これはひどい

賭博堕天録カイジ 24億脱出編 12巻 - 黒沢が終了した今、福本先生が一番楽しんで描いてるのはこのカイジなのかもしれない

いまだに新刊が出ると、その前の巻がようやくKindleに来る「賭博堕天録カイジ 24億脱出編」12巻の感想となります。Kindleに来るまで待ってるのでいつも最新刊はお預けなのよね。

前巻の11巻では遠藤とクルマ屋が殴り合いの喧嘩をするだけという恐ろしいまでに中身の無い1冊でしたが、いやいやどうしてこの12巻も引けを取りません。

何をしたかって、キャンピングカーで連日夜の駐車場に困っていたので、盲点だったキャンプ場に行き、その場で他のキャンパーと酒を飲んで語り合うというだけの12巻。いや恐ろしい。17歩の時もボタン押しの時もワンポーカーの時もアホみたいに進まなかったけど、今回も実に中身が無い。

なのですが、、、よくよく考えてみると、これまでの勝負でひたすら長い話は単に引き延ばしと同じことを違うキャラが2回説明したりと葛藤だけの想像妄想で1話使ったりとしてるだけだったのに対して、今回はシナリオとしての中身は無くても単なる1つの会話としての中身があったのではないかなと。

というのも、今回はキャンパーのおじさん2人に主にスポットが当たっており、彼らが何故キャンプにこだわるのか、結婚はしないのか等、どこかで題材に上げられそうな話なのです。

その題材こそが「最強伝説 黒沢」です。

「最強伝説 黒沢」といえば、中年の黒沢がみんなの信頼を得ようと弁当にアジフライを用意して裏目に出たり、交通整備ロボットに名前をつけて一緒に寝たりとどうしようもないダメ親父を演出していましたが、段々と世の中の舐めた若者に渇を入れるような話にもっていくという福本先生が思うままに筆を伸び伸びと執り描かれた名作です。

続編の「新・黒沢 最強伝説」では黒沢がホームレスになるところからホームレス連中とのやり取り、とあるインチキ道場との決闘と、これまた世の中に渇を入れつつ一番何も考えないで描きたいものを描いておられたものだと想像しています。

しかし、黒沢が終了した今、その行き場はどこへ行ったのでしょうか?そう、「カイジ」なのです

幸いなことに、「カイジ」は今ギャンブルをしておらず、帝愛から逃げながらその日暮らしをしているような状態です。つまり、なんでも描ける状況とも言えるのです。

だからこそ、今回のようなキャンプ場描写となったのでしょう。そこには、「黒沢」で描きたいものを全てぶつけているのではないでしょうか。つまり、今の「カイジ」こそ、福本先生が今一番描きたいものが「カイジ」にはつめこまれているのです。

世の中の評価として、「こんなのカイジじゃない」「いつまでこんなことしてるの」「中身が無い」と言われてることが多いように思います。しかしそれはおそらく、「カイジ」はこうあるべきと読者が勝手に決め付けてしまっているのではないでしょうか。

まさしく今の「カイジ」が福本先生が一番描きたい「カイジ」なのです。いまだに正式に勝ったのに24億を持ち出さなければならない事情や、帝愛が必死に追っている理由が明確になっていませんが、福本先生が描きたい「カイジ」がいまここにあるからこそ、その理由を明かさずに何故か鬼ごっこになっているのです。そうこのクソくだらない中身の無い「カイジ」こそ、現代にふさわしい「カイジ」なのです。

そんな「カイジ」なのですから、静かに落ち着いてこのお話の行く末を見守ることにしましょう。


眠気覚め度 ☆☆


13巻の感想はこちら(13巻まで来てこんな逃亡戦に1巻まるまる掛けるの??)

14巻の感想はこちら (だらだらと進む展開にも関わらず毎巻買ってしまう私はまさしく信者なのだろう)
15巻の感想はこちら(1冊まるまる使った大ネタが仕込まれてるけど話は全く進みません)
16巻の感想はこちら(久々にちょっとだけ話が進みました)



新黒沢 最強伝説 21
新黒沢 最強伝説 21
posted with AmaQuick at 2021.09.12
福本 伸行(著)
5つ星のうち3.8
¥495



おまけ(本心)

