1000台のダーツを配置して迷路をお互い作り上げる迷路バトル!"迷路の悪魔" こと烏丸徨が作り上げた迷路は!?
nemusame_20160316_007

エンバンメイズとは、命を賭けた1対1のダーツ勝負を繰り広げる物語である。
ダーツとは、満点が存在する競技である。それゆえに圧倒的な実力者同士では、通常のルールで勝敗が決することは絶対にありえない。勝敗を決するのは、駆け引きと心の弱さである。

そんな極限ダーツバトルが「エンバンメイズ」です。眠気が覚める漫画2016でも1位にした通り、個人的に現在イチオシ作品となります。

何が面白いって、その勝負の駆け引き。主人公の烏丸徨もダーツの絶対的な強者ですが、対戦相手も悉くダーツ強者で、勝敗を決するのはその勝負方法の駆け引きと心理戦になっています。この表現が実に上手い。何が上手いっていうと、烏丸徨が何か考えている時の表情。

nemusame_20160316_004
びびびびびびびびび

この表情が本当にたまらない!作者の田中一行もこういうキメシーンはやたら力が入るのかものすごくクオリティが上がる!本当にこういう山場はめちゃめちゃ絵が上手いので、他の日常シーン的な絵と比較するととんでもないことになるかも。別人かってくらい絵の上手さが変わる。そしてそのキメシーンが毎度毎度カッコいいからたまらない。

nemusame_20160316_009
ね?


というわけで、導入のエンバンメイズ語りはここまで、4巻の内容に迫っていきます。

nemusame_20160316_003
4巻で開始するバトルは "迷路の悪魔" 烏丸徨と "求道者" 志道都 のダーツ迷路勝負。そういえば歴戦の対戦者もみんな二つ名があるんですよね、実に凝ってる。

この都君、実はとんでもない人物で、

nemusame_20160316_000
烏丸徨と勝負をしたければ命を賭けろと言われて首を吊っちゃいます。


まあ死んでないんだけど
nemusame_20160316_001

nemusame_20160316_002
と、こういうとんでもない変態が志道都です。うーん、今回の対戦相手も頭イッちゃっててカッコいいねえ。こういうぶっ飛んでるキャラが次々と出てきては烏丸徨に戦いを挑んで死んでいくのがこの作品の面白いところであります。

そして前述した通り、対戦方法は1000台のダーツ台を使ってお互い作った迷路でダーツをしていき、総得点が同じ場合は先に1000台投げ終えた方が勝ちという勝負。もちろんダーツ強者は必ず満点を取れるので、実質的に先に迷路を廻って投げ終えた方の勝利となります。そのため、如何に相手を迷わせることが出来るかという、迷路作りから勝負が始まっているわけです。

そこで両者が作成した迷路が、

nemusame_20160330_000

複雑な迷路を作成した志道都に対して、ひたすら一本道を作成した烏丸徨。この采配がどういった結末を迎えるのか?この何も考えていないようで実は相手の裏をかくことに長けている烏丸徨ならではの策略が炸裂します。

その結果、

nemusame_20160316_006
二人が迷路を巡る様子がまるで天国と地獄のような対比に。

ひたすら一本道を修練の如く投げ続ける志道都。まるで迷路を楽しむかのように次々と軽快に投げ続けていく烏丸徨。どうしてここまで差がついてしまったのか。絶望に打ちひしがれながらも勝負の最中に成長して烏丸徨を追い詰める志道都。しかしその追い上げも叶わず、


nemusame_20160316_008
「そこが行き止まりだ」

出ました!勝利の決め台詞!というわけでいつもの台詞で勝利です。まあ負けたら話が終わっちゃうので、如何に勝つかが全ての作品ですから、結果は書いてもいいかなと。だけど、この戦いの駆け引きは本当に面白かった。最初の迷路作成でどうなることかと思いきや、あんなことがあって志道都を追い詰めて、でもそれだけじゃ終わらなくて追い上げてきて、最後の最後で烏丸徨のもうひとつの策略が見事に決まるという名勝負。一回勝ったと思いきや逆転されそうになったのって今回が初めてじゃないか?もうその辺りの展開や表現が本当に素晴らしい勝負でした。


そしてこの4巻、早くも次の勝負が開始されます。
nemusame_20160316_010
"迷路の悪魔" 烏丸徨 対 "純粋" 皆月司

実はこんなハイペースで勝負が繰り広げられるのは珍しいです。1巻以来かな。勝負自体はまだ始まっていなく、ルール説明だけで4巻は終わりなので次巻でどんな戦いが繰り広げられるのかが楽しみですが、何よりも


nemusame_20160316_014
基本ポーカーフェイスの烏丸徨にこんな顔をさせてしまうルールだったり、



nemusame_20160316_015
nemusame_20160316_016
こんな勝負前からヒリつくような駆け引きは始めてのことなので、おそらくこの勝負がこのエンバンメイズの大きな節目となることは間違いありません。


エンバンメイズは本当に面白いので、間違いなくオススメ出来る作品です。もともとグッドアフタヌーンで連載されていたというのに加えて、今は何故かマンガボックスで連載しているという状況なので知名度も高くないと思われます。面白さ絶対保証なので興味がありましたら是非一読を!!


眠気覚め度 ☆☆☆☆☆