名作

ゴールデンゴールド - 福の神がもたらすのは幸福か破滅か

こいつは果たして本当に福の神か?

nemusame_20160626_004

衝撃的な時間静止サスペンス「刻刻」を描きあげた鬼才、堀尾省太の新作はある島にまつわる福の神をテーマにした「ゴールデンゴールド」です。

読み始めたらページをめくる手が止まらない止まらない。続きが気になって気になってしょうがない。次のページをめくるとどんな絵が映し出されるのかが簡単に想像出来るのに、いや、できるからこそめくりたくない気持ちもあるという矛盾。これこそ本当に面白い漫画と言えるでしょう。ページをめくるだけでここまで気持ちが盛り上がる見せ方ってのもなかなかないと思います。

雰囲気も基本は「刻刻」と似たような感じで展開するので、空気感も似たようなものです。落ち着いた雰囲気で、実に現実世界に近い空気感。そこに存在する明らかな異質、その融合の世界観がたまらない。

ストーリーは、島に上記画像のような彫り物が海岸に落ちており、それを何故か拾い洗剤で綺麗にしたのはいいが、気味が悪くなり結局神社の祠に置いてみたところ顔を上げたら目の前にコレがいたという恐ろしい展開。前述しましたがこのページをめくる時が一番躊躇しました。何が出てくるのか想像できたのにそれをあえて見たくないという気持ちが入り混じる感じ。うーん、楽しいねー!!

これだけ気持ち悪い上に現実にありえないことが目の前に起きているのでそりゃ逃げますわな。逃げる道中も色々あり、最終的にはまくことが出来ました。やったぜ!!





nemusame_20160626_005
なんで家にいるんだよオオオおおおおおおおおおおおお!!!!!!!

ここも予想は出来るけどめちゃめちゃびびるわ!!加えてばーちゃんが何事もなくもてなしてるのもすごいわ!!!
いやー、ここは笑った。笑うようなシーンじゃないんだろうけど、あまりにもセオリー通り過ぎて、その潔さに感服。

その後はこの福の神(作中でも便宜上こう呼ばれるようになった)が来てからの生活変化について進展していきます。それは福の神がいるところ(店)には客が多く来るようになるということ。この主人公の家は民宿を営んでいますが、客が来たのは10年振りという始末。その宿に次々と来るわ来るわの予約連絡。加えて商店も細々とやっていますが、福の神が来た日は店中の品物が完売。つまり本当の福の神なのではないかという疑念が浮かび上がります。

その調子で商売繁盛しまくるばーちゃんは金に目がくらんだのか経営の拡大化を今更ながら考えるようになっていき実際に行動を開始します。果たしてその思考は真っ当なものなのかどうか。

というのも、この作品の舞台はコンビニすら無い小さな島です。小さな島とはいえコミュニティがあり、商店街があり、お互いの共存によって成り立っています。それがこの福の神がもたらす効果により、島中の貨幣が主人公の家に集まるということに徐々になっていくのでしょう。その果てに考えられるのは主人公のばーちゃんによる独占状態、商店街やコミュニティの崩壊です。お互いが同じような境遇であったからこそ成立していた関係であるのに、そこにひとつもふたつも頭が抜けた人物が君臨することになります。必然的に全ての物事はその頂点に集まることになるでしょう。つまり王の誕生、封建社会の成立です。

まあそれは本当の最後の時点でということになりますが、現実でもしばしば問題視される「大型スーパー設立による商店街の閉鎖」ということは十分に考えられるでしょう。その先にあるのは頂点に対する反発と暴動です。

どうしてそこまで想像出来るのかというと、そもそも第1話の最初のシーンで明らかに過去に何かが原因で争いが起きたことを示唆してるんですよ。



nemusame_20160626_007
しかも死体全部の顔が福の神と同じ


気持ち悪いなーと思うことでしょう。実際そういう嫌悪感を沸かせるためにこのような表現となっていると思います。これだけを見ると日本人形に魂が宿ったみたいで怖いです。

さてさて、この顔にどこか違和感を感じなかったですか?実は既にこれまで貼った画像にその違和感の元があるんですよ。



nemusame_20160626_006
ばーちゃんと福の神の顔って似てませんか?





nemusame_20160626_008
似てませんか?