20210912_000
「婚活」だとか「銀活」だとか言ってないでとっとと話進めてくれやあ。。。

いつまでだらだら話進めてんだよぉ。カイジが大金持ってたらもうそれカイジじゃないんだからとっととどこかで大負けしてまた借金漬けにしてギャンブルしてくれよぉ。。。命賭けちゃったら絶対カイジ勝つんだから微妙に怪我するだけとかそういうリスクの勝負を見せておくれよぉ。。。Eカードとかチンチロみたいな名勝負が見たいんだよ。。。
 

バキ道 8巻 - 天才喧嘩士花山薫による相撲いじめ

大人気過去キャラによる相撲いじめが加速する「バキ道」8巻です。今回は人気でも1,2位を争う花山薫が相撲をいじめています。

20210826_002

過去キャラのすごいところを描き直してるだけの相撲篇ですが、花山はやっぱり戦い方に華があっていいですね。誰と戦っても結局同じ戦法しかないから安心できる。だからこそ人気が高いのでしょう。

なので、ある程度安心して見られるかと思ったのですが、やってることがやっぱりいじめ。立ち上がる相撲をただ殴るだけ。相撲は手も足も出せず失神して終了。

もうわざわざ新キャラの相撲とやる必要ないじゃん。もっと強い相手とやりなさいよ、一方的に勝つんじゃなくて。決まりきった勝負なんてよっぽどのマニアしか喜ばんぞ。

20210826_003
もう一発ぶん殴ってるところ。右手か左手かに変わってるだけで構図ほぼ変わってないやん。

20210826_004
さらに3発目。これでKO。これさあ、やろうとしたら1話か2話で終わるよね?なんでこんな展開に150ページ近く割いてるの??

加えてもうひとつ、今回花山が何故こんなに強いのかの説明で、例のあれが出てくるのですよ。
20210826_001
体重×スピード×握力=破壊力

これ今回の話でわざわざ再度説明する必要ある??しかも8ページも掛けて。「グラップラー刃牙」の時もさすがにそんなページ数割いてなかったよね?確認してないけどたぶん。

確かに「グラップラー刃牙」を最初に読んだ時はこの公式の妙な説得力もあいまってもの凄く楽しんだよ。意気揚々と友達とこの公式について何回も話したよ。だけどそれが20年以上経った今になってもう1回説明されてもなあ。しかも長々と。

と、ここまで書いて思ったのですが、もしかすると今のチャンピオン読者に対して改めてキャラ紹介してるのかもしれません。20年経ったら読者層も変わるし、もう一度説明しないと確かに花山の強さは理解出来ないかも。

ただ、花山の凄さを知らしめたいなら、こんな雑魚相手じゃなくて花山も半死半生するぐらいの相手でないと意味が無いのでは?それこそスペック戦とか克己戦とか幼少刃牙戦とかみたいな。でないと、少なくともこの巻だけでは花山のカッコよさは伝わらないよなあ。

何の為に過去キャラわっしょいを絶賛続けてるのかわかりませんが、今の「バキ道」はただただ残念です。


眠気覚め度 ☆☆


1巻の感想はこちら(いまさら相撲編が始まるのかと思ったけどとんでもない強キャラに期待していた。期待していた。)
2巻の感想はこちら(いくらなんでもオリバが可哀相でしょこれ。。。)
3巻の感想はこちら(腑に落ちない御老公が1話に2回も見れてしまいます)
4巻の感想はこちら(このまま刃牙と宿禰がやれば展開が全然違っただろうに)
5巻の感想はこちら(相撲いじめを開始する前の相撲によるポッと出キャラいじめ)
6巻の感想はこちら(超強力な過去キャラとの相撲いじめ開幕)
7巻の感想はこちら(達人渋川剛気と武神愚地独歩による相撲いじめ)
9巻の感想はこちら(愚地克己と烈海王による相撲いじめ)
10巻の感想はこちら(相撲篇いつまでやるの?)
11巻の感想はこちら(相撲いじめ完了、横綱の扱いがあまりにも酷い)


 

バキ道 9巻 - 愚地克己と烈海王による相撲いじめ

今更相撲と戦うことに何の価値を見出しているのか全くわからない「バキ道」9巻です。ただただひたすら過去の人気キャラが相撲いじめしてるだけなんだよなこれ。そんなに過去キャラの変わらぬ戦いを描きたいのでしょうか。

9巻は愚地克己が出てきます。本家「グラップラー刃牙」では登場時はヘイトを集めるキャラであるも、花山との戦いで成長を見せて良いキャラに成りあがった名物キャラですね。

個人的にはピクル戦の時にイメージを使って腕を鞭化させてピクルに対抗しようとしたところは凄く好きでした。あの辺面白かったしね。しかも腕を犠牲にしてでもピクルを倒そうとしたのが良かった。

