雑記

「地上最強刃牙展ッ!in東京ドームシティ」に行ってきました

連載30周年を迎えた「刃牙」シリーズの記念原画展「地上最強刃牙展ッ!in東京ドームシティ」に行ってきました。

20220319_bakiten037


公式サイトはこちら。
連載30周年記念 地上最強刃牙展ッ!in東京ドームシティ | Gallery AaMo | 東京ドームシティ

2022年3月5日(土)~4月17日(日)
※開催期間中無休
※3月26日(土)より一部展示入替有


イベントの詳細だったり、展示内容の解説はプロの方々が対応してくれていますので、そちらを参照しましょう。

「地上最強刃牙展ッ!」実物大の地下闘技場や“エア夜食”を体験、範馬刃牙の家に落書きも - コミックナタリー
【地上最強レポ】東京ドームシティで「地上最強刃牙展ッ!」がついに開催ッッ! 実物大の地下闘技場に “エア夜食” まで食べられるぞォォォオオ!! | ロケットニュース24
【連載30周年記念 地上最強刃牙展ッ!in東京ドームシティ】墓場の画廊グッズも参戦!商品告知第1弾はこれだッ! | 墓場の画廊
【連載30周年記念 地上最強刃牙展ッ!in東京ドームシティ】墓場の画廊の商品告知第2弾ッ! | 墓場の画廊


今回は、素人が実際に「地上最強刃牙展ッ!in東京ドームシティ」に行ってきた感想を述べる場とさせていただきます。


東京ドームシティのGalleryAaMoに向かうと地下闘技場最大トーナメントの面々が出迎えてくれました。

20220319_bakiten003

3/19-21の3連休で行ってきたこともあり、刃牙展は大盛況。入場時点でそこそこの行列が出来ていました。

自分は当日券を購入するつもりだったのですが、外にあるチケット売り場はやっておらず、「当日券は会場内で購入ください」とのメッセージが。そのため、特に何も準備せず行列最後尾に並ぶことにしました。

行列の面々を見ていくと、意外と様々な年代の人が見受けられます。てっきり30代40代男性がメイン層かと思っていたので少々びっくりしました。若い人も多く、女性陣もそれなりにいた印象です。2割は女性でしたし、女性単独の人や女性だけのグループの方達もいました。さすが刃牙、強烈な描写にも関わらず幅広いファン層を獲得しているようです。

並んで約30分、最前列まで到達し、検温をしてもらいます。この時、チケットの有無を尋ねられ、未所持の旨を伝えたところ、まずはGalleryAaMoに入るための確認をGoogleFormから実行しておくように言われます。その完了画面を受付で提示する必要があります。

その際はQRコードを提示されますので、それを読み込んで従うだけで完了します。また、中には紙で回答する用紙もありましたので、スマートフォン未所持でも入ることが出来ます。万全の対応です。

受付では先程のGalleryAaMoに同意したスマホ画面を見せて、当日券を購入します。この時、合わせて館内の注意事項について説明を受けられます。このために外のチケット売り場ではなく会場内のチケット購入としたのでしょう。

注意事項として特に注意されたのは撮影に関することで、基本的にスマホやタブレットによる撮影はフラッシュを焚かなければ全てOKとのことでした。ただし、動画撮影は禁止。また、普通のデジカメや三脚を使用したガチ撮影は禁止でした。


というわけで、刃牙展の中に突入です。
20220319_bakiten004

スタートから全力で大量の名場面原画が展示されます。「グラップラー刃牙」から時系列順に進み、「バキ」「バキ性」「範馬刃牙」「刃牙道」「バキ道」と章単位での展示です。

会場に参加してくれた友人は、実は刃牙シリーズを読んだことが無い人でしたので、ここが面白い、ここは面白くないといった具合に自分が解説して、面白さを伝えることに成功しています。そもそも知らない人間を連れて行くなよという意見はご勘弁を。

で、やはりここで一番の目玉は原画なわけですよ。貼られている原画には2種類あって、印刷ベースの1枚原画と、額縁に入った本物の原画が入り混じって展示されています。

20220319_bakiten005

本当に、「原画の力」というのは凄いですよね。普段何気なく読んでいる漫画も、これが元になっていること、そして本当に絵として丁寧に1枚ずつ描かれていることがわかって、その圧倒的な魅力に見入ってしまいます。

撮影した写真では単なる写真にしかならないのが非常に残念です。サイトに上げるために解像度を落としているのもまた。自分の携帯に残っている画像は、トーンの一枚一枚が貼られているところや丁寧に一本ずつ描かれている線がはっきり見えて、改めて凄さを感じます。

これだけの熱量を週刊連載でするというのは、本当に漫画家は凄いんだなと尊敬します。本当にこれは、生で見ないと理解出来ない感覚なのではないでしょうか。これを見れるだけで価値ありです。逆に、こういうものに魅力感じない人には意味すらわからないんじゃないかなあ。そういう人によって感覚が違うのが不思議。

とにかく生原画って、それだけで心をハンマーで殴られたような感覚になると思うんですよ。強い衝撃というか。それが好きな作品だったら尚更そうですよね。だから本当に刃牙展はたまらんかったです。

20220319_bakiten006

夜叉猿戦のカラー原画も展示されてます。塗りのひとつひとつが丁寧です。影をつけるために色合いが凄く考えられていて、凄く魅力的な絵になっています。何気なく読んでる漫画も、きちんと絵に目を向けたらその凄さがわかるんだよなあ。


20220319_bakiten007
体重×スピード×握力=破壊力!!


