逆うちハコヅメ感想10巻編です。10巻は過去の桜の話があったり、川合の似顔絵訓練話があるものの、基本的にはオムニバスの展開です。

最初は交通事故のお話。高齢者の運転事故が増えている昨今、もちろん全ての高齢者が危険な運転をしているわけではありませんが、人口ピラミッドとしても相対的に多いと言わざるを得ないです。かといって、互いの事故者が相手に責任を擦り付けようと虚偽申請したり、ましてや飲酒運転の替え玉をしようなどとは言語道断。とはいえ、実際の現場で相手が高齢者の認知症がありそうと見えたらと思うと、気持ちはわからなくもないと思ってしまうところが辛い。

20210912_004
「この国で人が命を落すのは 刑事事件より交通事故の方がずっと多いんです」

これは本当にそうなのでしょう。それくらい凶悪犯罪が少なく、相対的に交通事故の方が多いと。少ないからこそ凶悪犯罪はよくニュースに取り上げられるわけですから。こんなドキッとさせられる話が読めるのもハコヅメならではなのですよね。

お次は牧ちゃんの一日のお話。牧ちゃんというキャラが弱いのか、どうもパンチが足りない感じはありました。結局源山田に話し持ってかれてるところあるしなあ。
20210912_005
ちょっとうらやましい。牧ちゃんからすると地獄。

そして川合の似顔絵特訓ですね。これドラマではやらなかったんだよなあ。2話削られなければやったんだろうか。ただ、この話はカナの元彼話に全部持ってかれた感がある。
20210912_006
これ実際にはどうなんですかね。こわもてじゃないと対応出来ない事案が多いから自然とそうなるのか、それとも刑事課という空気がそういう顔に進化させるのか。

そういえば中学の頃の年配先生も、眉間に皺がくっきり残ってて昔はそれはそれは怖かったのだろうなと考えていたこともありました。定年間際に担任になった時は怖さなど全くなかったのだけど。人生経験は顔に出るとはこのことか。

山田の異動話は、まあいいや。3m先なのにやたらとセンチメンタルになってるとか面白過ぎる話ではあるのだけど。この話、山田というより上杉を刑事課に異動させるための話ですしね。

そして同期の桜に関わる桜の過去話。源と桜の絡みはドラマでは描かれませんでしたが、それ以外の話は大体やってますね。ただドラマの方はやたらとキャッキャしてて見てるこっちが恥ずかしかった記憶。

続いて過去話から現在の川合を取り巻く女子会話。この時点で聖子ちゃんに不信感を持ち始めてる川合の心中を表現しながら、迷惑防止条例と強制わいせつの違いを教えてくれる回です。
20210912_007
この違い、警察か検察か弁護士しかわからないのでは?法律かじらないと知りようないですよねこれ。これってつまり、痴漢されたと駆け込んだら、どういう風に触られたかを丁寧に説明しないとならないわけで。

性犯罪ってホント難しい。触り方だけでもそうだし、挿入したかしてないかとかでも変わるし。おまけにそれを証明するものって証言しかないわけで、犯人がやってないといえば証拠はないし、被害者が相手を貶めるために入れられたと言っても証拠はないし。

他の性犯罪の話でも川合が山田に説教されていましたが、こういうのを聞き取りしなければならない警察官側も勿論負担が大きいわけで。ちょっと話は変わるけども、相手が不機嫌になるのがわかってても指摘しなければならない時の気まずさにも通ずるものがあるのではないかと。それ考えると、性被害の聴取って相当な負担ですね。。。

次は上杉が刑事課長にしごかれながら焼鳥を食べる話。この話は色々と語りたいことがありますが、このコマで締めていいでしょう。
20210912_008
「脱法レバー12本お願い!」
脱法レバー食べたい。。。2014年に韓国でレバ刺し食べて以来食べてないな。。。

それから幼児虐待と思われる事件の話。子供とまともに話をするって難しいよね。何話していいかホントわかんない。生意気だと思わず手を上げてしまう気持ちもわかってしまう。

そしてここでも能力を遺憾なく発揮してしまう源。人に出来ないことを簡単にやってしまう姿は尊敬と畏怖を生みます。
20210912_009
この顔ホント好きだなあ。これこそドラマで見たかった。

最後は藤元帥降臨の山田同期と飲みに行く話です。これ珍しく、事件とか公務に全く関係ありません。聖子ちゃんが山田の同期の相手をしたくないからひたすら避けようとする流れと、川合が相変わらず高校の同級生に騙されようとする話です。

事件とか発生しない代わりに、源や聖子ちゃんの仕事以外のポンコツぶりを披露する回とも言えるでしょう。箸休め回ですね。
20210912_010
「俺より先に聖子ちゃんを幸せにしないで!」

この台詞、最初に出てきたのは9巻です。続いて10巻も出すと。あとはこの先山田の恋路も邪魔するし(16巻)聖子ちゃんも「あんたに彼女ができてないのに私が彼氏作るわけないじゃん」とかわけのわからない話をする始末(17巻)。この二人は一体どうなりたいんだろうか。この恋愛に対するスタンスがひたすら謎。そこが面白い。

10巻は小休止的な巻でした。大きな話は無いけど常に安定した面白さのハコヅメです。

眠気覚め度 ☆☆☆☆ 


ハコヅメ3巻の感想はこちら(川合先生初登場の似顔絵特別捜査本部)
ハコヅメ4巻の感想はこちら(黒田カナ伝説はここから始まった)
ハコヅメ5巻の感想はこちら(とにかく笑える内容盛り沢山)
ハコヅメ6巻の感想はこちら(伝説の笑ってはいけないお誕生日会が収録されたハコヅメの最高傑作巻)
ハコヅメ7巻の感想はこちら(煽り役としてパーフェクトな聖子ちゃんが見れます)
ハコヅメ8巻の感想はこちら(これ警察学校で習ったやつだ!)
ハコヅメ9巻の感想はこちら(色々な話が詰め込まれている、これぞハコヅメ)
ハコヅメ11巻の感想はこちら(1巻の伏線を見事回収、この日の出会いを何度も後悔することになる)
ハコヅメ12巻の感想はこちら(同期の桜完結、川合の成長を感じられる最高の展開)
ハコヅメ13巻の感想はこちら(アンボックス事件のカップルが登場)
ハコヅメ14巻の感想はこちら(奥岡島事件発生篇)
ハコヅメ15巻の感想はこちら(奥岡島事件解決篇)
ハコヅメ16巻の感想はこちら(1巻で出てきたキャラが再登場する感動の成長譚)
ハコヅメ17巻の感想はこちら(アンボックスを読んだ後に読むと非常に切ない)
ハコヅメアンボックスの感想はこちら(警察の負の感情を全力で主張した傑作)
ハコヅメ18巻の感想はこちら(即ハメあんあん激イキスクール)
ハコヅメ19巻の感想はこちら(20巻を読むために覚悟させられる巻なのではないか?)
ハコヅメ20巻の感想はこちら(アンボックス級のシリアス話が一貫した傑作巻)
ハコヅメ21巻の感想はこちら(虎松譲二事件完結!大事件の事後処理といつものギャグパートが再開します)