で、その時に右腕を無くしたのですが、何故か烈海王の右腕が移植されることとなります。列海王と言えばまさか本編でまともに死ぬキャラが出るとは思わないところで本当に武蔵に斬り殺されました。その時は右腕を綺麗に斬り落とされており、その腕が克己の元に来たと。

まあここまではいいかなあ。結局右腕が烈海王、それ以外が克己本体の人間が出来上がったわけです。しかも烈海王の意思が宿ってたりするわけです。つまり素直に克己with列海王なわけです。
20210826_000
ここまではいいのだけど、相手が最初から克己よりも格下の相撲というのがまた。しかも今回はwith列海王で楽しみたいとか言い出し、舐めて掛かっておちょくり始める始末。相撲側は本気で倒しに来てるのにこの態度はなあ。全然真剣勝負でもなんでもないやん。何が何でも勝とうって気持ちが無いやん。つまらんね。

おまけに、鞭化した手足を使ってバンバン攻撃繰り返しているけども、全然身体に負荷はないんですかね。ピクル戦は完全に諸刃の剣として使ってたから駆け引きが面白かったけど、今回はただ痛めつけて楽しんでるだけだし。うーん、自己満足ですわ。

やっぱりこの相撲篇ちょっとね、真剣味も無いし過去キャラ側が勝利確定しているようなもんだし。だのにキャラの強さを見せるために過去と同じような戦いかたばかりしてるし。ただただ引き延ばしたいとかにしか見えないんですよ。

タイトルが「バキ道」になった時点で感じてた不安が的中かもしれないです。「バキ」の時も最強死刑囚のスペック戦がピークで面白さ下がり続けてたし。「範馬刃牙」は正直覚えてないな、ピクル戦は結構面白かったってくらい。「刃牙道」は武蔵が良いキャラしてたから何気に楽しんで読んでました。

ただ、今の「バキ道」はダメだ。こんな戦い読むくらいなら「グラップラー刃牙」の最強トーナメントの方が2000倍は面白い。


眠気覚め度 ☆☆


1巻の感想はこちら(いまさら相撲編が始まるのかと思ったけどとんでもない強キャラに期待していた。期待していた。)
2巻の感想はこちら(いくらなんでもオリバが可哀相でしょこれ。。。)
3巻の感想はこちら(腑に落ちない御老公が1話に2回も見れてしまいます)
4巻の感想はこちら(このまま刃牙と宿禰がやれば展開が全然違っただろうに)
5巻の感想はこちら(相撲いじめを開始する前の相撲によるポッと出キャラいじめ)
6巻の感想はこちら(超強力な過去キャラとの相撲いじめ開幕)
7巻の感想はこちら(達人渋川剛気と武神愚地独歩による相撲いじめ)
8巻の感想はこちら(天才喧嘩士花山薫による相撲いじめ)
10巻の感想はこちら(相撲篇いつまでやるの?)
11巻の感想はこちら(相撲いじめ完了、横綱の扱いがあまりにも酷い)


 

バキ道 10巻 - 相撲篇いつまでやるの?

バキ道10巻、ようやく刃牙が相撲篇で出番が来たということを描いただけの1冊。しかも内容は過去にあったゴキブリ先生直伝のゴキブリダッシュや液体化のイメージが最も早いとかの内容。今までの刃牙の凄さを再描画しているだけ?

それに対するは小結「炎」。こんなの普通に考えて刃牙の相手になるわけがないでしょ。この相撲篇、全編がそんな感じで、過去の人気あったキャラを再度強さ示してカッコいいだろうをやっているだけ。その犠牲者に相撲で強い強いの連中が駆り出されているという。

正直全然面白くない。過去のカッコいいところを見たいなら過去の作品を読めばいいだけで、それを今さらもう一度見せられても仕方ない。板垣先生は単に描きたいだけなのかな、過去キャラのお気に入りが強いぞってことを。この展開がずっと続いててバキ道はホントひどい。

今回の見せ場なんてトラムプとバイデムが出てきたところだけなんじゃないか。
20210708_000
しかもこれは現実の大統領選挙に合わせて描いただけっぽいし全然本編と関係ない。入れる意味すらないでしょうこのシーン。だけど10巻の中で一番面白いのがこの辺りだというのだから目も当てられない。いつになったらこの相撲篇終わるのだろう。とっとと宿禰と誰か強いやつを戦わせればいいのに。


