僕だけがいない町 6巻

色々と書きたいことがあるけど、どれ書いてもネタバレになってしまうので何も書けない!!

「僕だけがいない町」 6巻 が昨日発売されたので読みました。
7/4(土)発売だけど当日の日付が変わった頃には既にKindleにダウンロード済み。これがKindleのいいところやね。
もしかすると、土曜発売なのでまだ書店に並んでいない可能性も?週明けかも。

公式サイトを見たところ、まだ最新刊の表記が5巻でした。怠慢なのか、それとも次の実営業日に更新されるのか。
「僕だけがいない町」公式サイト

いやホント、色々書きたくなりますが、何ひとつ書けません。全部ネタバレになります。
既に5巻まで読んだ方なら、5巻の最後の衝撃的展開を見ているはずなので冒頭の予想はつくと思いますが、
いやはやどうしてこんな結果になるとは。
書いてもいいか悩むところですが、唯一言えることといえば
「遂に作品のタイトルに繋がった」
ということくらいです。へたしたらこれもネタバレになるかも。
これは読んだ人間にしか、その面白さは伝わらないと思います。是非。


先ほど貼った公式サイトのLinkを辿ればどんな作品かわかると思いますが軽く説明しますと、
アラサーの主人公はリバイバルという周辺で事件・事故が発生した際に、その瞬間の時を戻してしまい回避させてしまうということ不可思議な能力を持っています。
例えば、誰かがトラックに轢かれてしまうという状況が発生した時、直前に戻って主人公の行動次第でその事故を回避してしまうなどなど。

そして大事件が発生し、リバイバル発生を強く強く願った主人公はなんと小学生時代にまで遡ってしまうのです。
リバイバルの時はそれまでの記憶は残っていますから、当然、頭の中身はアラサーのままで小学生のやり直しです。
何この強くてニューゲーム。こんなこと出きるなら俺もやりたいわ。
というわけでスーパー小学生(知能がアラサーのまま)になった主人公は、小学生時代まで戻ってしまった原因となる事件の解決を目指し、小学生ながらに色々と動き回っていくのです。

まあ実のところ、その時代まで戻ってしまう理由等の伏線はもちろん貼ってあっての作品なので上記に書いた以上に深い内容ではありますが、なんせこの作品はネタバレしては面白さが半減してしまいますので。

個人的にも5巻のラストは衝撃的だったし、あの見開きページを携帯の待ちうけにしようかと思うくらい好きなページでした。記憶無くしてもう一度読めるなら読みたいくらいの作品です。
サスペンスとして、推理ものとしても無理が無いし、読んでてぐいぐい引き込まれていきます。それと主人公のお母さんが素敵すぎ。


ホント6巻も続きが気になる!次は年末か年明けくらいでしょうが、今から楽しみです!


7巻のレビューはこちら (僕だけがいない街 7巻 - 動き出す最後の戦い)

眠気覚め度:☆☆☆☆☆ 

Kindleで購入可能な電子書籍、そのメリット/デメリット

前回も書いたように、私はAmazonのKindleを使用した電子書籍は、既に紙媒体に置き換えられても十分だと考えています。
ですが、やはり紙には紙のよさがあるというのも事実です。

極端な例を出せば、人間の有史以来、記録媒体というのは進化と共に保存可能な量が増加すると共に保存可能期間が減少しているとも言われています。
簡単に書くと、

 岩 → 竹 or パピルス → 紙 → 電子媒体 (フロッピー、CD、MO、HD等々)

岩に刻まれたメッセージから、植物を利用した書簡、そして人類の大発明の紙。
そして電子関連の発明が進んでから、電子媒体が登場します。
媒体を見るとわかるとおり、保存できる量が増えるにつれて、保存期間が短くなっています。
正直なところ、何百年も先まで残したいのであれば紙媒体のものを持っておくべきでしょう。
しかし、人生80年。データを消しても再度取得が簡単な電子媒体は人生を全うするまでには十分持つでしょうし、何よりもしも電子媒体が取得できなくなるようなことがあるのは、Amazonが無くなるか文明が無くなるかだと思われます。
何より、Amazonが続いて市場規模が大きくなるにつれ、Amazonがなくなっても事業がどこか継続したり、そもそも今後電子書籍のFormatが全て統一されるかもということも無いとは限りません。
ですので、Kindleを使ってる限り一度購入したものが無くなるようなことは無いと考えています。

というわけで、保存期間等についてはあまり気にすることはないかと。
記憶便りで書いた前置きはここまでとして、以下、自分が実際に使用した上でのメリット/デメリットを記載していきます。

■Kindleのメリット
  - Wi-fi環境があればどこでも購入可能。国内でも国外でも。
    実際、韓国や中国への出張の際に持っていっていたのですが、ホテル内のWi-fiでも繋ぐことが可能です。

