ギャグ

中間管理録トネガワ 3巻 - 限定ジャンケンカード回収テーブルの構造が遂に明らかに!!

まさかの人力計測!?

nemusame_20160806_000

Kindle版も同時発売になってますます読みやすくなった「中間管理録トネガワ」3巻において、遂に限定ジャンケンで使用されているカード回収機能付きテーブルの構造が明らかになります。

このテーブル、捨てたカードを瞬時に判別し、別で管理している電光掲示板に即座に反映するという、地味にそれなりに大層なシステムが使われています。実現に必要な要件としては、

- 入れられたカードを識別可能なこと
- 不正なカードに対して反応しないこと
- 入れられたカードの種類と枚数を管理サーバに通信すること
- 管理サーバは全てのテーブルと繋がり、少なくともテーブルからサーバに対しての通信は保証すること
- 管理サーバは電光掲示板に対して即座に現在のTotal枚数を反映すること


これらが最低限の必要要件と言えるでしょう。これを満たすためには、テーブルとサーバ間を繋ぐことはもちろん、カードに対して識別可能な情報を付与し、テーブルがそれを読み取るシステムも必要となります。原作でポイポイまとめてカードを入れていましたが、複数毎同時投入可能なら内部でさらに1枚ずつ分ける必要があるのでさらにそういた機械システムが必要です。いやはや、限定ジャンケンだけのためにこれほどまでの用意が必要なんですね。金持ちのやることはわからんぜ。

そういった状況にも関わらず、実際に発注されたのは中身はまったく空の単なる「カード入れ付きテーブル」でした。
nemusame_20160806_007

これに大激怒した利根川が最初の画像となるわけです。いやはや、なんとも当たり前です。というかここまで設計考えないで発注してたのかよw これは要件をしっかり確認せずに発注にGoをした利根川にも問題あるぞw 無能な上司であること極まりないw


そうして中に入って計測しろと言われた黒服たちですが、まさかそんな、非人道的な、そして究極に原始的なそのような方法を天下の帝愛グループがするわけがありません。大学の同好会、高校の文化祭じゃないんだから、もう少しまともな、例えば再発注をかける、システム要件を変える等々の方法を取るに決まっています。いい大人なんだから。

そんな彼らが出した結論は、

nemusame_20160806_001

まさか、、、

nemusame_20160806_002
人間計測器・・・・・・・・・!

そのまさかでした。中に人間が入っていて、投入されたカードを即座に識別する。そんな彼らの愚かにも情熱あふれるこの対応、中の人間にとってはそれはそれは地獄でしょう。暗い箱の中で1人、ただただカードを入れられるのを6時間以上待つだけですから。なんという社畜根性、なんという帝愛精神。彼らの会社への忠誠心は心をえぐられますなあ。

そんな苦痛の業務をこなす彼ら、ではその中身を見てみましょう!!




nemusame_20160806_003
がっ・・!?



nemusame_20160806_004
ガパッ・・・




nemusame_20160806_005
あ・・・・!閉めて!閉めて!




nemusame_20160806_006
圧倒的もやもや・・・・!


中は自由にカスタマイズされ、それぞれ担当の快適空間となっていました。いやー、これは利根川のもやもやも理解出来るわw 無理難題を言って、それを実行したと思ったら抜け道のような形で楽な方法でやり遂げる。意図とは違う対応をされて文句をつけたいのだけど論理的にはある程度スジが通っているので文句は言えないという状況。こいつらバカかと思ったけど意外と頭キレるんよなー。

ところで、上記テーブル内の最初の2枚にはグーチョキパーを判別するボタンのようなものがついています。

nemusame_20160806_008

これはおそらく、カードに対応するボタンを押せば管理サーバにその情報が飛ぶ仕組みなのでしょう。たった一日でこれを用意できてるということは、空テーブルの発注とは別に通信用のシステムツールは発注をかけていたということですね。抜け目無いというかなんというか、そこまで想像ついてたなら最初からそれを組み込んだテーブルを考案しとけよwww



というわけで、「中間管理録トネガワ」3巻でした。今回まとめたように、原作の舞台裏が窺えるような内容かつギャグにキレがまた1巻レベルに戻ってきました。さすがにこの限定ジャンケンテーブルは腹抱えて笑いましたわ。もう、発想の勝利。このまま実際のカイジのエスポワール編裏側とか読みたいですね。カイジ達クズ共の前で「FUCK YOU、ぶち殺すぞ、ゴミめら」の裏側でこんな風に部下の行動に頭抱えておたおたしてる利根川とか見れたら絶対面白いでしょw


2巻の感想はこちら (中間管理録トネガワ 2巻 - 1巻と比べるともう失速してしまった感があるか!?)

