山賊

ゴールデンカムイ 5巻 - 変態殺人鬼辺見和雄、谷垣の戦い

nemusame_20160124_009
辺見和雄、絶頂に至る!!

このマンガがすごいでも2位になり、個人的にも大推奨中のゴールデンカムイ5巻、前半は超絶変態殺人鬼辺見和雄との死闘、後半は谷垣と第七師団の謀反者達とのバトルになります。

この辺見和雄、相当な変態で、死に抗う姿を見ること、その窮地に立たされることに快楽を覚える一線を越えた超級変態性癖の持ち主です。その情熱たるや凄まじいものでもうそれはまさに恋。執拗に、執拗に杉元に殺されるために杉元を殺そうとします。その殺されそうな時の抵抗、そこに辺見和雄は最大級の快楽を得るのです。

いやあ、変態だったなあ。到底理解できない変態。真の変態。そして素晴らしい度肝を抜かれるような結末でした。


そして以外だったのが谷垣対第七師団の謀反者との戦い。当初は杉元を追うものとして、次はエゾオオカミを狙うマタギとして、そして今回は第七師団の謀反者から逃げるため谷垣の戦いが繰り広げられるわけです。
その内容もまた良かった。圧倒的不利な状況下からの大逆転。まさかまた今回も北国の自然を使って対抗することになるとは、やはりエゾを舞台にした漫画ならではですね。ってかこういう使われ方もう3回目くらいじゃないか?活躍しすぎだろうにw


そしてゴールデンカムイにはおなじみの食事シーン!!

ニシンの街小樽ならではの、
nemusame_20160124_008
ニシン漬け!
慣れ寿司、飯寿司みたいなもんなのかなこれ。ニシンの切り込みとかが好きな自分にとってはこれが大好物になることうけあい。これ、クセになるんですよ、発酵食品だから万人には受けないと思うけど。



nemusame_20160124_012
シャチの竜田揚げ!!
ひょんなきっかけで獲ることが出来た海の神レプンカムイの唐揚げです。
クジラみたいなものなので味は保証付き、絶対美味いだろこんなの。



nemusame_20160124_014
子持ち昆布の串揚げ!!
絶対美味い。数の子と昆布の組み合わせとか最高に違いない。
今回実は子持ち昆布そのものって見たことが無かったので画像検索したんですが、あんなにびっしり昆布にくっつくものなんですね。ニシンすごい。ニシン釣りした時もメスで数の子だった時は最高に美味いんだよなあ。オスで白子でも満足できますけど、数の子の大当たり感がホントたまらない。




nemusame_20160124_015
イトウの刺身!!
え、これ本当に大丈夫?川魚だよね?寄生虫とかすごいんじゃ。鮭だって一度冷凍にして虫殺してからじゃないと食えないくらい虫すごいんだからイトウだってそうなんじゃないか?ルイベなら良さそうだけどこれは怖いなあ。



nemusame_20160124_016
イトウの塩焼き!!
豪快な被りつきはたまらん。やっぱ鉄板とかじゃなくて網とかこうやって串焼きにして脂と水を落としながら焼くと魚は最高ですな。逆にちゃんちゃん焼きみたいな鉄板の味噌焼きはどうも臭さが気になってダメ。だからこの焼き方は絶対に美味い!!




nemusame_20160124_017
イトウの目玉!!
おっきい。。。




あとアイヌ語のオソマこと見た目がうんこに見える味噌を克服したアシリパさんが食べることに段々抵抗が無くなって海の神であるシャチを食べる際にも
nemusame_20160124_013
「そもそも人を殺して食べたヒグマをウェンカムイと呼んで必ず討ち取りこらしめるのは、人の弱さを知って人肉の味をおぼえた危険なヒグマを野放しにしないためだったりするんだきっと。だからヒグマ以外はウェンカムイとは言わないんだ多分」

と、アイヌの教えを都合よく解釈するようになってきたのが素敵。こういう適応力が高い子は好きですよ。日本人の文化にも触れることで色々な考え方、適応していき発展させるのはホント前向きで素晴らしい。




というわけで、いつも通り美味そうだし戦闘もキビキビしてて臨場感があって面白いしギャグとシリアスのバランスも秀逸だしで最高な5巻でした。ホント面白いなこの漫画。5巻まで来ても面白さが落ちるどころかさらに面白さが増してる。次も楽しみ!


