いつまでホームレス続けるんだよwww

最近ようやっと「新 黒沢」を最新刊5巻まで読んだので少し。 
そもそも前作の「黒沢 最強伝説」はダメ中年黒沢がやることなすこと裏目に出て人生が嫌になっているところに、
主に高校生や大学生の悪ガキどもとひょんなきっかけで喧嘩するようなことになり、それを回避するためにひたすら黒沢が自分のことしか考えずに行動したにも関わらず結果的に全ていい方向に転がり英雄扱いされてしまうというまさしく最強伝説でした。

その最後で黒沢を大怪我をして倒れてしまい、約10年後に目覚めるというところから始まるのですが、、、
やれ起き上がった時には言葉が喋れなくなっていたことをいいことに看護婦にセクハラするわ、
やれ見舞いに来る会社の仲魔の見舞いスケジュールを勝手に作り上げてしまうわ、
やれ退院する時に会社に戻ればいいものを自分の勝手な思い込みで逃げてしまうわ、
やれホームレスになりいつの間にかホームレス生活に板がついてしまうわで、
5巻までにひとつも伝説作ってない!! 

なんというかもう、本当にひたすらホームレス生活。ホームレス達との交流。
ホームレスならではの食料確保、金策。
黒沢最強伝説じゃなくて黒沢ホームレス生活じゃねえかwww

ただ自分、思うんですよ。この漫画、福本先生スゲー楽しんで書いてるんだろうなって。
なんというか、カイジやアカギで書けないようなことを全部黒沢で書いてるみたいな。
ホームレス生活からは必ずといっていいほど入る、自分達の状況に合わせた駄洒落とか絶対これ本人もくだらねえと思いながら書いてるんだろうなって。
もう息抜きなんじゃないかな、この作品。
なので、自分はもうひたすら深読みせず、頭真っ白で素直にゲラゲラ笑いながら読んでます。
こういう頭使わない作品って意外と大事なんですよ。読むのに力が必要ないので。

眠気覚め度 ☆☆☆