喫茶店で働き始めたヒナ!果たして勤め上げることが出来るのか!?
nemusame_20160316_018

という話も入った「ヒナまつり」10巻は9巻でいきなり数年後になった展開の続きですが、実に安定した面白さを誇る珠玉の1冊でした。

ヒナの高校生活から始まり、瞳ちゃんの社長生活(父親が中途採用社員)、焼肉のタレで命を繋いでいたイカルガさんの現在(ってかずっと男だと思ってた)、そしてヒナのバイトから、全く遊びの無い感動話のアンズの話と笑いから笑い、そして笑いから涙まで盛り沢山となっております。

何よりも、上記に貼ったようにヒナが想像以上に可愛くなってしまっているのがまたニクイ。あのヒナが、破壊神ヒナがこんな可愛さを出すのです。

nemusame_20160316_019
これには思わず新田も感無量となりますわ。何気にヒナのこと人前で「ウチの娘」って言ってるし、愛情が感じ取れますなあ。




nemusame_20160316_020
まあこれ、バイト先のオプションなんだけど。






nemusame_20160316_021




いやあ、ホント腹抱えて笑った。バイト開始する理由も最新のゲーミングPCが欲しいからというスタートだし、バイトの面接でも

マスター「君 敬語って知ってますか?」
ヒナ「知ってるけどそれが何か」
nemusame_20160316_022
で、一発採用だし、

履歴書も
nemusame_20160316_017
長所「短所のない所」、短所「あきっぽい」と矛盾だらけだし、このいつの間にかヒナのペースで全てがうまく進んでいって何故か新田だけが困ることになるといういつもの流れがホント面白い。毎回毎回本当に良く考えられてる。

この作品って絶対にヒナだけじゃ成立しなくて、何よりもツッコミ役である新田の存在が大きいんですよね。ヒナのボケボケの展開に、新田があれこれ口を出すもなぜか自然と回りはうまいこと回ってる感じがホント好き。たまに新田もハメ外してその調子でキャバクラ行っちゃったりするのもホント好き。


ド安定のヒナまつりは10巻も最高でした。11巻も楽しみですね!


9巻の感想はこちらから (ヒナまつり 9巻 - いつも通りの展開かと思いきやあらびっくり)

眠気覚め度 ☆☆☆☆