ゾンビメソッドとセックスを組み合わせたある意味洋画最強といえるメソッドを持った「ゾンビだらけのこの世界ではセックスしないと生き残れない」4巻です。中身はアホエロ漫画です。

一応知らない人向けに解説すると、セックスする時のフェロモンがゾンビを遠ざけるのです。なので生き残るためには男女がセックスをするのが一番という世界になっています。羨ましくもあるけど

20220612_002
そしてフェロモンが効かない変異種が4巻で出てきます。

普通のゾンビはセックスすれば遠ざけられるけど、変異種は遠ざけられません。つまりこれはもう普通のゾンビものになってしまったのでは。セックス+ゾンビがテーマだったのにセックス奪っては成り立たないじゃないか。


ご安心下さい、もうゾンビ関係なくセックスしてますからw

20220612_005
こういう変態プレイも出てきます。もうゾンビ避けのためにセックスするんじゃなくてただセックスしてるんですこの人達。なので、ゾンビを避けるためにセックスするし、快楽のためにセックスする、まあエロ漫画ですね。

とはいえ、ストーリーもしっかり進んでいき、ゾンビたちをただセックスで退けるだけでなく、あれやこれやで手を変え品を変えと、ゾンビもののあるあるも忠実にこなしていきます。ゾンビものって大抵ハズレはないのでそれだけでもそれなりに面白いんですよね。なので、全然普通に面白く読めます。

おまけにゾンビものにありがちな、人間対人間の構図も出てきます。

20220612_003
その名も「紅のレッドスコルピオン」。紅い赤いサソリです。赤が被ってんじゃねーか。


20220612_004
そして作中でもしっかり触れてくれているw

完全にネタだってわかってやってるからこそ、振り切れた面白いものになってるんだろうなあ。もともとセックスでゾンビをという時点で一発ネタだったわけですが、それを保ったまま話を続けてるのは見事です。

どうやら次巻で完結してしまうようです。最後まで楽しくゾンビとセックスを生かした結末が見たいです。


眠気覚め度 ☆☆☆


3巻までの感想はこちら (ゾンビメソッド+セックス)