眠気覚め度 ☆☆


1巻の感想はこちら(いまさら相撲編が始まるのかと思ったけどとんでもない強キャラに期待していた。期待していた。)
2巻の感想はこちら(いくらなんでもオリバが可哀相でしょこれ。。。)
3巻の感想はこちら(腑に落ちない御老公が1話に2回も見れてしまいます)
4巻の感想はこちら(このまま刃牙と宿禰がやれば展開が全然違っただろうに)
5巻の感想はこちら(相撲いじめを開始する前の相撲によるポッと出キャラいじめ)
6巻の感想はこちら(超強力な過去キャラとの相撲いじめ開幕)
7巻の感想はこちら(達人渋川剛気と武神愚地独歩による相撲いじめ)
8巻の感想はこちら(天才喧嘩士花山薫による相撲いじめ)
9巻の感想はこちら(愚地克己と烈海王による相撲いじめ)
11巻の感想はこちら(相撲いじめ完了、横綱の扱いがあまりにも酷い)


 

おまけ、トラムプ3連発。
20210708_001
こういう表現は面白いからまだ続けてほしいw

バキ外伝 烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ 1巻 - どうしてこうなった。。。

「バキ外伝 烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ」を読むくらいなら、こちらの同人版を読みましょう。

肝心の「バキ外伝 烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ」の感想は、烈海王が異世界に行ったのに1巻時点でバトルはしない時点でお察し。転生した瞬間にゴブリンに襲われて無双したり、いきった冒険者に中国武術を嘗めた発言したりするだけで面白いと思うのにどうしてこうなったのか。

おまけによりによって展開遅くてそんなに面白くない最近の原作に寄せた構成にしてるのが最悪。バキが読みたいんじゃなくて異世界もので大暴れする烈海王が読みたいんですよわたしゃ。それを見事に表現してるのが前述した同人版列海王異世界転生です。こっちは烈海王ネタのやりたいこと全部やっててものすごく面白い。

似たようなものだとライドンキングかなあ。ライドンキングの方が200倍は面白いと思う。


眠気覚め度 ☆


2巻の感想はこちら(最後の方でようやく面白くなってきた)
3巻の感想はこちら(こういうのでいいんだよ)

4巻の感想はこちら(これぞ異世界転生烈海王無双)
5巻の感想はこちら(原作リスペクトが続いて原作ファン歓喜)


バキ外伝 烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ 1
陸井栄史(著), 猪原賽(著), 板垣恵介(著)
5つ星のうち4.1
¥594

 

Gのサムライ - 田中圭一のこの漫画もゲスイ!

こいつぁひでぇ!!
nemusame_20160430_000
 
「Gのサムライ」は田中圭一の作品です。それだけでこの漫画がひどいということがわかるでしょう。ぶっちゃけるともうそれ以上感想の書きようが無いです。

この作品、何が凄いって、サムライという名前がついているように歴史物です。そしてGは自慰のことです。つまり「自慰のサムライ」。時代劇の童貞サムライが男2人だけで無人島に流刑され、ひたすら新たなオナニーを、おいては女の代替となるものを探求していきます。正直なところ時代物でサムライである必要性が一切ないところがこの作品のすごいところとなります。

内容も様々で、サルの足でイッたり、クマに舐められてイッたり、エイに掘られたり、象の鼻でナニしたり、キツネと交尾したり、クジラで潮を吹いたり、崖からダイビングオナニーしたりとよくもまあこれだけバラエティにあふれるオナニーを描けたものだなと関心します。セックス以外はなんでもしている感じです。田中圭一の、おいては日本人の内に秘めたる底無しの性欲にただただ脱帽。

ただ、とにかくひたすらそういう展開が続くので飽きやすいのも間違いないです。ちょっと同じようなネタで引っ張りすぎなので、終盤には飽きも感じたり。神罰でも思ったけど、ショートなら面白いのですが単行本一冊となると読みきるのに少し力が要りますね。

というわけで、最高にバカでゲスでひどい「Gのサムライ」でした。頭使いたくない人にはオススメできます。


眠気覚め度 ☆☆

賭ケグルイ 4巻 - ギャンブルやってなくね?

nemusame_20160119_001
と、笑いたくなるような馬鹿げた展開。私はこれをギャンブルとは認めません。

だってアイドルとしてのバトルよ?
歌唱力対決だったりからしが詰まったたこ焼きを食べるポーカーフェイス対決だったり肺活量対決だったりイントロ対決だったりの茶番よ?
何これ、これがギャンブルなの?全然駆け引きとか心理がとか何もないじゃん。