眠気覚め度 ☆☆☆☆☆

 

目玉焼きの黄身いつつぶす? 7巻 - 天ぷらやとんかつには塩もいいぞ

極端は駄目だけど、モノによっては巧みに調味料を変えるのが至高への道です。

nemusame_20160731_003

というわけで、人の性癖ならぬ食癖にひたすら難癖つける主人公がなかなかうざい「目玉焼きの黄身いつつぶす?」7巻です。いつも通り中身にはあまり触れず個人的な食癖をつらつらと書いていきます。

○いきなり調味料かける?
モノによる。味が想像出来ているものはかけるがそうでないものはかけない。例えば、居酒屋で出てくるだしまき玉子とかは玉子焼き本体に味がついているはずなので、最初は何もかけずに食べる。サラダとかの調味料かけることが前提のモノは最初からかける。そう考えると、味がついているはずのものは基本的に最初は何もかけないかも。


○焼き鳥はタレ派?塩派?
断然塩。タレも悪くないんだけど、あっさりさっぱりしたのが好きなので塩派。単純に、甘いタレが多いことがタレを避けてる理由かもしれない。ただ、作中は焼き鳥だけじゃなくて天ぷら、とんかつ、そば、豆腐も塩で食べてるのだけど、天ぷらはモノによって変える。舞茸とかのキノコ系は塩、ナスや大葉やエビイカゲソは天つゆ、肉や芋やカボチャは醤油かな。とんかつは塩もソースもグッドだけど、一番良いのはニンニク醤油。そばと豆腐は塩経験無し。
それと脱線するけど、白身系の魚フライは冷ましてウスターソースをだくだくかけて食べるのが至高。ホッケフライとかアジフライとかホント面白いくらい化けるからおすすめ。からしも忘れずにね!


○ハンバーガーは上手く食べられる?
ものによるんじゃない?作中みたくわざとパティを追い出すようなことはしないけど、そもそも滑りやすいテリヤキ系やビッグマックや、モス系のでかいバーガーは必然的にずれるし。モスとかは紙にたまったソースにバンズを浸して食べるのが好き。


○ソフトクリームなめる?かむ?
舐めて噛む。両刀使いってやつかなー(何故得意げ?


6巻の感想はこちら (目玉焼きの黄身いつつぶす? 6巻 - ギャグのキレが良くなったと思います。)

眠気覚め度 ☆☆☆

勇者が死んだ! 5巻 - 全てはフトモモのため

悪魔は…変態だらけ!!

nemusame_20160626_002
 
相変わらずの足フェチ全開で悪魔の巣窟でもハダカニーソ教を普及する「勇者が死んだ!」5巻はいつも通りフトモモだらけのシリアスありギャグあり思考バトルありの良展開でした。

話自体はユナとトウカの過去話あり、ネクロマンサーと魔術師部隊とのバトルで屍術師の強さの証明あり、おっぱい悪魔を策略にはめるのあり、師匠を騙して連行するのありと、「魔方陣グルグル」にエロとバトルシーンが加わった感じでしょうか。設定も凝ってるしやはり面白く読めます。良作だなあ。


nemusame_20160626_001
オッパイ教とハダカニーソ教が手を組んだ瞬間

この直前のコマで「別にフトモモは好きだけど、オッパイだって好きだぜ。男だから当たり前じゃねーか。(ホントはどうでもいいけどな…)」のさりげない一言がホント面白くてw 徹底的な足フェチなんだなwww



nemusame_20160626_003
これだもの仕方ないか


いやー、いつも通り変態しかいない「勇者が死んだ!」はラクに楽しく読めますなあ。変態ギャグもそうだけど、悪魔の巣窟に侵入する時にもなんだかんだ色々計略を仕掛けて行くところも見所ありでグッド。次も楽しみです。


4巻の感想はこちら (勇者が死んだ! 4巻 - 勇者は死んだ、俺がやらねば誰がやる!)