20220319_bakiten008
超魅力的な柴千春対アイアンマイケルのガチンコ打ち合い。このシーンホント惚れる。



20220319_bakiten009
渋川剛気と独歩ちゃんの達人対決!この戦いも名場面よなあ。



20220319_bakiten010
回される独歩ちゃん「ほりゃア」


このような原画がずっと続くのでファン垂涎です。ただ人気どころが多いイメージで、特に刃牙の戦いシーンが多かったように思います。克巳と花山戦とか、刃牙と烈海王戦とかはあまり見なかった記憶があります。

その代わり、ジャックハンマーの「日に30時間鍛錬の鍛錬という矛盾のみを条件に存在する肉体」とか、ジャックハンマー対刃牙戦は十分にスペースを取っていました。

そして等身大のジャックハンマーが現れます。
20220319_bakiten011

これ見た目じゃわかりませんが、めちゃめちゃでかいです。流石2m43cm。

20220319_bakiten013

横からも1枚。足と同じくらい腕が太くて、腕よりも顔が小さいです。もうこりゃ熊だよ。会った瞬間に殺されてしまう。

あと友人に「ジャックハンマーは1日30時間トレーニングしてるからね」と説明してあげたら「え、時空越えてるじゃん、バキってそういう話だったの?」と返ってきたのが面白かった。


そして原画の流れでは、なぜそこを?と思うくらい「バキ性」の原画が貼ってあったのがまたインパクトが強かったですね。刃牙が強くなるために必要だったと言ったらそうなんだけど、色々巷で酷評された「バキ性」推しはスゴいなあ。そのくせ重要だったはずの14kgの果糖水を展示してないのはなぜなのか。

あ、そうか、思い出してみると刃牙ならではの食事シーンは全カットだ。モニュとかナポとかうんめぇーとか見た覚えがない。あれこそ刃牙として必要な描写なのでは。安藤さんも夜叉猿と対峙するところだけで「くぅ~この山ワサビが」ってシーンなかったしなあ。


そんなこんなであとは原画以外の見どころを紹介します。なんといっても様々な撮影スポットだったり、ジャックハンマーを始めとしたオリジナルの展示物が目玉でしょう。

20220319_bakiten015
神心会館本部にある独歩ちゃんの虎殺し看板が設置されてました。独歩ちゃんに合わせたポーズを取って写真を撮るもよし、殺される虎に合わせて写真を撮るもよしですね。


20220319_bakiten019
球体形態のオリバ。完全防御態勢のアレですね。実物大でないところがもったいない。


20220319_bakiten017
これ何のシーンだったのかいまいちわからなかったんですよね。壁を殴ったシーンだけだといくらでもありそうだし。近くにあった原画では、オリバが刃牙(だったかゲバルだったか)を振り回して地面に叩きつけたシーンだったので、そこなのかなとも。

この足元に立ち位置指定されていたので、殴った姿で写真を撮ってもよし、両手を上げて壁に叩きつけられたシーンを再現してもよしですね。


20220319_bakiten020
そして刃牙の家。後ろの壁は自由に落書きしていいスペースなのですが、既に書かれすぎていて書くところがありませんでした。このオブジェクトを見て最初に思ったのが「玄関のすぐ隣に勝手口があるんだなあ」だったのは秘密。


20220319_bakiten022
大人気だったのは花山組セット。ここだけ撮影する人多数で行列が出来ていました。撮影する人も様々、前のめりに足を開いて肘を膝に置いて身構える人もいれば、花山の様に足を組んでふんぞり返って頬杖つく人もあり。


20220319_bakiten026
トリケラトプス拳を再現できる場所。こちらは不人気でした。


あとは興味がなかったので撮影しなかったのですが、「範馬刃牙」ラストシーンの刃牙と勇次郎エア夜食シーンも撮影スポットになっていました。

20220319_bakiten028
その直後にあったのが勇次郎の戦闘態勢。実物大じゃないからか、ジャックハンマーを見たあとだとインパクトが小さすぎました。


20220319_bakiten029
後ろにはもちろん鬼の貌。ただみんな後ろ回って撮影する人あまりいなかったなあ。勇次郎といえば背中を見ないとオーガを味わえないでしょうに。


そして最後には原寸大の闘技場です。
20220319_bakiten031

刃牙が置かれているので戦ってもよし、一緒に撮影してもよしです。刃牙側にだけきちんと砂が撒かれています。きちんと見ると砂の中に爪や歯が混ざってるのが細かくて非常にグッド。


20220319_bakiten032
刃牙さんアップ。原寸大かなこれ、168cmとかだから、そんな大きくないんですよね。やっぱりジャックハンマーと比べると小さくてインパクトが弱い。でもこうやってみると刃牙ってカッコいいんだな。