んんっ?これはまさか、冒頭であったから、いや、うーん、島の子孫だから似てるとか?と色々考えました。ええ、考えましたとも。つまりそういうことなのかなーと。






nemusame_20160626_009
うわああああああ!!!!つまりそういうことなんだな!!!!!


これも予想的中でゾクッとしたわー。全部軽く伏線張ってあって、わかりやすくリードして、さりげなく出してくる感じ本当に上手い。ドキドキ感、ワクワク感、そして恐怖感を一斉に味わえるなんてなかなか無いですよ。刻刻ではこういうのはあまり無かったので新しい手法を取り入れたということでしょう。極めて自然に読み手を作品の世界に引き込むその技術、素晴らしい。

というわけで、ゴールデンゴールドはちょっと奇妙で日本人形嫌いな人には読みにくいかもしれませんが、ドキドキありワクワクあり人間臭さありこの先ドロドロの展開ありそうと最高に期待できる作品です。これは次も要チェックです。
ついでに「刻刻」も最高に面白いので是非!「刻刻」は全8巻なので読みやすいぞ!


眠気覚め度 ☆☆☆☆☆

ドリフターズ 5巻 - 漂流者と廃棄物の戦争開始!

悔しそうなノブノブ!!

nemusame_20160619_003

既に各地で超有名な「ドリフターズ」ですが、改まって何かを説明する必要もないでしょう。5巻もとても面白かった。ただそれだけです。

ただでさえ歴史上の英雄が集結していて対峙しているというだけでも面白いのに、それぞれの時代背景や装備、戦略も絡めてお互いの知恵を高め合いながら計略を練っていく様はやはり素晴らしいですね。つまらなくなる要素が無いです。

特にこの5巻は、菅野直と山口多聞が遂に迎合することになるので、この世界にとっては最先端の戦争兵器が揃うことになります。剣や弓が基本の世界において、信長が種子島を量産、それのさらに上をいくガトリング、そして航空部隊。菅野直登場時に紫電改でドラゴンを撃ち落していたので、対ドラゴン部隊とかに使うことになるのかな。 燃料とか弾、爆薬は数が限られているだろうし、この世界では生産も改良も出来ないだろうから切り札的に使うことになるのでしょう。

廃棄物側の黒王も色々話が出てきて掘り下げされてきましたが、どうやら黒王自身も漂流者か廃棄物の1人という感じですね。となると、色々と時代背景も詳しそうなのでだいぶあとの1800年代か1900年代の人物のような気がします。果たして誰なんだろうなー、楽しみだなー。

というわけでやたら文字数の多い「ドリフターズ」ですが当然6巻も楽しみですなあ。また1年半後かな?こんだけ面白いのにひたすらじらされるのがニクイ!!


眠気覚め度 ☆☆☆☆☆




魔のおまけ、ドリフターズ5巻のノブノブ

ノブノブ百面相

nemusame_20160619_005


感情豊かなノブノブ
 nemusame_20160619_004

テシェキュルエデリム~ありがとう - エルトゥールル号遭難事件から続く日本とトルコの信頼関係

日本とトルコの交友の歴史がたった32ページで明快に理解できる!

nemusame_20160618_000
 
「もやしもん」の石川雅之が書く日本とトルコの交友関係の基となった史実を描くのが「テシェキュルエデリム~ありがとう」です。

日本史の授業でも習う "エルトゥールル号遭難事件" の顛末と、その結果トルコとの絶大な信頼関係を結ぶことになり、今度はイランイラク戦争で日本人救出に航空機を飛ばすことでその恩返しをしたトルコ。その後もトルコ大地震の際に日本からはすぐに支援し、記憶に新しい東日本大震災でも原発事故の為に多くの救援隊が国外退去する中トルコは最後まで残って活動を続けてくれたという史実を、たった32ページで表現しています。

