逆打ち「ハコヅメ」感想も8巻まで来ました。半分は越えましたね。このまま1巻まで頑張りたいところ。

この頃の「ハコヅメ」は基本1話完結の話が多いです。1巻の頃から基本はこういう流れでした。むしろ同期の桜篇とか奥岡島事件篇の方が連話で珍しいくらいです。そして、この単話の頃がやはり本当に面白かった。今の「ハコヅメ」を作るに至った初期の「ハコヅメ」と言えるでしょう。

最初はカナの話からですね。くのいち捜査官へのシンデレラストーリー。この時から、西川係長の苦労っぷりが窺えます。
20210924_006
20210924_007
「カナ くの一してる?」「カナ くの一してないです」

このオウム返しの流れホント好き。返しかたが如何にもカナっぽい。そしてこのあとの課長の焚き付け方がまたいいんですよ。「その辺にいるような「できる警察官」とこの子を一緒にしないでよ」という言い方とか。どこまで本質を見極められてるかは判断つかないですが、この生安課長、本当にやり手です。人を見抜く力が凄すぎる。

お次はジェスチャーの話。被疑者の前でやり取りしなければならない状況も多いわけで、やはり警察官の方は必然的に互いが何を言いたいのかわかるようになっていくんでしょうか。ここでもカナの「2ペアとも息するように体育会系」みたいなツッコミが好き。カナ良いキャラなんだよなあ。
20210924_008

20210924_009
それとこのあたりのコント要素が本当に笑えます。ゲラゲラ笑ったものここ。その後の川合がピンサロのジェスチャーするあたりのやり取りとかも、もうホント笑いが止まらない。この頃のギャグはキレッキレなんですよね。

次の自転車盗難高校生3人組取り調べは、中高生の取調べって大変なのだと思わせてくれる内容です。ただでさえ取調べは被疑者もウソをつく可能性があるわけで、それに加えて社会経験の少なさから善悪の価値観が不安定な中高生。強圧的に出るわけにもいかず、難しいものですね。

そして続く「神社 of the dead」。ドラマでも再現されてた神社でチェーンソーマンと対峙するお話です。ここはもう完全にネタ回。ゾンビ映画の最大の謎から、いらねえ情報ベスト・オブ・ザ・イヤー金賞受賞するネタまで満載。チェーンソー相手でシリアスなはずなのに何故こんなにまで笑えてしまうのか。「ジェイソンはチェーンソー使ったこと実は1回もないんだぞ」をチェーンソー持ってる相手が言ってしまうのは皮肉なのか。

その次の川合の恋愛話が、もうとにかく笑ってしまった。
20210924_010
このとことん話に興味が無い源山田がホントに面白く面白くて。ドラマでも再現されてましたが、原作ほどのインパクト無かったですね。やっぱりこの心の声が強調されてるとこが面白いとこなんで、台詞として言ってもあんまりなーと。

次のシャブ検査でおしっこするしない議論もまた面白い。
20210924_011
「これ警察学校で習ったやつだ!」

ここがホント笑ってしまってなあ。言ってることがヤク中のそれでしかなくて、初めてそれを見た川合の感想が面白くて。確かにこんな状況になってしまったら川合と全く同じ反応をしてしまうかも。そのあともおしっこするしないでギャーギャー議論するのもまた面白い。

そしてまたカナが出てきてくれる「地獄へシャトルラン」ですよ。これまた腹を抱えて読んでしまった。
20210924_012
「こうして立ってると…ふふっ うちら汁男優みたいだね」

押収した大量の無修正成人DVDをチェックして壊れてるカナから出たこの発言で完全に崩壊。最近どこだかで2万点以上のDVDを押収したっていう事件があった気がするけど、それもこうやって全部チェックされてるんだろうか。だとしたら警察の仕事地獄やな。。。

あとこの頃は本当に下ネタの質が高い。だからこそ、このあたりドラマで再現出来てないのが惜しい。やはりカナ主役の劇場版でテレビでは出来ないことをバンバンやってほしい。

次の随時観察が入る話も下ネタが炸裂してて、ここでも腹筋崩壊ですよ。
20210924_013
これにまつわる数ページのやり取りがまさしくコント。落書きされた「ちんちん」を消すためにハンドクリーム塗るとか、拭くためにティッシュ取るとか、こすってもムダとか、消せないなら山田を立たせて「山田巡査長 なんで今そこ立ってるかな?」って言われるとか、こんなん笑うしかないでしょ。

最後が源と川合がでかいヤマが起きるかもしれないので夜な夜なパトロールをするお話。女性警察官ならではの苦労や悩みが赤裸々に語られる半分真面目な話です。おしっこしたくても拳銃持ってると署に帰るまで出来ないとか。この辺りから、聖子ちゃんが川合を認め始めてますね。


というわけで、「ハコヅメ」8巻は最高の笑いクオリティを持った巻です。カナも沢山出てくるし、カナファンには堪らない巻ですね。この頃の「ハコヅメ」が一番好きかも。


眠気覚め度 ☆☆☆☆☆


ハコヅメ3巻の感想はこちら(川合先生初登場の似顔絵特別捜査本部)
ハコヅメ4巻の感想はこちら(黒田カナ伝説はここから始まった)
ハコヅメ5巻の感想はこちら(とにかく笑える内容盛り沢山)
ハコヅメ6巻の感想はこちら(伝説の笑ってはいけないお誕生日会が収録されたハコヅメの最高傑作巻)
ハコヅメ7巻の感想はこちら(煽り役としてパーフェクトな聖子ちゃんが見れます)
ハコヅメ9巻の感想はこちら(色々な話が詰め込まれている、これぞハコヅメ)
ハコヅメ10巻の感想はこちら(迷惑防止条例と強制わいせつの違いが勉強になります)
ハコヅメ11巻の感想はこちら(1巻の伏線を見事回収、この日の出会いを何度も後悔することになる)
ハコヅメ12巻の感想はこちら(同期の桜完結、川合の成長を感じられる最高の展開)
ハコヅメ13巻の感想はこちら(アンボックス事件のカップルが登場)
ハコヅメ14巻の感想はこちら(奥岡島事件発生篇)
ハコヅメ15巻の感想はこちら(奥岡島事件解決篇)
ハコヅメ16巻の感想はこちら(1巻で出てきたキャラが再登場する感動の成長譚)
ハコヅメ17巻の感想はこちら(アンボックスを読んだ後に読むと非常に切ない)
ハコヅメアンボックスの感想はこちら(警察の負の感情を全力で主張した傑作)
ハコヅメ18巻の感想はこちら(即ハメあんあん激イキスクール)
ハコヅメ19巻の感想はこちら(20巻を読むために覚悟させられる巻なのではないか?)
ハコヅメ20巻の感想はこちら(アンボックス級のシリアス話が一貫した傑作巻)
ハコヅメ21巻の感想はこちら(虎松譲二事件完結!大事件の事後処理といつものギャグパートが再開します)