2016年02月

2016年週刊スピリッツ14号ざっくり感想

2016/02/29 週刊スピリッツ14号のざっくり感想となります。
具合悪いかったので午後で帰って病院行ったらいまさらインフルに。土日引きこもってたのに何故、その前か。。。まだこれから熱が出る予定なので、微熱の内にこれを更新してしまって今夜からの高熱に備えます。 


それでは今回も適当にいってみましょー


■世界はボクのもの
  どことなくYAWARAみたいになってきたな。ってかおっぱい揉ませてもらってもおっぱいだけじゃ我慢出来ない自信ある。
  
■しあわせアフロ田中
  世界はボクのもののおっぱい話から一転して一気に妊娠ですよ。
  
■アオアシ
  見てるようで見てなかったわけね。
  
■あさひなぐ
  これ、いつの間にかすごい良い作品に仕上がってきたよなあ。決勝戦は長そうである。
  
■WILD PITCH!!!
  ドラフト落ち奴wwwww
  
■土竜の唄
  拷問始まったけど最近のスピリッツは拷問流行ってんの?
  
■100万円の女たち
  過去話と見せかけてその実本当に暮らし始めた時の過去話しかしてないから背景が全く説明されていないっていうね。
  
■僕はコーヒーがのめない
  素直に喜べる花山は何気に人としてすごい。
  
■ダンス・ダンス・ダンスール
  毎週毎週描き込みが凄いなホント。対照的にほぼ真っ白な「ふつつかなヨメですが!」とは大違いだ。 
  
■アイアムアヒーロー
  だから、早く、展開しろって。
  
■アイアムアヒーロー 公式アンソロジー 8TALES OF THE ZQN (石黒正数)
  さすがの石黒正数節炸裂!アイアムアヒーローという舞台を使いながらその実態は完全に石黒正数のオリジナルと言っても過言ではない出来栄え。石黒正数の短編集辺りに載りそうな勢いである。必見。
  
■夕空のクライフイズム
  何回も書いてるけど最終回への序曲ですよね?
  
■させよエロイカ
  半分くらい飛ばしてしまった。そろそろ読むの限界かも。
  
■ふつつかなヨメですが!
  何度でも言うけど、こんな姉ちゃん欲しかったなあああああああああああ。
  
■HIKARI-MAN
  警察沙汰やろ。
  
■シェアバディ
  どうしてそこまでしてしたいのか?これがわからない。
  
■やみきんっ♥うしじまきゅん
  うーん微妙。
  
■DRAGON JAM
  あー、やっぱり試合になってから飛ばしがちになってきた。
  
■天そぞろ
  自分がいないと歴史がうまく進まない的な考え方は傲慢だよな。帰れなくなったことの絶望というのはわかるけど。
  


Kindleのまとめ買いセールがすごい!(2016/02/26-2016/03/10まで)

Kindleのまとめ買いセールがすごい!30%~50%オフばかり!この機会に読みたかった漫画を一気に購入だ!
(2016/02/26-2016/03/10まで)

というわけで、2ヶ月ぶりにまとめ買いセール実施中です。
特設ページはこちらからー

【最大50%OFF】Kindle本まとめ買いセール

12月の時と同様に、今回も個人的なおすすめ作品をあげていきます。ただ、前回と被ってるものも多し。新規も多し。特に福本伸行と土山しげるは被る傾向があるみたいなので、無理に今回購入しなくてもまた機会がありそうです。それと竹書房系、とりわけ近代麻雀関連が多いように思います。

ではいきます!!


