ハコヅメを読む手が止まりません。アンボックスでやられて、17巻で大きく切なくなって、そこから逆打ちで読み進めること16巻、15巻。やっぱりハコヅメは面白い。

15巻は過去回の奥岡島事件が解決する巻となりますね。特に源一族にフォーカスをあてた話となっていて、因縁だったり運命だったりを考えさせられるお話でした。副署長の奥様こと鬼瓦教官の若かりし頃が読めたり、源親父の若かりし頃が読めたりと、小さい町だからこそ思わぬところで関係があったというのが毎回ハコヅメで驚かされるところです。

にしても、14巻の犯人側からの接触から、15巻でここまで話を畳むとは思いませんでした。もっと逃げ回ったりむしろ新たな事件が起こるのかと思っていましたもの。そう思っていたのに、虎松譲二は遠くや海外に逃げるでもなく町山市内に潜み続けていたとは。しかも家庭まで持っていて、血の繋がりが無いとはいえ子供までいるとか。ああそうきましたか、丸くなった犯人という像できましたか。でも何気に犯罪者とはいえ娘をしっかり愛している場面が見れてそこは素敵。

娘側も父親の急な逮捕に対して警察に悪態ついて軽蔑の目を向けたりと、実際に犯罪者の面なんて知らずに育った子供にとっては警察が悪に見えてしまうという描き方が上手いですよね。途中から目が据わって覚悟を決めた感がまた上手い。警察の仕事とはいえ、犯罪者の子供は犯罪には関わっていないわけで、これもまた警察の辛いところなのでしょう。

そしてこの巻くらいからなんですよね、川合が急激に成長して見えるのが。虎松譲二の張り込みから始まり、いざ逮捕と動き始めた時に如月部長を優先して身支度を整えさせたり、譲二の娘を落ち着かせるために説諭したり。まだ新任なのに、源と聖子ちゃんの前に率先して立ち向かうとか、ホント1巻から読んでる身としては成長に涙が止まりません。

で、やっぱりそれに対して聖子ちゃんがポンコツになってきてるのがなあ。もちろんとんでもなく有能なんだろうけど、身近な現場の描写が減ってギャグ回の活躍が増えてしまっているのがまたそれに拍車を掛ける感じで。
20210706_000
こんなさ、女同士とはいえ上司が部下に甘噛みするなんてある?こんな部下に甘える上司とかある?こういう素の部分で寂しがりやなところとか弱みを見せる描写ばかりだから、聖子ちゃんがどんどんポンコツに見えてしまう。1巻とかだと絶対こんな描写ありえなかったでしょ。それだけペアの信頼関係が出来上がっていて、むしろ信頼を超えてしまってる感があって少し心配になってしまいますよ。

だけどこの2人って、絶対変な関係にはならない信頼感があるんだよなあ。聖子ちゃんはともかく、川合は聖子ちゃん依存性というよりも如月部長ぞっこんルートになってきているし。だからこそ聖子ちゃんが寂しがっているのだろうか。

話が脱線しましたが、15巻は半分以上が奥岡島事件解決篇で、残りが巻を埋めるかの如く単発ギャグ回です。特に手羽元を食べたがる川合のために胃もたれしてまで嫌がらせをしようとする聖子ちゃんが素敵すぎた。牧高ちゃんと如月部長が宿直ペアになって現場臨場するのだけど、通報が全部異性問題だったのもまた良い。

とはいえ、15巻で最も輝いたのは、やはり奥岡島事件解決後の源家のひとコマでしょう。これまですれ違っていたと思っていた親子関係、様々な因果が絡み合って複雑な親子関係、そんなしがらみを、全て解消してくれます。
20210706_001
ここで号泣。源父の表情で全ての感情が伝わるのが本当に素晴らしい。これだからハコヅメはやめられない。


眠気覚め度 ☆☆☆☆☆


ハコヅメ3巻の感想はこちら(川合先生初登場の似顔絵特別捜査本部)
ハコヅメ4巻の感想はこちら(黒田カナ伝説はここから始まった)
ハコヅメ5巻の感想はこちら(とにかく笑える内容盛り沢山)
ハコヅメ6巻の感想はこちら(伝説の笑ってはいけないお誕生日会が収録されたハコヅメの最高傑作巻)
ハコヅメ7巻の感想はこちら(煽り役としてパーフェクトな聖子ちゃんが見れます)
ハコヅメ8巻の感想はこちら(これ警察学校で習ったやつだ!)
ハコヅメ9巻の感想はこちら(色々な話が詰め込まれている、これぞハコヅメ)
ハコヅメ10巻の感想はこちら(迷惑防止条例と強制わいせつの違いが勉強になります)
ハコヅメ11巻の感想はこちら(1巻の伏線を見事回収、この日の出会いを何度も後悔することになる)
ハコヅメ12巻の感想はこちら(同期の桜完結、川合の成長を感じられる最高の展開)
ハコヅメ13巻の感想はこちら(アンボックス事件のカップルが登場)
ハコヅメ14巻の感想はこちら(奥岡島事件発生篇)
ハコヅメ16巻の感想はこちら(1巻で出てきたキャラが再登場する感動の成長譚)
ハコヅメ17巻の感想はこちら(アンボックスを読んだ後に読むと非常に切ない)
ハコヅメアンボックスの感想はこちら(警察の負の感情を全力で主張した傑作)
ハコヅメ18巻の感想はこちら(即ハメあんあん激イキスクール)
ハコヅメ19巻の感想はこちら(20巻を読むために覚悟させられる巻なのではないか?)
ハコヅメ20巻の感想はこちら(アンボックス級のシリアス話が一貫した傑作巻)
ハコヅメ21巻の感想はこちら(虎松譲二事件完結!大事件の事後処理といつものギャグパートが再開します)