単眼なのに可愛さ満点!?モノアイ教師を訪れるのは異常な生態系だけど真っ当な中学生ばかり!!

表紙から圧倒、モノアイかつ巨乳のヒトミ先生が主人公の保健室相談ものです。

オンラインでお試し読みも出来ますね。




出てくる相談者の生徒も、
 - 舌が3メートル以上に成長してしまった女子生徒だったり (長い舌ってすっげぇエロいの)
 - 異様に身体が大きくなってしまった女の子の友達は異様に身体が小さかったり
 - 透明過ぎて服まで透けちゃうほどの透明人間(女の子)だったり
 - 手が4本の幼馴染同僚教師だったり

とにかく何か身体的特徴をつけた人間という世界観です。


だけどあくまで身体的特徴がついているというだけで、それ以外はあくまで普通の思春期の中学生なんです。
だから悩み方も「男の子に見られたら恥ずかしい」とか「中学生男子はおっぱいにしか興味ないだろ!」とかそんな感じ。
ホント、悩み多き中学生が、見た目が単眼だけど心優しい養護教諭のヒトミ先生のお悩み相談室なわけです。
その辺の、特徴と心理の絡ませ方が上手くて、全然違和感無く読むことが出来ます。いい作品だと思います。
特にヒトミ先生自身が巨乳でそれをひたすらいじられまくるのは読んでてニヤニヤ。必見。


眠気覚め度 ☆☆☆