■ライチ☆光クラブ

オススメ度 ☆☆☆
未読、安かったので購入。



■ピコピコ少年

オススメ度 ☆☆☆
少年時代にFC, SFCにはまった人向け。押切蓮介作品なのでハイスコアガールと似たような雰囲気だけど別物。ハイスコアガールを期待して読むと期待はずれになってしまうので注意。



■Let'sぬぷぬぷっスーパーアダルト

オススメ度 ☆☆
昔マガジンで下ネタ前回だったぬぷぬぷがよりエロティックになって再登場。だけど内容はドストレートな下ネタになっているので情緒も何もない作品に仕上がっています。ゲスくて意味の無い笑いを求める方へ。ラクには読めます。


■ICHIGO

オススメ度 ☆☆☆
殺人を犯した小学生は。。。というテーマの作品。何気に引き込まれていきます。


■デトロイト・メタル・シティ

オススメ度 ☆☆☆☆☆
説明不要!東京タワーをレイプしろ!!最近スピリッツで連載している「世界はボクのもの」も面白いぞ!



■せんせいのお時間

オススメ度 ☆☆☆☆
安定して読める四コマ、ラクに読めるぞ!


■つくねちゃん+30

オススメ度 ☆☆☆
三十路OLと人語を理解するつくねちゃんとのアラサーOL実態四コマ。ラストがとんとん拍子に進展するところ以外はグッド!これもラクに読めるぞ!



■父とヒゲゴリラと私

オススメ度 ☆☆☆
興味あるけど買ってない!



■QUO VADIS~クオ・ヴァディス~ (1-15)

オススメ度 ☆☆☆
未来人が現代にやってきたりドラキュラがーとか法皇がーとかキリストを育てたのは未来人だったーとかそういう作品。途中まで読んでたけど止まっていたので。ラクに読めないぞ!



■陣内流柔術流浪伝 真島、爆ぜる!! (1-15)

オススメ度 ☆☆☆
鉄菱!!



■蒼天航路

オススメ度 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
墓に持って行きたい程の名作。コミック版も全部持っているけど、Kindle版も買っておきたいなー。割引率がもうちょっと高ければ本当に購入を考えた。三国志として、曹操を主人公に置いた作品として比肩する物無しの超力作。一度読み始めたら寝食を忘れて読むこと受けあい。戦争シーンも面白いが、それと匹敵するくらい内政面の話や文化や風俗面の話、そして何より完璧超人に見せかけてその実欠陥ありまくりの人間性表現には脱帽。刮目せよ!!




土山しげる編

■喰いしん坊! (1-15)



■喰いしん坊! (16-24)


オススメ度 ☆☆☆☆
大食いをテーマにした、土山しげる作品としては予想以上に面白い名作。大食いのためなら肉まんの饅頭をお湯でふやかしてすすりこむこともためらわない邪道食い!果たして満太郎は正道食いで勝つことが出来るのか!コミック版を全巻持っていたが友人に全て譲ったため手元に無し、そして今回のセールで全部買ってしまったぞ!問答無用で頭を使わずにラクに読めるのでオススメ!
「食べ物を冒涜するな!」満太郎、怒りのドラ焼き50個完食!という見出しにはただただ笑いが止まらなかった!!



■食キング (1-15)


■食キング (16-27)

オススメ度 ☆☆☆☆
料理屋の再建請負人、北方歳三!「質問は一切受け付けん!」の台詞の元、次々と料理人魂を叩き込んで店を建て直していく様は圧巻の一言!最後のあたりは宗教染みているところまで踏まえて、こちらも土山しげる作品としては珍しく真っ当に面白い作品だ!



■新・借王

オススメ度 ☆☆
未読だけど安かったので購入。前作「借王」はなんだかんだいまいちだった気が。


■蛮王

オススメ度 ☆☆
初見未読。安かったので購入。この他に「売王(バイキング)」もあるのだけど、そっちの続きはどうなったん?



