刃牙道 13巻 - なんでいまさらガイアが出てくるんだよ!ピクルとやるならとっととやれよ!!

言いたいことはタイトルに全て書いたのでここからは武蔵が蝿を箸で捕まえる姿をご覧ください。

nemusame_20160909_001
掴む!!



nemusame_20160909_002
「はしッ」と箸で飛んでる蝿の羽を掴む!!





nemusame_20160909_003
まだまだ箸で掴む!!!




nemusame_20160909_004
飛んでいる羽をーーーッッ捕えとったンかい!!!





おまけ

nemusame_20160909_000
また斬られる御老公





nemusame_20160909_005
何の為に出てきたのかすらわからずに斬られるガイア



蝿を掴むくだりはよかったんだけど、ガイアが出てきた理由はホントにわからなかった。ガイアである必要性が全く理解出来ない。


12巻の感想はこの一言 (刃牙道 12巻 - 武蔵とピクル激突!とっとと本部と武蔵がやれよ!!)

眠気覚め度 ☆☆☆ 

ヴィンランド・サガ 18巻 - トルケルが再登場だ!!

みんな大好きトルケル閣下が「ヴィンランド・サガ」18巻でようやく再登場したぞ!

完全に人間を超越した強さを誇り、かつてはトルフィンとも1対1で勝負して左目を失うという結果になり(指も何本かすっ飛ばされてたと思うけど)、しかも実はトルフィンの母親のヘルガの叔父というトルフィンの親戚であることまで過去に判明した、アシェラッド亡き今、大事な親父枠を支えるトルケルが誌面に戻ってきた!!

というわけで今回は18巻のトルケル特集だ!!

いくぞ!!!






nemusame_20160907_000
戦争がしたくてしたくてたまらないトルケル




nemusame_20160907_001
あまりに物足りなくて熊と戦うトルケル (北欧だからグリズリー(ヒグマ)か?)




nemusame_20160907_002
容赦ない一撃を熊に加えるトルケル




nemusame_20160907_003
熊に鯖折りを極めてしまうトルケル





nemusame_20160907_004
トルフィンとの再開に感激したあまり本物かどうか試すために容赦なく再開の一撃を放つトルケル (この後「ホントだ!トルフィンだ、よけた」という名言を残す)





nemusame_20160907_005
戦争がしたくてたまらないのでトルフィンを利用しようとするトルケル




nemusame_20160907_006
茶番トルケル



トルケル再登場はとにかく嬉しいですね、くだけた感じでギャグ担当も出来るし、その実態は戦争が、とにかく喧嘩がしたいという戦闘狂であり、自分の行動理念はその本能に赴くがまま。こんなに欲望な正直なキャラはいますかね。こういう一方向にぶっ飛んでるキャラというのは、本当に立つ。こういう頭おかしいのがいるからこそ、物語は加速するし、面白くなるわけですよ。成長したトルフィンとの考え方の対象位置にいる存在として重要な立ち位置にいることになります。アシェラッド亡き後のトルフィンの過去を知る重要な人物だしね。

トルケル再登場の嬉しさにおちゃらけてしまいましたが、話自体はまたトルフィンが戦渦に巻き込まれそうな感じになってきましたなあ。奴隷時代に悟り、個人としてはケリをつけたつもりだけども、過去は、人を殺した戦士だったという事実は未来をいつまでも蝕むのかという展開が続いてますね。ヒルドとの関係もその一旦ですし、18巻の展開もまさしくそれです。

過去に縛られる話が続くのも良いのですが、それよりはせっかくレイフのおっちゃんやエイナルたちと未来への旅をしているわけなのだから、もう少しそっちに重さを置いて明るい展開も見たいなとも思います。じっくり過去との決別を描いていく予定なのだろうか。だとしたら、この作品あと何年続けるつもりなんだろう、まだまだ折り返しくらいとかそんな感じなんだろうか。

余談だけど巻末おまけのヒルドの弩の設計図が細かくてすごい。ホントに作って試したんじゃないかってレベル。


17巻の感想はこちら (ヴィンランド・サガ 17巻 - 類まれな知識を有した復讐鬼)

