決着!今井コスモVS阿古谷清秋!!2回戦は "阿修羅" 十鬼蛇王馬 VS "魔人" 呉雷庵!!

nemusame_20160612_000

前巻15巻から続く最高潮の戦いである「今井コスモVS阿古谷清秋」戦の決着から始まる「ケンガンアシュラ」16巻となります。

2回戦第1試合であるこのコスモ対清秋は前回の感想でも書いた通り、驚異的な盛り上がりを見せました。その展開も、今井コスモが圧倒的に不利と思われるも、最後の最後で決着がわからなくなってくるものでした。ケンガンアシュラという作品は当然の如くセオリーを崩してくるのでもともと勝敗は読みにくいものですし、ましてやこの二人は主人公でも特段重要な位置にいるキャラでもないので尚更どちらが勝つのかわからない戦いです。決まっているのは、この勝者が次の王馬と雷庵のどちらかと戦うことになるということだけです。だからこそ、この勝敗が全く読めないという展開は非常に面白い。決着も素晴らしい展開になっていますので、是非ともここは読んでいただきたいものです。正直なところこのトーナメント戦で一番面白かったかもしれないくらいよかったです。


そして2回戦第2試合は暗殺一族「呉一族」の代表者と主人公「十鬼蛇王馬」との戦いです。正直なところ、主人公補正があるので最終的には勝ってしまうだろうと思っているので、あとはどうやって勝つのかというところが見所だと思っています。

nemusame_20160612_001

先制攻撃でこれですよ。息もつかせぬ連続攻撃で圧倒的な強さを見せ付ける王馬くん。しかしそれをものともせず受け止め続けてしまう雷庵。戦いはヒートアップし、遂には王馬の切り札である「前借り」と呉一族の秘伝である「外し」の応酬となっていきます。


nemusame_20160612_002
nemusame_20160612_003

この戦闘狂同士の殴り合い。技も何も無く、ただひたすら、相手を打ち倒そうとして殴り続ける殴り合い。これ以上の純粋は無いでしょう。実のところ、真っ向勝負では雷庵とまともに戦えることなく負けると予想していたので、「前借り」によってここまで戦うことが出来るとは思っていませんでした。もっと小手先の技や武を使って対抗していくのかと。

とはいえ、この巻ではまだ王馬対雷庵の決着は着いていませんので17巻でどういった展開、どういった結末を迎えるのかはわかりませんね。主人公補正で王馬が勝つとは書きましたが、拳願絶命トーナメント自体が裏工作出来まくりなシステムなので負けルートもありえるのかもしれません。そこが最後までわからないのがケンガンアシュラのニクイところですな、次巻も楽しみです!!


15巻の感想はこちら (ケンガンアシュラ 15巻 - 拳願絶命トーナメント2回戦開始!激突する今井コスモと阿古谷清秋!!)

眠気覚め度 ☆☆☆☆