続刊まとめてざっくり感想

最近読んだ続刊ざっくり感想 - 20210724 (オカルトちゃんは語れない6, ヴィンランドサガ25, おおきく振りかぶって35, 天国大魔境6)

ひさしぶりに続刊ざっくり感想です。Twitterの方でもちょこちょこ感想上げたりしていますが、こうやってまとめるのもたまにはいいかなと思いまして。

それでは適当にいってみましょー。


オカルトちゃんは語れない(6) (ヤングマガジンコミックス)
橋本カヱ(著), 本多創(著), ペトス(監修)
5つ星のうち4.8
¥693

本編の「亜人ちゃんは語りたい」よりも面白いと思っているスピンオフの6巻。いつかしっかり感想書きたいのだけど読み直してないので今回は6巻のみで。

この「オカルトちゃんは語れない」の良いところは、亜人の能力と怪談や霊現象と密接に紐付けつつ、科学的に説明をしようとしているところが素晴らしい。特に科学的な説明はすんなり納得してしまいそうなほど複雑にかつ論理的に説明しているのが面白い。ただ、6巻の話だけに注力してしまうとちょっと内容の説明が難しすぎるので今回は単巻での説明は断念。平行世界のようなものが多重にあってそこを観測できるとかできないとかは1巻から読んでないとちょっとねえ。

面白さはいつも通りなのでグッド。変に恋愛とか絡めず、オカルト色が強くてホント面白いです。




更新をずっと続けてたら25巻単巻でも記事書けたんだけどなー、惜しい。25巻では遂にヴィンランドことアメリカに上陸します。作中で20年経過してると書かれてて、実際の連載も20年近く掛かってて、歴史ものなのに実時間とほぼ連動しているなんてびっくり。
20210720_002
26巻からまた戦闘始まりそうな雰囲気だがなんとか戦闘メインにならず開拓メインになってほしいところ。




35巻、18年掛けてようやく1年生が終わるという時期に、受験期間の練習禁止時間を利用して他校の練習等を参考に動くということ自体は素晴らしい。だけどその話だけでこの1冊が終わるとは思わなかった。これいつまで続けるつもりなんだろう。この調子だと100巻くらいまで行ってしまうのでは?惰性で読み続けてる感が出てきて何回かもうやめようかとも思ったのだけど、なんとか読み続けている状態。最初の桐青戦まではめちゃめちゃ面白かったしなあ。





話が全然わからなくてついていけない。
とはいえ、7巻で大きく話が動きそうな気配はする。話がわからないなりにも、読んだらそれなりに面白いのが不思議だなあ。漫画が上手いんだろうなあ。

最近読んだ続刊ざっくり感想 - 20160215

はい、たまりにたまった続刊ざっくり感想です。最近は割りと感想書けるものも多いのですが、そうでないものもやはりあったり。 でも久々ですねこの方式、11月以来。

それでは適当にいってみましょー。


■あれよ星屑 4巻

重い話から明るい展開まで、特に後半は戦後を乗り切るために色々やっていく感じで面白くなってきたねえ。いつまでも過去に縛られず、未来、高度経済成長へ向けての話が展開されることを今後期待。



■達人伝 ~9万里を風に乗り~ 11巻

戦争始まってスゲー面白くなってきた。



■魔法少女プリティ☆ベル 18巻

偽ジロウ編完結。でたらめに強かったなあ。だけどなかなか話が展開しないなあ。



■リバースエッジ 大川端探偵社 6 巻

こういうオムニバスはとにかく感想が書きづらい。でも老人カップル高校生の話は頭のネジがどっかぶっ飛んでる。



■岡崎に捧ぐ 2巻

安定して面白いね。だけど中学生編に入ってゲームネタは減ったね、思春期ネタが増えたね。面白さは変わらないね。



最近読んだ続刊ざっくり感想 - 20151129

最近たまりにくかったこのざっくり感想、ちょっと1記事にする力がなかったのでざっくりで紹介です。
今回は人気作3作です。ではではいってみましょー。


■GIANT KILLING 37巻

舞台は選手側の主人公椿の日本代表チーム参加へ。
悔しがる椿は本当に素晴らしい。
頑張って1記事にしようかとも考えたけどあまりサッカーにも詳しくないし人気作だしでまあいいかなと。
結局書きたかったのは悔しがる椿がいいね、だけだったので。



■テラフォーマーズ 15巻

なんかもうわけわかんねえなこれ。
局所的に見たら面白いんだけど、全体の話の流れとして誰がどうなったとか全然思い出せない。
話の展開も新キャラ出しまくったりで非常にストーリーとして読みにくい。
やっぱりまだ人間同士の争いはいらんかったんじゃないのかな。
既に地球にもゴキブリ侵入してるなら、全面的に対ゴキブリでいいじゃんか。
なんかもう、最初の頃の虫とかの能力とゴキブリとのわくわく感がなくなってしまった。
面白いんだけど、どこか惜しいと思わせる作品。