眠気覚め度 ☆☆☆☆

2016年週刊スピリッツ41号ざっくり感想

2016/09/05 週刊スピリッツ41号のざっくり感想となります。
最近手軽に何度も繰り返して読んでしまうのが「ケンガンアシュラ」です。もう何回読んだかわからないくらい読んでるけど全然飽きない。ホント好きだなー、この漫画。グラップラー刃牙の地下トーナメントが好きな人なら絶対好きだと思う。

それでは今回も適当にいってみましょー


■しあわせアフロ田中
  セックスストライキはきついな。。。
  
■闇金ウシジマくん
  状況が状況だから牛島殺さなかったのかな。マサルの心境が読めない。
  
■猫のお寺の知恩さん
  照れる知恩さんとかご褒美かよ。
  
■アオアシ
  プレイはしないけど監督目指してるとか正直わけがわからんな。やらないと見えないものとか絶対あるだろ。
  
■アイアムアヒーロー
  ん、クルスも融合してるの?
  
■土竜の歌
  なんていつも通りなのでしょう!!
  
■僕はコーヒーがのめない
  働くことに夢を求めてる人はすごいなあ。四六時中仕事のこと考えるとか絶対出来ないわ。
  
■王様達のヴァイキング
  おおっとあんまり興味ない過去編が始まるかー?
  
■スローモーションをもう一度
  絵も上手いし、女の子も可愛いから人気出るだろうとは思っていたけど、正直何がしたいのかは全く理解できん。
  
■世界はボクのもの
  弱いと見せかけて強いとかでもなくガチで弱いのかよ!!
  
■ふろがーる! 
  ドイツ行きたいな。仕事で行く可能性はあったけど結局行かずじまいだ。
  
■1518!
  今思い返してみると、生徒会とかそういう色んな仕事をやってくればよかったなあとも思ったりする。
  
■早乙女選手、ひたかくす
  うーん、まともな漫画なんだな。水口尚樹っぽくないというか。このままだとそんなに面白くならないぞ。
  
■WILD PITCH!!!
  一応毎週読んでるけど、どうも茶番にしか見えない。
  
■かなたかける
  頭沸いてる主人公に感化されるスマートくん!
  
■ぐりこカミングスーン
  初期のギャグから一転、まともに面白い漫画になってきててびびる。ライブはね、ホント楽しいよね。トリップできたらもう何もかもどうでもよくなるね。
  
■ダンス・ダンス・ダンスール
  これがいわゆるケミストリーってやつなんだな。いいね、都ちゃんに惚れるよりも、こうやって最初はなんとも思ってなかったのに意識し始めちゃう系はホントいいね。
  
■100万円の女たち (最終回)
  結局最後まで何したいのかよくわからんかった。そこそこ人気は出ると思うし、読むのも辛くないから口コミで広がる可能性はある。だけど作者のオナニー感が強くてネタとしか捉え切れなかった。これは読む人の感性次第ではあると思うが。少なくとも自分は真っ当に面白いとは決して思えなかった。
  
■村上海賊の娘
  一番見ててイライラするのはやっぱ主人公の姫さんなんだよな。現実が見えてない希望的観測者というかなんというか、人間臭いのが好きな人が嫌うタイプの綺麗事ばかり言う主人公だと思う。
  
■もしもし、てるみです。
  孫だって反抗期過ぎたら婆様と話したり人と触れ合うのは大切な事だって気づくさ。
  

2016年09月発売コミック一覧、今月はこの漫画がオススメ!!