魔のおまけ:セクシー杉元
nemusame_20160124_010


nemusame_20160124_011

こんなん笑うに決まってるわwww



4巻の感想はこちら (ゴールデンカムイ 4巻 - 三つ巴の勢力図が確立し始めた怒涛のエゾサバイバル)
6巻の感想はこちら (ゴールデンカムイ 6巻 - 札幌殺人ホテル)

眠気覚め度 ☆☆☆☆☆

ゴールデンカムイ 4巻 - 三つ巴の勢力図が確立し始めた怒涛のエゾサバイバル

今回のメイン食材はオオワシ

今年に入ってから人気沸騰中のゴールデンカムイ、当然ながら山賊ダイアリー好きの私にとって狩猟して食べるというのがピンポイントで面白さを刺激してくるので大好きな作品です。

この作品の凄いところは、明治時代の北海道のアイヌ民族をテーマに北の大地の狩猟生活をしながら、北海道に眠る金を巡って3つの勢力が対立しあっているということを両立していることです。
面白さとしては、それぞれ単品でも十分にイケるものだと思うのですが、それが両方無理なくストーリーを展開するのですから面白いに決まっています。
これはもう、2倍の面白さどころではなく、面白さの2乗くらいになってます。

勢力同士の対立も雪国ならではの戦いだったり(スキーで追跡したり、川に落ちたり)、
しっかりバトル物としても成立してるし、
狩猟と実食シーンは言わずもがな動物の習性から狩りの方法、そして食べ方まで丁寧に書くから凄く面白く、美味そうに見えるし、
正直文句がつけるところが無いです。
(ぶっちゃけ絵の上手さから、山賊ダイアリーよりも狩猟シーン面白いかもしれない)

また、アイヌの文化史の側面もあるので、内地の人間である杉元とアイヌ人のアシリパの間で文化交流の様なこともしてるので、そういった歴史物としての見方も出来ると思います。
味噌をひたすらウンコだと言い張って食べないアシリパとか、
狩猟動物の脳ミソを生で食べる習慣を受け入れるのに覚悟がいる杉元とか。

あとは道産子としては小樽のニシン御殿の由来が知れたりとかそういった面でも親しみやすいのかも。

既に人気出ててあまり紹介するまでもない作品かもしれませんが、未読の方は必見です。
うーん、時間があればこれも狩猟成果と実食でまとめたいな。 


5巻の感想はこちら (ゴールデンカムイ 5巻 - 変態殺人鬼辺見和雄と谷垣の戦い)

眠気覚め度 ☆☆☆☆☆
  

山賊ダイアリー 5巻 狩猟成果と実食

オレなんでも食えるようになった気がします

サバイバル度が上がった山賊ダイアリー5巻、狩猟成果と実食のまとめとなります。

今までのまとめはこちらから

山賊ダイアリー 1巻 狩猟成果と実食
山賊ダイアリー 2巻 狩猟成果と実食
山賊ダイアリー 3巻 狩猟成果と実食
山賊ダイアリー 4巻 狩猟成果と実食
山賊ダイアリー 6巻 狩猟成果と実食

■獲物:春の山菜パラダイスその1
■調理:タラの芽の天ぷら
■味:うん!!モッチモチだ

■獲物:春の山菜パラダイスその1
■調理:ヤブカンゾウのおひたし
■味:柔らかいしクセがない

■獲物:春の山菜パラダイスその1
■調理:タンポポとツナのマヨネーズ和え
■味:タンポポって世界で一番マヨネーズに合うんじゃないか?

■獲物:春の山菜パラダイスその1
■調理:イタドリの梅肉和え
■味:シャキシャキしておいしい

■獲物:春の山菜パラダイスその1
■調理:葉ワサビの醤油漬け
■味:早く食いてーなーあれに白メシ……くうっ……!!

