遅ればせながらようやく観ました、アニメ「ハコヅメ」の第1話。Amazon Primeに来たのでそれで視聴。

ハコヅメ~交番女子の逆襲~

もの凄く原作準拠な作りになってますね。台詞の一言一句がほぼそのまま。思わず視聴しながら、一緒に原作を見比べてしまいました。台詞もそのままならひとコマ毎の表情だったり仕草だったりもほぼそのままです。まさに原作を原作通りになぞる、原作を大切にした作品と言えるでしょう。


で、原作準拠ということは当然面白いはずなのですが、、、あれ?なんかそうでもない??


なんでなのかなと少し考えた結果、以下の2点が思い浮かびました。


1. 原作を生かした間の使い方が台詞の読み上げ待ちになっていてうまくない
2. そもそも原作の1話2話がそこまで笑えるほど面白いわけではない


ひとつずつ順に解説したいと思います。


1. 原作を生かした間の使い方が台詞の読み上げ待ちになっていてうまくない

原作の「ハコヅメ」では1コマにボケとツッコミがこれでもかと詰め込まれます。その為、1コマで表現する絵と、大量の台詞が繰り広げられます。その多くは、単純な対話ではなくて、何かをしながらということが多いのですが、その何かをしながらというのが上手く間が活かされていないのではないかと。

例を上げると以下のシーンです。

20220114_000

このシーン、聖子ちゃんが一時停止無視したスクーターのおばあちゃんを見送るシーンで、原作では見事に聖子ちゃんが見送ってる裏で川合が自罰していて、それを振り向きもせずにツッコむところが面白いのです。つまり1コマで聖子ちゃんと川合それぞれのストーリーが流れてるのですよね。


これがアニメ版だと、

1. 聖子ちゃんが見送る
2. ガンッガンッという音が聞こえるので聖子ちゃん振り向く
3. 川合がパトカーに頭を打ち付けて泣いている
4. 聖子ちゃんが川合にツッコむ


というように、やたらとテンポが遅いんですよ。その為、軽快で小気味良いやり取りが読み取れなくなっています。このノリがハコヅメの面白いポイントなのですが、それが失われているのは正直致命的かなと。

この辺、ドラマ版では全然問題なかったんですよね。役者さん達の熱演もあり、原作のスピード感テンポ感そのままでメリハリある軽快なやり取りをしていました。ドラマとアニメの違いがこんな風に出るとはちょっと予想外、しかもドラマの方が出来が良いとは。



2. そもそも原作の1話2話がそこまで笑えるほど面白いわけではない

実はこの観点も割りとあると思っています。というのも、自分も原作の1巻を最初読んだ時(しかも無料で)、すぐには2巻以降買わなかった過去があります。1巻時点では面白いと思うけれども、すぐに2巻を買うほどでもないかなーというのが当初の印象でした。そのあと無料か半額かの時にもう少し買ってから一気にハマッたのです。

だからこそ、原作1話2話だけの段階ではそこまで面白さも感じないのではないかと。源とかカナとか副署長とかが出揃ってからがやはり面白いところなので、そこまでは我慢ですかね。



以上の理由より、まだそこまで面白さを発揮出来ていないのではないかと。「ハコヅメ」を観ているというよりも、NHKとかでありそうな警察啓発アニメを観てるような印象でした。ここから面白くなれるのかなー、不安だなー。


それと、オープニングにもエンディングにもカナの気配がしないのはどういうことでしょうか。もしかしてドラマだけに限らずアニメからも黒田カナは省かれてしまうのでしょうか。どうして一番良いキャラを排除してしまうのか、それがわからない。

と、思ったのですが、もしかして今回の「ハコヅメ」は原作3巻くらいまでしかやるつもりはないのかもしれません。というのも、アニメ1話目で原作の1話2話しかやってないので、このペースで行くならカナが初登場する4巻には辿り着かないことが予想されるためです。

このペースだと牧ちゃんがクソ野郎発言した特捜事件までで終わりそうな感じ。そんな短い範囲だけでアニメやるとかどういうこと?しかもテンポ悪くしてまでゆっくり流すということは、何クールもやること見越して遅いペースなのか?2クールが決まればカナが出てくるのか?だとしたら嬉しいが。。。


うーん、なんとも少しばかし残念な感想に終わってしまったアニメハコヅメの1話でした。


ハコヅメ~交番女子の逆襲~(1) (モーニングコミックス)
泰三子(著)
講談社 2018-04-23T00:00:00.000Z
5つ星のうち4.4
¥0




漫画原作の感想はこちらから。

ハコヅメ3巻の感想はこちら(川合先生初登場の似顔絵特別捜査本部)
ハコヅメ4巻の感想はこちら(黒田カナ伝説はここから始まった)
ハコヅメ5巻の感想はこちら(とにかく笑える内容盛り沢山)
ハコヅメ6巻の感想はこちら(伝説の笑ってはいけないお誕生日会が収録されたハコヅメの最高傑作巻)
ハコヅメ7巻の感想はこちら(煽り役としてパーフェクトな聖子ちゃんが見れます)
ハコヅメ8巻の感想はこちら(これ警察学校で習ったやつだ!)
ハコヅメ9巻の感想はこちら(色々な話が詰め込まれている、これぞハコヅメ)
ハコヅメ10巻の感想はこちら(迷惑防止条例と強制わいせつの違いが勉強になります)
ハコヅメ11巻の感想はこちら(1巻の伏線を見事回収、この日の出会いを何度も後悔することになる)
ハコヅメ12巻の感想はこちら(同期の桜完結、川合の成長を感じられる最高の展開)
ハコヅメ13巻の感想はこちら(アンボックス事件のカップルが登場)
ハコヅメ14巻の感想はこちら(奥岡島事件発生篇)
ハコヅメ15巻の感想はこちら(奥岡島事件解決篇)
ハコヅメ16巻の感想はこちら(1巻で出てきたキャラが再登場する感動の成長譚)
ハコヅメ17巻の感想はこちら(アンボックスを読んだ後に読むと非常に切ない)
ハコヅメアンボックスの感想はこちら(警察の負の感情を全力で主張した傑作)
ハコヅメ18巻の感想はこちら(即ハメあんあん激イキスクール)
ハコヅメ19巻の感想はこちら(20巻を読むために覚悟させられる巻なのではないか?)
ハコヅメ20巻の感想はこちら(アンボックス級のシリアス話が一貫した傑作巻)