悔しそうなノブノブ!!

nemusame_20160619_003

既に各地で超有名な「ドリフターズ」ですが、改まって何かを説明する必要もないでしょう。5巻もとても面白かった。ただそれだけです。

ただでさえ歴史上の英雄が集結していて対峙しているというだけでも面白いのに、それぞれの時代背景や装備、戦略も絡めてお互いの知恵を高め合いながら計略を練っていく様はやはり素晴らしいですね。つまらなくなる要素が無いです。

特にこの5巻は、菅野直と山口多聞が遂に迎合することになるので、この世界にとっては最先端の戦争兵器が揃うことになります。剣や弓が基本の世界において、信長が種子島を量産、それのさらに上をいくガトリング、そして航空部隊。菅野直登場時に紫電改でドラゴンを撃ち落していたので、対ドラゴン部隊とかに使うことになるのかな。 燃料とか弾、爆薬は数が限られているだろうし、この世界では生産も改良も出来ないだろうから切り札的に使うことになるのでしょう。

廃棄物側の黒王も色々話が出てきて掘り下げされてきましたが、どうやら黒王自身も漂流者か廃棄物の1人という感じですね。となると、色々と時代背景も詳しそうなのでだいぶあとの1800年代か1900年代の人物のような気がします。果たして誰なんだろうなー、楽しみだなー。

というわけでやたら文字数の多い「ドリフターズ」ですが当然6巻も楽しみですなあ。また1年半後かな?こんだけ面白いのにひたすらじらされるのがニクイ!!


眠気覚め度 ☆☆☆☆☆




魔のおまけ、ドリフターズ5巻のノブノブ

ノブノブ百面相

nemusame_20160619_005


感情豊かなノブノブ
 nemusame_20160619_004