舞台は札幌!土方側のお話もあるよ!
nemusame_20160429_008
 
ゴールデンカムイ6巻は小樽を離れて札幌で過ごす殺人ホテルでの一夜がメインとなっています。また、珍しく土方側に主観を置いた話も展開されていきます。逆に言えば、いつもあった狩猟の話が無いので、ちょっと物足りない点もあるかなと。とはいえ、本筋が元々面白い上、キャラ毎の個性が抜群なので面白いことには間違いの無い6巻となりました。

さてさて、殺人ホテルに全員集合ということで、杉元一味と不敗の牛山が同じホテルに泊まり、上記女将の家永も実は刺青持ちというバラエティにあふれた一泊となっています。この家永は金が目的ではなく家永個人の目的の為にこのホテルに侵入しているという、辺見和雄に続いて2人目の金に執着が無い囚人です。その目的があれなわけで、美貌の持ち主なので牛山と白石に言い寄られるわけで、性欲の塊の牛山はアシリパからチンポ先生呼ばわりされるわけで、いつもどおりコメディありスプラッタありの面白い展開でした。


一方、後半は土方達のメインのお話。
nemusame_20160429_010
カッコいいなこのジジイたちは。実は土方達がメインで進む話自体が初なので、なかなか見ものです。とはいえ、やはり土方と永倉だけだと笑いが少ないので、カッコいいけど全体的な盛り上がりには欠けたかなという感じでしょうか。だけど土方も永倉も刀振り回すシーンがイカすのでたまらんわあ。


6巻を読むにあたって状況整理しました。6巻時点では刺青人皮の所在が以下のようになっていますね。

総数:24枚
杉元持ち 5枚:一話でヒグマに喰われた男、尾形に撃ち殺された男、白石由竹、二瓶鉄造、辺見和雄
鶴見持ち 1枚:津山
土方持ち 4枚:土方、牛山、家永、日泥一味が持ってたもの + 杉元一味のレプリカ
次の杉元の目的地 1枚:日高

明確にわかってるのは11枚ですね。 永倉新八とのっぺらぼうはどうなんだろう、刺青入ってるのかな。テンポ良くいけば10数巻くらいで全部出てくるのでしょうか。割とサクサク出てきてていいですね。



そして恒例のゴールデンカムイ・ザ・グルメのコーナー!
今回は猟をしていないので控えめです。

エゾシカ肉のライスオソマカレー
nemusame_20160429_009
このアシリパの表情wwwwww



松前漬けと刻んだ沢庵をたっぷり乗せたお茶漬け
nemusame_20160429_011
たくあん茶漬けは土方の大好物ということですが本当にそうなんですかね?詳しくは知らないです。


というわけで、安定して面白いゴールデンカムイ6巻でした。既に7巻の紙版は発売されてるはずです、7巻も楽しみです!


5巻の感想はこちら (ゴールデンカムイ 5巻 - 変態殺人鬼辺見和雄、谷垣の戦い)

眠気覚め度 ☆☆☆☆