恋愛

繋がる個体 4巻 - 1,2巻の素晴らしさはどこへ消えた?3巻から普通のラブコメになっちゃった三角関係恋愛譚ここに完結!!

nemusame_20160127_002
はい、これが彼氏に嘘をついた瞬間です!!

いやー、相手のことが大切なのに、大切だからこそついてしまった嘘がきっかけにすれ違いがすれ違いを生む連鎖に。恋愛ってホント、難しいですね。今この時間は僕たちのとても大切な瞬間だけど、大切という字はどうして大きく切ないのかなとはよく言ったもんです。それは淡い心だって言ってました。

そんなモヤモヤッとする展開満載の「繋がる個体」は3,4巻は1,2巻の素晴らしさとはうって変わって、単なる普通の大学生同棲カップルに第三者がちょっぴり加わったすれ違いの恋愛物語でした。うーん、これくらいの作品ならいくらでもありそうな感じがする。

確かに孝太郎がスゲー束縛するタイプでめんどくさい奴だってのはよくわかる。それは1,2巻の高校時代からここみを女神の様に崇めてたんだから、既に兆候はあったってことです。

それに対して、ここみの原田に対するアクションが、その気は全く無いにしてもあまりにも無謀すぎる。原田も当初は全然そんな気はないのに、ズカズカ原田のパーソナルスペースに入るのはそりゃやっちゃいけないってもんでしょうよ。しかもそんなことをしながら孝太郎のことはしっかり好きとかそういうのはもう男を振り回してるだけなわけで、更に本人はそれが無自覚ってのがまた良くない。そこが気に食わなくて終始イライラして読んでしまった。 

最初に嘘をついた孝太郎も勿論悪いけど、 それ以上にここみのその軽率な行動が常に孝太郎を苦しめ続けてるってのがわからないもんかな?まあわからないからやり続けちゃうのか。








nemusame_20160127_001
その結果がこれなわけだけど。



結末は書きませんが、繋がる個体これにて完結です。
打ち切りなのかなあ?最初にも、タイトルにも書いたけど、1,2巻と比べると大して面白くなかったもんなあ。
というか、それ以上に1,2巻が凄すぎたのか。あんなに続きが気になって眠気ギンギンになったのも久々だったし。

繋がる個体をこれから読む方は、1,2巻で終わらせるのも手です!!


1,2巻の感想はこちら (繋がる個体 - アラサーの恋愛事情)

3巻の感想はこちら (繋がる個体 3巻 - 2巻までの三角関係は終了!そして次の三角および四角関係に!?)

眠気覚め度 ☆☆☆

繋がる個体 3巻 - 2巻までの三角関係は終了!そして次の三角および四角関係に!?

「チワワっていっつも、大事な言葉を避けるよね」
nemusame_20151224_001

からスタートの「繋がる個体」第3巻が発売されました!
1,2巻ではアラサー主人公と姉妹相手の三角関係で次は次はとページをめくる手が止まらなかった「繋がる個体」ですが、その関係は2巻までで決着。
その時点でこの作品が終わっても十分というくらい綺麗な締め方だったのですが、実はまだ続いていましたこの作品。

さてさて、どんな話が進むのかと思いきや、ココちゃんの次なる恋の話となっています。
その相手というのが高校の頃からココちゃんのことを盲目の如く思い続けたチワワこと「千原孝太郎」です。
前巻からの展開としては意外とも思えるし、他にキャラもいないから順当とも言える感じ。

というわけで、繋がる個体3巻はこのカップルのクソイチャつきをひたすら見せ付けられることとなります。

なんかあれだ、こうやって見せ付けられるとそれはそれでニヤニヤとイライラをしてしまう。
まーくんとくるみはその思いのすれ違いとか、それがあってのイチャつきで色々障害乗り越えた上でってのがわかってるから見てて微笑ましいんだけど、この2人だとなんかなー。チワワにとってはぼた餅的な感じがしないでもないし。

とはいえ、チワワこと孝太郎の重い愛のおかげでココちゃんもその愛を嬉しく思ったりと傍から見てたらどっかで破綻しそうな感じ満々のカップル具合なので、そういう見方もありかと。