20220319_bakiten030
向かいには御老公が。原作通りだけど目がでかすぎw

闘技場に入って思ったのは、想像してたよりもずっと小さいことです。それこそプロレスのリングとそんなに変わらないくらいなのでは。クラウチングスタートで猛ダッシュとかしてるからもっと大きいと勝手に思っていました。そらこんな至近距離なら、外野の声は聞こえるし汗と血とおしっこも観客の顔に届くわな。


20220319_bakiten035
闘技場を抜けると地下闘技場最大トーナメントの参加メンバーが出迎えてくれて、チャンピオンベルトが展示されています。これで展示はおしまい。


そのあとは物販コーナーが待っています。ありとあらゆる物販が置かれていて、みんなここぞとばかりにグッズを手にしていました。

内容はシャツからパーカー、タオル、ステッカー、複製原画、アクリルキーホルダー、刃牙消し等々、作れるグッズはこの際全部作ってやれという気概を感じます。種類ありすぎて買うの困ってしまいますね。

ただ、人気どころは大体売れてしまったのかなという印象。トランプカステラとか、猪狩完至スマホケースあたりは見かけたら絶対買っただろうけど見なかったなあ。

そんななか、自分が買ったのは以下です。

20220319_bakiten039
刃牙消し、御老公と稲城文之信が入っていました。御老公はすぐわかったのだけど、稲城文之信がなかなか名前出てこなくて調べた調べたw ごめんよ稲城文之信、造形が緩くてすぐにはわからなかったんだw


20220319_bakiten040
そしてやっぱり砂w これは最初から買おうと思っていました。砂についてるプレートも何種類かあって、独歩ちゃんの「後退のネジを外してるんだよ」と、梢のセリフ忘れたやつと、御老公の「地上最強を目指して何が悪い!!!」の3種類あったので御老公をチョイス。一番売れてたっぽいのは独歩ちゃんです。自分も迷ったなあ。


というわけで、以上が「地上最強刃牙展ッ!in東京ドームシティ」の感想となります。原画見れたのがホントによかったあ。ファンなら是非行くべき祭典と言えるでしょう。

混み具合もそれほどでもないので、問題なく回れる範囲ではないでしょうか。なお、入場待ち時間30分、中の滞在時間1時間ほどでした。中も人がごった返しているわけでもなく、ソーシャルディスタンスは保てるレベルでしたので対策も万全ですね。

20220319_bakiten012
きちんと注意書きもあちこちに貼ってますしね。


4/17までやってるようなのでまだ時間はあります。刃牙ファンで行ける人は是非ッ!!



それでは最後に、友人に解説しながら紹介した言葉を書いておきます。批判的なコメントを見たくない方は見ないことを推奨します。






■「グラップラー刃牙」の展示に際して
「グラップラー刃牙」はホント面白いんだよ。特に地下闘技場最大トーナメントで、刃牙以外のキャラの戦いのひとつひとつが名場面なんだよね。なんだかんだ面白くないのは刃牙の戦いだからw
で、「グラップラー刃牙」は42巻なんだけど、一番面白いのは「グラップラー刃牙外伝」になってる実質43巻のマウント斗羽対アントニオ猪狩ね。


■「バキ」の展示に際して
「バキ」からがね、ひどいんだ。あ、これ花山対スペックなんだけど、これが一番面白い。地下闘技場トーナメントみたいな大擂台賽篇ってのが始まるんだけど、これが新キャラがほとんどつまらんくて対したことない。そしてアライJr篇ってのがもっとつまんない。


■「範馬刃牙」の展示に際して
これまずカマキリとゴキブリとやるからwww で、そのあと監獄に入って刃牙とオリバがやるんだけど、その決着がなんかなーって。単純に刃牙が強くなったからって理由でオリバ倒しちゃうのが、え、そんなんでいいのって感じ。しかも原始人出てくるから。原始人の異世界転生だから。
ただ、このピクル篇の、克巳戦はすごく面白い。ほら関節めちゃめちゃ増えてるでしょ。克巳は関節増やすことできるんだよ。その結果腕なくなるけど。あと烈海王は足喰われちゃう。
で、最後は勇次郎と刃牙が戦うんだけど、決着はエア飯喰って終わりだから。意味わからんでしょ?


■「刃牙道」の展示に際して
これ、今度の相手は宮本武蔵さんです。宮本武蔵の異世界転生です。そして烈海王は殺される。


■「バキ道」の展示に際して
ゴミ。


そのあと、友人が刃牙に興味を持ったらしく、「これは満喫籠もって読んだ方がいいかな」と言うので「グラップラーだけ読めばいいよ」とアドバイス。

ついでに、友人がバキ道がそんなにひどいのかと調べてみたところGoogleで「バキ道」っていれたら「バキ道 ひどい」ってサジェストされることに気づいてしまい、思わず「でしょ?」って回答してしまった。


「左様なら今晩は」特別読切掲載のヤングキング 2022年2/7号

祝!「左様なら今晩は」映画化決定!!


