モンキーピープル

モンキーピープル 7巻 - 殺人コオロギの大量繁殖、美杉の復讐の結末

nemusame_20151231_002
「私の妻と母親を殺した少年Aや‥その少年Aを甘い処分に下した世間は‥‥私に‥‥どんな償いをしたと云うんだ!!‥‥」

癌やエイズの特効薬の材料となるが、凶暴な肉食性の上に一噛みするだけで相手を死に至らしめる殺人コオロギ。そして少年犯罪やそれを擁護する人権派弁護士や裁判官、果ては企業汚職まで取り扱う、人間社会への罰を描いたモンキーピープルの7巻がKindle限定電子コミックで発売されました。

モンキーピープル『人類を食い尽くせ』7巻デジタル版: 人類を食い尽くせ キラークリケット


7巻はコオロギが街中で繁殖し、次々に人が死んでいったことの矛先が藤共蜂薬品に向かっているのと、重役たちがその対応をどうするかというところから始まります。

その対応方法は徹底的な事実の否定。藤共蜂薬品と街中のコオロギの関係性は全く無い、証拠があるのなら出せという態度で臨みます。まさに企業汚職の典型と言えるような姿勢を取るわけです。
nemusame_20151231_001
「疑わしきは罰せず」、「疑わしきは被告人有利」、心配はない、証拠不十分で無罪だ。

元々この重役たちは癌やエイズの特効薬である「ドリーム」を人体での臨床試験をすっ飛ばして市場に売り出すという製薬会社としてあるまじき態勢で動いてきているし、自責の念に駆られた東町を、コオロギの件について公表しようものなら会社が潰れて社員は路頭に迷う、お前にその責任が取れるのか、という論法で封殺しています。つまりは汚いところは既に十分見せていたんですね、それを改めてしかも最悪な形で表現したという形になっています。
うーん、大企業の闇は深い。。。


一方、妻と母親を少年に殺害された美杉の方にも動きがあり、復讐を遂行しようと少年Aに対して恩赦を与えた人権派弁護士や裁判官達に接近します。


「この件で本当に罪の償いをしなければならないのは!
nemusame_20151231_003
犯罪者を擁護し続ける偽善者共だ!!」



そして弁護士と1対1で会話をし、その意図を問い、殺人コオロギをけしかけようとする美杉。
nemusame_20151231_005
「法律が貴様らの罪を不問にしても、遺族や社会常識がお前達弁護士や裁判官を不問になぞするものか!!」

会話の末に無責任な弁護士の発言を受け、その怒りを真っ向からぶつける美杉。
これを通して作者の釋英勝は被害者の、特に少年犯罪の被害者について強く主張しています。これは実はモンキーピープルだけでなく、ハッピーピープルの方でも同様の話がありました。もっとも、あちらでは少年は捕まることもなく、殺人を犯した罪の意識もなく、のうのうとそれを繰り返す結末になっていましたが、あとがきコメントで「強い怒りを感じながら筆を執った」ということを書かれていたのを覚えています。だからこそ、このモンキーピープルは釋英勝の強い主張をぶつけているのでしょう。(おそらく)打ち切りになった後でもこうして個人で続きを描いている点でその点がうかがえます。

個人的にも、こういった美杉の主張はわかります。少年だからという理由だけで更生が、未来がというのはあまりにも被害者のことを考えていない。目には目を歯には歯をではありませんが、因果応報、それなりの罰は与えられるべきです。ましてや中学生ともなれば分別がつかないわけがありません。自分がやっていることを理解していないはずがありません。その時点で理解できないのであれば、教育不足だし社会不適合者ということになると思います。なので、もしも加害者を許すというのであれば、徹底的な再教育が必要と考えます。釈放などありえません。

また、少し脱線しますが、万引きという窃盗の俗称は即刻やめていただきたい。万引きというさも出来心でやってしまったような軽いイメージは絶対にいけません。犯罪を犯しているということを認識させるべきです。極端な話、そのようなことをした相手にはそれ相当の財産没収をすべきなのです。方で決められたことというのは、社会のルール、社会のルールは他人との関わり合い方のルールです。それなのにルールを破って相手の尊厳を傷つけたのであれば、それ相応の仕打ちを受けるべきです。それが法です。

とはいえ、そうやって罰した上で反省、更生の余地があるのなら、長い目で観察というのはありでしょう。
それでもダメなら、、、美杉のような復讐者を生むことになってもおかしくない世の中であるのは間違いないでしょう。
相手がルールを破っているのだから、破られる可能性も考慮すべきです。「撃っていいのは撃たれる覚悟のあるやつだけだ」ということですね。


このような世間への問題提起作品がモンキーピープルとなります。ハッピーピープル好きの私としてはこの作者の描き方、表現の仕方が好きですし、この作品も非常に楽しんで読んでいます。
おそらくそろそろ完結しそうな感じですね。このまま一気に駆け抜けていただきたいです。
だけど次が出るのは1年後とか、長いけど待つよ俺は!

そういえばハッピーピープルも電子化に向けて作業中らしいです。こちらも楽しみですね!

