幼なじみに憧れて転校先の隣の席かつ隣の家かつ窓越しで会話が出来る相手と幼なじみ関係を始める「今日から始める幼なじみ」2巻です。

2巻もニヤニヤが止まりません。幼なじみに憧れるがあまり、幼なじみと恋人関係をどこか勘違いして接していくのがホントたまらない。男の子の航平もそれにいちいちドキドキしてるのがまたニヤニヤ。傍から見たら完全に彼氏彼女でしかないのに、女の子の楓側には本当に一切恋愛感情を意識してないのがまた良いですなあ。


毎度毎度、スタートが「幼なじみならこういうことするよね」から始まるのでいくらでもネタがつきなさそうなのもいいですなあ。

20220209_002
「秘密基地?」「う…うん  幼なじみには必要不可欠だと思って」

この「必要不可欠」と言い切る強引さが好きだなあw 楓の中での幼なじみ像は一体どんなことになってるんだw


そしてそんな強引な話には度々、彼氏彼女ならではみたいなものが出てくるわけですよ。そこがいちいち可愛いし、それに反応する航平もまた可愛い。尊い。

20220209_003
「幼なじみはこういう時 美味しいって完食して励ますものだから」

こんなんもう彼氏ムーブじゃんかよw  幼なじみなだけだったらむしろ正直に不味いって言う気がするぞw  子供なんだからそんな気遣い普通出来んぞーw



20220209_004
夜寝る前に通話するとかこれもう完全に出来てるじゃないかw いや確かにこれだけでそこまでは断定出来ないけれども、完全に友達以上の関係値じゃんかw なんなんこの子ら、これでもまだ幼なじみだと言い張るのか!


これ航平側は完全に意識してて、嫉妬までし始めるのがまた可愛いんですよ。それを全く意識しないでそう仕向けている楓は魔性の女やでこれ。

そして2巻の最大の見せ場は航平の上着を着た楓だと思うんです。航平も思わず「かっ…かっ…かわいいんだが!?」と唸ってしまうくらいの可愛さ。これは本当に可愛くて、この話はずっとニヤニヤ。必見。必ず見るべし。


この作品、やっぱり下手に恋愛に発展させないのがすごくいいと思うんですよね。ずっとニヤニヤ出来るというか。女の子側の楓が恋愛感情を持ってしまったらタイトルと違っちゃうし、それをするとテーマから話が変わってしまうので、その展開は無いでしょう。

今後もニヤニヤ期待!



眠気覚め度 ☆☆☆☆


1巻の感想はこちら(幼なじみに憧れる女の子が可愛くてニヤニヤが止まらない)
3巻の感想はこちら(幼なじみであることを公認にしたい女の子が可愛くてニヤニヤが止まらない)
4巻の感想はこちら(幼なじみの域を越えて手を繋ぎたがる女の子が可愛くてニヤニヤが止まらない)


今日から始める幼なじみ 2巻【電子特典付き】 (バンチコミックス)
帯屋ミドリ(著)
新潮社 2022-02-09T00:00:00.000Z
5つ星のうち4.7
¥554