BAMBOO BLADE C 5巻 - 天才と凡才

過去作品の主人公対本作の主人公、勝つのはどっちだ!?

バンブーブレード という剣道漫画は、実は今まで作画を変えて3シリーズ出ています。

BAMBOO BLADE :  室江高校を舞台に、部活の剣道、仲魔との交流を描く
BAMBOO BLADE B : 飛鈴中学を舞台に、部活を通して試合に勝つ為の練習と勝ち上がる為の心の成長を描く
BAMBOO BLADE C : 本作。中学で全国2位になり一度剣道を諦めるが、一心不乱に練習を続ける仲魔に影響を受け、再び日本一を目指す


そしてこの5巻では、全国大会トーナメントの場で遂に初代主人公の川添球姫(たまき)と本作の主人公の朝比奈希輝(きき) が激突します。

川添球姫は紛れも無い天才。家が道場、母親も剣道家だったことから、生まれて以来自然と剣道に触れていく。
本人に自分が強いという自覚も無ければ、大会で勝ちたいという自尊心も無い。しかし、部活の仲魔と交流を続けていくうちに団体戦による勝利の嬉しさや皆の声援を受け、優勝を目指すこととなる。

一方、朝比奈希輝は、一般の家庭で育つも幼少より剣道を初め、その才能を見出されて家族一丸で応援される。それにより本人も焚きつけられて日本一を目指すようになり、毎日の剣道漬けの生活を過ごしていく。
つまり、一般人から見れば十分天才に見えるが、それ以上に人生を剣道に捧げてきた努力型と言える。(もちろん才能もあるのだろうが) 

 
その二人が激突するわけです。
正直、どっちにも勝ってほしいし、どっちにも負けてほしくないところです。
シリーズのファンなら尚更でしょう。しかもどっちが勝ってもおかしくないのがこのシリーズですし。
この5巻では決着が着きませんので、時間が楽しみなところです。

とはいえ、どっちが勝ったにしても、次に当たるのが本物天才の斎村カグヤなのでどっちが進んでも負け確定なんですよね。
この大会にはこの二人のさらに上をいく天才、榊心と斎村カグヤがいるわけですから、球姫の優勝も希輝の優勝もないはずです。
というよりも、ここで二人のどちらかが優勝してしまうと、天才たる理由をしっかりともっている榊心と斎村カグヤの全てが壊れてしまうので。

今回、天才と凡才の比較で書かれていますが、才能とかは実は関係ないんですよね。
それよりも、どれだけの時間を剣道に捧げられるかというのが天才か凡才かの境界になっています。

球姫は生まれたときから剣道が生活の一部になっていた。
榊心はその球姫以上に練習を続けていた。(ちょっとこの辺、初代バンブレが手元に無いので正確に確認できません)
斎村カグヤは一度練習を始めると身体が壊れるほど続けてしまう。手のマメひとつとってみても、ひたすら練習を続けた希輝よりもひどい。


それに対して、希輝はまるで一般人代表のような。上記3人と希輝の違いは、日本一を目指すという俗物的だが人間として最も単純で純粋な目的があるかどうかなんですよね。

やれ生活の一部として人生を捧げているかのようだったり、ひたすら楽しいからという理由で続ける3人とはやはり意識が違うわけです。
そして真に強くなれるのは、3人のような思考ということですね。
 

この5巻には、もの凄く悔しいという素晴らしい表現があるのですが、それが最近終わったグフタの鉄風と少し被ってしまって。
努力しても適わず、猛烈な悔しさを表現するというのはやはりグッときます。それがあってからこその勝利だと思うので。
それで、記事を書いてて思ったのが、この剣道をするということの目的の違いが鉄風と共通するかななんて。

鉄風の方も、主人公の夏央は相手をへこましてやりたいという理由だけで格闘技を覚えていく努力家です。
それに対して、ライバルのゆず子はひたすら楽しいから格闘技をしているだけ。勝利なんてあまり関係ないんです
これが今回の希輝と3人の天才と被ってしまって、ああなるほどなと。
ということは、しっかり設定も面白い構図になっているということか。


うーん、続き気になる。

眠気覚め度 ☆☆☆


 

将太の寿司2 打ち切り完結!二人の将太が織り成すファンタジー!