6巻の感想はこちら (モンキーピープル 6巻 - 打ち切り作品が電子版で連載再開!)

眠気覚め度 ☆☆☆☆

モンキーピープル 6巻 - 打ち切り作品が電子版で連載再開!

ガンの特効薬になる殺人コオロギは人類の希望か、それとも絶望か

面白いのにいつの間にか打ち切られていて続きが読めなかった「モンキーピープル」がKindleの電子書籍で復活しています。
しかも連載の続きが読めます。 
つまり電子版で奇跡の連載復活を遂げたのです。

ちょっと手元にコミックの6巻が無いので確認できないのですが、この6巻の後半からコミック未収録の内容な気がします。
(コンビニ廉価版の内容と同じなのでしょうか?詳細求む!!)
また、予定の続刊7巻以降は完全書き下ろし新作ストーリーが読めるとのことです。(6巻の作者あとがきより)

この作品、絵柄も古臭くてあまり人気が出なかったのか、それほど評判自体を聞いたことがありません。
ですが、私はこの作品を大いに面白い作品だと主張します。

おおまかなストーリーは、ジャングルの奥地で見つかった肉食の大型コオロギ(電子版ではクリケット)がガンおよびエイズ等の様々な特効薬になるという発見と同時に、このコオロギは食欲旺盛であっという間にネズミ、ネコ、犬、果てには人間まで食べつくす程の凶悪性を持っている上に、人間は噛まれるだけですぐに心筋梗塞で死んでしまうという力を兼ね備えています。その為、上記の人類の希望となるか絶望となるかということになるのです。

ですが、あくまでこれは大筋のストーリー。これとは別に、少年犯罪、犯罪者の擁護、死刑反対の声明という、もうひとつのテーマを平行に扱っています。
筆者、釋英勝の代表作はこの他にハッピーピープルという作品があるのですが、大体の話の筋は同じだったりします。

それが上記の犯罪問題のような社会風刺を必ず入れ、現代社会の問題点について大きく斬り込むということ。
(コミック版1巻の表紙が赤ん坊が包丁を持って地球を刺しまくるという絵だったりするほど)

特に、ハッピーピープルでもこのモンキーピープルでも共通しているのは「少年犯罪」の扱い。
近年でこそ、凶悪少年犯罪が起こる度に、少年法による刑罰の軽さに対して厳罰化の流れがありますが、
ハッピーピープル連載当時は1990年代前半なので、ひたすらに作者の怒りをぶつけて描かれています。(これはハッピーピープルの作者コメントから読み取れます)

例えば、親父狩りといわれる少年達による集団強盗および強盗殺人。犯罪を犯した少年達には慈悲や改心の心など一切無く、被害者は泣き寝入り、はたまた直接の被害者は死に至ります。
また、その遺族の無念はすさまじいものとなります。死刑という制度がある日本では制度の是非はあれ、少なくとも遺族の無念を晴らすひとつの手段として死刑というものが存在するわけです。
ですが、相手は未成年。少年院に送られ、未来有る子供として更生するための生活という一般の子供と大差ない教育を受け、ゆくゆくはぬくぬくと社会に復帰していきます。強盗、殺人を犯したという経緯を持ちながらも、それに影響を受けることなく、悪びれずに。
そんな極悪な犯罪者を扱ったテーマが多々あります。それがハッピーピープル、モンキーピープルの一部です。

また、それに対して「死刑反対」「未来ある子供は更生を」と訴え、行動する人々も多くいます。
もちろん、良心、性善説を元に考えればそうあるべきだという考えは納得することは出来ます。
ですが、いざ事件に巻き込まれた遺族の作中の言葉を引用するなら、

「無責任に犯罪者を擁護する事がどんな事か、その言動に対する社会的責任はどういうものか、
世間や偽善者どもに思い知らせてやらなければ私の復讐は終わらないんだ!」

nemusame_20151203_000


ということになります。犯罪者に温情をというのは偽善。凶悪犯罪にはそれに対する適当な刑罰を。
筆者がハッピーピープルの頃から主張しているこのことはずっとぶれていません。


そういうわけで、コオロギを巡る展開のほかにも、社会問題についても色々と考えさせられる良作となっています。
だけど、絵柄が受け付けない人にはやっぱり厳しいのかなー。それさえ越えられれば、話も読みやすいので凄く良い作品だと思います。お試しあれ!


7巻の感想はこちらから (モンキーピープル 7巻 - 殺人コオロギの大量繁殖、美杉の復讐の結末)

眠気覚め度 ☆☆☆


スピリットサークル完結!!
今のイチオシ!!
少し前のイチオシ!!
結構前のイチオシ!!
タイムリープサスペンス!!
ゲームとギャグが好きなら!
漫画もいいけど山賊もね!
Twitter
日々読んだ漫画の感想を中心に記事を更新していく予定です。例外はあるかも。 記事更新と同期していますので、フォローしていただければ随時通知されます。
記事検索
応援してますその1
応援してますその4
応援してますその5
2016年12月発売のオススメコミック

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