エロ本です

はい、ダンジョン作成していくにあたりサキュバスを呼んで契約して合体したり、
ダンジョンに侵入してきた冒険者を合体して懐柔して手元に置いたり、
周辺の村から娘を生贄にもらっていろいろと仕立て上げたり、
なんやかんや毎話エロシーンが入るのが「魔王の始め方」です。

とりあえず、サキュバスは可愛い。
nemusame_20151101_000


中身についてはもう全部書いちゃったような感じなんですが、エロとダンジョン作成と魔王としての位置づけを描いています。
なんですが、これエロなくても十分面白いと思います。
というのも、割と設定がしっかりしていて、ダンジョンを作るにしても勝手に魔族がやってきて巣を形成していくからきっかけだけ与えるとか、周辺の村を支配していくにあたってもきちんと合理的に懐柔し、逆に作物の収穫を増やしたりで政治的に益を与えることで村娘を提供させるようにしたりとか。
冒険者の懐柔も人の心をうまく使って懐柔しているのでなかなか読み応えがあります。

惜しいな、エロがなければ万人にオススメできるんだけど。
まあエロがあるからこそ面白いという側面もなきにしもあらず。
感覚としてはストーリー性のあるエロゲという感じでしょうか。
エロに耐性がある人ならオススメ。


眠気覚め度 ☆☆☆