  - その場で購入して、すぐに読むことが出きる。

    ダウンロードが終わればすぐに読むことが出来ます。例えば、1巻だけお試しで読んで、続きが気になったらすぐに2巻の購入が可能です。

  - 予約注文しておけば、日付が変わった瞬間にダウンロードが開始されるので、店売りよりも早く読むことが出きる。

    夜更かしする人にはこれは嬉しいです。紙と同時発売の新刊を、日付が変わってすぐに読むことが出来ます。発売してからのスピード感を求める人へ。

  - 多くの漫画には割引が付いている。

     新刊だとしても、多くの漫画が10%や20%引きになっています。なので店よりも安く買うことが可能です。
     もっとも、中古ほど安くなるわけではありませんが。
     しかし、セールのタイミングによっては、全巻100円だったり1巻だけ無料だけだったりもよくあります。
     タイミングさえあえば、安く購入することも不可能ではありません。

  - クレジットカードを登録しておけば、購入が1クリックで可能。

    これ、何気に凄いことです。通常、通販で購入するときは、その度に確認画面に移行してどうのこうのと多少時間は掛かります。
    ですがKindleではたった1クリックで購入が完了します。また、間違って押してしまった時はすぐにキャンセルが出来ます。
    この1クリックで購入の容易さ、これがなかなか危ない。すぐにポンポン買えてしまうので、楽しくなって読みもしないものも次々に購入してしまいそうにもなります。

  - 度々更新される無料コミック/無料雑誌。

    月1か月2くらいのペースで、無料コミックが用意されます。これはお試し版として1巻まるまる読めるものであり、面白ければ続きを購入してねというものです。
    なので、無料で新しいコミックを読む機会を得ることが可能なわけです。これもなかなか危ない。ついつい続きを購入してしまいがちです。
    また、それなりの数の無料雑誌が提供されています。特にグランドジャンプ等は、最新号が2週間遅れくらいで無料で配信されます。さらに、一度購入しておけば、最新号が配信される度に自動的に配信されます。
    正直、私は全ては読みきれていません。ですがこれも、新しいコミックへの導入となります。いやー、うまいですね。

  - Kindleひとつを持ち歩けば、購入した本全てを持ち歩けることに。

    言葉の通りです。全てKindleに入るのでKindleだけ持ち歩けばどこでもいつでも全て読むことが出来ます。
    もちろんKindle自身の容量もありますから数には制限がありますが、最新のKindleでは64GBのような大容量もありますので500冊から1000冊ほどはKindleに入れておくことができます。
    漫画は大体一冊50MBから100MBほどですので、それくらいの数は入ることになります。
    容量が多すぎた場合は、すぐに読まないものはKindleからは削除しておいて、あとから再度ダウンロードすることも可能です。


■Kindleのデメリット
  - Kindle自体が多少重い

    Kindleはタブレットですので、当然紙の本よりは重さがあります。
    なので、仰向けになりながら読んでると少し疲れるかも。 

  - 解像度がよくない場合がある
    普通に読む分には紙媒体と同じように読めるのですが、たまになりますよね、コマ外にある小さな手書き文字とか。
    ああいうのを読むためにズームアップして表示しても、文字がつぶれて結局読めなかったりする場合があります。
    これは電子媒体の宿命ですね。解像度の高い画像にすると容量が大きくなってしまうし。
    それと、サイズがKindle任せになってしまうので、そもそも本のサイズが紙媒体と違うとしても、同じ大きさになります。ジャンプの雑誌で読むかコミックで読むかみたいな違いが。
    なので、致し方ないことなのかと思ったりも。
    こういう仕様なので「うめぼしの謎」とかだったら電子媒体はキツいだろうなあ。あれ、そもそも回りの落書きをきちんと読ませるために普通のコミックとはサイズ変えて出してたわけだし。

  - 人への貸し借りが難しい
    紙媒体のようにポンと貸すのは難しいです。貸し出している間は手元にKindleがありませんし、
    クレジットカードを登録しているので、勝手に使われてしまう可能性もあるので、オススメしません。

  - カバー裏のデザインが無いことが多い。
    何気に痛いのがこれ。基本的にはカバー裏はカバーの絵がそのまま描かれていますが、ものによってはカバー裏だけに色々裏話が書かれている作品も多いですよね。
    これが無い作品が多いです。「おおきく振りかぶって」とかは無かった気がします。
    しかし、ものによってはあるものもあるので、出きればこれからそれをスタンダードにしてほしいところです。

  - 帯も無い。
    これもものによっては帯に色々とある場合がありますが、一切無いです。あるものは見たことがありません。
    ここを気にする人には厳しいかも。