■自殺島 14巻

すっげぇ読んでてイライラする。
殺すなら殺せよ、殺さないならやめろよ。だらだら葛藤しすぎ。
あっさり学校奪われるのもなんだかなー。ちょっと考えればわかることだろうに。
和解することが出来ないのなら戦争しかないんだから覚悟決めておかないと。
決められないなら蹂躙されるしかないじゃんよ。
最初のサバイバルしてたころは面白かったのに、対人間が始まってからやっぱ微妙になってるよね。
 

最近読んだ続刊ざっくり感想 - 20151104

読んだけどひとつの記事にするほど妄想が膨らまなかった続刊ざっくりです。
今回は3冊、いってみましょー


■今際の国のアリス16巻


なんか緊迫感が無くなったんだよな。
主要キャラが確定してきてからこいつら死なないだろみたいな感じになっちゃって。
正直惰性で読んでるところかも。



■真実の魔法少女 3巻


意味がわからん。キャラとか敵対してるのがどことか全然整理がつかない。
一気に色々出過ぎて突き放されてる感じ。
理解するためにはもう一度1巻から読み直さなきゃならないのか。。。


■アンゴルモア 元寇合戦記 4巻


元の内部対立とかがある展開は面白い。
けど、全体的にはすこーしペースダウンかなあ。
元寇についてあまり知らないからってのもあるかもしれないけど。
北条氏の話が出てきたのはよかった。腹黒くてよかった。

最近読んだ続刊ざっくり感想 - 20151023

読んだけど一本の記事にするほど気力は無いなーという続刊ざっくり感想です。
今回は3冊。いってみましょー。

■刃牙道 8巻


えっ、これ烈海王死んだの?ホントに?
こんなところで烈海王死んだら途中になってるボクシング編はどうなるんだよォッ!!(元からもう絶対始まらないと気づいてるくせに)


■ケンガンアシュラ 14巻


実はこの作品大好きです。バキの一番面白い地下闘技場トーナメント編を、バキ好きが描いてる印象。
1試合毎もキャラの描写もして深いし、何よりも本当に誰が勝ち残るのかわからないのが素晴らしい。
王馬もなんだかんだで2回戦の雷庵に負けそうな感じがするし、そもそもトーナメントもこのまますんなりトーナメントだけで終わらないような気がするし。
ずっと特集組みたいと思ってるんだけどなかなかそこまで至っていない状態です。
第2部が楽しみだぜ!!


■アルスラーン戦記 4巻


面白いんだけど人気作品過ぎていまさら1つの記事にしてもなあという感じ。
漫画版だけ読んでると既にキャラの名前と勢力がわからなくなってきました。


最近読んだ続刊ざっくり感想 - 20151008

普段レビューしてる以外にも割りと続刊は読んでいるのですが、どうも1本の記事にまとめ上げるほどでなかったり、そんなに書くネタが思いつかないものを適当にざっくり感想してしまいます。


■GIANT KILLING 36巻


相変わらず熱い展開。2回目の大阪戦も決着で椿はいよいよ大舞台へ。
椿だけじゃなくて、窪田みたいな若い世代がガシガシ成長していくのはいいねー。
そしてここに来てようやく見えるブラン監督の凄さと怖さ。伊達にジジイやってないぜ。
この作品は監督の立場の達海と、選手の立場の椿のダブル主人公と言っても過言じゃないくらい椿がいい味出してる。
そしてチームメイトも、他のチームのメンツもホントうまくキャラが描写出来ててすんなり感情移入してしまう。
いい作品だよなあ。長く続きすぎな感はあるけど。


■妖怪番長 2巻


正直まだ何がしたいのかよくわからないというのが率直な感想。
バトルもいまいちだし、ノリもいまいち。召喚される妖怪が面白い程度か。
要静観。


■達人伝 ~9万里を風に乗り~ 10巻


丹の三侠ってまだ大きな成果を単独では上げてないよね?
確かに色んな権力者と会ったりしてはいるんだけど、一体何が彼らをここまで持ち上げるのか。
そこがなんかあまり納得出来ないからそんなに面白いと思えないのが現状。
それに反して、呂不韋の野望と行動力はわかりやすいし見てて気持ちいい。
なかなか読み始めるのに力がいるけど、読んだら1冊はすっと読める作品。


■ヒトミ先生の保健室 4巻


83ページは完全なエロ漫画でした。
あとみつみちゃんが可愛い。


■ディス魔トピア 4巻 (最終巻)


どうしてこうなった。。。
3巻までと全然違う展開で終わってんじゃねーか。
3巻までの内容忘れてるからってのもあるけど全く理解できなかったぞ。



今のイチオシ!
ちょっと前のイチオシ!!
結構前のイチオシ!!
それなりに前のイチオシ!!
スピリットサークル完結!!
タイムリープサスペンス!!
ゲームとギャグが好きなら!
漫画もいいけど山賊もね!
記事検索
応援してますその2
応援してますその5
Twitter
日々読んだ漫画の感想を中心に記事を更新しています。記事更新と同期していますので、漫画の感想情報を見逃したくない方はフォローお願いします!
メッセージ

名前
メール
本文
「眠気が覚める面白さを求めて」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • ライブドアブログ