アニメ「ハコヅメ」の第2話を観ましたのでその感想となります。

ハコヅメ~交番女子の逆襲~

1話に続いて2話ももの凄く原作準拠です。原作の3話4話がベースとなっています。追加されたのは原作4話の冒頭シーンです。DV被害者を引き渡す前に、DV被害者を保護するところが追加となっています。

さて、1話の感想で割りと辛辣なものを書いてしまいましたが、その不満点は大きく変わっていません。しかし面白さは1話よりもグッと良くなりました。ということは、原作の面白さにそのままアニメの出来が引きずられているのかも。

そして原作通りなので、聖子ちゃんの不安定なテンションの移り変わりも原作通りです。

20220114_001

ここの「うぇーい」も元気よく「うぇーい」してくれます。正直聖子ちゃんは分裂症なんじゃないかと思うくらい変なことをいきなり言ったりするので、アニメだけ観てる人に取ってはキャラ掴みにくいだろうなあ。


それと、アニメならではの視点で良くなっていたのは「後背位」の言葉を聞きまわるシーンでした。

20220114_002

原作のこのシーンですね。アニメでは全体を見渡せるカメラ配置になっていて、その中を川合が聞いて回るという見せ方になっています。これはアニメならではの表現で非常にグッド。


それに対して、補導した少年に電話番号を聞かれた時に110番を教えた際の「110番かよ!」のシーンはわざわざ少年たちをハイライトするなど余計なことをしていました。単なるツッコみなんだから、聖子ちゃんと川合がこっちに向かって歩いている最中に後ろで悔しがるだけでいいんだよなあここは。

20220114_003



加えて残念だったのは、ポケモンマスターの話をしてるシーン

20220114_004

ここもこの範囲のカメラで表現すればいいと思うのですが、台詞の度に北条係長と山田のバストアップで抜いていました。聖子ちゃんのシーンは引き気味の3人シーンになってるので、そのまま会話すればいいのになあ。キャラ毎に注目しているのでテンポ悪く感じるのよな、やっぱり。



色々と文句は言ってしまいましたが、1話よりも面白く観れたのでよかったです。下ネタも包み隠さず全部再現してくれたので、今後出てくるであろう おとなのおもちゃのネタだったり拳銃の安全ゴムのネタだったりも全て再現してくれるでしょう。ドラマでは出来なかった下ネタをガンガンやってくれるのは大いに期待です。


アニメ ハコヅメ 1話の感想はこちら



ハコヅメ~交番女子の逆襲~(1) (モーニングコミックス)
泰三子(著)
講談社 2018-04-23T00:00:00.000Z
5つ星のうち4.4
¥0




漫画原作の感想はこちらから。

ハコヅメ3巻の感想はこちら(川合先生初登場の似顔絵特別捜査本部)
ハコヅメ4巻の感想はこちら(黒田カナ伝説はここから始まった)
ハコヅメ5巻の感想はこちら(とにかく笑える内容盛り沢山)
ハコヅメ6巻の感想はこちら(伝説の笑ってはいけないお誕生日会が収録されたハコヅメの最高傑作巻)
ハコヅメ7巻の感想はこちら(煽り役としてパーフェクトな聖子ちゃんが見れます)
ハコヅメ8巻の感想はこちら(これ警察学校で習ったやつだ!)
ハコヅメ9巻の感想はこちら(色々な話が詰め込まれている、これぞハコヅメ)
ハコヅメ10巻の感想はこちら(迷惑防止条例と強制わいせつの違いが勉強になります)
ハコヅメ11巻の感想はこちら(1巻の伏線を見事回収、この日の出会いを何度も後悔することになる)
ハコヅメ12巻の感想はこちら(同期の桜完結、川合の成長を感じられる最高の展開)
ハコヅメ13巻の感想はこちら(アンボックス事件のカップルが登場)
ハコヅメ14巻の感想はこちら(奥岡島事件発生篇)
ハコヅメ15巻の感想はこちら(奥岡島事件解決篇)
ハコヅメ16巻の感想はこちら(1巻で出てきたキャラが再登場する感動の成長譚)
ハコヅメ17巻の感想はこちら(アンボックスを読んだ後に読むと非常に切ない)
ハコヅメアンボックスの感想はこちら(警察の負の感情を全力で主張した傑作)
ハコヅメ18巻の感想はこちら(即ハメあんあん激イキスクール)
ハコヅメ19巻の感想はこちら(20巻を読むために覚悟させられる巻なのではないか?)
ハコヅメ20巻の感想はこちら(アンボックス級のシリアス話が一貫した傑作巻)