主人公のめんどくささは相変わらずだけどギャグの面白さが一皮むけたぞ!

「目玉焼きの黄身いつつぶす?」は他人の価値観を初見では受け入れられず、ひたすらそれについて考察して納得のいく結論を出すというはた迷惑なお話です。主人公があれこれ難癖つけて他人の価値観を否定するのは変わりません。変わりませんが、そこからひとつ先を行ったギャグになってきたように思います。

それがこちら。牛丼屋で見かけた大量の紅ショウガを乗せる紅ショウガ丼。それを見ていてもたってもいられなくなった二郎はひたすらその行動の意味に悩み続けます。そしてそれをよりをもどしたみふゆに相談したところ、
nemusame_20160103_002
「あなたは今紅ショウガ丼なんかよりもっと考えないといけないことがあるでしょ?」

この冷静なツッコミ!よく言った!これぞ今までになかった展開です。
今までの流れならそのままあーだこーだ議論した末にケンカになっていたことでしょう。それをこの切り返し、予想外で吹き出しました。


しかもその紅ショウガ丼を真似たところ、やめられなくなってしまった二郎、その理由とは、
nemusame_20160103_003
ストレスの為に紅ショウガ丼を食べ続けてしまった!!

いやー、いいなこういうこじつけ。言ったもん勝ちだもんなこんなの。ストレスを紅ショウガ丼で発散するってなんだよw


というわけで、なんやかんやギャグのレベルは上がったんじゃないかなーという「目玉焼きの黄身いつつぶす?」6巻でした。


さてさて、前巻同様それぞれの食べ方に自分の回答を書いていきますかね。

- カップ麺のフタ 全部取る?
   取らない 

- 牛丼に紅ショウガ 入れる?

   半分くらい食べたらそこのスペースにありったけ入れる。

- サンマのハラワタ 食べる?
   食べない。

- 餃子のタレ どうしてる?
   醤油オンリー

- レンゲでミニラーメン 作る?

   絶対に作らない。

- JINRO いつ飲む?

   飲まない。飲むとしたら夜。


5巻のレビューはこちら (目玉焼きの黄身いつつぶす? 5巻 - 相変わらずめんどくせえなこの主人公はw)

7巻のレビューはこちら (目玉焼きの黄身いつつぶす? 7巻 - 天ぷらやとんかつには塩もいいぞ)

眠気覚め度 ☆☆☆