いやーめでたい。ホントめでたい。こういう言い方は本当に失礼ですが、まさか映画化されるなど夢にも思いませんでした。世界が山本中学ワールドに近づいていく、これがどれだけ嬉しいことか。


山本中学「左様なら今晩は」実写映画化!ウブな幽霊とサラリーマンが同居生活 (コミックナタリー)



私の方でも原作の感想を書かせていただいてますので、原作に興味がある方は是非ともそちらをよろしくお願いします。1巻完結で非常に読みやすくてすこーしえっちです。

左様なら今晩はの感想はこちら (痴女の幽霊つき物件はいかがですか?)


左様なら今晩は (ヤングキングコミックス)
山本中学(著)
少年画報社 2020-01-27T00:00:00.000Z
5つ星のうち4.1
¥842



そしてそしてなんと、この映画化を記念してか、「左様なら今晩は」の読みきりが2022年2/7号のヤングキングに掲載されているではないですか。

しかも「左様なら今晩は」が完結したあとの世界を描くというファンサービスっぷり。逆に原作を読んでない人には何がなんやらという感じかもしれません。

これはファン垂涎、読むしかないと思い、そしておそらく単行本化されないもしくはされても凄く先になるだろうと考え、気づいたら普段読んでいないヤングキングを購入していました。なるほどこれが宣伝戦略かー。


肝心の中身は前述したとおりで、「左様なら今晩は」が完結したあとのアフターストーリーです。色々書くとネタバレになるので何も書けないのがもどかしい。

20220117_000
「うちはサバみそだっておいしいんだから!魚も食べなさい!」

良いひとコマ。原作を知ってるとニヤニヤしてしまいますね。

内容はどこまでも妄想が膨らむもので、この2人の関係がどうなるのか色々楽しみになってきます。ホントファン向け。「左様なら今晩は」が好きな人には絶対刺さるやつ。たまらん。

巻末には映画化に際しての山本中学先生のインタビューも載っています。映画化の話を受けた時のことや、陽平の詳しい設定が語られているのでこちらもファン必見ですね。



「左様なら今晩は」が映画化や続きを読切りで見れるなら「戯けてルネサンス」も映画化だったり続き描いたりしてくれないかなあ。凄い好きなんですよ「戯けてルネサンス」

戯けてルネサンス(1) (ヤングキングコミックス)
山本中学(著)
少年画報社 2018-04-09T00:00:00.000Z
5つ星のうち4.8
¥495




というわけでこのヤングキングはこれだけでもうお金出した価値があるのですが、折角なので他の作品も読んでみました。そちらのざっくり感想も語っていこうかと。特に印象に残ったのだけです。


■KIPPO
  これきちんと読んだら面白いんだろうなあ。20巻だとさすがに追いかけるのは厳しいかな。。。


■やんちゃギャルの安城さん
  5巻くらいまで追ってやめてたのだけど、まさか安城さんと瀬戸が付き合うことになっているとは。こういうのはさ、付き合ったらそれで話終わりにしなきゃダメだと思うのよね。「宇崎ちゃんは遊びたい!」もそうだけど、途端に興味無くなるんだよな何故か。


■ミカヅチ
  話は全然わからないけどこの話だけでちょっと読みたいと感じてしまった。まだ17話とかなら追えるな。。。


■esper (読切後編)
  これ面白いなあ。前編から読みたかった。


■ワンナイト・モーニング
  最近広告とかでちょっと気になってた。けどこれくらいの内容なら読まなくてもいいかな。。。



やっぱり一つの雑誌にはいくつか追いたいもの出てきますなあ。こういう出会いも大切にしたい。



ヤングキング 2022年 02/07号 [雑誌]
田中宏(著), 加藤雄一(著), すおしろ(著), 渡邊ダイスケ(著), たーし(著), 山本中学(著), 高畠りょうこ(著), 野部優美(著), 甘詰留太(著), 落合更起(著), 片山陽介(著), 外本ケンセイ(著), 神田桂一(著), 菊池 良(著), 河尻みつる(著), 松本千秋(著), 井上とさず(著), 南賀なん(著), めたりかん(著), 未来人A(著), 三登いつき(著), 吐兎モノロブ(著), 奥山ケニチ(著)
少年画報社 2022-01-08T00:00:00.000Z
5つ星のうち5.0
¥420



真・女神転生5が面白かったので思うがままに感想を書きます

真・女神転生5が面白かった!

※途中までネタバレ無しの感想です。ネタバレあり表記以降はネタバレありますのでご注意ください。


面白かったですねえ、真・女神転生5。巷では色々言われていて賛否両論あるみたいですが、少なくとも自分は最後まで楽しんでプレイ出来ました。実にメガテンしてて良いゲームでした、この為に直前まで悩んでSwitch買ったかいがありましたね。


真・女神転生V - Switch
真・女神転生V - Switch
posted with AmaQuick at 2021.12.06
アトラス
アトラス 2021-11-11T00:00:01Z
5つ星のうち3.8
¥6,999 (中古品)



メガテン5が高い高いと文句言われてますが、こっちはメガテン5やるために5万近く掛かってるんです、覚悟が違いますよ。これで真4並みの出来だったら相当へこんだだろうなw 面白くてよかった。

