good! アフタヌーン 2016年10号ざっくり感想

2016年 グッドアフタヌーン 10号のざっくり感想となります。
色々やることがあってばたばたしていたのでそもそもグフタを読むのに時間が掛かってしまいました。ペルソナ5も出たことですし、今後はもっと更新出来なくなるかもです。

それでは今回も適当にいってみましょー


■オカルティック・ナイン
  ぶっちゃけるとあんま面白くない。。。
  
■亜人
  命の価値観は平等じゃない、その人との関係によって大きく変わる。だけどこの作品はそもそも死なない人間の話がメインなのでそういうこと言い出すのは正直ペラペラだと思う。
  
■甘々と稲妻
  ハマグリ美味いよなあ、貝は良い出汁出るよなあ。
  
■輝きのミニョン (新連載)
  話自体はいいんだけど、タイトルが何故かあの国を連想させてそれだけで拒否感を覚える。
  
■怪談イズデッド
  これってまた七不思議が減ったことになるの?
  
■空挺ドラゴンズ
  毎度出てくる竜の肉を使った料理が美味そう。
  
■ミザントロープな彼女
  ブラコン弟とか変態しかいねえなこれ。
  
■ブタイゼミ (新連載)
  えっ、これ読切じゃなくて連載なの?タイトルが1話で終わってね?話自体はすごくよかったので次回も期待!
  
■ウチの使い魔がすみません
  なんかこれノーマンが無茶することでどんどん事件発生していずれ世界を救うとかそっちに発展しそうな勢いだな。
  
■ぐらんぶる
  妹属性とかに入れ込むのは理解出来ないんだよなあ。それって個人相手じゃなくてシチュエーションが好きってことにならない?ならイメクラで十分やろ。
  
■のぼる小寺さん
  たったの4ページ!!
  
■はねバド!
  試合中の羽咲の人を殺しそうな顔にいつも笑うw
  
■ヴァルガビンゴ
  もう3話目だけど何がしたいのかよくわからない。。。
  
■いんらんベイベー
  どうして日焼け跡ってここまでやらしいのか。
  
■氷上のクラウン
  出来る親の子供ってそれはそれでプレッシャーが凄いんだろう。実力が伴わない時は最たるもので、勝手に期待されて応えられなければ勝手に失望される。辛いよね。
  
■平松っさんの心理学
  心理学の内容自体はいいんだけど、なんか薄っぺらいんだよなこれ。
  
■巨娘
  得られるものが無かった回
  
■ツッコミーノ・ブルボン
  2回目にして微妙。ツッコミだけで展開していくには無理あるよね。
  
■U12
  いつ終わるの?
  
 

2016年週刊スピリッツ42・43号ざっくり感想

2016/09/12 週刊スピリッツ42・43号のざっくり感想となります。
週末遠出していたのでまだグフタも読めていません。スピリッツも帰りの飛行機で読んだ状態。いやー、身体がきつい、仕事行くのがつらい。。。

それでは今回も適当にいってみましょー


■闇金ウシジマくん
  あれ、結局マサル死ろさないの?
  
■しあわせアフロ田中
  田中の気持ちがすげーわかるwww
  
■早乙女選手、ひたかくす
  バレバレやないかw
  
■スローモーションをもう一度
  なんというか、めちゃめちゃ狙った感じでラブがコメしてるのは伝わるんだけど、いかんせん80年代ってのが厳密には自分と被ってないからいまいち良さがわからんのよね。
  
■アオアシ
  これって結局葦人が最初からやってたことじゃないの?
  
■恋は雨上がりのように
  逃げてるだけなんだなー。店長への恋もただの逃げ道なんじゃないのか。
  
■土竜の唄
  まっすぐ日本に帰れるのか、それとも。
  
■てのひらにアイを!
  これよくわかんないんだよなあ。結局監獄学園を目指してるのかこれ?
  
■世界はボクのもの
  犯罪者!!犯罪者!!
  
■トクサツガガガ
  予算を掛ければいいというわけではないけど、結局根本的に何が面白いかよね。話とかの面白さを求める自分としては派手な演出が無くても満足できるけど、ドッカンドッカンのアクションとかが好きな人もいるわけだし。
  
■団地ともお
  こういう子が思春期になるといったいどうなってしまうのか。
  
■忘却のサチコ
  山形かー、行ける距離ではあるけどなかなか行かないなー。
  
■WILD PITCH!!!
  このワンクッションいるのか?
  