少なくとも将太の寿司全国大会編よりは面白かったのに残念

僕、好きなんですよ、将太の寿司。くだらないお涙頂戴話や、料理漫画にありがちなオーバーな表現、後出し勝ちのお決まり料理勝負、そして人間をやめている東北の竜こと大年寺三郎太。 

この大年寺、何がすごいって
あまりにも寿司を握るスピード速くてまるで腕が増えたかのように見える千手握りという特技を持っていたり、 
食材を獲るために真冬の海に潜ってタコを捕まえた上に、寒がるどころか勝負の闘気で一気に身体を乾かしたり、
かなり遠い会場まで渋滞をものともせず走ってきて登場したり、
電車に轢かれた翌日にコンテストに出場してアンコウのつるし切りを披露した上に勝利出来たり、 
食材を獲るために海に潜ってウツボと格闘した末に勝利してそれをメインの食材として出したりと、

まさに人間をやめているんです。 

この大年寺、将太の寿司セカンドの最終巻第4巻で遂に出てきます。
出てくるのですが、、、特に目立った活躍無くがっかり。


さてさて、話をダブル将太の寿司に戻しますと、最近ありがちな過去作の続編ものです。
初代将太の寿司の主人公が関口将太
将太の寿司2の目立たないサブ主人公が関口将太朗
そして将太のライバルだったサージェントこと佐治安人の隠し子兼主人公の佐治将太

そんな若い2人がそれぞれ将太朗が日本で、将太が海外で寿司を巡って大活躍ということだったのでしょうが、
惜しくも打ち切り獄門。
おそらく、4巻冒頭の「フランスの料理屋に認められて就労ビザをゲットするぞ」という話の頃から打ち切りが決まっていたのでしょう。
だって、ビザの話が凄い投げやりで終わってるもん。

しかもその後に日本で大会をやるとなったら、大年寺三郎太を出した後に出るわ出るわ過去の面子の2世共が。
うーん、やっつけ感、過去の遺産食い潰し感。たまんねえ。
これ、自分みたいな生粋のファンなら大喜びなんだろうけど(実際爆笑した)、思い入れ無いと全然面白くないよな。
そのせいで新規お断り、ファンにも賛否両論となったようです。
とはいえ、そんな食い潰し感も打ち切り決まったあとから出てきたような。

実は1巻から3巻まで、そんなに悪くなかったと思うんですよ。
新しい発想を持つ佐治将太が、自分の価値観を押し付けるわけでもなく、寿司を受け入れられないフランス人にその食べ方、美味しさをひとつひとつ手間隙かけて教えたりしてるし。
作中でもあったけど、もしかしたら読者自体が寿司という固定観念にとらわれてしまっていて、結局「こんな寿司ありえねえよ」と感じてしまい、共感を得られなかったのではないでしょうか。
確かに、作中の寿司はどれもこれも味のイメージ沸かなかったし。
普通の寿司ネタは散々初代将太でやってるから、そういった変わり寿司とかになってしまうしねえ。
 
ものは悪くないけど、受け入れられなかった作品だと思います。惜しい。ニッチでマニア向けか。
続編ものはそれだけで受け入れられないという人もいるでしょうし。
意外と続きが楽しみだっただけに残念。

もうあれだよ、次は大年寺三郎太主役の作品にするべきだよ。
タイトルもずばり「大年寺三郎太」で、寿司握ったり暴走する車から子供を助けたり、ヤクザの抗争に巻き込まれて両成敗しちゃったり、凶悪犯罪集団を壊滅しちゃったり、富士山の噴火止めたり、大地震を止めたり、火星に行って星開拓したり。
で、事件解決したらおもむろに寿司を握って妙なうんちく語って締めればいいじゃないか、考えただけでも面白そうじゃないか。



眠気覚め度 ☆☆
大年寺三郎太作品期待度 ☆☆☆☆☆


 

山賊ダイアリー 6巻 狩猟成果と実食

「1年間洗っていない犬が雨に濡れながらやって来て、足を口に突っ込まれたらこんな臭いだろうなって思います」

そんなヒドリガモを食べた山賊ダイアリー6巻、勝手に6巻内で取得した獲物と食べたものをまとめます。 
(見つかったら怒られないだろうか少しどきどき)


■獲物:赤木さんと一緒に獲ったヒドリガモ
■調理: ごぼうとの串焼き(タレ) 
■味:上記記載通り


■獲物:幼少時代の思い出の海の魚と足で拾ったハマグリ
■調理:浜でバーベキュー
■味:大人になったらビールを飲むことを心に決めた


■獲物:ハト4羽、ヒヨドリ3羽
■調理:ガス欠で救助を待つ間に火を起こして笹で作った串にハトを1羽刺して焼いて表面から食す
■味: 塩があればもっと…


■獲物:冷蔵してあるシカ肉
■調理:シカ肉のガーリックステーキ青菜とポテトを添えて
■味:しかしイノシシ食いたいなぁ~ シカもいいけど脂身も食べたい……


■獲物:シシの胆 (クマの胆ではなく)
■調理:ネットにくるんで忘れる頃まで乾燥させてカチカチに
■味:消化吸収を助け胃腸に良いとされています


■獲物:弾を忘れたがかろうじてポケットに残ってた2発の弾で獲ったハト
■調理:羽をむしって下ごしらえ
■味:未実食


■獲物:シシを獲ろうとして獲ったシカ
■調理:マンションの前から人に見られないようにガレージまで運ぶスニーキングミッション
■味:大きさもちょうど人間くらいだしな…