福本伸行編

■銀と金


オススメ度 ☆☆☆☆☆
個人的福本伸行傑作作品。これを読まずして福本伸行を語ること無かれ。



■賭博黙示録カイジ

オススメ度 ☆☆☆☆☆
説明不要!限定ジャンケン、人間競馬、鉄骨渡り、Eカード、ティッシュくじの白熱バトル!カイジシリーズとしては最も駆け引きが面白いのがこの黙示録だと思います。


■賭博破戒録カイジ

オススメ度 ☆☆☆☆
地下チンチロ、沼編。チンチロまでの展開は極上のシナリオ展開。沼もテーマはいいのにだらだら引き延ばし続けたのがいけなかった。たぶん沼編を4巻か5巻くらい(計10巻くらい)で終わらせていればもっと評価は変わっていただろうに。



■賭博堕天録カイジ

オススメ度 ☆
魔の17歩編。3巻くらいで終わっていたらもっと評価が変わっていただろうに。



■賭博堕天録カイジ 和也編

オススメ度 ☆
和也編と言いつつカイジと和也の直接対決は無い全13巻。ただ、1,2巻の和也の考え方についての話はなかなか人間心理を突いていて面白い。ボタン押しゲームが1巻で終わっていればまだ評価は変わっていただろうに。



■賭博堕天録 カイジ ワン・ポーカー編

オススメ度 ☆☆
遂にカイジと和也の直接バトル!1ベット2億円のワンポーカー勝負は現在も継続中だ!ただ、中身は良いのにやっぱり展開が遅い。5巻くらいで終わってれば評価は良くなっただろうに。


■賭博覇王伝 零

オススメ度 ☆☆☆
綺麗なカイジ。だけどギャンブル内容が全部死に直結しているので、主人公補正により負けないのが必然となりどこか緊張感の欠ける作品。



■賭博覇王伝 零 ギャン鬼編

オススメ度 ☆☆
初期のゴルフやポーカーは良かったのにメインのギャンブルが単なる宝探しになってしまった綺麗なカイジ。ていうか続きまだかよ!!


■天-天和通りの快男児 (1-15)

オススメ度 ☆☆☆☆
「俺の役満はそこにある」



■最強伝説 黒沢

オススメ度 ☆☆☆☆
福本伸行のストレス発散漫画!おっさんの表現、おっさんの苦悩全てが笑えるはずなのに、いつの間にかあれよあれよと事が上手く回っていく様は圧巻!ギャグのキレも抜群でファンなら読んで損なし!


■新黒沢 最強伝説

オススメ度 ☆☆
黒沢、ホームレスになるの巻。ただただひたすら親父ギャグを繰り返して宿無しのその日暮らしを続けるただ生きてる漫画!!だけど相変わらず福本先生は伸び伸びと描いているのが読んでて伝わってくる良作!


■無頼伝 涯

オススメ度 ☆☆☆
打ち切り伝 涯。



他、麻雀漫画

■ワシズ 閻魔の闘牌


■ワシズ 天下創世闘牌録

オススメ度 ☆☆☆☆☆
天のスピンオフのアカギのスピンオフの鷲頭様!内容が基本的に鷲頭様スゲーなのでひたすら笑えてラクに読める傑作。ワシズコプターはここから誕生した!必見!


■角刈りすずめ

オススメ度 ☆☆☆☆
麻雀をテーマにひたすら様々な形の麻雀を描く「にざかな」のギャグ漫画!その中身の無さは凄い!これもラクに読めるぞ!



■BW(ビューティフルワールド) 麻雀星取伝説

オススメ度 ☆☆☆
麻雀漫画なのに!主人公男なのに!妊娠しちゃった!!というわけのわからない展開が本気で行われるキ○ガイ麻雀漫画!全力で真面目にふざけてるのでとにかくシュールに笑えます。これもラクに読める部類!難しく考えるな、面白ければ、楽しめれば勝ちなのだ!!


■牌王伝説 ライオン

オススメ度 ☆☆☆
未読。凍牌ファンとしては抑えておきたい作品だったので。



■ムダヅモ無き改革 (1-10)


■ムダヅモ無き改革 (11-16)
 
 
オススメ度 ☆☆☆☆
面白いんだけど長いねん!1巻時点では間違いなく大傑作だったのに、連載長期化のせいでどうも推進力が落ちてしまったと思う作品。実際、小泉編終わってからほとんど読んで無いしなあ。とはいえ、小泉編の4ページ見開きの天地創生(ビギニングオブザコスモス)や1話まるごと2ページに1牌ずつ表現したファイナルライジングサンは一見の価値有!!


