アンゴルモア 3巻 - 徹底抗戦

元寇をテーマにした歴史戦争もの。圧倒的兵力に対し、策で抗う。

少数が大小様々な策を張り巡らせて大軍を打ち破る。
そんなジャイアントキリングな話が面白くないわけがありません。 

元寇の最前線の対馬で繰り広げられる元の一方的な陵辱。
そこに、流人として流れ着いた元鎌倉御家人の朽井迅三郎を筆頭に戦で名を馳せた人物が、徹底抗戦に打って出ます。
もうこの設定だけで面白いに決まってますよこんなの。
描写も丁寧で、策による奇襲有り、思わぬ裏切り有り、元側の心理描写も有りと様々な側面から読ませてくれます。 

特にこの3巻では、2巻からのどんでん返し、一転して形勢がひっくり返り、逃げながら戦うことになります。
そんな中、地形を利用した戦い有り、それに対する反撃有り。こういうの、面白いですよね。 
抑えていて損は無い作品だと思います。今後も注目。


眠気覚め度 ☆☆☆


 

俺と悪魔のブルーズ - 悪魔との契約の代償

監獄学園の平本アキラが、ブルーズをテーマに戦前米国の黒人差別白人主義、禁酒法、その闇を描く。

最近、この作品が監獄学園の平本アキラの作品であることを知り、評判も良かったので最新5巻までいっきにまとめ買いしました。 
正直、5巻を読み終えるまで止まりませんでした。まさに眠気が覚めて一気に読み進めた次第です。

最初はブルーズがテーマの音楽モノかと思っていたのですが、実態は全然違います。
ブルーズをキーにした、徹底的な白人主義、黒人差別、それを元に起こる事件をサスペンス、もしくはホラー的に描いていきます。
ギャグは基本少ないです。ギャグすら後の伏線にしたりしています。
やはり監獄学園の絵柄からだと、こういった作品も描けるのは納得です。
しかも、面白い。

主人公のRJは農夫の黒人で、ブルーズに憧れて身重の妻の機嫌を伺いながらバーに通い詰めてギターを練習する。しかしいくら練習しても上達しないギターの腕前。そんな折、ひとつの噂話を聞く。

「真夜中、十字路に立つ。一人でだ。そんでもって、何か1曲やる。何でもいい。すると…後ろから声を掛けてくるヤツがいる。真っ黒くてバカでかいヤツだ。そいつはお前のギターを手に取り…調律すると1曲弾いてお前に返す。するとどうだ!?お前のギターテクニックはウソみたいに上達してる!
が…そいつと引き換えにお前の魂は…その黒くてデカいヤツに持ってかれちまうって話だ」


そして何かに導かれるようにその噂話の行動を取ってしまうRJ。
その結果手に入れた力、その代償は…

nemusame000001

nemusame000005


もう、とにかく凄い。息をつかせぬ展開にグイグイ引き込まれます。
上記はブルーズについてしか書いていませんが、どちらかというとその代償による事件の方がメインのストーリーとなります。
それが、冒頭にも書いた徹底的な白人差別、黒人主義です。
戦前米国の、しかも禁酒法の時代を書いているので、その描写も過激なものが多く、
「白人は黒人を迫害して当然」というような書かれ方がされています。
※但し、編集側としてもこの時代の資料を集めるのが困難を窮めていて、史実とは異なる表現になっているものもあるかもしれないとのこと。あくまでフィクションでということですね。(5巻の巻末コメントより)

その辺りの描写、そして代償を考えるとおそらく非業の最期になるだろうというシナリオ。
その毒に、どっぷりはまりそうです。


眠気覚め度 ☆☆☆☆☆


 

アニメ ゲート 2話 感想

なかなかゆっくりの展開だけど、圧倒的戦力差の描写はよかったですね。
ああいう感じで戦闘シーンをがっつりやってくれるとこっちもテンション上がります。

なんだけど、、、ピニャ殿下がなんというか、その、幼すぎる見た目というか。。。
もっと、こう、なんというか、こうじゃない。
漫画版で描かれているようなアダルトな感じじゃないと違和感が。そこだけ残念。
なんであんな幼くしちゃったんだろ。萌えを前面に押し出すのだろうか。