2016年9月発売予定のオススメ新刊まとめです。今月もなかなかの数です。
「刃牙道」、「BTOOOM!」、「勇者が死んだ!」を初めとして、「プリティ☆ベル」やかなり新刊を待った「千と万」、スプラッタ人気の「trash.」、中川ホメオパシーの「バトル少年カズヤ」や「干支天使チアラット」という発売自体がほとんど奇跡のコミック、そして、約1年待ちに待った「3月のライオン」と「ドロヘドロ」の新刊が出ます。
今月は少ないかなーと思いきや全然そんなことはなかった。それと、今回Amazonで用意している画像が自動で差し変わるかのテストのため画像がまだ用意されていないものもそのまま画像貼っています。試験です。


それでは適当にいってみましょー。


09/08
■刃牙道 13巻

いつになったら!本部は本気を出すのかッ!!
12巻の感想はこちら (刃牙道 12巻 - 武蔵とピクル激突!とっとと本部と武蔵がやれよ!!)



■ヤコとポコ 3巻

綺麗なうさくん3巻です。
2巻の感想はこちら (ヤコとポコ 2巻 - 漫画家とロボアシの優しい世界)



09/09
■BTOOOM! 21巻

脱エロマンガできるのか?
20巻の感想はこちら (BTOOOM! 20巻 - パンツを脱いだヒミコが見れるのはBTOOOM!20巻だけ!)




■ケンガンアシュラ 17巻

王馬と雷庵の決着はどうなるの!?そして表紙から若槻とユリウスのバトルも見れるのか!!
16巻の感想はこちら (ケンガンアシュラ 16巻 - 真正面からのぶつかり合い!王馬VS雷庵!!)




09/10
■魔法少女プリティ☆ベル 20巻

あー、19巻の展開覚えてないや。黒い子が戻ってきたんだっけか?




09/12
■千と万 3巻

意外とリアルでありそうな父子家庭、まったり読める一品です。
最終巻らしいので、これを機に1,2巻も是非。



■勇者が死んだ! 6巻

内容の割りに意外と緊迫した状況だったりする5巻の続き!
5巻の感想はこちら (勇者が死んだ! 5巻 - 全てはフトモモのため)




■堕天作戦 2巻

1巻の内容全然覚えてない。。。いや、雰囲気は覚えてるんだけど、詳細には覚えてない。



■辺獄のシュヴェスタ 4巻

あれ、4巻出るの早いな。
3巻の感想はこちら (辺獄のシュヴェスタ 3巻 - 拷問成分多目でお送りいたします)



■ダンス・ダンス・ダンスール 3巻

最近ちょっと面白さが伸び悩んでるけど、相変わらずスピリッツの中では上位の面白さの作品だと思います。



■G戦場ヘヴンズドア完全版 2巻

少女ファイト好きなら絶対に外せないG戦場!完全版の2巻は9月、3巻は10月の予定!!




09/15
■ヒナまつり 11巻

あれ、11巻早くね?10巻そんなに前だっけ?
10巻の感想はこちら (ヒナまつり 10巻 - 高校生になったヒナが遂にバイトを!)



09/16
■魔王の階 2巻

1巻はなんとも微妙な感じだったんだよなあ。2巻でどうなるか。




09/20
■ひとり暮らしのOLを描きました 3巻

うーん、定価では買わないかも。
1,2巻の感想はこちら (ひとり暮らしのOLを描きました - ネット上で一時期話題沸騰のイラストが書籍発売)



■スピーディーワンダー 16巻

なんかフルアーマーの馬が出てきたのは覚えてる。
15巻の感想はこちら (スピーディワンダー 15巻 - 競馬における最強装備)


■trash. 9巻

相変わらずの美少女スプラッタ!毎回新旧キャラ含めて死にまくるから次は誰が死ぬかわからないぞ!
8巻の感想はこちら (trash. 8巻 - いつも通り新キャラどころか旧キャラも無残に死んでいくぞ!)



■亜人ちゃんは語りたい 4巻

アニメ化も決まったとの噂の亜人ちゃんを読んでみんなもサキちゃんにニヤニヤしよう!!
3巻の感想はこちら (亜人ちゃんは語りたい 3巻 - 亜人だけどそれ以上にハーレム漫画じゃないか)



09/23
■宇宙兄弟 29巻

いざ!月の裏へ!!
28巻の感想はこちら (宇宙兄弟 28巻 - 月の裏)


09/28
■バトル少年カズヤ


■干支天使チアラット 1巻

まさかの中川ホメオパシー作品が単行本化!正気かリイド社!好きな人は好きだろうけど、決して万人に受ける作品ではないので要注意だ!!
関連作品の感想はこちら (もっと!抱かれたい道場 - インディーズレーベルが放つこの漫画がひどい!)