ただ、今回は非常に評価が分かれるものになるのではないかと思います。実際、賛否両論あるようです。メガテンに何を求めるかにもよりますが、古参ユーザでも合わない人はおられたようです。私もシリーズは偽典とNINEを除いてほぼプレイしている古参ユーザですが、私には合ってました。つまり、人によるのでしょう。

私がメガテンに求める要素を上げてみると以下かなと。
・歯ごたえのある戦闘
・緊張感のあるダンジョン探索
・悪魔会話と合体
・選べるルート分岐 (特に全部ぶっ壊す系)

なので、正直ストーリーはあんま求めてないんですよね。探索して合体して戦ってっていうのが好きなので。まあ、ストーリーが薄すぎた感は否めないとはいえ、探索や戦闘は十分楽しめたので。

メガテン3とかもほとんどストーリーなかったしなあ、今回よりはキャラの掘り下げはあったものの。勇も千晶もいきなりなんでそんなんなっちゃったのって感じはあったしw ていうかどうやって生き残ってたんだっけあの2人w



■歯ごたえのある戦闘
今回も無条件でHARDを選んでいました。メガテン3マニアクスでHARDが出てきて以来、アトラスRPGは必ず始めた時点の最高難度を選ぶクセが出来てます。対策とかすればどうとでもなるバランスがいいんですよね。逆に簡単だと面白くなくてたぶん投げ出してます。

それとDLCも一切使わず、純粋に本編の内容だけのHARDでプレイしました。DLCボスを倒して余計にレベルが上がったり、強力な悪魔を召喚したり出来ないようにする為です。こういうところだけ無駄にこだわりましたw

それらを踏まえての戦闘ですが、なかなか面白かったです。新しいマップに行き、新しい悪魔が出る度に即死させられる展開には少々不満はありましたが、それらを乗り越えたらなんとでもなりました。

ボス戦もきちんと対策していればそう簡単に負けることはなく、如何に耐性を用意するか、如何に弱点を突いて行動回数を増やすかのいつものやつです。考えてみたらメガテン3の時から20年近く同じことをしてるのですから、そりゃ戦闘が上手くもなりますよ。

ボスの理不尽な攻撃もあまりなく、あったとしても回避する方法があるので、相対的にそんなに難易度は高くないように思えます。過去作をHARDでやってる人にとっては難なくプレイできるHARDと言えるでしょう。

一方、今回はこれまで以上にレベル差補正が強いのは若干気になりました。その為パラメータの力や魔力特化がそんなに映えないのも事実。弱点を突いてもダメージが跳ね上がるわけでもなく、行動回数を増やすだけに終始したイメージはあります。

このあたりの調整がもっと上手ければより面白くなったのになーというのが率直な感想です。ソウルハッカーズのホラーハウスでシワンナのマハラギに一撃で殺されたような、キャラのパラメータに依存した強さをもう少し押し出してもよかったような。そうすれば、キャラの特性も活きてきますし。



■緊張感のあるダンジョン探索
このダンジョン探索が一番賛否分かれるところではないでしょうか。私は今回のダンジョンが、3Dダンジョンの進化系であると捉えました。

確かに見難いし、マップも不親切で上なのか下なのかわからないです。しかし、もともと1人称視点を表現していた3Dダンジョンですから、自身が3D世界に迷い込んだら今回のような上下までくまなく見渡し把握する探索というのが必要なのではないでしょうか。

また、今ではバージョンアップによって改良されましたが、カメラが近すぎて見難かったのも事実です。ぐるんぐるん回して探索しないといけないので3Dで酔う人には厳しいです。私もドラクエ11で耐性をある程度付けたから出来たのだろうと思っています。このせいで無理な人にはダメだったんだろうなと。

しかしそういった犠牲を払っても、荒廃した東京そのものを3Dダンジョンとして扱って表現したのはお見事と言いたいです。ちょっと入り組み過ぎではあるけどね、マップ上には出てこないビルの階段とか、どこから行けばあそこに行けるんだとしばらく探索しないとわからないところとかね。

それと、今回完全シンボルエンカウントになったせいで、よくわからないダンジョンを一生懸命カメラグルグルして見渡してるのに、次々と悪魔が襲ってくるのが余計にユーザ離れ起こす原因にもなったのではないかと。

いやホント、初めて行くマップはそもそも地理がわからないのに、雑魚敵に簡単に殺されるのでそこはストレスが溜まるんですよ。死にながらマップを拡げていくしかない。そこを苦痛と思うか、越えるべき壁と思うかで評価も変わってしまうのではないかと。

かくいう自分も文句言いながらやってた部分はあります。でも最終的にはクリアしてしまったので、よっぽど面白かったんだろうなと。レベルが上がって慣れてくると、今度はマップ埋めるのが楽しくてしょうがなかったです。基本的にマップ埋めたり全部の宝箱回収したりするのが好きだから合ってるんだろうなあ。

ただ、東京はともかく、いくつかある特殊ダンジョンは正直微妙かなー。ギミックがあったりでやってるうちは楽しいんだけど、探索する楽しみが全然無かったですね。ホントにあのダンジョンは攻略するだけ。東京巡りとは全然感覚が違いました。むしろ、旧来っぽい3Dダンジョンを作ろうとするとこんなつまらなくなってしまうのかとも思ったり。