■獲物:春の山菜パラダイスその1
■調理:ツクシの卵とじ
■味:感想無し

■獲物:春の山菜パラダイスその1
■調理:コシアブラのおひたし
■味:感想無し

■獲物:春の山菜パラダイスその1
■調理:ノビル(生)酢味噌和え
■味:感想無し

■獲物:すごく若々しいタケノコ
■調理:その場で生で
■味:青臭くてあまりおいしいとは思わないのですが……

■獲物:春の山菜パラダイスその2
■調理:ワラビの刺身
■味:このヌルヌル感がいいな

■獲物:春の山菜パラダイスその2
■調理:クズの天ぷら
■味:モチモチしてる

■獲物:春の山菜パラダイスその2
■調理:ハニンジンのおひたし
■味:苦いな、食えたもんじゃないぞ

■獲物:春の山菜パラダイスその2
■調理:クレソンサラダ
■味:感想無し

■獲物:春の山菜パラダイスその2
■調理:タケノコの煮物
■味:感想無し

■獲物:春の山菜パラダイスその2
■調理:フキの煮物
■味:感想無し

■獲物:春の山菜パラダイスその2
■調理:コゴミを茹でたものマヨネーズ和え
■味:感想無し

■獲物:水田の用水路で捕まえたアメリカザリガニ
■調理:茹でて醤油マヨネーズで
■味:エビとカニの中間のような味で特有の旨味があります

■獲物:川原でサバイバル, アカミミガメ1匹、ウシガエル1匹、トノサマガエル1匹、アメリカザリガニ2匹、マムシ1匹
■調理:鍋でごった煮
■味:鼻に抜ける強いカメ臭

■獲物:赤木さんがゲットしたヌートリア
■調理:焼肉
■味:スルメのようなダシのうまさが肉についています 「うん、やっぱりネズミ系だね」

■獲物:ヒヨドリ6羽
■調理:ヒヨドリの春雨スープ
■味:すごくやさしい味です、離乳食のようですね

■獲物:シカ
■調理:通販で買った鋳鉄鍋で焼いたシカ肉のロースト
■味:熱が均一にしっかり入っていて、ぼくの料理がワンランク上に感じられるおいしさです



山賊ダイアリー 4巻 狩猟成果と実食

人生で先にオスを食べていたらイノシシはまずいものだと思っていたかもしれません

そんな発情期のオスイノシシを食べた山賊ダイアリー、4巻の狩猟成果と実食のまとめとなります。

今までのまとめはこちらから

山賊ダイアリー 1巻 狩猟成果と実食
山賊ダイアリー 2巻 狩猟成果と実食
山賊ダイアリー 3巻 狩猟成果と実食
山賊ダイアリー 6巻 狩猟成果と実食

■獲物:罠で一網打尽にしたスズメ
■調理:丸焼き
■味:脳ミソがうまいんじゃ、頭をこうカリッと割って中身をチュルッ…‥と


■獲物:ガレージの壁の下に生えていることに気づいたけど見なかったことにして山に採りに行った自然薯
■調理:トロロイモごはん
■味:苦労して掘りましたが一瞬で食べてしまいました


■獲物:崖をラペリングしてナイフ(値段高め)を無くしてまで回収したハト
■調理:未調理
■味:未実食


■獲物:人の罠に掛かっていたもらいものの発情期のオスイノシシ
■調理:焼肉
■味:噛んでいるとナフタレンのようなツンとした刺激臭があります、このにおいのせいでイノシシの風味が台なしになっています


■獲物:アジ釣りの休憩中に投げていた竿に掛かったシャコ
■調理:茹でて
■味:うわっ腐ってる…!!


■獲物:ムクドリ
■調理:塩焼き
■味:岡本君が口つけたのはちょっと……


■獲物:いままで獲ったイノシシ全ての頭
■調理:イノシシ頭のフルコース:シシタン
■味:牛タンよりずっとおいしい!


■獲物:いままで獲ったイノシシ全ての頭
■調理:イノシシ頭のフルコース:脳ミソ
■味:見た目も味も白子

■獲物:いままで獲ったイノシシ全ての頭
■調理:イノシシ頭のフルコース:ほほ肉のステーキ
■味:うまいけどちょっと固いね

■獲物:いままで獲ったイノシシ全ての頭
■調理:イノシシ頭のフルコース:小間切れ肉のシシカレー
■味:「岡本君!!ご飯もうねぇよ!!」「5合炊いたのにもうないの!?」「大丈夫冷凍うどんがある!!カレーうどんにしよう!!」「勝手に開けるんじゃねえ!!」