■ふろがーる!
  正直ドイツ編は特に惹かれるものはなかったかなー。
  
■ダンス・ダンス・ダンスール
  都ちゃんどっきどきやん!かわええやん!!
  
■くーねるまるた
  今回のご飯は雑草飯です!!
  
■ぐりこカミングスーン
  このバレなさはデトロイトメタルシティを髣髴とさせる。。。
  
■王様達のヴァイキング
  笑い猫だけかと思いきやヴァルキュリアの過去編でもあったのか!これは面白いかもしれないぞ!
  
■僕はコーヒーがのめない
  あっさり引き下がったけど、やっぱこれくらい展開早い方がいいよね。
  
■ふつつかなヨメですが!
  深夜の吉野家でキスがどうとか話し始めるのはいかがなものかと(マジレス
  
■かなたかける
  駅伝って感じになってきていいね。
  
■村上海賊の娘
  あっ、まだ終わらないんだ。。。
  
■もしもし、てるみです。
  このサポートセンターいいよなあ。このセンスは天才的だわ。
  

刃牙道 13巻 - なんでいまさらガイアが出てくるんだよ!ピクルとやるならとっととやれよ!!

言いたいことはタイトルに全て書いたのでここからは武蔵が蝿を箸で捕まえる姿をご覧ください。

nemusame_20160909_001
掴む!!



nemusame_20160909_002
「はしッ」と箸で飛んでる蝿の羽を掴む!!





nemusame_20160909_003
まだまだ箸で掴む!!!




nemusame_20160909_004
飛んでいる羽をーーーッッ捕えとったンかい!!!





おまけ

nemusame_20160909_000
また斬られる御老公





nemusame_20160909_005
何の為に出てきたのかすらわからずに斬られるガイア



蝿を掴むくだりはよかったんだけど、ガイアが出てきた理由はホントにわからなかった。ガイアである必要性が全く理解出来ない。


12巻の感想はこの一言 (刃牙道 12巻 - 武蔵とピクル激突!とっとと本部と武蔵がやれよ!!)

眠気覚め度 ☆☆☆ 

ヴィンランド・サガ 18巻 - トルケルが再登場だ!!

みんな大好きトルケル閣下が「ヴィンランド・サガ」18巻でようやく再登場したぞ!

完全に人間を超越した強さを誇り、かつてはトルフィンとも1対1で勝負して左目を失うという結果になり(指も何本かすっ飛ばされてたと思うけど)、しかも実はトルフィンの母親のヘルガの叔父というトルフィンの親戚であることまで過去に判明した、アシェラッド亡き今、大事な親父枠を支えるトルケルが誌面に戻ってきた!!

というわけで今回は18巻のトルケル特集だ!!

いくぞ!!!






nemusame_20160907_000
戦争がしたくてしたくてたまらないトルケル




nemusame_20160907_001
あまりに物足りなくて熊と戦うトルケル (北欧だからグリズリー(ヒグマ)か?)




nemusame_20160907_002
容赦ない一撃を熊に加えるトルケル




nemusame_20160907_003
熊に鯖折りを極めてしまうトルケル





nemusame_20160907_004
トルフィンとの再開に感激したあまり本物かどうか試すために容赦なく再開の一撃を放つトルケル (この後「ホントだ!トルフィンだ、よけた」という名言を残す)





nemusame_20160907_005
戦争がしたくてたまらないのでトルフィンを利用しようとするトルケル




nemusame_20160907_006
茶番トルケル



トルケル再登場はとにかく嬉しいですね、くだけた感じでギャグ担当も出来るし、その実態は戦争が、とにかく喧嘩がしたいという戦闘狂であり、自分の行動理念はその本能に赴くがまま。こんなに欲望な正直なキャラはいますかね。こういう一方向にぶっ飛んでるキャラというのは、本当に立つ。こういう頭おかしいのがいるからこそ、物語は加速するし、面白くなるわけですよ。成長したトルフィンとの考え方の対象位置にいる存在として重要な立ち位置にいることになります。アシェラッド亡き後のトルフィンの過去を知る重要な人物だしね。

トルケル再登場の嬉しさにおちゃらけてしまいましたが、話自体はまたトルフィンが戦渦に巻き込まれそうな感じになってきましたなあ。奴隷時代に悟り、個人としてはケリをつけたつもりだけども、過去は、人を殺した戦士だったという事実は未来をいつまでも蝕むのかという展開が続いてますね。ヒルドとの関係もその一旦ですし、18巻の展開もまさしくそれです。