そういえば思い返すと、今回はワープとかダークゾーンとか無かったですね。まあ、嫌がらせでしかないから無くてもいいか。



■悪魔会話と合体
悪魔会話はメガテン3よりはしっかりしてたのでよかったです。メガテン4は忘れたので比較できません。かといって、デビルサマナーシリーズとかと比べて仲魔になりにくい会話ではなかったので、このくらいでいいのではないでしょうか。

megaten5_20211206_01
こういう遊びはあるけどねw ロマサガ2のワグナスまんまかよw


合体は判断難しいところなんですよ。モーション作るのが大変だから悪魔数が少ないのは仕方なく、その為2身合体と特殊合体しかないところは仕方ないのですが、スキル継承が選択式になったのはどうなんでしょう。

もちろん、便利になったのは良いことだと思います。メガテン3の様にランダムで選ばれて、その為にキャンセルを繰り返すよりは全然良いです。ただその代わり、何でも継承出来るのがなあと。いくら属性適正があるから、有利不利のスキルがあるとはいえ。

いっそのこと、アギ使いだったらブフは継承出来ないとかくらいまでやっていいと思うんですよ。デビサバかメガテン4か何かはそういう仕様だったはず。その方がキャラ特性が際立つのでは?

とはいえ、そんなことしなくても適正が低い時点で選ばないから、今のままで十分なのかなあ。個人的には、真2やソウルハッカーズあたりみたいな、継承優先順で継承スキルが決まってしまうだけでもいいような気も。どうせ写し身でいくらでもあとからスキル調整出来るし。

ただ、それをやるなら悪魔を増やして3身合体も復活させたりしないとダメかなあ。難しいですね。開発側も悩んだ末に今の形になってる気がします。ランダムだと文句出るし、適正無いとスルトがばんばんブフ使うようになってしまうし。

継承の話ばかりになってしまいましたが、合体の幅が狭くなっているのは寂しいですね。悪魔増やして、合体要素も増やしてほしい。メガテン6の開発にこのまま入って、今回の悪魔モーションはそのままに、同じくらいの量の悪魔を追加してもらえたら嬉しいかも。

モコイはいるのにペナンガルがいないし、レギオンはいるのにコープスはいないし。アタバクはいるのにウコバクはいないし。ツチグモはいるのにセルケトはいないし。オオヤマツミはいるのにウベルリはいないし。

アルケニーとかウィッカーマンとか動いてるの見たいよねえ。ゾンビくんとゾンビちゃんとゾンビ先生とマンイーターとボディコニアンがうねうね動くの見たいよねえw



■選べるルート分岐
全部破壊するんですよ、毎度恒例の。真2から始まった公式のLAW下げからずっとCHAOS寄りだったりもしましたが、やはりCHAOSかNEUTRALルートですよね選ぶのは。4Fはペルソナチックのところもあったから大団円選んでしまったのが悔やまれる。皆殺しにすればよかった。



■その他、サウンド、システム回りの雑感
BGMカッコいいですよね。通常戦闘の曲は頭から離れないです。ボス戦もフィールドも良曲揃いだと思います。

システム回りもワンボタンオートリカバーもあるし、ワンボタンでセーブポイントに戻るのもグッド。

特にセーブポイントへのファストトラベルは非常に助かりました。同じマップ上ならほぼロード無しで移動するのもいいですね。戦闘をしかけられそうで緊急回避するにも役立ちます。これがあるからHARDでもそんなに苦労無くプレイ出来ます。無償でトラポートだものそら使いまくるわ。


ネタバレなしで書けるのはこんなところでしょうか。思った以上に書いてしまってびっくりしています。これネタバレありのところはホントに最終パーティとかそんなところしかないなw




※以下、ネタバレあります。

続きを読む

真・女神転生4FINAL の難易度大戦は最後の最後で本当に難しかったよ。。。クリアしたのでラスボス戦攻略でも

祝!真・女神転生4FINAL 難易度大戦クリア!!

やっとクリアしました。いやあ、長かった。何でこんなに掛かったかって最後の最後でラスボスに勝てる気がしなくて1週間ほど放置してたからですね。

以前、私はこんな記事を書きました。

真・女神転生4FINAL の難易度大戦は本当に難しいのか?実際にプレイした結果をまとめてみる。

これを書いた時はまだクリア前の終盤でした。これを書いた時の感想としては全くもって異論ありません。不意打ち喰らっての即死コンボ等以外は至って難しいと思うことなく進んでいました。

しかし、本当に最後の最後、ラストダンジョンとラスボスがその牙を剥き、私に襲い掛かりました。実に辛かった、実に厳しかった。本当に絶望し、対策など思いつかず、どうしてくれようとなっていました。それを打開したのが本日となります。もうその苦労を乗り越えた時は感動もひとしお。ゲームやっててこんなに達成感を得られたのは久々です。

クリアした今では、難易度大戦について次のような感想を持っています。

難易度大戦はラスト以外は決して難しくない!
(そのままじゃないか)