  - 限定版を買えない、限定版デザインのカバーも無い
    限定版には本以外のものが付属しますから、当然といえば当然かと。
    本体自体は差が無いので中身だけ見る人なら問題ないでしょうが、ファンならこだわることかと。
    自分は少女ファイトの限定版をずっと買っていたのですが、Kindleにしてから諦めました。
    (少女ファイトのカバーは基本女性キャラだが、限定版のカバーは男性キャラになっている)
    ただ、アニメDVDが付いてきた山賊ダイアリーの6巻はKindle版と限定版両方買いました。ファンならここまでやるべし。

  - 紙じゃない!
    一番のデメリットはここですね。長年紙の本に親しんだ人類としては違和感があるでしょうし、手元には紙の本を置いておきたい、本棚にズラッと並べるのが楽しい、という方も多いでしょう。
    そこをどうしても実現したい人に取っては、、、電子媒体はやはり何もできません。物理的に欲しいならやはり紙を買うしかないです。
    とはいえ、、、Kindleも表紙表示でList表示できるのでそれはそれで壮観ですよー。



というわけで、やはり紙にこだわりにある人には紙媒体の方がいいと思います。 
が、こだわる作品以外はKindleでもいいのでは、その方が少なくとも私にメリットはありました。
やはり数を購入したり、家から移動する機会が多い人にはKindleオススメです。
私は仕事の出張が多かったので、どこでもいつでも使用可能なKindleは大活躍しています。
家でも、移動中の電車の中でも、空港の待ち時間でも、出張先のホテルでも使っていました。
あとおそらく、紙媒体だと置く場所が無いという方にも有効に使えるでしょう。

どうしても紙!というこだわりがなければ、Kindleの購入を考えてみることをオススメします。 

 

Kindleと電子書籍、なかなか使いやすくなってきていると思います

ここ数年、電子書籍が段々と普及してきていると思います。
それというのも、やはり通販最大手のAmazonが電子書籍販売に大きく乗り出していることにより、
新規電子書籍ユーザがより参入しやすくなっているからというところが大きいでしょう。
正直、私は通販サイトは主にAmazonしか使ったことがなく、 かつそれだけでも十分満足していました。
というのも、通販で買うのは近場で見つからない漫画やゲーム、CD/DVDくらいしかないからというのもありますが。

Amazonが電子書籍を展開する前から、様々な電子書籍並びに電子コミックは展開されていたと記憶しています。
だがしかし、その中身はそれこそその電子コミック限定の作品だったり、
はたまたマイナーな作品だったり、どうにも食指が動かないところだったような気がします。
過去のことであり、私も使用したことが無いので、詳しくは調べていません。記憶便りです。

とはいえ、そこに参入したAmazonは、既存の作品をどんどん電子書籍化していきました。
現在、コミックだけでも10万冊以上の作品が展開されています。
あくまで電子化されてるのは出版社や作者が許可したものに限られていますので、
もちろんどんな作品でもあるというわけではありません。
それでも昨今の作品は多くが販売されていますし、また時間とともに過去の名作も次々と追加されています。
ですので、作品の数ということでは、ゆくゆくは紙媒体コミックと大差無いものになっていくでしょう。 

となると、紙と電子の媒体のメリット/デメリットの差異さえ考えなければ、電子書籍に乗り換えも十分にありだということです。
まあ、その差異こそが、紙ユーザを電子媒体に移行させない理由だとは思いますが。 


私は1年半程前に基本的な漫画購入は全てKindleの電子書籍に切り替えました。
それまで大体1ヶ月に20~30冊の新刊を買っていたのですが、その生活を5年ほど続けた結果、
余裕で1000冊を超えていました。本棚も飽和に飽和を重ね、住む部屋によっては床が抜けることも危惧する必要があったでしょう。
引越しを機に、半分ほどを人にあげたり売ったりしました。それでも500冊ほど残っています。
どうしても手放したくないものだけ選んでもこの数。そして結局引越してからも荷解きされず、ダンボールに眠ったままの漫画たち。

Kindle購入後、毎月以前と同じ数かそれ以上購入していますが、電子書籍なのでもちろん場所をまったく取りません。
また、Kindleひとつを持ち歩くだけで全ての電子書籍を持ち歩くことになります。
つまり、紙媒体から電子書籍媒体になったことで本のスペースが無くなり、管理もデータで可能になるということです。

私としては、これだけでも十分に大きなメリットになりました。
まだまだメリット/デメリットはありますが、続きは次回にでも。


 
スピリットサークル完結!!
今のイチオシ!!
少し前のイチオシ!!
結構前のイチオシ!!
タイムリープサスペンス!!
ゲームとギャグが好きなら!
漫画もいいけど山賊もね!
Twitter
日々読んだ漫画の感想を中心に記事を更新していく予定です。例外はあるかも。 記事更新と同期していますので、フォローしていただければ随時通知されます。
記事検索
応援してますその1
応援してますその4
応援してますその5
2016年12月発売のオススメコミック

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