しかも負けても人生終わるとかじゃなくて一生アイドルやりますとかどういうことなの?負けたらその場で風呂に沈められるとかそういうレベルまで持ってけよ。前巻までの命賭けるだとかそういうのに比べるとスケールが小さくなりすぎだろ。

何よりも、今回の対戦相手のユメミがあまりにかませすぎる。登場から小物感から対決から何もかもが小物過ぎる。全然狂気が無い。普通のクラスにいるちょっと生意気な女王って感じ。今まで出てきた相手よりもなによりも小物。内容も小物、駆け引きも小物。ついでに見た目もアイドルのくせに小物。

ってか最近全然狂ってなくないか?狂気に勝てるのは狂気だけなんだから、そろそろ夢子だけじゃなくて敵にもぶっ飛んだやつ出てこないと盛り下がる一方だぞ。一番狂ってて面白かったのって結局1巻じゃないか?それ以降はずっと盛り下がってる感じ。本当に追っても大丈夫なのかよこの作品。


3巻の感想はこちら (賭ケグルイ 3巻 死と隣り合わせのギャンブル)

眠気覚め度 ☆☆

神罰1.1 - 田中圭一のパロディは下衆で本当にひどい!

手塚治虫、本宮ひろ志、永井豪、果ては福本伸行までパロディ多めのひどい下ネタ作品満載のこの作品は本当にひどい!ひどすぎて笑いが止まらない!

いまさらですが、ひょんなきっかけで田中圭一の「神罰1.1」に辿り着きました。田中圭一も名前は聞いたことあるけれど作品は見たことが無いという状況で、どんな作品を描いているのかも知りませんでした。そしたらこれに辿り着いたわけです、この最低最悪で極上のパロディ作品に。

基本的には2ページくらいのショート作品集となりますが、中身なんて無いようなひたすらエロパロが続きます。なんですが、そのレベルが極めて高い。そしてひどい。オリジナルと思われる局部くんシリーズにいたっては名前の通り登場人物が局部そのものというひどさ。(ただ局部くん自体は長いだけでそんなには面白くなかった)


そんなパロディ、どれくらいパロディかというと、
nemusame_20151228_003
おっぱいに溺れるジャングル大帝だったり、


nemusame_20151228_004
打ち首カルタ勝負をするトクラだったり。
(このシリーズはこの後「局部かるた-日本版」、「超エッチアイコラかるた」、「プライバシー暴露かるた」と続きます)


いやー、ひでえな。下衆に成り下がってやがる。
普通こういうのって、ひたすら下衆になったあげく単なる下衆で終わるものがほとんどだと思います。
ですが、一味違うのがこの本作です。下衆は下衆なんですが、やることがちょっと常軌を逸しているので極めてシュールな笑いに昇華されています。

特にシュールな笑いが好きな私ですから、こういう作品は大好きなわけです。受け入れられない人には絶対受け入れられないと思います。


さて、そんなシュールさ、実は作品の序盤に大きなシュールギャグがありました。
正直このシーンだけで数分笑い死にました。こんなので笑うのはたぶん自分だけでしょう。それがこれです。
nemusame_20151228_002
なんでシスターが寿司屋経営しててしかも客に鉄火巻きを要求されてるのか?w

もうダメこれ、このアンマッチ感とかこれだけで面白過ぎる。最高の出オチ。
一コマ目のシスターがツケ場に立ってるだけでも面白いのに、二コマ目で客からクレーム受けてるんだから。
三コマ目ではマグロのサクだけ持ってるし、こんなのが面白くないわけがない。
将太の寿司もこういう方向でテコいれすればよかったんじゃないか?寺沢大介じゃ無理か。


というわけで最低極上の下衆パロディ作品「神罰1.1」でした。
一見の価値有です。

眠気覚め度 ☆☆☆☆

今のイチオシ!
ちょっと前のイチオシ!!
結構前のイチオシ!!
それなりに前のイチオシ!!
スピリットサークル完結!!
タイムリープサスペンス!!
ゲームとギャグが好きなら!
漫画もいいけど山賊もね!
記事検索
応援してますその2
応援してますその5
Twitter
日々読んだ漫画の感想を中心に記事を更新しています。記事更新と同期していますので、漫画の感想情報を見逃したくない方はフォローお願いします!
メッセージ

名前
メール
本文
「眠気が覚める面白さを求めて」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • ライブドアブログ