うーん、やっぱり土山しげるや福本伸行や麻雀漫画の紹介がメインになってるんだよなあ。。。

真・女神転生4FINAL の難易度大戦は本当に難しいのか?実際にプレイした結果をまとめてみる。

絶賛「真・女神転生4 FINAL」にハマリ中となっております。その為全然漫画が読めておりません。加えて、真4Fがあまりにも面白いので、ついついその感想を書きたくなってきたというのが今現在です。

というのも、難しい難しいと言われている女神転生シリーズですが、今作は最初から一番難しい難易度である「大戦」が選べる仕様となっており、 何も考えずにその難易度を選択したところ、さほど苦労せずに終盤まで来れてしまっているのです。おそらく過去作からのファンであればそれほど難しくないと思われる「大戦」ですが、では如何に苦労せず進められているのか、その一例を攻略というわけではないのですが、列挙してみようかなと思った次第であります。

ちなみに今作の難易度大戦が一番難しいとされていますが、他2つの難易度も難しいと定義されています。

 - 対立:女神転生シリーズ未プレイ者にとって難しい難易度
 - 戦争:女神転生シリーズ経験者にとって難しい難易度
 - 大戦:死のスリルを追求したい人にとって難しい難易度



が、しかし、上記に書いた通り、私は声を大にして言いたい、
大戦は決して難しいわけではないということを。

極端な話、最近のメガテン、取り分けプレスターンバトルが導入された以降は基本パターンゲーなわけです。相手の弱点を突きまくる事、そして弱点を突かれずにブロックか回避か吸収か反射すること。そうやって自分の行動回数を増やしつつ相手の行動回数を減らすのが鉄則です。これが全てと言っても過言ではありません。プレスターンを制するものが真・女神転生4FINALを制すということです。

ではでは、ネタバレ要素もあるので、続きは折り畳んでおきます。大戦は難しい、大戦でプレイするのはちょっと怖いというような人には是非読んでいただきたいです。但し、あくまで個人のプレイ内容を列挙するだけですので、これが攻略方法の全てではありません。もっと効率の良い方法もあるでしょう。その辺りはご了承ください。
ただ、レベル40くらいまで防具が普通に売ってることを知らずに勝手に大戦で初期防具縛りプレイしてもそれほど苦労しなかったので、あながち間違ってもいないと思います。


そういえば、サントラ出ましたね。



では、大戦の攻略内容は続きからー 続きを読む

2016年週刊スピリッツ13号ざっくり感想

2016/02/22 週刊スピリッツ13号のざっくり感想となります。
真・女神転生4FINAL絶賛プレイ中のため漫画を読んですらいないので更新が滞っております。
面白いよメガテンファイナル。難易度大戦でやっていますが大して苦労せずに進んでいます。最近のメガテンは戦闘をパターンで9割9分完封出来るんで先制を取ることを忘れなければほとんど苦労せず瞬殺できます。不意に沸いてきたり空から降ってきたりして避けられないパターン以外はこれで問題無し。先制取られたら死ぬ可能性が高いので祈る、それだけ。あと今回ハマとムドがダメージになっており(4もだっけ?)、特にハマに弱い悪魔が非常に多いので困ったらハマ連発してるだけでなんとかなったりします。
主人公は魔速全振り、スキルは四属性とハマとエナジードレイン持っておけば大体弱点つけるのでどうとでもなります。というか物理が2属性しか無いから明らかにこっちが使うには物理じゃ弱いんだよな。使われるとクリティカルくらいまくってあっという間に死ぬけど。というわけで大戦でプレイ中なのでお困りの方はご相談ください。マッカが足りない?足で遺物探して稼げ!悪魔全書は使うな!武器もほぼ使わないから買うな!