というか、追加難易度で終末が出てきたので、大戦如きを難しいとか言っちゃいけないんですよ、きっと。ではでは、何が難しかったのか、どうやって打開したのかは、大いにネタバレでいきますので畳んでおきます。



2021/12/07 追記
メガテン5も面白かったので感想書きました。
真・女神転生5が面白かったので思うがままに感想を書きます






続きを読む

真・女神転生4FINAL の難易度大戦は本当に難しいのか?実際にプレイした結果をまとめてみる。

絶賛「真・女神転生4 FINAL」にハマリ中となっております。その為全然漫画が読めておりません。加えて、真4Fがあまりにも面白いので、ついついその感想を書きたくなってきたというのが今現在です。

というのも、難しい難しいと言われている女神転生シリーズですが、今作は最初から一番難しい難易度である「大戦」が選べる仕様となっており、 何も考えずにその難易度を選択したところ、さほど苦労せずに終盤まで来れてしまっているのです。おそらく過去作からのファンであればそれほど難しくないと思われる「大戦」ですが、では如何に苦労せず進められているのか、その一例を攻略というわけではないのですが、列挙してみようかなと思った次第であります。

ちなみに今作の難易度大戦が一番難しいとされていますが、他2つの難易度も難しいと定義されています。

 - 対立:女神転生シリーズ未プレイ者にとって難しい難易度
 - 戦争:女神転生シリーズ経験者にとって難しい難易度
 - 大戦:死のスリルを追求したい人にとって難しい難易度



が、しかし、上記に書いた通り、私は声を大にして言いたい、
大戦は決して難しいわけではないということを。

極端な話、最近のメガテン、取り分けプレスターンバトルが導入された以降は基本パターンゲーなわけです。相手の弱点を突きまくる事、そして弱点を突かれずにブロックか回避か吸収か反射すること。そうやって自分の行動回数を増やしつつ相手の行動回数を減らすのが鉄則です。これが全てと言っても過言ではありません。プレスターンを制するものが真・女神転生4FINALを制すということです。

ではでは、ネタバレ要素もあるので、続きは折り畳んでおきます。大戦は難しい、大戦でプレイするのはちょっと怖いというような人には是非読んでいただきたいです。但し、あくまで個人のプレイ内容を列挙するだけですので、これが攻略方法の全てではありません。もっと効率の良い方法もあるでしょう。その辺りはご了承ください。
ただ、レベル40くらいまで防具が普通に売ってることを知らずに勝手に大戦で初期防具縛りプレイしてもそれほど苦労しなかったので、あながち間違ってもいないと思います。


そういえば、サントラ出ましたね。



では、大戦の攻略内容は続きからー 続きを読む

2016年2月6日(土) 「このマンガがひどい!スカベンジャー・ハント」は本当にひどかった!!

行って参りました!「なめくじ長屋奇考録管理人」「おおかみ書房の社長」「おおかみ書房の編集長」「おおかみ書房の営業部長」「おおかみ書房の販売部長」「おおかみ書房の発送・梱包作業員」「おおかみ書房の配送ドライバー」こと劇画狼さんの独演会!!

20160206_Scavenger_Hunt_001
「このマンガがひどい!スカベンジャー・ハント」 


これを語る前にまずは「このマンガがひどい!」について伝えなければなりません。
「このマンガがひどい!」はなめくじ長屋奇考録の劇画狼氏が毎年クリスマスに「このマンガがすごい!」に対抗して行っている、その1年を通してひどかったマンガ、特にエロ劇画のシーンをピックアップしてとにかく鋭いツッコミを入れていくという一部のマニアにはたまらない最強のイベントです。しかも劇画狼氏本人は「このマンガがすごい!」の選者でもあります。それだけマンガに精通した氏ならではのイベントと言えます。

本人曰く、
「すごいマンガは宝島社が決めろ。ひどいマンガはなめくじ長屋が決める!」
をモットーに誇りを持って活動しておられるようで、そのネタの選出、ネタの濃さには毎年脱帽です。

「このマンガがひどい!2016」はこちら (エロ劇画多め、下ネタが多いので注意してください)


というわけで、そのネタを観客が大勢いる場で、新作ネタをひっさげて、さらにいつもしているお決まりのネタを封印した上での2時間にも及ぶ独演会が 2016/2/6 (土) 19:00~より阿佐ヶ谷Loft Aで繰り広げられたわけです!

100人ほど入れるイベントスペースでの催しにも関わらず、前売り券は完売。よって当日券による入場は制限されるほどの集客となりました。当日の昼の「巻来巧士と森田まさのりのトークイベント」という集客が良さそうなイベントですら当日券は発売されていたことからその凄さはご理解いただけるでしょうか。個人で運営されているサイト、並びに個人で製作・販売されているコミックレーベルの方のイベントがそれほどまでの集客力を持っていたということになります。実際に「おおかみ書房」で発行されていた「出し逃げ」や「もっと!抱かれたい道場」は1000冊~1500冊を瞬時に完売するほどの注目があるわけですから、その人気も窺えるというものです。