もちろん、詳細にストーリー仕立てではなくドキュメンタリー風に事実に基づいたものを描くということになっていますが、それでも必要十分な表現となっており当時の光景や状況を良く知ることが出来ます。

この作品、自分にとっては凄く弱い、凄く好きな表現が全体にあふれ出ていて、読んでる途中からひたすら涙が止まりませんでした。人からの信頼という表現がたまらなく好きなんです。こういうのはホントダメ、涙無しには絶対読めない。漫画じゃなかったらまだそこまで感情移入しないだろうから泣くようなことも無いと思うんですが、漫画を読む時はひたすら没頭してその世界観に浸ってしまうのでその作品の感情をそのまま受け取ってしまいます。良い涙流せました。


というわけで、たった32ページですし、Kindleでも100円くらいで買えるのでちょい読みの感じで読んでみてはいかがでしょうか。損はしないと思います。

眠気覚め度 ☆☆☆☆☆

スピリットサークル 6巻 - 輪廻転生がテーマの珠玉の名作ここに完結

来世を巡る輪廻転生、因縁のしがらみに終止符を討つ

nemusame_20160615_000
 
この作品を読み終えた後、その読後感の良さにただただ癒され、余韻に浸るうちに週末が終わっていました。そんな素敵な気持ちにさせてくれたのがこの「スピリットサークル」です。

作者は水上悟志、「惑星のさみだれ」や「戦国怪狐」の作者の最新作となります。(とはいえ、戦国妖狐と同時連載で、最終回の時期も最終巻の発売日も一緒だったんだけど) もともと「惑星のさみだれ」という素晴らしい作品を読んでからのファンなのでどうしても若干贔屓目に見てしまうところはあるのですが、それを差し引いてもこの「スピリットサークル」はとんでもない作品でした。「惑星のさみだれ」とはまた違った方向の話ですが、それと同列の評価をしてもおかしくない名作です。

「スピリットサークル」のテーマは「輪廻転生」と「他生の因縁」。主人公の桶屋風太はこれまで転生元となった七つの人生の追体験をすることとなります。それぞれの人生では性格も違えば人生の過ごし方も全く異なり、前世というものは単なる生まれ変わりではなく、全くの他人の人生であることを実感します。

しかし面白いことに、それぞれの全く異なる人生にも関わらず、その人生における人間関係、つまり周囲にいる人間は立場や関係は違えど常に同じ人物がいることとなります。他人の人生だけれども、それぞれの人生に対する影響の仕方はいつの世代も変わりなく、その相手も同じように輪廻転生をしていてお互いを影響し合っているということになります。この大前提を元に、7回の追体験を経て現代の桶屋風太となるわけです。

この設定が本当に素晴らしい。序盤は人間関係もあまり見えていないのでそんなに感動は無いのですが、毎回、全ての人生でお互いが関係しあい、またその立場や関係性が変わりながらもお互いを必要としているというのが、人生を読み進めれば読み進めるほどに深みのあるものになっていく。それに伴い、話も段々と核心に近づいていき、最後には綺麗に収束するという表現技術はさすがの一言です。これは本当に凄い。


実はこの作品、最初の1、2巻を読んだ時の、フォン、ヴァン、フロウあたりの話はそこまで面白いとは思っていませんでした。方太朗になると展開が面白くなってきて、ラファルの話で一度最高潮に盛り上がります。その後閑話休題で風子の話が展開され、最後の大物、話のメインとなるフルトゥナの話が本当に読む手が止まらなかったです。

簡単に表すと、

- フォン : ふむふむ(コーヒー片手にながら読み)
- ヴァン : なるほどなるほど
- フロウ : うん、やっぱ悪くないねこの漫画
- 方太朗 : えええ、最後こんな終わり方しちゃうの?こんな悲しいことってあるかよ。。。(だいぶ感情移入している)
- ラファル : 設定も凄いけど最後の判断がすげえ!!なんだこの話、メチャクチャ面白いぞ!!
- 風子 : ??? 閑話休題ってこと?伏線?
- フルトゥナ : おおおおおお!!これがいわゆるマッドサイエンティストってことか!!!自分のことしか考えてない狂人っぷりも読んでて面白いし、それによる展開も常軌を逸していてぶっ飛んでるし、続きが気になる!!!