■獲物:マガモ
■調理:大事な日に食べようと思ったが我慢できずに翌日ゴマみそ鍋
■味:カモのダシが利いてて野菜がうまい


■獲物:キジと山で採れたナメコ
■調理:キジ鍋
■味:うん、いいな、白菜いれるか


■獲物:かっぱ寿司のイクラで釣ったアマゴ
■調理:塩焼き
■味:渓流魚のかぐわしい香りがたまりません、皮にも上品な旨味があります



実はこの4巻にはスーパーの駐車場で大暴れしたイノシシとさーちゃんこと佐々木さんの激闘が掲載されているのですが、それが本当に面白くて必見です。



山賊ダイアリー 3巻 狩猟成果と実食

「赤木さんはネズミ食べた事あります?」
「最近はないなぁ~~」
「最近は…?」


はい、ドブネズミを仕留め損なった後の会話です。
いやいや、ドブネズミは本当にやばいでしょうよ、病気とか。。。

それでは、そんな3巻の狩猟成果と実食まとめ、いってみましょう。


■獲物:以前獲った猪肉
■調理:野菜炒め
■味:うんめぇ…


■獲物:カモ (狩猟方法不明)、自生していたヒラタケ
■調理:カモ肉のシチューとキノコ(自生していたヒラタケ)のパスタ
■味:ズルズル、ムシャムシャ


■獲物:罠で捕獲した鹿
■調理:漬け込みスペアリブ、鹿の刺身、鹿ステーキ
■味:スペアリブ:タレのおかげで青臭さがハーブみたいに感じる。 鹿の刺身:オレは『好きな刺身は何?』って聞かれたら間違いなく鹿って答えるね。 ステーキ:ニンニク効いてるな…


■獲物:池で釣った顔の皮下で寄生虫がうごめくブルーギル
■調理:ブルーギルフライ
■味:骨が多くて、クセのない白身魚だが皮の魚臭さが気になる


■獲物:アキ君とマサムネ君と3人でクーラーいっぱいに釣ったブルーギル
■調理:皮剥きブルーギルフライ
■味:餌の魚肉ソーセージの方がおいしいと思う


■獲物:冷蔵庫がいっぱいになったので一斉処分しようとしたヒヨドリ、ハト、イノシシロース、添え野菜の川の中洲で採ったクレソン
■調理:イノシシ燻製ワサビ添え、ハト燻製、ヒヨドリ燻製、クレソンサラダ
■味:こじゃれたレストランやバーの味だ…旨すぎる…


■獲物:イノシシ
■調理:元日のお昼に食べるイノシシのチャーシューをいっぱいのせたインスタントラーメン
■味:うん!!チャーシュー旨いな!!しかし物悲しいものがある…


■獲物:野生の渋柿
■調理:渋柿の塩漬け
■味:渋みは抜けており、絶妙な塩味と発酵感があります


■獲物:カモ
■調理:すりごまと味噌ベースのカモ鍋、セリを大量に入れて
■味:うまい!!カモいい出汁だすなぁ!でもおじや8杯は食い過ぎだ…


■獲物:キジバト
■調理:事故ってカブがイカれて山に取り残されたので未調理
■味:
事故ってカブがイカれて山に取り残されたので未実食


■獲物:キジバト2羽
■調理:ハト南蛮、手羽とモモ肉の唐揚げ甘酢がけ
■味:2羽入れたのが良かったな、肉に脂っ気がないのが残念な気分……


■獲物:生きてる牛をついばむカラス討伐
■調理:シチュー
■味:マトンのクセが許せるなら気にならないレベルだろ?


■獲物:炎天下の中2時間20分粘って釣ったスッポン
■調理:スッポンの生き血トマトジュース割り
■味:血とトマトジュースの味


■獲物:炎天下の中2時間20分粘って釣ったスッポンの中から出てきた卵
■調理:そのままパクリ
■味:少ししょっぱい生卵、白身はゼリー状でなかなかの珍味


■獲物:炎天下の中2時間20分粘って釣ったスッポン
■調理:身と内臓をぶつ切りにしてスッポン鍋
■味:獣肉の臭みや魚の生臭さなどは全くなくプリプリしています


■獲物:炎天下の中2時間20分粘って釣ったスッポン
■調理:一緒に鍋で煮た甲羅
■味:ぬるぬるしていてコラーゲン100%って感じです


■獲物:炎天下の中2時間20分粘って釣ったスッポン
■調理:スッポン鍋のスープ
■味:ほとんど塩のみの味付けでこの深い味!! 爬虫類って実は一番いいダシを出すんじゃないでしょうか


■獲物:炎天下の中2時間20分粘って釣ったスッポン
■調理:寝付けず口が舌がスッポンのダシを求めてきたのでやむえず夜中に作ったスッポンスープのうどん
■味:ズルズルズルッ ぷはー うめぇ…


