「あなた…誰?」
nemusame_20151210_006

前巻6巻は小森の痛々しさにちょっと感想を書けなかった「ぼくは麻理のなか」ですが、
7巻はおそらく今までで一番の急展開、話が一気に加速していきました。 

これまではひたすら麻理になってしまった小森のとまどいや女子高生話がメインでしたが、前巻の6巻から現在の小森と接触するなど段々と核の話が進んでいきました。

なぜ突然小森が麻理の中に入ってしまったのか?今の小森はなんなのか?麻理はどこに消えたのか?
その事実はまだ解明されていきませんが、この7巻で初めて麻理の心の闇に触れていくことになります。

という感じで、ゆっくりとだけど話自体は急展開していきましたね。
小森の心境の変化も面白くなってきたし、次巻も一気に展開しそうな感じ。

それにしても、相変わらず心理描写が上手い。自分の好きな、絵を見ただけで場面、感情が想像できる表現が多い。それに手間を掛けてるからこそこの遅いペースだというのもうなずける。

でもここまで来るのに7巻かー、このペースだと終わるまであと何巻掛かるんだろうか。


8巻の感想はこちら (ぼくは麻理のなか 8巻 - 怒涛の急展開!!)

眠気覚め度 ☆☆☆☆