過去に縛られる話が続くのも良いのですが、それよりはせっかくレイフのおっちゃんやエイナルたちと未来への旅をしているわけなのだから、もう少しそっちに重さを置いて明るい展開も見たいなとも思います。じっくり過去との決別を描いていく予定なのだろうか。だとしたら、この作品あと何年続けるつもりなんだろう、まだまだ折り返しくらいとかそんな感じなんだろうか。

余談だけど巻末おまけのヒルドの弩の設計図が細かくてすごい。ホントに作って試したんじゃないかってレベル。


17巻の感想はこちら (ヴィンランド・サガ 17巻 - 類まれな知識を有した復讐鬼)

眠気覚め度 ☆☆☆☆

2016年週刊スピリッツ41号ざっくり感想

2016/09/05 週刊スピリッツ41号のざっくり感想となります。
最近手軽に何度も繰り返して読んでしまうのが「ケンガンアシュラ」です。もう何回読んだかわからないくらい読んでるけど全然飽きない。ホント好きだなー、この漫画。グラップラー刃牙の地下トーナメントが好きな人なら絶対好きだと思う。

それでは今回も適当にいってみましょー


■しあわせアフロ田中
  セックスストライキはきついな。。。
  
■闇金ウシジマくん
  状況が状況だから牛島殺さなかったのかな。マサルの心境が読めない。
  
■猫のお寺の知恩さん
  照れる知恩さんとかご褒美かよ。
  
■アオアシ
  プレイはしないけど監督目指してるとか正直わけがわからんな。やらないと見えないものとか絶対あるだろ。
  
■アイアムアヒーロー
  ん、クルスも融合してるの?
  
■土竜の歌
  なんていつも通りなのでしょう!!
  
■僕はコーヒーがのめない
  働くことに夢を求めてる人はすごいなあ。四六時中仕事のこと考えるとか絶対出来ないわ。
  
■王様達のヴァイキング
  おおっとあんまり興味ない過去編が始まるかー?
  
■スローモーションをもう一度
  絵も上手いし、女の子も可愛いから人気出るだろうとは思っていたけど、正直何がしたいのかは全く理解できん。
  
■世界はボクのもの
  弱いと見せかけて強いとかでもなくガチで弱いのかよ!!
  
■ふろがーる! 
  ドイツ行きたいな。仕事で行く可能性はあったけど結局行かずじまいだ。
  
■1518!
  今思い返してみると、生徒会とかそういう色んな仕事をやってくればよかったなあとも思ったりする。
  
■早乙女選手、ひたかくす
  うーん、まともな漫画なんだな。水口尚樹っぽくないというか。このままだとそんなに面白くならないぞ。
  
■WILD PITCH!!!
  一応毎週読んでるけど、どうも茶番にしか見えない。
  
■かなたかける
  頭沸いてる主人公に感化されるスマートくん!
  
■ぐりこカミングスーン
  初期のギャグから一転、まともに面白い漫画になってきててびびる。ライブはね、ホント楽しいよね。トリップできたらもう何もかもどうでもよくなるね。
  
■ダンス・ダンス・ダンスール
  これがいわゆるケミストリーってやつなんだな。いいね、都ちゃんに惚れるよりも、こうやって最初はなんとも思ってなかったのに意識し始めちゃう系はホントいいね。
  
■100万円の女たち (最終回)
  結局最後まで何したいのかよくわからんかった。そこそこ人気は出ると思うし、読むのも辛くないから口コミで広がる可能性はある。だけど作者のオナニー感が強くてネタとしか捉え切れなかった。これは読む人の感性次第ではあると思うが。少なくとも自分は真っ当に面白いとは決して思えなかった。
  
■村上海賊の娘
  一番見ててイライラするのはやっぱ主人公の姫さんなんだよな。現実が見えてない希望的観測者というかなんというか、人間臭いのが好きな人が嫌うタイプの綺麗事ばかり言う主人公だと思う。
  
■もしもし、てるみです。
  孫だって反抗期過ぎたら婆様と話したり人と触れ合うのは大切な事だって気づくさ。
  

スピリットサークル完結!!
今のイチオシ!!
少し前のイチオシ!!
結構前のイチオシ!!
タイムリープサスペンス!!
ゲームとギャグが好きなら!
漫画もいいけど山賊もね!
Twitter
日々読んだ漫画の感想を中心に記事を更新していく予定です。例外はあるかも。 記事更新と同期していますので、フォローしていただければ随時通知されます。
記事検索
応援してますその1
応援してますその4
応援してますその5
2016年12月発売のオススメコミック

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