いきなり全然関係ない話題で始まりましたが今回も適当にいってみましょー


■土竜の唄(500回記念巻頭カラー)
  本編の内容以前に500回記念に寄せられた寄稿の数々が素晴らしい。楳図かずお、ちばてつや、さいとうたかを、かざま鋭二、高橋留美子、弘兼憲史、三田紀房、福本伸行、月子、とがしやすたかという豪華作家。500回って確かにすごいよな、10年だもんな。中学生が大学出るまでやってるんだから。本編は拷問始まりました。
  
■あさひなぐ
  いつの間にか絆が深くなったなあ。なにより一堂に正面切って「かわいそう」と言えるほど強くなった旭が素晴らしい。
  
■アオアシ
  なんという典型的な展開。
  
■世界はボクのもの
  よくわかってなかったけどアッパーに合せてその力を受けたままストレート出してんのか。こんなこと出来んの?格ゲーでも出来なさそうだぞ。
  
■村上海賊の娘
  どう見ても無謀。ってか馬なんて持てるのかよ。この時代はサラブレッドはいないから小さい馬のはずだけどそれでも数百キロはあるだろうに。
  
■しあわせアフロ田中
  戦場ヶ原さーん。
  
■忘却のサチコ
  飲んだ後の茶漬けはどうしてあんなに美味いのだろうか。
  
■団地ともお
  やさしい顔とおだやかな顔って言ってる時点で区別つかないって言ってると同意なんだよなあ。
  
■かなたかける
  うーん、面白いんだけど、あまりにもストレートにくさすぎるんだよなあ。その分怠惰な先生が光っているというか。小学生編はさっくりやって一気に大学駅伝編とかやったりするのかな。
  
■僕はコーヒーがのめない
  1kgの鉄アレイをまっすぐ持ったまま一時間ってとこか。無理。
  
■WILD PITCH!!!
  おおっと、少しは予想したけどまさかの展開に。
  
■アイアムアヒーロー公式アンソロジー 8 TALES OF THE ZQN (伊藤潤二)
  さすがに面白いなこれ。早いゾンビと遅いゾンビ談義もまた面白い。ゾンビは遅いけど疲れ知らずで永遠に襲ってくるところに恐怖があるに一票。集団ゾンビよりも1匹のゾンビに次々殺されていく話の方が面白いと思うんだよな、ホラーとしては。エイリアンも初代が一番面白いじゃないか、展開遅いけど。大量ゾンビは単なるアクションだし。
  
■100万円の女たち
  こんなにお金もらえるなら僕も家政夫したいです。
  
■夕空のクライフイズム
  最後の日というのは最終回ということか!?
  
■くーねるまるた
  いやいや、缶詰でサッカーとか絶対缶がべこべこになるでしょうよ。。。
  
■トクサツガガガ
  そうなんです、続けるコツは頑張らないで自然とこなせることなんです。だからこのサイトも適当に力抜いて更新しています。それ以上に、料理談義が非常に良かった。適当に作った「名付しがたき炒め物」とかよくありすぎて笑った。普段する料理なんてレシピなんて見ないで適当に感覚で作るからなー。
  
■ふろがーる!
  そういえば富士山って飛行機からしか見たことないな。
  
■王様達のヴァイキング
  勝負決める時はあっさりでいいね。
  
■させよエロイカ
  なんだよ覚醒ってwwwwwwwwwwwwwwww意味わかんねえwwwwwwwwwwwww
  
■シェアバディ
  このシチュエーションはめんどくさいのもわかるけどうらやましい気持ちもある。
  
■天そぞろ
  これサービスカット描きたかっただけなんじゃないか?
  


ケンガンアシュラ 0巻 - 拳願絶命トーナメント参加者の過去を描く!

nemusame_20160213_003
ケンガンアシュラの拳願い絶命トーナメント参加者の過去を丸裸に!トーナメント2回戦へ向けてその期待を高めろ!