とにもかくにも、最後のスッポンがインパクト大でした。
高級食材とはいえ、どうも抵抗感はぬぐえませんが、一度は食べてみたいものです。
 

 

山賊ダイアリー 2巻 狩猟成果と実食

「ハチノコって好き?」

そんな山賊ダイアリー2巻、狩猟成果と実食勝手にまとめです。

■獲物:赤木さんが一撃で仕留めた自然薯堀のばーちゃんと勘違いした3歳のメスイノシシ
■調理:解体しながら心臓、レバー、骨付きスペアリブ、シシ焼肉
■味:心臓:コリコリしてる。レバー:豚よりもクセがない。スペアリブ:うめぇ!ビール飲みてぇ!!。シシ焼肉:この脂たまらんな…



■獲物:ヒヨドリを回収に行く途中に成っていたセンダンの実
■調理:そのまま直で
■味:センダンの実は中毒死の例があります、食べないように。ちなみに味は激渋です。



■獲物:野生のクマザサに囲まれて飲むクマザサ茶
■調理:お茶で
■味:ふー



■獲物:ヒヨドリ10羽
■調理:燻製と照り焼きを丸焼きしてそのまままるごと
■味:肉、骨、脂のハーモニーが絶妙。



■獲物:罠を仕掛けに行った山で休憩中に食べたおにぎりとカラスのから揚げ
■調理:から揚げ
■味:「から揚げもらっていい?」「それカラスのから揚げだぜ?」「またまた!そんなわけないじゃん」



■獲物:初めての罠猟で捕まえたイノシシ
■調理:罠で捕まえたあと、棒でぽかり
■味:未掲載



■獲物:キイロスズメバチのハチノコ
■調理:そのまま生で
■味:おいしくありません。奥歯で中身が破裂し、口の中に皮がいつまでも残ります…味は鼻水のようです。



■獲物:キイロスズメバチのハチノコ、成虫
■調理:バターと塩コショウで炒める
■味:ハチノコ:ポテトみたいで美味しい。成虫:エビみたいで美味しい。



■獲物:岡本が射撃を外して飛び立った瞬間にアキ君が仕留めたキジ
■調理:ささみの刺身、キジ鍋
■味:刺身:単に味が美味しいというより、脳が喜びを感じているような気がします。キジ鍋:天然モノ特有の旨味を感じます。



■獲物:キジバト1羽、カルガモ1羽
■調理:未調理
■味:未実食



はい、出てきましたね虫食。
とはいえ、ハチノコは一般的にも食べられている地域があるので、まだまだ序の口でしょう。
それにしても、キジ、イノシシと、いいものゲットして食べてますね。一度でいいから食べてみたい。 


 

山賊ダイアリー 1巻 狩猟成果と実食

「じゃあなっ…オレは田舎の猟師として生きていくから」
「さようなら山賊さん」


はい、6巻の狩猟成果と実食に続いて、1巻の狩猟成果と実食まとめです。 
実は山賊ダイアリー6巻のまとめが書いてて思ったよりも楽しかったので、どうせなら全巻やってしまおうと思った次第です。
1巻はそれこそ記念すべき1巻。猟師に成り立てのころから話が始まります。
さてさて、どんな獲物を獲っているのでしょうか。さあ、それが以下となります。


■獲物:野ウサギの糞
■調理:そのまま拾い喰い
■味:「ぶえっ!?」


■獲物:大晦日に雪山で獲ったウサギ
■調理:ウサギの唐揚げ
■味:脂身のない鶏肉のようなヘルシーな肉です。凝縮された旨味の中に少し甘味を感じます。


■獲物:ハト3羽
■調理:肉は3等分にしてグリルでタレ焼き。砂肝、レバー、心臓はタレに漬けて串焼き。
■味:レバー:優しい味がします。 心臓:味のない子ダコのようです、正直あまり美味しくない。 砂肝:コリコリした食感でうまい。 肉:脂がなくてちょっとパサついた肉ですけど、香ばしくて美味しいです。骨ごと食べる食感がなんともいえません。


■獲物:アケビ採りの帰りに遭遇したマムシ
■調理:皮と内臓を取って丸焼き。あと心臓を生のままで。
■味:心臓:血なまぐさくてしょっぱい。 肉:香ばしくうまい!!魚と鶏肉の中間のような味で干物のような食感です。


