これはひどい

Gのサムライ - 田中圭一のこの漫画もゲスイ!

こいつぁひでぇ!!
nemusame_20160430_000
 
「Gのサムライ」は田中圭一の作品です。それだけでこの漫画がひどいということがわかるでしょう。ぶっちゃけるともうそれ以上感想の書きようが無いです。

この作品、何が凄いって、サムライという名前がついているように歴史物です。そしてGは自慰のことです。つまり「自慰のサムライ」。時代劇の童貞サムライが男2人だけで無人島に流刑され、ひたすら新たなオナニーを、おいては女の代替となるものを探求していきます。正直なところ時代物でサムライである必要性が一切ないところがこの作品のすごいところとなります。

内容も様々で、サルの足でイッたり、クマに舐められてイッたり、エイに掘られたり、象の鼻でナニしたり、キツネと交尾したり、クジラで潮を吹いたり、崖からダイビングオナニーしたりとよくもまあこれだけバラエティにあふれるオナニーを描けたものだなと関心します。セックス以外はなんでもしている感じです。田中圭一の、おいては日本人の内に秘めたる底無しの性欲にただただ脱帽。

ただ、とにかくひたすらそういう展開が続くので飽きやすいのも間違いないです。ちょっと同じようなネタで引っ張りすぎなので、終盤には飽きも感じたり。神罰でも思ったけど、ショートなら面白いのですが単行本一冊となると読みきるのに少し力が要りますね。

というわけで、最高にバカでゲスでひどい「Gのサムライ」でした。頭使いたくない人にはオススメできます。


眠気覚め度 ☆☆

賭ケグルイ 4巻 - ギャンブルやってなくね?

nemusame_20160119_001
と、笑いたくなるような馬鹿げた展開。私はこれをギャンブルとは認めません。

だってアイドルとしてのバトルよ?
歌唱力対決だったりからしが詰まったたこ焼きを食べるポーカーフェイス対決だったり肺活量対決だったりイントロ対決だったりの茶番よ?
何これ、これがギャンブルなの?全然駆け引きとか心理がとか何もないじゃん。

しかも負けても人生終わるとかじゃなくて一生アイドルやりますとかどういうことなの?負けたらその場で風呂に沈められるとかそういうレベルまで持ってけよ。前巻までの命賭けるだとかそういうのに比べるとスケールが小さくなりすぎだろ。

何よりも、今回の対戦相手のユメミがあまりにかませすぎる。登場から小物感から対決から何もかもが小物過ぎる。全然狂気が無い。普通のクラスにいるちょっと生意気な女王って感じ。今まで出てきた相手よりもなによりも小物。内容も小物、駆け引きも小物。ついでに見た目もアイドルのくせに小物。

ってか最近全然狂ってなくないか?狂気に勝てるのは狂気だけなんだから、そろそろ夢子だけじゃなくて敵にもぶっ飛んだやつ出てこないと盛り下がる一方だぞ。一番狂ってて面白かったのって結局1巻じゃないか?それ以降はずっと盛り下がってる感じ。本当に追っても大丈夫なのかよこの作品。


3巻の感想はこちら (賭ケグルイ 3巻 死と隣り合わせのギャンブル)

眠気覚め度 ☆☆

神罰1.1 - 田中圭一のパロディは下衆で本当にひどい!

手塚治虫、本宮ひろ志、永井豪、果ては福本伸行までパロディ多めのひどい下ネタ作品満載のこの作品は本当にひどい!ひどすぎて笑いが止まらない!

いまさらですが、ひょんなきっかけで田中圭一の「神罰1.1」に辿り着きました。田中圭一も名前は聞いたことあるけれど作品は見たことが無いという状況で、どんな作品を描いているのかも知りませんでした。そしたらこれに辿り着いたわけです、この最低最悪で極上のパロディ作品に。

基本的には2ページくらいのショート作品集となりますが、中身なんて無いようなひたすらエロパロが続きます。なんですが、そのレベルが極めて高い。そしてひどい。オリジナルと思われる局部くんシリーズにいたっては名前の通り登場人物が局部そのものというひどさ。(ただ局部くん自体は長いだけでそんなには面白くなかった)


そんなパロディ、どれくらいパロディかというと、
nemusame_20151228_003
おっぱいに溺れるジャングル大帝だったり、


nemusame_20151228_004
打ち首カルタ勝負をするトクラだったり。
(このシリーズはこの後「局部かるた-日本版」、「超エッチアイコラかるた」、「プライバシー暴露かるた」と続きます)


いやー、ひでえな。下衆に成り下がってやがる。
普通こういうのって、ひたすら下衆になったあげく単なる下衆で終わるものがほとんどだと思います。
ですが、一味違うのがこの本作です。下衆は下衆なんですが、やることがちょっと常軌を逸しているので極めてシュールな笑いに昇華されています。

特にシュールな笑いが好きな私ですから、こういう作品は大好きなわけです。受け入れられない人には絶対受け入れられないと思います。


さて、そんなシュールさ、実は作品の序盤に大きなシュールギャグがありました。
正直このシーンだけで数分笑い死にました。こんなので笑うのはたぶん自分だけでしょう。それがこれです。
nemusame_20151228_002
なんでシスターが寿司屋経営しててしかも客に鉄火巻きを要求されてるのか?w

もうダメこれ、このアンマッチ感とかこれだけで面白過ぎる。最高の出オチ。
一コマ目のシスターがツケ場に立ってるだけでも面白いのに、二コマ目で客からクレーム受けてるんだから。
三コマ目ではマグロのサクだけ持ってるし、こんなのが面白くないわけがない。
将太の寿司もこういう方向でテコいれすればよかったんじゃないか?寺沢大介じゃ無理か。


というわけで最低極上の下衆パロディ作品「神罰1.1」でした。
一見の価値有です。

眠気覚め度 ☆☆☆☆

スピリットサークル完結!!
今のイチオシ!!
少し前のイチオシ!!
結構前のイチオシ!!
タイムリープサスペンス!!
ゲームとギャグが好きなら!
漫画もいいけど山賊もね!
Twitter
日々読んだ漫画の感想を中心に記事を更新していく予定です。例外はあるかも。 記事更新と同期していますので、フォローしていただければ随時通知されます。
記事検索
応援してますその1
応援してますその4
応援してますその5
2016年12月発売のオススメコミック

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