ケンガンアシュラは今の時点でどれほど周知されている作品なのでしょうか。裏サンデーで連載しているWebコミックゆえ、いまだその知名度はそれほど高くないと思っています。しかし、私は声を大にして言いたい。

グラップラー刃牙の地下最大トーナメントが好きな人は絶対に心から楽しめる作品がケンガンアシュラである!

ということを。

ぶっちゃけてしまうとバキの最大トーナメントのまるパクリなのですが、作者たちがそれに対して最大のリスペクトをしてるのが窺えるのがケンガンアシュラ・拳願絶命トーナメントなのです。バキの中でも最も人気のある最大トーナメント、その魅力は闘技者ひとりひとりにフォーカスを当て、しっかりと掘り下げた上での白熱したバトル展開です。正直主人公であるバキの戦いよりも、力こそパワーの天性の喧嘩士花山薫対天才空手家愚地克巳のバトルだったり、単なる暴走族柴千春対プロボクサーアイアンマイケルだったり、達人渋川剛気の戦い全てだったりと、そのひとつひとつが名勝負となっています。例を挙げただけで、他にも白熱のバトルが数多くあるのがバキの最大トーナメントです。

それを再現しているのが拳願絶命トーナメントなわけです。闘技者とスポンサーの関係があったり、スポンサー同士ではそれはそれでまたバトルがあったりと盛り上がる要素は盛り沢山です。キャラの掘り下げももちろんですが、決着がつくまでどっちが勝つかが本当にわからないところも素晴らしい。明らかに勝敗が決しているようなものもありますが、ほとんどは一進一退の攻防を繰り広げた結果一枚上手の方が勝つという展開です。なので絶対ネタバレしてはいけない作品とも言えます。それくらいバトルが面白いし、展開が読めません。

そんな最高に面白い拳願絶命トーナメントも1回戦が終わり、続いて今回紹介する過去編が開始されました。正直なところ、そんなことするくらいならとっとと2回戦を始めてくれと思ったわけですが、開いてみるとこれまたなかなか面白い。1回戦の箸休め、そして2回戦へ向けて期待を高めるのに十分な面白さでした。

特に闘技者だけでなく、拳願絶命トーナメント主催者の片原滅堂の話が面白かった。あのじいちゃんも色んなことあったんやね。

掲載されたキャラは、

 - 今井コスモ
 - 若槻武士
 - ガオラン・ウォンサワット (+鎧塚サーパイン)
 - ハサド
 - 英はじめ
 - 片原滅堂 (+呉恵利央)


となりますが、やはり片原滅堂の話が一枚頭抜けてる感じです。滅堂の話に加えて呉一族の話が出てくるのもポイントが高いですね。

そして最後にカバー裏の「大学時代の秋山楓」がポイント高しッ!!見逃すなッ!!


15巻の感想はこちら (ケンガンアシュラ 15巻 - 拳願絶命トーナメント2回戦開始!激突する今井コスモと阿古谷清秋!!)

眠気覚め度 ☆☆☆☆

「だがしかし」の真髄はほたるちゃんのおっぱいにあり!4巻編

お待たせしました、「だがしかし」のおっぱい特集4巻編です。Kindle版は年明けに出てたのですが、手間が掛かるやらめんどくさいやらでここまで伸ばし伸ばしにしてしまいました。


さあ、合言葉はいつもどおり、

ほたるのおっぱいおっきい。。。

です!!

1巻はこちらから(「だがしかし」の真髄はほたるちゃんのおっぱいにあり!1巻編)
2巻はこちらから(「だがしかし」の真髄はほたるちゃんのおっぱいにあり!2巻編)
3巻はこちらから(「だがしかし」の真髄はほたるちゃんのおっぱいにあり!3巻編)


Dagashikashi_04001

おっぱいは続きから!!

