現代人は休日にしっかり休息すべきだと訴えてくる「はるかリセット」2巻です。

いやあ、この満喫具合羨ましい。2巻でも全力で休日を満喫していて、実に正しい休日の使い方をしています。

かくいう自分はあまり上手く休息を取ることが出来なくてですね、よくただただ無駄に時間を過ごしてしまいます。予定を事前に入れておけばいいんですけどね、それがなーんかなかなか。こんな社会状況もありますし。

20220219_000

15話ではるかさん、ひたすら眠りこけるというある意味究極の休日を過ごすわけですが、自分も予定がなかったらこれになりがちです。

でもこれやると、大抵頭が痛くなるんだよなあ。平日の睡眠が足りないからといって安易に休日に寝すぎるとあまりよくないんですよね。いつもその罠にはまって後悔。

あとは平日が忙しすぎるとホントに週末は寝ることしか出来なかったりも。思い返すと勿体無い人生過ごしてる場合も多いなあ。


2巻の感想に戻りますと、2巻のはるかさんはお出かけモードが多いです。車で遠出したり夜行列車で遠出したりします。

20220219_001
「高速道路に乗る瞬間 私の心は息抜きの快感に震える!」

正直高速に乗る程度ではこんなことは思わないのですけどw これはあれかな、車を持っていない人の思考がこうなるってことなのかな。ただでさえ車に乗る非日常感と更に高速遠出という高揚感で。まあ非日常感というのはわかります。SAとか立ち寄ると楽しいもんね。

20220219_002
寝台列車ァ!

これはホントに羨ましくなったw 香川にうどんを食べにいくためだけに、寝台列車で旅行とか素敵すぎる。普段遠距離は飛行機や新幹線を使う身にとって、こんなにも憧れるものがあるだろうか。

水曜どうでしょうよろしくの深夜バスは乗りたいと思えないけれども、中で横になれる寝台列車は是非とも乗ってみたいですなあ。ホテル代一泊浮くし。


そんなこんなで、遠出もありただただ寝る日もありの「はるかリセット」2巻でした。休息の取り方は人それぞれ、迷って何をしていいか困ったときには「はるかリセット」を参考にしてもいいかもしれません。

ひたすら寝るから始まり、遠出もあるし近場で良いご飯を食べたり、お風呂入ってサウナ入ってビール飲んだり、献血したり散歩したり色々と出揃っています。この調子で現代人の休息バイブルになってくれるかもしれませんね。


眠気覚め度 ☆☆☆ 


1巻の感想はこちら(お疲れの社会人に必要なのは休息だ)
3巻の感想はこちら(「なにもしない」に適切なのがまさしくこの1冊)
4巻の感想はこちら(徹底的に食を追求する休暇)


はるかリセット 2 (チャンピオンREDコミックス)
野上武志(著)
秋田書店 2022-02-18T00:00:00.000Z
5つ星のうち4.8
¥660