春高一回戦はエドガワ排球団に影響を受けてバレーを始めた山吹矢!

nemusame_20160530_007

練が相変わらずの狂犬っぷりを大いに発揮する「少女ファイト」13巻はいよいよ春高の1回戦が始まりました。1回戦の相手はエド球のファンが高じてバレーを始めた山吹矢。同じバレーを好きなもの同士、実に、実に良い影響を与えながらの戦いになりましたね。ひさしぶりにバレー自体の試合もしっかり描写されていてとても見ごたえのある戦いとなりました。

nemusame_20160530_004

そもそもが選手たちの心の部分に重きを置いた作品でありますから、この山吹矢との1回戦もそれぞれの心の葛藤と戦いながら戦い続けることとなります。そんな中、例え彼女たちが黒曜谷に勝っても、2回戦以降勝ち進むことは厳しいという判断のもと、おいては自分たちの勝利の為に必ず勝利することを心に誓うストレイドッグスの面々です。


nemusame_20160530_008

最初に貼った練の鼓舞もいいんですが、途中でルミコが心折られそうになった時のこの志乃の立ち直らせ方も凄くよかった。やっぱなんだかんだメンバーの支えになるのはこの言葉がきつくて素直に表現できない志乃なんだよなあ。これが信頼ってことなんだよなあ。ホント良い、こういうの。黒曜谷は志乃だけじゃなくて、それぞれがそれぞれに対してこういった信頼を持っているのがホントに素晴らしい。涙無しで読めなかった巻は無かったんじゃなかろうか。


さてさて、山吹矢戦で良かったのが実は監督だったりします。

nemusame_20160530_000

山吹矢の監督のユズルちゃん。笑顔が素敵だけどバレーのことは全然知らない素人です。果たしてこんな人物に監督が務まるんでしょうか?





nemusame_20160530_001
こんな顔するキャラだったよ!!


他にも、
nemusame_20160530_005
nemusame_20160530_002
nemusame_20160530_006
nemusame_20160530_003

という、実は生徒たちに部活を本気で楽しむということを教えている真の教育者なのでした。変態だけど。なんていうか、ルミコの「諦める?」と同じ系統というか、本気で楽しまないとそれを絶対許さないような変態。バレーの指導者としては力は無いのかもしれないけど、精神的な指導者としては素晴らしい人材だったのかもしれません。何気に、山吹矢を春高まで押し上げることの裏打ちをした人物ということになるのでしょう。こういう変態がいるからやっぱり少女ファイトはやめられない。

それと、今回の話に出てくる「エドガワ排球団」というのは、「G戦場ヘヴンズドア」の主人公、堺田町蔵の作品という設定です。つまり、G戦場ヘヴンズドアの完結後のお話がこの少女ファイトに繋がっているのです。これはファンとしても嬉しいことだし、何よりもG戦場ヘヴンズドアは少女ファイトに負けず劣らずの名作なので完結後のその後が読めるというのはとても素晴らしいことです。作者の日本橋ヨヲコも「少女ファイト13巻はG戦場ヘヴンズドア16巻です」と言い切っていることですし、作者としても感慨深い、夢を叶えたということなのでしょう。




というわけで、試合メインはいつもに増して面白い「少女ファイト」13巻でした。続きも当然楽しみなんだけど、また来年の今頃なんだろうなあ。
ついでじゃないですが、「G戦場ヘヴンズドア」もオススメです。私も少女ファイトから入った口ですが、たった3巻の中に濃厚に詰め込まれた少年少女の命を懸けた青春群像劇は読んでて息を飲んでしまうこと受けあい。少女ファイトが好きなら絶対に読むべき作品ですので、未読の方は是非!!

眠気覚め度 ☆☆☆☆☆