和也がひたすら上乗せするかどうかだけで終わった1冊!!

相変わらずひでえなこの展開。 この引き伸ばし方は逆に感心するわ。
和也がQを出して、果たしてカイジはKなのか、他のカードなのか、それを探りながらもカイジはレイズしていき、それに乗るかどうかで悩んで終わり。

こういうので悩むのはまあいいんだけど、やり方がちょっとなあ。相変わらずただ長いだけなんだよなあ。
もう完全に福本伸行のお家芸的な感じ。13巻まで続けるために無理やり伸ばしてるんだろうか。

というか、今回のような和也側がひたすら悩む展開ってまずカイジ勝つでしょ。 
問題はこの勝負終わったてもまだ決着じゃないことかな。例え勝っても残りの勝負でどうなるのか。

なんにせよ、くだらないと思いつつもやっぱり読んじゃうがカイジなんだよなあ。


ってか帯でネタバレすんなや!!
※カイジは電子版待たずに紙版で買っています。 


眠気覚め度 ☆