■獲物:水辺で調達した野草のセリ、冷蔵庫のシシ肉とシカ肉
■調理:シシとシカの合びきミンチのつみれとセリのつみれ鍋、つくねもあるよ
■味:うますぎる…これはもうセリしゃぶでいいな。


■獲物:ヤマドリを獲りに行って上った山のふもとで獲ったハト2羽
■調理:未調理
■味:未実食


■獲物:川で釣ったマゴイとニゴイとナマズ
■調理:湯引きし忘れたマゴイの洗い、ニゴイの鯉こく、ナマズのホイル焼き
■味:結論としては川魚はアユが最高ってことになりました



今回はヒドリガモ以外まともでよかったですね。
川のミドリガメとかマムシとか生のハチノコとか巨大ねずみのヌートリアとかのゲテモノコースがなかったので、初心者にも読みやすいと思います。

あと、これ書いてて結構楽しかったので、何気に全巻分書くかもしれません。
では次回をお楽しみに。


「実は私は」 アニメ開始してた!

もう放送始まってたんか、ニコニコでしか見ないから忘れとったわ。

アニメ「実は私は」公式サイト 

原作ファンなので、もちろんチェックはするつもりですが、果たしてどうなることやら。
なんというか、葉子さんの顔が妙にアニメより(当たり前か)になっているような。
最近の絵柄にはあわせてるんでしょうけど、初期の頃の雰囲気も好きなんだよなあ。

最近の絵柄はもう完全にコミカル路線になっていること証明するかのような柔らかい雰囲気でそれはそれでいいんですが、
まだ打ち解ける前のスラッとした立ち居振る舞いとかも好きなんですよね。
考えたら、序盤ならクールビューティーも通用していたんじゃなかろうか。
今となっては完全に打ち解けて、性格も態度も何もかも周囲に把握されちゃってるのですっかりクールビューティー(笑)になってしまっているけれども。

あとはどこまでやるかですよね。文化祭くらいまではやるんだろうか。
とりあえず、ニコニコでも毎週無料で見れるみたいなんで、要チェックです。 

実は私は 12巻 - 覚醒 / 吸血鬼として

「ドッジボールでも独り身なんですね」 紅本明里 覚醒!!

はい、覚醒って仰々しく書いたけど、いつもの明里ちゃん回から始まります、実は私は12巻。 
ホンット明里ちゃんと校長が絡むと面白い面白い。

そして朝日と吸血鬼の葉子さんは付き合ってから始めてのデートに行くわけですが、
……もう見てるこっちが恥ずかしくなるからやめてくれよ。。。
となるほどのバカップルぶり。あれだぞ、最初から飛ばすとだんだんきつくなってくぞ。
まあ高校生らしくていいのか。
そしてそんな折、昼間の月を背景に、遂に葉子さんに吸血衝動が、、、

、、、

、、、

って、シリアスに書いてるけど、これってつまりあれでしょ、もうヤリたいってことでしょ(下世話な言い方) 

1巻でも
「吸う相手に愛を誓うとゆうか…キス…みたいなもんやねん」
って台詞があったことだし。 

と、 1巻を見返してみたら、結構絵柄変わってるのな。2年も続いてればそりゃそうか。


とまあ、そんなシーンもありーの、おそらく未来から来たと思われる忍者が出てきーの、
いつものようにギャグと若干のシリアスとを織り交ぜた12巻でございました。
一時期の面白さほどではないけど、安定して面白い。

でもあれなんだろうな、ポンポン新キャラ出てくるのは、やっぱりネタに詰まり気味なんだろうな。
キャラ出して「実は私は…」ってとんでも設定つければある程度拡げられるし。 

まあそれよりも何よりも、正ヒロインと名高い委員長はギャグ以外での絡みはやはり以前ほどはグイグイ来ないだろうことだけが勿体無いのであります。 
個人的には、委員長が恋を自覚したあたりが一番面白いころだったように思う。 
※作中一番可愛い委員長が見れるのは第4巻だ!

とはいえ、なんだかんだ頭からっぽで素直にゲラゲラ笑える作品のひとつでもあります。
ついでにラブコメ。


眠気覚め度 ☆☆☆☆
 


 
スピリットサークル完結!!
今のイチオシ!!
少し前のイチオシ!!
結構前のイチオシ!!
タイムリープサスペンス!!
ゲームとギャグが好きなら!
漫画もいいけど山賊もね!
Twitter
日々読んだ漫画の感想を中心に記事を更新していく予定です。例外はあるかも。 記事更新と同期していますので、フォローしていただければ随時通知されます。
記事検索
応援してますその1
応援してますその4
応援してますその5
2016年12月発売のオススメコミック

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