眠気覚め度 ☆☆☆☆

幻想ギネコクラシー - 沙村広明が思いつきのままに描く短編集

沙村広明が「楽園」で連載していた短編の作品集「幻想ギネコクラシー」は沙村広明の得意なギャグをふんだんに盛り込んだ珠玉の1冊となっています。

先に結論を書いてしまいますが、沙村広明の短編やギャグが好きな方ならば間違いなく買いの1冊です。そうでない方も、この作品から入っていくのがいいのではないでしょうか。

例えば、私が大笑いしたのが「楽園からのハッピーバースデー」。主人公の角田星弘は童貞のまま40歳の誕生日を迎えたところに妖精がやってきて、妖精王の資格を得たことを伝えに来る話となっています。

nemusame_20160606_004

提示された条件は「2週間後に女王ティタニアが人間界に来るので、その依代として色々な生物を飼育しておいてくれ」というもの。その中で最も相性のいい生物の肉体に対して、女王が人間界に顕現するということです。
これを聞いた角田はカブトムシ、熱帯魚、犬とありとあらゆる生物を用意します。

そして転生してきた先の生物とは、





nemusame_20160606_005
料理中のサンマ

こういうシュールなのは卑怯すぎるw こんなの面白くないわけがないだろうにwww
という感じで、沙村広明ワールド全開です。こういうのがあるから沙村広明のギャグは侮れないしことごとく抱腹絶倒に追い込まれるのです。


他にもほのぼのとした話があると思いきや、
nemusame_20160606_006



nemusame_20160606_007
とんでもない結末だったり (※「オムレツの思い出」のひとコマです。信じられないかもしれませんが)






nemusame_20160606_008
ネーム作成に掛けた3日間のうちのほとんどが津軽弁調査だったという全編津軽弁作品があったり


こういった、1つの思い付きをテーマにストーリーを作って読ませる力というのは本当に尊敬できる類のものです。パイナップルの酵素が出てくる話なんて「アシスタントがパイナップル食いながら口の中いてーいてー言ってるのを聞いてたら思いついた」とかその想像力が凄い。

こういうことを考えられる力があるからこそ、ギャグもストーリーもいけるとんでもない漫画家なのでしょう。ホント凄いわこの人は。


というわけで、冒頭にも書いたとおり沙村広明ファンはもちろん、シュールなギャグが好きな人にはオススメです。

眠気覚め度 ☆☆☆☆

 

勇者が死んだ! 4巻 - 勇者は死んだ、俺がやらねば誰がやる!

「だけどもう勇者は死んだんだ。俺が助けないで誰が助けるんだよ」

nemusame_20160518_002

ただの変態がカッコいいこと言ってるのが「勇者が死んだ!」です。こんなシリアスシーンもありますが、7割ギャグです。しかし当初と比べると遥かにシリアスが増えてきています。その実3割シリアス。「魔法陣グルグル」のようにこれくらいの割合でずっと進んでいって欲しいですなあ。


nemusame_20160518_001

こういう真面目系変態も多く登場するのが非常に良いアクセントになっています。何よりも、完璧超人、正義の塊のようなキャラがいなく、登場人物はいずれもなんらかの性癖なりを持っていてギャグに関わっているのがまたいいですね。綺麗事ばかり言うようなキャラは苦手なので、そういうのがいないだけで好感触です。


nemusame_20160518_000

シナリオも完全に後付だろうけど、トウカに罠の技術がある理由も師匠がいたからと明かされました。これは悪くない、むしろ良い後付だと思います。そもそもが勇者を殺したときに仕掛けた罠自体トウカに罠技術があることとか関係なく描いていたように見えますので、そこから良い感じに「卑怯」で「騙し」て「姑息に罠で相手を陥れる」のを策略家として肉付けしてきたのが、シリアスシナリオを進めるにあたりに良いアクセントになっています。こういう主人公がクズなんだけどなんだかんだ色々うまくいっちゃう話とか好きなんだよなあ。


nemusame_20160518_003

この根拠の無い説得力で相手を騙そうとするところとか素敵。それに素直に聞き入れる相手も素敵。こういう頭脳系クズ主人公が好きならオススメです。何回読んでも「グルグル」が好きな人なら面白いと感じると思います。女の子も結構可愛くなってきたしね!


3巻の感想はこちら (勇者が死んだ! 3巻 - 勇者の剣はフトモモだ!!)
5巻の感想はこちら (勇者が死んだ! 5巻 - 全てはフトモモのため)

眠気覚め度 ☆☆☆☆

BTOOOM! 20巻 - パンツを脱いだヒミコが見れるのはBTOOOM!20巻だけ!

