを持ってくることにより一気に読者の興味を惹かせてるのが非常に上手いですよね。

おまけになんだかんだこの姉が強くて、最後は自分で自分の裸婦画を書いてしまうというのが最高にイカす。このキャラは絶対人気出るよな。もっと見てみたかったところ。

最初から最後まで問題なく引き込まれてしまう作品です。「ルックバック」にも近いところがあると思います。姉妹愛が描かれているなあ。


個人的には前作の「藤本タツキ短編集 17-21」よりも好きです。やはり上手くなっています。異能者が努力をすれば更に成長するとはまさしくこのことでしょう。ホント、天才だと思います。


眠気覚め度 ☆☆☆☆


藤本タツキ短編集 17-21 - 初期短編集、荒削りだがネタが濃い




 

燐寸少女 - マッチが灯る間は妄想が具現化するッ!!

「このマッチはただの火種。妄想は願望の一端。責任も覚悟も必要もございません。それでもよろしいならいかがです?」

マッチが火を灯している間の妄想が具現化する。そんなマッチをテーマに人間の心を描くオムニバスが「燐寸少女」です。
基本的に1話完結で、マッチ売りの少女リンを中心にマッチを使う側が入れ替わるという展開です。
この作品、何が素晴らしいって、勧善懲悪ではなく、基本的にマッチを使うことになった人間の心の弱さを描いているのが素晴らしい。
心の弱さということは人間のドロドロしたところが見れるということです。

これを如実に表現しているのが3話目の美術学生のお話。
一学年上にいじめられている先輩がいて、毎回毎回作品を切り裂かれてしまっている。
その場に居合わせた上級生はいじめのようにその先輩を責めるものの、切り裂いた犯人では無いと言い切り、たまらず3話の主人公はその本心を覗いて本当に犯人では無いかと知りたくなる。
そしてマッチの力で覗いてみたところ本当にやっていないという事実。
では、一体誰が?そして何故こんなに執拗に? 
そうやって犯人探しを探すうちに、人の心がわかってしまうということで次第に興味は他人の自分への作品評価へと変わっていき。。。
この話は主人公の心の切り替わりも見ていてその気持ち悪さが素晴らしいし、何より最後の最後に描きあがったその先輩のタイトルがアレなんだからとても素晴らしい締めでした。

こういったドロドロとして部分を見せて、必ずしもこのマッチを使ったところで幸せになれるわけではないという持って生き方がたまらないです。 
簡単に手に入るものは人を幸せにはしないということを教えてくれます。

そんな典型が1話ですね。

モテたいという妄想からマッチを擦り、
nemusame_20151013_003


その妄想は具現化するッ!
nemusame_20151013_004
 

するとたちまち大人気に!
nemusame_20151013_005
 

これだけでは欲望はとどまらず、、、
nemusame_20151013_006
 

こうして地球上全ての生物からモテることになった主人公。
そしてその末路は。。。
nemusame_20151013_007


この救われない結末。たまりませんな。
オムニバスでラクに読めるので、こういう人間の心をテーマに描いた作品が好きな人には是非。
まだ2巻までしか出ていないので、全巻読破も簡単です。


眠気覚め度  ☆☆☆

 

竜のかわいい七つの子 - ダンジョン飯の九井諒子の短編集

九井諒子の短編集は竜に人魚に山の神に狼男と人外ばかり!

というわけで、ダンジョン飯経由で読んだ方も多いであろう九井諒子の短編集「竜のかわいい七つの子」です。
かくいう私もその一人であります。

さて、タイトル通り7つの短編で構成される本作ですが、どれもこれもなかなか秀逸な作品になっています。
というのも、やはりこの人は話の描き方が上手い。
無理なくすんなりと話にのめり込ませるし、展開も論理的に発展していきます。
キャラの思考も急に変な方向に走ったりしないので安心して読めます。

そして設定の細かさもまた素晴らしいです。

最初の「竜の小塔」は山の国と海の国の戦争中に両国のど真ん中に竜が巣を作ってしまって戦争は一時中断、その間交易も無いのでお互いに交易していた物資が全く手に入らなくなるというお話。

次の「人魚禁猟区」は人魚が普通に存在するが言語を解さない普通の動物のように扱われる世界観。

「狼は嘘をつかない」はいきなり子育てエッセイ漫画が始まったかと思いきや、狼男症候群という病気の子を持つ親のエッセイだったり。

最後の「犬谷家の人々」がダンジョン飯に一番近いテンションでしょうか。
ダンジョン飯から入った人に取ってはこの「犬谷家の人々」が一番しっくりくるでしょう。
世に忍ぶ超能力一家が巻き込まれる事件とは!?というようなお話。
他の6作品と違ってコメディなのでこれが一番ラクに読めるでしょう。


どれもこれも甲乙つけがたい作品ですが、あえて選ぶなら私は「狼は嘘をつかない」が好きです。
いきなり始まるエッセイ漫画に驚かされるのと、子供側の葛藤と。読んでて優しくなれます。
倉島さんがこの作品の中で一番可愛いし。
あとは地味ながらグッとくる「金なし白祿」素晴らしい。金が無いと誰も相手にしてくれないという人間臭さもグッド。

まあとどのつまり、はずれ無しです。読んで納得すること請け合い。良い作品集でした。


眠気覚め度 ☆☆☆☆


私に見えない恋心 - 様々な恋心を描くショートオムニバス

「もうウナギの国に帰れよ」

恋には様々な形がある。普通の恋愛から遠恋、姉弟、BL、そしてカマキリやウナギや雪男。
そんな真っ当からちょっと不思議まで色々な話を描いたのが「私に見えない恋心」です。

上記に2回書いたので読み間違えじゃないです。ウナギとの恋です。あとカマキリも。
というか、ショートオムニバスなのに1発目がBL、2発目がカマキリ、3発目がウナギですからね。
そういうゲテモノ系で進めてくのかと思いきや、全然普通に遠恋の話描いたり、親友同士の共通の恋の話描いたり。
そんなまともになったかと思いきや雪男だったりチョコレートだったり、姉の制服タイツに萌える弟の話だったり。
いやあ、恋って色んな形がありますねえ。


そんな感じでサクサクッと読めてしまうのですが、なんとも1話1話が軽いというかなんというか。
設定勝負なところもあるので、カマキリやウナギは出落ち感が若干。
遠恋の話とか親友同士の話、バレンタインの話はありがちだけど、王道だからこその確かな面白さがあります。
あとタイツの話はグッド。もっと読みたい。


トータルでは可もなく不可もなくかなあ。
面白いっちゃ面白いけどなーんか物足りない感じが。


眠気覚め度 ☆☆


今のイチオシ!
ちょっと前のイチオシ!!
結構前のイチオシ!!
それなりに前のイチオシ!!
スピリットサークル完結!!
タイムリープサスペンス!!
ゲームとギャグが好きなら!
漫画もいいけど山賊もね!
記事検索
応援してますその2
応援してますその5
Twitter
日々読んだ漫画の感想を中心に記事を更新しています。記事更新と同期していますので、漫画の感想情報を見逃したくない方はフォローお願いします!
メッセージ

名前
メール
本文
「眠気が覚める面白さを求めて」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • ライブドアブログ