次回はロリババアことロウリィも出るし、炎龍とのエンカウントだから鉄の逸物も出てきそうですね。
次回もチェックしないと。 


 

辺獄のシュヴェスタ 1巻 - 魔女、修道、復讐

魔女狩り、そして魔女の子が集められる修道院。そこで少女は、復讐を誓う。

この漫画、すごいです。 とても初連載、初単行本と思えない。
話の重さの割りに、綺麗な読みやすい絵で、ぐいぐい引き込まれます。 

ストーリーは冒頭に書いたとおり、魔女狩り全盛期の中世ヨーロッパ。
主人公は幼いながらも内に激情を秘めている少女エラ。
自分の身内を罵倒され、侮辱され、それを打破するために相手を殺すことも厭わない。
しかし、保護者であるアンゲーリカによる真摯な教育。

nemusame000000



しかし、そんな生活も長くは続かず、魔女狩りにより二人は引き裂かれてしまう。
そしてエラは「分水嶺の城」と呼ばれるクラウストルム修道院へ。
nemusame000002


そこでエラは復讐を誓うが。。。
nemusame000003

 

はい、正直綺麗なところだけを選びました。
中身はもっとどろどろとしていて、ちょっと目を背けたくなるようなシーンもあります。

復讐を果たすために修道院での生活を受け入れていくエラですが、魔女の子が集められた修道院、もちろんそんな生活の中にも様々な仕組まれた罠があり、エラを含む魔女の子達を蝕んでいきます。
その修道院側とエラの駆け引き、とてもスリルがあり、はらはらするシーンもあり。
敵の巣に自ら入り内側から虎視眈々と復讐を果たしていくということになるので、つまらないわけがありません。

そんなエラの復讐劇、次巻も楽しみです。

眠気覚め度 ☆☆☆☆

2巻のレビューはこちら (辺獄のシュヴェスタ 2巻 - 復讐の時までその牙を磨き続ける)

 

2015年 週刊スピリッツ33号 ざっくり感想

2015年 07/13 週刊スピリッツ33号ざっくり感想です。
今週もてきとーに感想書いてきます。 

■しあわせアフロ田中
  やっぱオケラのつばさは打ち切りだったんかな。あれ毎週無理やりネタ考えてた感じあったもんな。
   だけどこの田中にはまだ違和感が。いつもどおり期待してるけどどうなることやら。

■アオアシ
  これは同部屋の相手はとんでもない奴のパターンか。

■茄子とアルタイル
  なんというか、ワンパターンを書くために何かしらネタを探してる感じが。

■忘却のサチコ
  うなぎ。。。うなぎ。。。

■夕空のクライフズム
  ガチ攻めの姿勢で作戦考えてくこのサッカーなかなか面白いんだよな。もうちょっと絵が上手ければ。。。

■モッシュピット
  何気に今スピリッツで一番面白いと思ってる。まだ金城たちの力じゃオーディションどうにもならないだろうし、どうなるんだろ。

■土竜の唄
  月原裏切りフラグ立ちましたー(再登場からずっと立ってたけど)

■王様達のヴァイキング
  今週熱いなあ。カッコいい。

■特別サービス (集中連載)
  顔と身体を入れ替えるのはダメなの?

■火線上のハテルマ
  ずっと読んでない


■闇金ウシジマ君
  熊倉を解放したらマサルはへたれ確定。

■トクサツガガガ
  子供というのは、理性が成長していないから欲望のままに動くのですね。

■させよエロイカ
  刺されなかった!!

■天そぞろ
  もうしばらく様子を見よう。

■HIKARI-MAN
  まーた嫌なやられ役出てきた。

■ハッピーニューイヤー (読切、新コミ大賞) 今週号イチオシ!
  面白い。これ読むためだけに今週号勝手もいいかも。

■1518!
  いまさらだけど新歓マラソンってなんだよ。。。



スピリットサークル完結!!
今のイチオシ!!
少し前のイチオシ!!
結構前のイチオシ!!
タイムリープサスペンス!!
ゲームとギャグが好きなら!
漫画もいいけど山賊もね!
Twitter
日々読んだ漫画の感想を中心に記事を更新していく予定です。例外はあるかも。 記事更新と同期していますので、フォローしていただければ随時通知されます。
記事検索
応援してますその1
応援してますその4
応援してますその5
2016年12月発売のオススメコミック

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