■獲物:カラス駆除で獲ったカラス
■調理:焼鳥
■味:歯ごたえがしっかりしていていける。胸肉は脂の無い牛肉のようで、少しパサつくがクセは感じない。牛串だと言われたら普通に食べてしまうだろう。


■獲物:仕留めたが池の中に残っていたため、裸で池に入水して凍えながらも回収したマガモ(気温 3 度)
■調理:ローストチキン
■味:うおおおおう…!!こりゃ美味い!!家畜のニワトリと違い、皮と脂がくどくなく、赤身の力強い味を堪能できます。


■獲物:迷った夜の森で拾った渋柿
■調理:そのままガブり
■味:渋い。とても食べられたものじゃない。


■獲物:イノシシを獲ろうとして仕掛けた罠に掛かったタヌキ
■調理:リリース
■味:リリースしたため未実食


■獲物:川で釣ったうなぎ
■調理:蒲焼き
■味:養殖うなぎのように脂でギトギトしておらず、魚本来の味わいが口いっぱいに広がります。「うーん、こりゃもう養殖モノは食えんな」


こうして振り返ってみると、1巻はまだまだまともなものを食べてますね。
これが3巻か4巻を越えたあたりで。。。


 

山賊ダイアリー 6巻 狩猟成果と実食

「1年間洗っていない犬が雨に濡れながらやって来て、足を口に突っ込まれたらこんな臭いだろうなって思います」

そんなヒドリガモを食べた山賊ダイアリー6巻、勝手に6巻内で取得した獲物と食べたものをまとめます。 
(見つかったら怒られないだろうか少しどきどき)


■獲物:赤木さんと一緒に獲ったヒドリガモ
■調理: ごぼうとの串焼き(タレ) 
■味:上記記載通り


■獲物:幼少時代の思い出の海の魚と足で拾ったハマグリ
■調理:浜でバーベキュー
■味:大人になったらビールを飲むことを心に決めた


■獲物:ハト4羽、ヒヨドリ3羽
■調理:ガス欠で救助を待つ間に火を起こして笹で作った串にハトを1羽刺して焼いて表面から食す
■味: 塩があればもっと…


■獲物:冷蔵してあるシカ肉
■調理:シカ肉のガーリックステーキ青菜とポテトを添えて
■味:しかしイノシシ食いたいなぁ~ シカもいいけど脂身も食べたい……


■獲物:シシの胆 (クマの胆ではなく)
■調理:ネットにくるんで忘れる頃まで乾燥させてカチカチに
■味:消化吸収を助け胃腸に良いとされています


■獲物:弾を忘れたがかろうじてポケットに残ってた2発の弾で獲ったハト
■調理:羽をむしって下ごしらえ
■味:未実食


■獲物:シシを獲ろうとして獲ったシカ
■調理:マンションの前から人に見られないようにガレージまで運ぶスニーキングミッション
■味:大きさもちょうど人間くらいだしな…


■獲物:水辺で調達した野草のセリ、冷蔵庫のシシ肉とシカ肉
■調理:シシとシカの合びきミンチのつみれとセリのつみれ鍋、つくねもあるよ
■味:うますぎる…これはもうセリしゃぶでいいな。


■獲物:ヤマドリを獲りに行って上った山のふもとで獲ったハト2羽
■調理:未調理
■味:未実食


■獲物:川で釣ったマゴイとニゴイとナマズ
■調理:湯引きし忘れたマゴイの洗い、ニゴイの鯉こく、ナマズのホイル焼き
■味:結論としては川魚はアユが最高ってことになりました



今回はヒドリガモ以外まともでよかったですね。
川のミドリガメとかマムシとか生のハチノコとか巨大ねずみのヌートリアとかのゲテモノコースがなかったので、初心者にも読みやすいと思います。

あと、これ書いてて結構楽しかったので、何気に全巻分書くかもしれません。
では次回をお楽しみに。


スピリットサークル完結!!
今のイチオシ!!
少し前のイチオシ!!
結構前のイチオシ!!
タイムリープサスペンス!!
ゲームとギャグが好きなら!
漫画もいいけど山賊もね!
Twitter
日々読んだ漫画の感想を中心に記事を更新していく予定です。例外はあるかも。 記事更新と同期していますので、フォローしていただければ随時通知されます。
記事検索
応援してますその1
応援してますその4
応援してますその5
2016年12月発売のオススメコミック

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