という感じですね。
少しずつ少しずつ、徐々に徐々に話が盛り上がっていって、最後に見事に収束させた技術はひたすら感動しました。

nemusame_20160615_001

やっぱり何よりもフルトゥナの天才ぶりと、その狂人っぷりの表現が見事でした。単なる頭の良い少年というスタート地点から、その興味をひたすら研究に没頭することで消化し、遂には人を越えて神と同等の力を得ることになる流れは鳥肌モノです。本人には狂っている自覚が無いことが実にリアルで、如何に傲慢で、如何に合理的で、そして如何に排他的かを的確に表現しています。よくこんなキャラ作り上げられたよなあ。




nemusame_20160615_002

七つの人生の追体験が完了してからの現代、桶屋風太としての展開も見事です。あんなにも戦うことを拒絶していて、果てには淡い恋心さえ抱き始めた相手と殺しあうことになってしまうという皮肉。それをああいった形で展開して、最後には大団円で収束してしまう流れが本当に読んでいてて爽やかで気持ちが良い。人が死ぬとか、辛い別れがあるとかでは無いのに、決して涙無しでは読み終えることの出来ない最後の表現が実にニクい。何回読んでもいい。何回読んでもその流れに感動して癒される。既にある手法ではあるのだろうけど、どうしてここまで心に響くのか。本当に、本当に良いラストだった。



nemusame_20160615_003

最後にはこんなびっくり展開も見られるしね!!


そしてそして、読んでいただきたいのはカバー裏にびっしり書かれた後書きですよ。これ、Kindle版とかではカバー裏が無い可能性もありますし、そもそも作者本人が電子版だと字が小さくて読めないかもと言っていたので紙版も買ったのですが、Kindle版でも問題無く読めました。iPhone とかのスマホで読むのは厳しいかもしれませんが、PCやタブレットなら問題無く読むことが出来るでしょう。

その後書きで書かれていた衝撃の事実

「連載の中盤くらいまで、フルトゥナの人生はどういうものだったのか決めてなくて、毎月の担当との打ち合わせで「あいつ一体何をしでかしたんだ」と頭をひねりあった」

衝撃の連続だったフルトゥナの設定は、中盤までは全然考えられていなかったことが判明!その状態からフルトゥナの話とかラファルの話を考えたのって凄すぎるだろ。。。どうやったら後付でこんな話思いつくんだよ。。。


というわけで、「スピリットサークル」は本当に面白い作品でした。全6巻なので読むのも集めるのも楽ですし、なんといっても何回読み直しても面白い。ただ惜しいのは、1巻や2巻だけ読んでもまだ面白さが盛り上がる前なのでそこで切っちゃう人が多そうというところでしょうか。是非とも、3巻以降、特に4巻のラファルの話からはページをめくる手が止まらなくなるはずなので最後まで読んでいただきたいものです。


眠気覚め度 ☆☆☆☆☆

スピリットサークル完結!!
今のイチオシ!!
少し前のイチオシ!!
結構前のイチオシ!!
タイムリープサスペンス!!
ゲームとギャグが好きなら!
漫画もいいけど山賊もね!
Twitter
日々読んだ漫画の感想を中心に記事を更新していく予定です。例外はあるかも。 記事更新と同期していますので、フォローしていただければ随時通知されます。
記事検索
応援してますその1
応援してますその4
応援してますその5
2016年12月発売のオススメコミック

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