ただのエロ漫画じゃねーかwww

nemusame_20160516_001

前巻19巻のジャッジメントフラッシュのライブが終わった「BTOOOM!」20巻は怒涛の展開でエロ漫画に進展します。ジャッジメントフラッシュと東郷の戦い、それから吉良の精神崩壊、上杉の裏切りを経て、この展開です。




nemusame_20160516_003
完全にエロ漫画

さあヒミコは果たして言われるがままにしゃぶるのでしょうか!?そしてどうしてこんなことになってしまったのでしょうか!?それは全て、




nemusame_20160516_004
BTOOOM!20巻で明らかになりますッ!!

次の巻を待つことなく、最新刊の20巻でその全てが明らかになるエロ漫画BTOOOM!20巻乞うご期待!!


という感じで、後半のエロ漫画展開に全てを持っていかれてます。だってホントにただのエロ漫画なんだもん。前巻のジャッジメントフラッシュライブといい、ここ最近のBTOOOM!は文字通りぶっ飛んでんなあ。ジュンヤーももう疲れてきてるんだろうか。

展開としては、竜太に続いて今回精神が壊れてしまった吉良が今後どうなるかというところでしょうか。このままトカゲに食われて戦線離脱なのか、これから覚醒でもするのか。そして織田がどう関わってくるのか。展開はぶっ飛んでるけど、きっちりラストへ向かってる感じはします。まあだからこそ、前巻といい今巻といい、展開遅いなあなんて思ったり。そろそろシナリオメインで進んでもいいんじゃないかな?



おまけ:今回のジャッジメントフラッシュ
nemusame_20160516_000
良い顔するわwww



19巻のジャッジメントフラッシュライブはこちら (BTOOOM! 19巻 - 「ジャッジメントフラッシュ」のライブが見れるのはBTOOOM!19巻だけ!!)

眠気覚め度 ☆☆☆

Gのサムライ - 田中圭一のこの漫画もゲスイ!

こいつぁひでぇ!!
nemusame_20160430_000
 
「Gのサムライ」は田中圭一の作品です。それだけでこの漫画がひどいということがわかるでしょう。ぶっちゃけるともうそれ以上感想の書きようが無いです。

この作品、何が凄いって、サムライという名前がついているように歴史物です。そしてGは自慰のことです。つまり「自慰のサムライ」。時代劇の童貞サムライが男2人だけで無人島に流刑され、ひたすら新たなオナニーを、おいては女の代替となるものを探求していきます。正直なところ時代物でサムライである必要性が一切ないところがこの作品のすごいところとなります。

内容も様々で、サルの足でイッたり、クマに舐められてイッたり、エイに掘られたり、象の鼻でナニしたり、キツネと交尾したり、クジラで潮を吹いたり、崖からダイビングオナニーしたりとよくもまあこれだけバラエティにあふれるオナニーを描けたものだなと関心します。セックス以外はなんでもしている感じです。田中圭一の、おいては日本人の内に秘めたる底無しの性欲にただただ脱帽。

ただ、とにかくひたすらそういう展開が続くので飽きやすいのも間違いないです。ちょっと同じようなネタで引っ張りすぎなので、終盤には飽きも感じたり。神罰でも思ったけど、ショートなら面白いのですが単行本一冊となると読みきるのに少し力が要りますね。

というわけで、最高にバカでゲスでひどい「Gのサムライ」でした。頭使いたくない人にはオススメできます。


眠気覚め度 ☆☆

新黒沢最強伝説 7巻 - 黒沢、仏道に物申す!

「そんなバカな事を2度ずつやるって、正念様ってもしかして……折り紙付きの「バカ」…?」

偉い修行僧と間違われて強烈な接待を受けた上で土の中に埋まるという行をすることになった新黒沢最強伝説7巻となります。 

7巻はひっさびさ、超ひっさびさ、おそらく新になってから初めてと言っても過言ではないくらい久々に黒沢が世の中の慣例にバッサリと切り込みます。

それが仏道の修行である各種行。土の中に7日間埋まったり水の中で1日過ごしたりとかいうもの。それに対して果たして何の意味があるのかと、まさしく一般人の我々視点の感想。仏道という観点では長年伝えられてきた悟りを開くための修行なわけですが、いやはやどうして現代論に当てはめるとその合理性に疑問を投げかけたくなるものです。そしてそれを遺憾なく発揮したのがまさしくこの7巻と言えるでしょう。ていうか相変わらず福本先生が全力で楽しんで描いてるのが感じられて気持ちいい。

笑いどころとしてはそれなりにというところでしたが、ちょっとまともにストーリーを楽しめる7巻でした。さてさて、8巻はどうなるかなー。次巻も楽しみですね。


6巻の感想はこちら (新黒沢最強伝説 6巻 - 黒沢に青春は復活なるか!?)