続きを読む

2016年週刊スピリッツ12号ざっくり感想

2016/02/15 週刊スピリッツ12号のざっくり感想となります。
真4FINALが面白すぎて漫画を読む暇も無い昨今ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。合間になんとかスピリッツを読むことをねじ込みました。ゲームやって漫画読んで合間に寝たり仕事したりホント大変ですね。

それでは今回も適当にいってみましょー


■白暮のクロニクル
  巻頭カラーだったので久しぶりに読んでみたけど、これもしかして羊殺しがわかったら終わるのか?
  
■恋は雨上がりのように
  辛い恋ばっかしてんなこの作品のキャラは。
  
■しあわせアフロ田中
  こんなエロ全開じゃムードもへったくれもねえな。
  
■アイアムアヒーロー
  うーんこの、まあ展開してるだけいいか。
  
■アイアムアヒーロー 公式アンソロジー 8 TALES OF THE ZQN (水沢悦子(うさくん)編)
  ただのうさくんのエロ漫画じゃねーかwww アイアムアヒーロー全然関係ねえw こじつけwww
  
■WILD PITCH!!!
  おっと、次週もうドラフトか。
  
■くーねるまるた
  大量に食べたければ作った方が安いのかな、納豆。
  
■かなたかける
  うーん、バカにはしてるけどなかなか面白い展開だよなこれ。
  
■土竜の唄
  あまりにも読めすぎた展開でまさに王道中の王道。最後の方で月原が出てくるんでしょ?
  
■トクサツガガガ
  「もしかしたら小野田君も私も存在しないのかもね…」とは哲学過ぎて吹いたわ。
  
■アオアシ
  地味に記者の子がおっぱい大きい(本編に触れろよ
  
■団地ともお
  詐欺ってるね!
  
■忘却のサチコ
  あれ、小林くんが成長している…!?
  
■ふろがーる!
  このツーリング風呂巡りはホント行きたくなるな。部屋風呂回や銭湯回よりも断然面白いからこっちメインにしてほしい。
  
■村上海賊の娘
  おー、戦争始まると面白いなー。
  
■100万円の女たち
  イミフ。展開遅すぎるねん。
  
■DRAGON JAM
  いつの間にこんなに強くなったんや給食当番。
  
■僕はコーヒーがのめない
  なんというか、自立しろ。
  
■させよエロイカ
  この作品に嫌悪感を抱いているせいか、エロいはずなのにただただ汚く見える。
  
■夕空のクライフイズム
  くそ、監督カッコいいな。普段温和な人がキメる時ビシッとキメる姿は本当にカッコいい。
  
■ダンス・ダンス・ダンスール
  今年のこのマンガがすごい上位候補。だけどこの掲載順は一体。やっと本気になって話も本筋立ってきて面白くなってきたぞ。

■天そぞろ
  まだどこにも書かれていないけど打ち切りまで秒読みに違いない!!
  


最近読んだ続刊ざっくり感想 - 20160215

はい、たまりにたまった続刊ざっくり感想です。最近は割りと感想書けるものも多いのですが、そうでないものもやはりあったり。 でも久々ですねこの方式、11月以来。

それでは適当にいってみましょー。


■あれよ星屑 4巻

重い話から明るい展開まで、特に後半は戦後を乗り切るために色々やっていく感じで面白くなってきたねえ。いつまでも過去に縛られず、未来、高度経済成長へ向けての話が展開されることを今後期待。



■達人伝 ~9万里を風に乗り~ 11巻

戦争始まってスゲー面白くなってきた。



■魔法少女プリティ☆ベル 18巻

偽ジロウ編完結。でたらめに強かったなあ。だけどなかなか話が展開しないなあ。



■リバースエッジ 大川端探偵社 6 巻

こういうオムニバスはとにかく感想が書きづらい。でも老人カップル高校生の話は頭のネジがどっかぶっ飛んでる。



■岡崎に捧ぐ 2巻

安定して面白いね。だけど中学生編に入ってゲームネタは減ったね、思春期ネタが増えたね。面白さは変わらないね。



妖怪番町 3巻 - いつもの柴田ヨクサルです

nemusame_20160213_002
相手が人間から妖怪に変わっただけのバトルものはいつもの柴田ヨクサル節炸裂!!

