「こんなに気持ちのいい日曜日なんだもの…全部終わりにするならこんな日だよね」

前巻の10巻から既にそういう流れでしたが、初期の頃とは打って変わって成長し川本家のいざこざにまで顔を突っ込み独走し始めた桐山零。
そんな川本家の父親騒動にケリが付く3月のライオン11巻は相変わらず安定して抜群に面白い作品でした。

元々、3月のライオンは将棋をテーマにした人間ドラマなわけですが、少し前のいじめの話から進学の話、そして今回のダメ父騒動と川本家には次々と受難が訪れています。
日々お世話になっている川本家3姉妹の優しさに触れることで桐山自身も徐々にその頑なな心を開き、段々とこの家族のためを思って行動をするようになっていきます。
そして、それの真骨頂がこの11巻でしょう。

前巻10巻で既にダメ父と直接対峙しており、持ち前の頭の良さと回転、そして狡猾で老獪な多くのプロ棋士と直接やり取りをしてきた中で培った交渉術、それを用いて矢継ぎ早に論破していき、しまいには勢いあまってひなちゃんと結婚することが最良の道だと模索しそれを明言してしまう始末。
今回の11巻では、それに拍車が掛かります。

その最たる例が、ダメ父と1対1で話しに臨んだ時のひとコマ。

nemusame_20151104_000

あの温厚な桐山くんが!本気で!!他人の為に怒ってる!!!

これ、実は初期段階の桐山からは考えられないような行動、言動なんですよね。
どこか他人にとは常に線を引いて接していたところのある桐山くんで、初期は川本家でご飯をご馳走になることすら遠慮がちでした。
それがこの変わりようですよ。素晴らしい。ホント、人間の成長をじっくりしっかり描ける作品は心を動かされる。
こんな桐山くんの一面も手伝ってか、川本家の3姉妹も直接ダメ父と対峙、決着となるのが11巻です。
徹底的に父親をダメ人間として描くことで(実際言動も行動もそうだけど)、3姉妹自身も完全な決別な道を取る為の十分な布石となっています。
見てて痛々しいけど、清々しくもある。そういう意味でも心が揺さぶられる11巻でした。


そして将棋。こちらも平行でまともに描けるのがこの作品の凄いところだと思います。
こんないざこざがある最中でも当然対戦は行われるわけで、相手は直接対決描写は始めてとなる元名人藤本雷堂。
このキャラが本当に面白い。
そのままで十分棋士として強いのに、加えて対局中にはひたすら喋り続けるという。
この設定だけでも面白いのに、更にそれに対して相手に常に会話を求めていて、それに対して桐山くんは適当に相槌打ちながら、でも的確に攻め続けていて、そんなアンバランスさが読んでて非常に愉快な気持ちになります。

nemusame_20151104_001

そしてスゴイのが、これだけ意味の無いような話がひたすら台詞として描かれているのに(上図のように)、読んでて面白いし、思わず読み飛ばさずに読みきってしまうということ。
思い返してみれば、3月のライオンはこういうところだけでなく作品全体に台詞が多い漫画です。
ですがそれが嫌になったことはなく、むしろ心地よいとすら思わせてしまう。
やはり細かいところまでしっかり描写されて無駄が無いのだと思います。
他の作品だとなかなかこうはいかないと思うのですが、それが出来てしまっているのがやはりすごい。


そして最後に、食べ物の描写が本当に美味しそう。
11巻では手巻き寿司を食べようという話があるのですが、
nemusame_20151104_002

どうしてこんなに美味しそうに描けるのか。
まさに家庭の食卓の描写であり、身近に感じられるから内容が用意に想像できるからこそ美味しそうに感じるのでしょうが、それでもこの描写は本当にすごいと思います。
見た目だけでも美味しそうですが、何よりそれについて美味しそうに、心から早く食べたいと思わせるようにキャラクターそれぞれの心理描写を細かく描いているからこそだとも言えます。
正直下手な料理漫画よりもよっぽど心に訴えるものがあるはず。
もちろん11巻のこの描写だけでなく、以前あったカレーの話とか、甘いものを食べて帰る時の話とかも素晴らしい出来でした。

ホント羽海野チカは天才なんじゃなかろうか。人間ドラマも、将棋描写も、食事描写も全てがハイクオリティ。
年1冊ペースのスロー刊行ではありますが、この面白さを維持出来るならいくらでも待つことが出来ます。


さてさて、11巻の最後ではまたしても暴走し始めた桐山くん。
もちろん次巻も楽しみですなあ!


眠気覚め度 ☆☆☆☆☆