■ぼくは麻理のなか 9巻

まさかの最終巻。結局細かいことはわからずに終わってしまうの?
8巻の感想はこちら (ぼくは麻理のなか 8巻 - 怒涛の急展開!!)


■達人伝 14巻

面白いけど中々感想書けないんだよなあこれ。



09/29
■3月のライオン 12巻

ほとんど1年ぶり!この作品だけは本当に絶対に外せない!Kindle版も出来るだけ早くお願いします!
11巻の感想はこちら (3月のライオン 11巻 - 守るべき人の為に全力で)



■3月のライオン昭和異聞 灼熱の時代 3巻

2巻で少し面白さが出てきたけど、果たして3巻は?
2巻の感想はこちら (3月のライオン昭和異聞 灼熱の時代 2巻 - 1巻より面白くなったぞ!)




09/30
■ナポレオン ~覇道進撃~ 11巻

ナポレオンが失墜してきたのでやっぱり見逃せない展開です。



■ドロヘドロ 21巻

こっちも約1年ぶりの新刊!クライマックスまで突っ走ってくれ!!
20巻の感想はこちら (ドロヘドロ 20巻 - 遂に煙復活!そして徐々に解き明かされていくホールの謎!)




累 9巻 - 明かされる "いざな" の生い立ち

「私だけが何も知らない莫迦だった!!」 

nemusame_20160831_000
 
8巻で累の口紅を破壊した野菊、"咲朱"としての生命を終えるためのカーテンコール、その必読の展開から始まる「累」9巻です。これまでの累と野菊のやり取りに一旦終止符が打たれることとなります。

いやあ、この展開はまあ予想出来る範疇ではあるんですが、やはりすごいのはとことんまで貫く累の傲慢さですね。生きる為に、自分の存在意義の為には人の顔を奪い続けるという業を背負う宿命にあり、かつそれを受け入れて他人を貶めることも厭わないその姿勢、主人公ながらにまさしくラスボスの雰囲気をかもし出してますなあ。

その傲慢さをひた隠し、表では大女優として羽ばたこうとしてるのはまた、晴れやかな人の裏側はこんなにもドロドロしているのだというのを的確に表しているというか、この人間臭さが本当にたまらない。こういう強烈な個性を放つキャラがいると漫画というのはグググッっと面白くなりますね。

さてさて、「累」9巻の後半は累の実の親である "いざな" と、野菊の実の親である "淵 透世" の物語となります。いわゆる過去編ですね。 


nemusame_20160831_001

異母姉妹である "累" と "野菊"、その母親たちである "いざな" と "淵 透世" 。透世はいざなの顔になるための生涯であったのか、そして野菊もまた累の顔になるための運命となるのか。この因縁がゾクゾクしてたまりません。

とはいえ、まあある程度はわかっていた過去ということなので、盛り上がりはちょっと控えめかな。正直透世がお人好し過ぎて虫酸が走るほどだったのですが、強いてあげるならそれくらいとも。ただ、ラストの2ページは再びゾクゾクw この対比は本当にゾクッとする。


というわけで、8巻の展開が気になるなら必読の「累」9巻でした。
早いところいざな編が終わってまた累の話に戻るのを期待します。


8巻の感想はこちら (累 8巻 - マクベスと己の罪)

眠気覚め度 ☆☆☆☆

スピリットサークル完結!!
今のイチオシ!!
少し前のイチオシ!!
結構前のイチオシ!!
タイムリープサスペンス!!
ゲームとギャグが好きなら!
漫画もいいけど山賊もね!
Twitter
日々読んだ漫画の感想を中心に記事を更新していく予定です。例外はあるかも。 記事更新と同期していますので、フォローしていただければ随時通知されます。
記事検索
応援してますその1
応援してますその4
応援してますその5
2016年12月発売のオススメコミック

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