「だけどもう勇者は死んだんだ。俺が助けないで誰が助けるんだよ」

nemusame_20160518_002

ただの変態がカッコいいこと言ってるのが「勇者が死んだ!」です。こんなシリアスシーンもありますが、7割ギャグです。しかし当初と比べると遥かにシリアスが増えてきています。その実3割シリアス。「魔法陣グルグル」のようにこれくらいの割合でずっと進んでいって欲しいですなあ。


nemusame_20160518_001

こういう真面目系変態も多く登場するのが非常に良いアクセントになっています。何よりも、完璧超人、正義の塊のようなキャラがいなく、登場人物はいずれもなんらかの性癖なりを持っていてギャグに関わっているのがまたいいですね。綺麗事ばかり言うようなキャラは苦手なので、そういうのがいないだけで好感触です。


nemusame_20160518_000

シナリオも完全に後付だろうけど、トウカに罠の技術がある理由も師匠がいたからと明かされました。これは悪くない、むしろ良い後付だと思います。そもそもが勇者を殺したときに仕掛けた罠自体トウカに罠技術があることとか関係なく描いていたように見えますので、そこから良い感じに「卑怯」で「騙し」て「姑息に罠で相手を陥れる」のを策略家として肉付けしてきたのが、シリアスシナリオを進めるにあたりに良いアクセントになっています。こういう主人公がクズなんだけどなんだかんだ色々うまくいっちゃう話とか好きなんだよなあ。


nemusame_20160518_003

この根拠の無い説得力で相手を騙そうとするところとか素敵。それに素直に聞き入れる相手も素敵。こういう頭脳系クズ主人公が好きならオススメです。何回読んでも「グルグル」が好きな人なら面白いと感じると思います。女の子も結構可愛くなってきたしね!


3巻の感想はこちら (勇者が死んだ! 3巻 - 勇者の剣はフトモモだ!!)
5巻の感想はこちら (勇者が死んだ! 5巻 - 全てはフトモモのため)

眠気覚め度 ☆☆☆☆