眠気覚め度 ☆☆☆

中間管理録トネガワ 2巻 - 1巻と比べるともう失速してしまった感があるか!?

カイジスピンオフのトネガワが中間管理職として苦しむ様をまざまざと見せ付けられるこんなことやったら面白くないわけがないだろギャグ漫画の2巻登場!

なんですが、率直に言うとちょっといきなりの失速感というかなんというか。 全体的に面白くないわけではないのですが、1巻と比べるとどうしても見劣りしてしまう次第です。逆に言えば、1巻で全力を出しすぎてしまったということでしょうか。

主にひたすら会長に脅え続けるトネガワ(中間管理職なので当たり前だが)。そして無能な部下を如何に上手く悩むトネガワ(中間管理職なので当たり前だが)。さらにはパンデミックの健康状態に気遣うトネガワ(企業として当たり前だが)。なんというか、カイジ達には悪魔のように見えたトネガワが、こうも親近感の沸く身近な上司として書かれてしまうとは。

こう見ると、トネガワってあくまで私利私欲のために会長や部下達を利用しようとしているのは間違いないのだけれど、それって現実の中間管理職も同じなわけでやってることは普通のサラリーマンのそれと全く変わりないわけなんですよね。そしてカイジのメイン読者層はおそらく今の30代~40代。ということは必然的にトネガワのことが理解できるところもあるわけでございまして。 

そんな中間管理録トネガワ2巻ですが、勢いは落ちたとはいえ安定して読めるのでオススメです。


1巻の感想はこちら (中間管理録トネガワ 1巻 - 利根川の苦労を描く究極のギャグスピンオフ!)
3巻の感想はこちら (中間管理録トネガワ 3巻 - 限定ジャンケンカード回収テーブルの構造が遂に明らかに!!)

眠気覚め度 ☆☆☆

女子大生の日常4巻 - 突然の最終巻もいつも以上にキレが増したいい最後だったぞ!

いつも通り読んでたら後書きに書かれていた最終巻の文字!作中では一切触れずに結末を迎えたぞ!
nemusame_20160406_009

真の大学生生活を全力で満喫している「女子大生の日常」ですが、なんと4巻で最終巻ということに。というか冒頭に書いた通り最後まで読んでも作中からだけでは最終巻ということは微塵も感じさせない終わり方なので、本当に終わったのかも疑わしいレベルに。打ち切りか?こんなに面白いのに打ち切りだったのか?

この作品、何が面白いかって、主人公カレンのとことん怠惰な大学生活と、その割りに周囲に出てくる変人キャラへのツッコミが驚くほどキレ味が良いという点ですね。特に3巻から出てきていた影が暗くていつの間にかそこにいる先輩との絡みが辛らつで見ててスカッとします。正直4巻はそのネタの勢いだけで最後まで突っ切った感まであります。いやあ面白かった。

というわけで、「女子大生の日常」は極めてラクに読め、ゲラゲラ笑える作品なので最近ストレスのたまっているアナタへおすすめ!

ではでは、最後にカレンちゃんの表情集でお別れいたしましょー。


nemusame_20160406_000
怒り


nemusame_20160406_001
静かな怒り



nemusame_20160406_002
ライトな怒り



nemusame_20160406_003
開き直り



nemusame_20160406_004
鋭いツッコミ



nemusame_20160406_005
香川出身で三食うどん食ってるかを聞かれての切り返し



nemusame_20160406_007
驚嘆



nemusame_20160406_008
拒絶



これだけで十分面白さ伝わると思うんだけどなー、どうかなー。


1巻の感想はこちら (女子大生の日常 - これが真の大学生だ!)
2巻の感想はこちら (女子大生の日常 2巻 - 戦車が出てくる日常漫画です)
3巻の感想はこちら (女子大生の日常 3巻 - このひとコマが全てを物語っている!)

眠気覚め度 ☆☆☆☆

スピリットサークル完結!!
今のイチオシ!!
少し前のイチオシ!!
結構前のイチオシ!!
タイムリープサスペンス!!
ゲームとギャグが好きなら!
漫画もいいけど山賊もね!
Twitter
日々読んだ漫画の感想を中心に記事を更新していく予定です。例外はあるかも。 記事更新と同期していますので、フォローしていただければ随時通知されます。
記事検索
応援してますその1
応援してますその4
応援してますその5
2016年12月発売のオススメコミック

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