そしてそして、この作品がそんなベタベタイチャイチャで終わるわけがないですね。
当然の如く新しい男や新しい女が出てきて、二人の関係を危うい感じにしていきます、うーんラブコメの王道。
しかもそれぞれに接触してくる男女も、接触していく相手も特に悪気があるわけではなく、でもそれぞれが嫉妬とかしたりして、ただでさえ愛の重い孝太郎にとってココちゃんが自分から仲良くしていく男はそりゃいい気がしないというのも当たり前なわけですごく孝太郎の気持ちもわかっちゃったりして。

うん、つまりは至って普通のラブコメだね。


そうなんです。2巻までに比べて、一気に凡作に成り下がっちゃった感があります。
たぶん恋を成就させるために必死なところを書いた2巻までと比べて、普通のカップル漫画になっちゃったからだなこれは。
ただ、他の作品と違って両者を破局させて略奪愛しようとしてる人物がいなくて、まだそれぞれのすれ違いが始まった感じ。つまり悪者はいない状態。こういうのは悪意が無いから優しい気持ちで見れますね。

普段あまりラブコメって読まないけど、ラブコメとしては悪くないと思います。
ただ、前巻までと比べると遥かに面白さが落ちたのは否めない。

今の話はまだまだ続きそうなので、とりあえず次巻も待ちましょう!!


前巻までの感想はこちら(繋がる個体 - アラサーの恋愛事情)
4巻の感想はこちら (繋がる個体 4巻 - 1,2巻の素晴らしさはどこへ消えた?3巻から普通のラブコメになっちゃった三角関係恋愛譚ここに完結!!)

眠気覚め度 ☆☆☆

私に見えない恋心 - 様々な恋心を描くショートオムニバス

「もうウナギの国に帰れよ」

恋には様々な形がある。普通の恋愛から遠恋、姉弟、BL、そしてカマキリやウナギや雪男。
そんな真っ当からちょっと不思議まで色々な話を描いたのが「私に見えない恋心」です。

上記に2回書いたので読み間違えじゃないです。ウナギとの恋です。あとカマキリも。
というか、ショートオムニバスなのに1発目がBL、2発目がカマキリ、3発目がウナギですからね。
そういうゲテモノ系で進めてくのかと思いきや、全然普通に遠恋の話描いたり、親友同士の共通の恋の話描いたり。
そんなまともになったかと思いきや雪男だったりチョコレートだったり、姉の制服タイツに萌える弟の話だったり。
いやあ、恋って色んな形がありますねえ。


そんな感じでサクサクッと読めてしまうのですが、なんとも1話1話が軽いというかなんというか。
設定勝負なところもあるので、カマキリやウナギは出落ち感が若干。
遠恋の話とか親友同士の話、バレンタインの話はありがちだけど、王道だからこその確かな面白さがあります。
あとタイツの話はグッド。もっと読みたい。


トータルでは可もなく不可もなくかなあ。
面白いっちゃ面白いけどなーんか物足りない感じが。


眠気覚め度 ☆☆


KISS MY ASS - 痔

テーマは痔!可愛い女の子が痔について詳しく教えてくれたり、毎日付きっきりでお世話してくれるぞ!

痔。経験したことにしかわからないその恐怖。
痔。歴史上の人物も痔に苦しんだ上死んだという話も残っているという恐ろしい病気。
痔。下半身の、しかも肛門の病気のために周囲になかなか打ち明けられない社会的に恥ずかしいとされてしまう病気。

そんな痔の恐ろしさと対策を懇切丁寧に美少女が教えてくれるのが「KISS MY ASS」です。 
これほど痔という文字を漫画の中で何度も何度も繰り返されたのは初めてだと思います。
ただ単に痔で辛いというだけでなく、どう辛いのか、どれくらいの痛みなのか、生活への影響は、痔になる原因は、痔の種類とは?、痔の予防、痔は再発するの?、どうやって直すの?といったありとあらゆる疑問について教えてもらえます。