うん、いつもの柴田ヨクサルです。本当にいつものです。最終的にはやっぱり人間が強いという結論に陥りそうな柴田ヨクサルです。それ以上でもそれ以下でもありません。

そもそも、ハチワンダイバー連載中もそこはかとなくバトル展開を繰り広げたい感がまんまんだった柴田ヨクサル。最終的には将棋をやってる裏でガシガシ普通にバトルしまくってるという異例の状況でした。ってかそんなにバトルしたいなら将棋も殴り合いで表現したらいいんじゃないかと思った次第です。ああ、実際ほとんどそういうものだったか。

新作の妖怪番町はそんなバトルしたいしたい病の柴田ヨクサルが欲望の赴くままにバトルシーンを書き上げてる生粋のバトル漫画です。1点今までと異なるのは、敵が人間じゃないということ。カラスの化物だったり、カニの化物だったり、カエルの化物だったり、モグラだったり、カッパだったりです。その点がいつもと違うなと思ったり、そういえば対化物戦っていままであんまりなかったなと思ったり。でもこっちは基本人間だから結局は人間が戦ってるのとあまり変わらなかったりするのだけれども。

とはいえ、そんな化物と戦ってて面白いのが、倒した化物を次々と使役していくところ。柴田ヨクサルのことだから、単純に力のインフレだけじゃなくて序盤の妖怪を後半でうまく使ったりしそうな感じがワクワクする。カニで狙撃したりカラスで移動したりね。そのあたりは期待できそう。


結論としては、やはりいつもの柴田ヨクサルなので、これまでが好きだったらそれなりに楽しめるでしょうし、ハチワンダイバーみたいな将棋の熱いシーンのような展開が好きなら受け入れられないところでしょう。個人的には好きだけど、あんまり面白いと思わないでくだらないという感じで読んでるかも。バキと同じ。
あと全然関係ないけどハチワンダイバーの最終2巻の表紙が合わさる感じが好き。


4巻の感想はこちら (妖怪番町 4巻 - ヨクサルワールド全開ではあるが。。。)

眠気覚め度 ☆☆☆

バキ外伝 疵面 - スカーフェイス - 7巻 - 遂にGMと決着!

nemusame_20160213_001
えっ、何年も待たせてこの決着?いいのこれで?

ってか花山全然何もしてないやん。これじゃGMがまるで単なる小物にしか見えない結末だぞ。うーん、他のキャラ相手ならそれでも良かったかもだけど、ここまで大物ぶらせておいて結局花山を苦しめたのは狙撃とかそういうのだったっていう、なんというか盛り上がりに欠けるというか。

とはいえ、花山が活躍していないだけで、GM戦自体はそれなりに見所があるかも。いや、そんなに盛り上がらなかったからそんなに無いかも。最後への持っていき方がなー、なんかなー。全然根拠無くいきなり逆転したって感じで「すげぇッ!」って感じにはならなかったんだよな。うーん、やっぱいまいちかも。


結局今回の最大の見せ場は、
nemusame_20160213_000
これかあ。



眠気覚め度 ☆☆

スピリットサークル完結!!
今のイチオシ!!
少し前のイチオシ!!
結構前のイチオシ!!
タイムリープサスペンス!!
ゲームとギャグが好きなら!
漫画もいいけど山賊もね!
Twitter
日々読んだ漫画の感想を中心に記事を更新していく予定です。例外はあるかも。 記事更新と同期していますので、フォローしていただければ随時通知されます。
記事検索
応援してますその1
応援してますその4
応援してますその5
2016年12月発売のオススメコミック

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