当日は開演20分前ほどに着いたのですがなんとほぼ満員。辛うじて壁際の席に着席することができました。正直きつかった。。。テーブルも無いので飲み物のジョッキは持ちっぱなしだし動くこともままならない状態だし。だけどそんな状態にも関わらず、独演会が始まるや否やもうずっと笑いっぱなしで気づいたら2時間が経過しているという充実振りでした。何が凄かったって、劇画狼氏のトーク力もさることながら、会場の一体感が凄い。しかも現場にいた人間にひしひし伝わってくるのが、「みんな心からこのイベントを楽しんでいて、本当に劇画狼氏のことを好きなんだ」ということ。でないとあんな一体感は生まれません。そこまで一体化する観客も凄いですが、何よりも凄いのはそれを惹きつけて止まない劇画狼氏のトーク力と魅力とカリスマとこの世に生まれ出でた数々のネタ漫画です。

このイベントは劇画狼氏無しには成立しなかったでしょうし、そして根底にあるのは、これまでに作画、発行され続けたエロ劇画並びにそういったネタ漫画として扱われてきた多くの作品達です。今まではコンビニの端にあるエロ本コーナーの更に一角にあるエロ劇画なぞ見向きもしませんでした。そもそもが本来のエロ本であるそういった使用には耐えられないものだと考えてしまいます。対象年齢が45以上だったりするけど本当に45以上の方はこれで興奮することが出来るのか?出来ないのであれば一体何の為に存在するのか?多くの人がそういった疑問を持っていると思います。

そして、その禁断の問いに新たな方向性を打ち立てたのが劇画狼氏の「このマンガがひどい!」となるわけです。自家発電の友ではなく、笑いの友へ!それを貫き続けて遂に氏本人の単独によるイベントまで来てしまったわけです。この新たな方向性を打ち立ててきたのは間違いではないという証明となるでしょう。

そういった新たなマンガの見方を提唱、新たなスタンダードを作ることが出来る劇画狼氏に尊敬の念を抱きます。


前述したように劇画狼氏は「おおかみ書房」という独自レーベルを打ち立てて、コミックに至らなかった作品を自ら紙の本として出版しているという偉業を個人で成し遂げている人物です。

おおかみ書房

現在発行したコミックは全て完売していますが、今後も続けていくようですので応援していきたいと思います。
※ちなみにもう販売はしていませんが、国会図書館には蔵書されているそうなのでどうしても読みたいという方はそちらへどうぞ(独演会で本人が明言していました)



さて、当日の内容は撮影OK、実況OK、ネット展開OKとのことでしたので、私が撮影できたものとイベントの流れを展開していこうと思います。
中身は7割以上がエロ劇画からだったので下ネタ全開です。良い子は回れ右だぞッ!

それでは続きからどうぞー


続きを読む

燐寸少女が実写映画化

なんか今日のアクセス数がいつもより微増してるなーと思ったらこんな話題が。



なんと燐寸少女が実写映画化と!

燐寸少女公式サイト
ナタリーの記事 (「燐寸少女」SKE48・佐藤すみれ主演で映画化、マッチを擦れば妄想が叶う?)


過去に自分も感想を書いたことがありますが、正直な話、失礼ですがここまで話題になる作品になるとは思っていませんでした。面白いけど、オムニバスだし、言ってしまえば中身は世にも奇妙な物語だし。 逆に言えば、世にも奇妙な物語だからこそ最低限の安定した面白さはあるということにもなりますが。

過去の感想はこちら (燐寸少女 - マッチが灯る間は妄想が具現化するッ!!)

そして世にも奇妙な物語だからこそ、実写映画というのは丁度いいかもしれませんね。中身もアニメっぽさはそんなに無いし、むしろアニメよりも実写の方がすんなり馴染むかもしれない。


だけどこのリンちゃんは無いわ


無理に髪の色とか、目の色とか合せなくていいんじゃないの? どうせなら下手に原作準拠するよりも実写ならではの設定だけ原作通りのオリジナルの方が受け入れやすいし、受けると思う。ただ、それだと結局世にも奇妙な物語になってしまう。


いやあ、メディアミックスって、本当に、難しいものですね。
それではさよなら、さよなら、さよなら。


モンキーピープル7巻が2015/12/29に発売するぞ!

モンキーピープル7巻、12/29に発売です!!


■モンキーピープル 7巻


予定通りの年末発売、いやー、期待ですね。

6巻のレビューはこちら(モンキーピープル 6巻 - 打ち切り作品が電子版で連載再開!) 

ですがこの作品、作者の釋英勝が個人的に出版しているものなので、Kindleだけで販売となります。
なので紙媒体の発売はありません。なのでこの際に思い切って電子書籍に乗り換えましょう!(露骨な宣伝)
 
今のイチオシ!
ちょっと前のイチオシ!!
結構前のイチオシ!!
それなりに前のイチオシ!!
スピリットサークル完結!!
タイムリープサスペンス!!
ゲームとギャグが好きなら!
漫画もいいけど山賊もね!
記事検索
応援してますその2
応援してますその5
Twitter
日々読んだ漫画の感想を中心に記事を更新しています。記事更新と同期していますので、漫画の感想情報を見逃したくない方はフォローお願いします!
メッセージ

名前
メール
本文
「眠気が覚める面白さを求めて」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • ライブドアブログ