まさに痔の入門書。痔で困ってる人はもちろんのこと、痔で困っていない人にも一般知識として読んでみても問題ないでしょう。

しかも単なる痔の解体新書では済まさず、それにラブコメも混ぜるのだから。
好きなあの子に痔だってばれたくないーとか、ばれないで手術したいーとか。そんな展開。
作者が「ぼくらのふしだら」とかを描いてるエロ漫画家なので女の子も可愛いし、そんな可愛い女の子がひたすら痔を連呼するので最高ですね。

この美少女痔マスターが三浦さん。イボ痔で辛い主人公をその歩き方だけで症状を見抜き、
いきなり教室に呼び出したかと思いきや押し倒して、

nemusame_20151005_004

だもの。1話からこれだもの。
それから懇切丁寧に痔の勉強会を始める三浦さん。
どれくらい丁寧かというと、



nemusame_20151005_002


この見事な解説。
実はこういった丁寧な解説が終始続きます。
痔の種類、痔の出来方、痔の症状、痔を防ぐための便にするための食材等々。
もうとにかく痔。痔でも出来るバイトとか、そういうのとかもあり。

しかも痔の女の子(美少女)が2人も出てくるぞ!!


というわけで、「KISS MY ASS」 でした。ラクに読めるし、全2巻で完結しているので手軽に読むにはオススメです。

個人的な感想を書くと、話とか流れは面白かったものの、終盤の展開にちょっと不満があったり。
三浦さんは最初の頃の三浦さんを突き通してほしかったなー。


眠気覚め度 ☆☆☆


繋がる個体 - アラサーの恋愛事情

「好きな人に好かれるって、すごいことなんだなと思って」

もう見ててニヤニヤ、こっちが恥ずかしくなるようなアラサーの恋愛事情を見せ付けられるのが 「繋がる個体」です。
これ、もうすっごくいい。読んでて、優しくて、切なくて、モヤモヤニヤニヤして、好きなのに相手の為に好きと言えないことにイライラして、好きなのに、好きだからこそ諦めて、もうそんな一進一退の恋愛攻防が読めるすごく良い作品です。

主人公の井口正行は30歳で、たまたま呼ばれた数合わせの合コンで出会って可愛いと思った相手はまだ高校生。
そんな高校生の「ココ」とそのまま一晩過ごしてしまい、あんなことに!な始まりとなっています。
基本は、正行と「ココ」と正行と同じ歳の元カノの「くるみ」の三角関係の話になります。 
とはいえ、正行とくるみはどちらも30歳のいい年した大人なわけで、そこに高校生の「ココ」が混じることになると、どうしても「ココ」だけがちょっと場違いな状況になっていますね。
なんだけれど、この中ではココが一番恋愛豊富な感じを出していて、それが良い感じにもとのカップルをかき回していきます。
もうその感じ、そしてそれぞれがそれぞれを好きという気持ちだけでなくて、思いやる気持ちもあって、これだから女はめんどくせえなあと思ってしまうようなところの表現もうまくて、ココもくるみも可愛くて、正行も今時珍しいくらい真面目でカッコよくて。

ああもう読んで、これは読んで。絶対面白さ保証するから。これは読まないと本当にもったいない。
それくらい、本当に良い作品でした。まだ2巻までしか出てないから読みやすいしね。

とはいえ、正直2巻で決着着いちゃってる感じがするんだけど、この先どんな展開になるんだろうか。


3巻の感想はこちら!(繋がる個体 3巻 - 2巻までの三角関係は終了!そして次の三角および四角関係に!?)
4巻の感想はこちら (繋がる個体 4巻 - 1,2巻の素晴らしさはどこへ消えた?3巻から普通のラブコメになっちゃった三角関係恋愛譚ここに完結!!)

眠気覚め度 ☆☆☆☆☆


スピリットサークル完結!!
今のイチオシ!!
少し前のイチオシ!!
結構前のイチオシ!!
タイムリープサスペンス!!
ゲームとギャグが好きなら!
漫画もいいけど山賊もね!
Twitter
日々読んだ漫画の感想を中心に記事を更新していく予定です。例外はあるかも。 記事更新と同期していますので、フォローしていただければ随時通知されます。
記事検索
応援してますその1
応援してますその4
応援してますその5
2016年12月発売のオススメコミック

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